◆ サイトの紹介


・快楽機姦研究所

拘束と性具が主体のエッチな短編小説が500話以上あります!


Duga
ページリストに戻る


子宮内で通電する寄生型のスライム


◇ 子宮内で通電する寄生型のスライム

快楽機姦研究所、アナザーストーリー

闇堕ちする魔法少女 第17話(全20話)


前回。

大量の通電触手によって、少し痛い電気責めを受け続けるようになった闇の魔法少女、楓。

・・・それを楽しみながら眺める魔王茜は、次に、子宮での通電調教を希望する・・・。



「お腹の内部から通電できるスライムを、子宮に注入しましょうか~。子宮内スライム注入触手によってね~!」

茜様の側にいる子宮内スライム注入触手が、触手パンツにある割れ目の中にず~んにょもりと入り込んでくる。


ぬちぬち、ぬちぬち。

「ん、んんん・・・ふ・・・ひ・・・は・・・」

触手が膣内にゆっくり入り込んでくる。左右にうねうねと動くことで、私のお肉のひだをぐにぐにと押し退けながら、子宮に向かって進んでくる。

ぬちょぬちょ、にゅにゅにゅにゅにゅ・・・。

「んほ・・・ほ・・・ひゅ・・・ひゅ・・・っ」

頭の中でお花が回転する。・・・下腹部が震えに震える。


「ほへ・・・っへ・・・っ」

股間の中は、あまりにも気持ちいい。・・・触手に体内をほじられたりしたら・・・手で股間を押さえ込んで、脚を強く暴れさせて、大声を荒らげる。・・・そういうことが、どうしてもしたくなる。

にちっ! にちっ!

ーーーだというのに、そのどれもが行えない。・・・腕と脚は、触手イスに取り込まれて完全拘束されているし・・・口は、呼吸管理する触手マスクに押さえられているので、声がまともに出せない。

じゅももももも・・・。うにゅ、うにゅ、うにゅ、うにゅっ!

「おっぷ・・・ふ、ふへ・・・ほ・・・っっ!」

快楽に耐えることが全然できない。耐えようとする行為が封印されている。

・・・結果、膣内挿入によって生じる快感が野放しになる。・・・胴体の下半身が、ねじれてしまうぐらいに気持ちいい・・・。


私にできることは、おもらしとけいれんだけだ。・・・飲尿触手におしっこを与えながら、びくびくと悶える。・・・膣内を、やりたい放題にされて、排尿を誘発させる快感が膨張し続けて・・・脳内が御花畑になる。

とちゅりっ・・・!!

「ーーーーーお”っっっ!!!」

「奥までたどり着いたようね。・・・楓ちゃんの子宮は、触手に同化して触手子宮になっているからー、この後の改造も結構簡単なのよ~。・・・スライムを子宮内に注入できるよう、子宮口と子宮頸管を強制解放しましょうか。

子宮頸部にいる子宮口管理触手が、強制的に膨らんで開けてくれるわよぉ~」

めきょめきょめきょめきょきょっっ!!

「ーーーーーーーーっ”っ”っ”!!!!」

子宮頸管を強引に開けられる。・・・脳内と股間に、極めて強烈な刺激が、バチバチッと襲いかかり・・・私の自我が一時的に消失する。


「はいはい、我慢我慢~。・・・楓ちゃんの子作りする場所に、スライムをいっぱい注いであげるからね~。・・・子宮内スライム注入触手ー、楓ちゃんの子宮に、スライムをたっぷりと注入しなさ~い」

ぴゅぷぷぷぷぷぷぷぷ・・・・・・・・・・。

私の子宮内部に温か~いスライムをたくさん送り込まれる。

・・・子宮が温かいスライムで満たされていく。

「・・・・・・っ”・・・・え”・・・あ”・・・」

だが、子宮口解放があまりにも苦痛すぎて、よくわからない。・・・か弱い悲鳴が継続的にもれる。けいれんも止まらない。


ちゅぽんっ!

