◆ 関連する記事

Duga

アナル拡張方法まとめ


◇ アナル拡張方法まとめ

※ 「お尻の穴」に関する記事です。不快な方はブラウザバック(戻るボタンをクリック)して下さい。

※ 男女兼用の記事です。

アヌス系の記事を書くなら、拡張プレイに関することもまとめておいたほうが良いかなーと思って、用意してみましたー。

今回は、アナル拡張方法について説明します。(実践は、自己責任ですよん)


◆ アナル拡張について

アナル拡張は(拡張プレイ)は、「より太い性具を挿入可能にする」「ペニスを挿入できるようにする」事が主目的の行為です。(目的を持たないで拡張するのは止めておきましょう。わりと高リスクですので)

肛門周辺の括約筋(かつやくきん)を広げていくことで、より大きなものを挿入できるようになっていきます。


……さて、この拡張プレイなのですが……、行うためには、「アナルプラグ(アナルストッパー)」「ポンプ式のアヌスを拡張させる器具」「徐々に大きくなるアナルビーズ」辺りの性具が必要になります。

(一応、指でも拡張は可能ですが、器具を使ったほうが早くて簡単です)

アナルプラグは、挿入したまま数時間放置するする器具

ポンプ式の拡張器具は、アナニー中に差し込んでバルーンをふくらませる器具

拡張型アナルビーズは、アナニーの前戯(もしくは後戯)で拡張訓練を行う器具

ですかね。

一番効果が高いのは、アナルプラグですが、他の器具と比べてリスクも大きいです。

一方で、拡張型アナルビーズは、拡張速度がやや遅いですが、アナニーを楽しみながら、安全確実にアナル開発ができます。


◆ 直腸の拡張について

直腸を本来のサイズより拡張させると、直腸の一部がほんの少しだけ裂けています

裂ける具合が大きいと出血を伴いますが、出血しなかったからといって裂けていないというわけではないです。ほんの少しですが、あちこちが裂けています。

腸の一部が裂けてくれないと、修復された時に大きくなってくれないので、これは避けられない道のりです。諦めて下さい。

……ですが、ちょこっとずつ拡張する分には(出血しない分には)、さほど問題はありあせん。

傷が回復するまで最低3~4日待つぐらいですかね。出血をやらかしたら1週間は開発厳禁です。


◆ アナルエッチの知識について

アヌスに関する必要知識は、以下2つの記事にまとめてありますので、しっかりと読んでおきましょう。

・「前立腺開発のリスクについて

・「前立腺開発における注意点のまとめ


◆ それぞれの器具の要点まとめ

◯ 全てに関して

・痛い(辛い)と思ったらすぐに抜くこと

鈍痛やチリチリした痛みを感じたら、即時撤退です。

・無茶は避けること

アナル開発の基本は、「無理しない」です。もうちょっと行ける、もうちょっとやってみようは禁物! 可能な範囲で優しく行いましょう。

・アナル拡張を実行する前に、アナル内部をほぐしておくこと

最初から拡張させるのはやめましょう。マッサージが先ですよ~。


◯ アナルプラグに関して

・日常生活においても、抜け落ちにくいタイプを選ぶ必要がある

抜けやすいタイプだったりすると、すぐに抜けて困ります。購入する時はこの点を注意しておきましょう。

・ローションはアナル専用

アナルプラグは、長時間使用するため、乾きの対策として、乾燥しにくいローションが必要になります。

・ローションの補充

数時間以上使用する場合は、一度抜いてローションを補充する必要があります。

・アナルプラグを固定できるパンツの用意

アナルプラグは抜け落ちやすい性質があるのでパンツで支えるようにしましょう。

・お尻に馴染みやすい器具の選択

アナルプラグは、材質もこだわったほうが良いですよん。


◯ ポンプ式の拡張器具に関して

・空気を入れ過ぎないこと

この辺あたりから辛いかな~、と感じる所で固定するのは止めましょう。少し余裕を持っているぐらいがいいですね。

・空気を入れたら、後は数十分放置

多分「暇」になります。乳首責めで遊ぶか、軽い睡眠を取るのが良いでしょう。とりあえず、待っている間に暇つぶしができる行為を準備しておきましょー。

・抜く時は、バルーンをしぼませてから

そのまま抜くのは止めましょう。肛門が裂けます。


◯ 拡張型アナルビーズに関して

・「アナル責めグッズ「マゼラン」の評価・レビュー

・「アナルビーズによるオナニーのやり方まとめ

辺りに記載しています。


◆ リスクについて

肛門括約筋の緩みが最大の障害です。

アナル拡張を行っていくと、肛門括約筋は確実に緩くなっていきます。(大便を漏らしやすくなります)

まぁ、こちらの問題は、大便を強く我慢するような状況にならない限り(歳を取らない限り)、大きな問題では無いのですが……、

ハードな拡張プレイを行うと、括約筋が大きく緩んでしまい、数日間、便や下痢が垂れ流し状態(便失禁)になることがあります。(しばらくしたら治ります)(オナラもいっぱい出てきます。その上に、オナラと一緒に排泄物まで……)

こちらはヤバイです。オムツが必要になって、泣きを見ます。

括約筋が大きく緩むことを危惧するなら、アナルプラグは避けておくべきです。……拡張型アナルビーズを使ってゆっくり楽しみながら、マイペースに拡張していきましょう。


後は、いつも通り、通常のアナルリスク(「前立腺開発のリスクについて」)も含まれますよん。


◆ 性感度について

挿入した時は気持ちいいですが、挿入したままだと特に快感を覚えることはありません。(慣れてくると、不快に感じることも無くなります)

何か後ろに物が詰まってるなー、ぐらいの感覚です。


◆ 開発性具の準備に関して

※ アナルプレイ(前立腺オナニー等)の一連の手順は、「前立腺マッサージの手順の説明」を参照して下さい。


◆ 拡張速度に関して

やはり、アナルプラグがダントツですね。数時間拡張し続けているせいなのか、あっという間(数週間)にアヌスが広がります。

ポンプ式の拡張器具と、拡張型アナルビーズは、そんなに早くないです。数ヶ月ぐらいしたら拡張できている感じです。


◆ 私のオススメ

私は、アナル責めグッズの「マゼラン」による「前戯」による拡張をお勧めしています。

アナル責めグッズ「マゼラン」の評価・レビュー

この器具は、「アナルビーズオナニー」で楽しみながら、アナル拡張をある程度安全に促すことができます。

前立腺開発の時に、前戯として毎回マゼランで楽しんでいれば、気がついた時に拡張が完了しています。レボシリーズとかも使えるようになっていることでしょう。


以上です。

最後に、それぞれの拡張器具の優秀なものを、リンクで貼っておきますねー。

(※ リンクは、NLSの販売コーナーに繋がっています。口コミとかも確認できますよん)

ラン・ベリー アナルプラグ
ラン・ベリー アナルプラグ


シンプルアナルバルーン
シンプルアナルバルーン


マゼラン
・マゼラン


それと、アナル専用ローションを。

ブラン・シークレット(スタンダード)
・ブラン シークレット(スタンダード)






記事一覧
(ここは「アナル」がテーマです。不快な方はページバックして下さい)

※ 記事の一番下に、おすすめのアナニー催眠を載せてまーす。

◆ アナニー用のエロ動画のご紹介
・アナル責めに関するAV動画  (Duga)
(画面右上(スマホは左上)の 簡単にできる無料「会員登録」で、サンプル見放題+マイリスト登録が可能になります)

◆ はじめに
・前立腺開発について

◆ アナニーのまとめ記事
・アナニー(アナルオナニー)のやり方まとめ

◆ アナル開発の必要知識
・前立腺開発のリスクについて
・前立腺開発における注意点のまとめ

◆ 直腸洗浄の説明
・浣腸器による直腸洗浄の必要知識について

◆ 前立腺開発について
・効率の良いアナル性感の開発方法まとめ

◆ エネマグラによる前立腺マッサージの流れ
・前立腺マッサージの手順の説明

◆ 前立腺オナニーについて
・前立腺マッサージのやり方まとめ
・指を使って前立腺をマッサージする方法
・アナニーで気持ちいいトコロテン射精をする方法まとめ

◆ アヌス系のドライオナニーについて
・綿棒オナニー(綿棒アナニー)のやり方まとめ
・アナルビーズによるオナニーのやり方まとめ
・S状結腸(S字結腸)オナニーのやり方まとめ

◆ 拡張プレイについて
・アナル拡張方法まとめ
・アナルプラグの使い方

◆ アナニーと相性の良いプレイに関して
・女装オナニーで興奮する方法まとめ

◆ アナル責めグッズのレビュー
・アナル責めグッズ「マゼラン」の評価・レビュー
・NEXUS REVO(ネクサス・レボ)シリーズの評価・レビュー

◆ 肛門での問題に関して
・アナルエッチで出血した時の対処法について

◆ お役立ち情報
・性感を強化する方法まとめ

◆ NLSの特集リンク
・前立腺のドライオーガズム特集
・浣腸のいろは特集
・初めてのアナルプレイ特集

◆ 桃ナビのリンク
・気持ちいい「メスイキ」のやり方まとめ

◆ 動画サイトのご紹介
・DUGA – デュガの評価と安全性について (入会方法も記載)
・DUGA – スマホで無料のサンプルエロ動画を見る方法まとめ!

◆ 姉妹サイト
・桃ナビ

◆ 快楽責めが主体の中編小説
・エッチな乳首小説

◆ アナニー系のおすすめ音声一覧(有料作品)

アナル快楽中毒者のためのケツマ○コ責め調教

朝倉催眠診療所 Vol.04.1

甘く責めてくれるえっちで優しいお姉さん

催眠アナニー

同人音声は、スマホからでも視聴可能です。

・トップページに戻る








記事の更新日時:2016-07-01