「スライムの子宮内注入が終わったわよ~。楓ちゃんの子宮、スライムに支配されちゃったんだからぁ~。

・・・これで、子宮とその周辺全体に、電気が流せるようになっちゃったわねぇ~~。

ん・・・? 楓ちゃん? かえでちゃ~ん」

「・・・・・・っっ”・・・・・っっ”」

私は、強烈すぎる苦痛を受けて・・・壊れかかっていた・・・。意思はなく、ただ極度のアヘ顔のまま震えるだけの、故障した機械のようだった・・・。



「んふぅううぅっ!!?」

気がつくと元の苦しい状態に戻っていた。


「昔、ある所に~、世界最強の魔法少女がいました~。・・・その魔法少女は~、強大すぎる黒き力に飲み込まれ~、魔法少女とは呼べないものに昇華してしまいました~。・・・ついでに考え方も変わっちゃいました~。

そして、誰にも制御ができなくなり~、その者は自由になりました~。・・・けれど~、周りに居場所がなかったので~、別の世界に飛んで行きました~。

その後は、とても歪んだ性愛を持ったまま~、別の世界でセカンドライフを楽しむことにしました~。・・・その者は、自分が望む生活をしていたみたいです~。・・・めでたし、めでたし~」

茜様は不思議な歌をうたっていた・・・。が、歌はそこで終わりだったみたいだ・・・。調教を楽しむような笑顔に切り替わる。


「んふふふふっ・・・! 楓ちゃんの臓器や脳はー、すぐに修復できるのよ~。・・・すぐといっても、日数は経過しているんだけどね。

・・・でも、意識がない間は、時間の認識ができないようになっているから、楓ちゃんの世界の中では「すぐ」と言えるわね。

さて、子宮にいっぱいスライムを注入したことだし、早速、体内通電と、子宮内通電で楽しんでみましょうか~」

「ふっ! ふっっ! ふっっっ! ふぅ~~~~っっ!!!」

だめ、だめっ、体の中からの通電、ダメなのですぅううぅ~~~~っっ!!


びびびびりびりびりびり~~~~。

「ん”お”っひ”~~~~~~~~っっっ!!!」

私の子宮が通電を始める。下腹部の中心から、触手パンツに包み込まれているお肉の範囲に、びりびりとする電気が流れ込み・・・気持ちよさと痛さが交互に訪れる。

びび、びび、びび、びび、びび~~~!

「お”お”っ! お”お”っ! お”お”っ! お”お”ぉぉお”~~~~っ!!!」

腰が踊らされる。・・・尿をすぐに漏らす。・・・母乳も、いつも以上に噴き出してしまう。


「お”ーーーーーっっ!! お”ーーーーーーっっ!!!」

涙をトロトロと流しながら悦ぶ。・・・爽快だ。実に爽快っっ!!!

「体内・・・それも子宮からの通電はすごく効くでしょ~。しかもこの通電攻撃は、通電量が波のように変化するから、痛い時もあればー、気持ちいいときもあるのよ~。

不快と快感の両立ができている素晴らしい電気責めなのよぉ~んっ!」

びりびりびりびりびりぃいぃ~~~。

「お”ーーーーーーーーーっっっ!!! お”っっっっ!!!!」

びくんっっ!! ・・・びくり、びくりっ・・・びくびく、びくびく・・・。

胴体をぐにゃりと曲げながら絶頂を起こす。


「・・・・・・っ”・・・・っっ”・・・」

絶頂した時だけは、呼吸の辛さが極端に軽減される。・・・頭の中は真っ白になって、・・・うっとりっ。

しびびびび、びりりりりりっっ!!

「ほあ”ーーーーーーっっ!!!」

がく、ガクガクガクガクガクッッ!!

だが、絶頂から帰ってくると、またつら~い電気責めと呼吸責めが、私の肉体と精神に襲いかかる。・・・涙がいくらあっても足りない・・・。激しく悶えておもらしをしながら、再び、絶頂を起こす。


「うわ~~。おしっこも出し放題、愛液もおま○こから滝のように流れ落ちているわよぉ~」

「ふっっ・・・! ふぅうぅっっ・・・!!」

しびびびびしびびびびしびびびびびびっっ!!

「あ”っっぐっっ!! う”、うあ”、あ”、あ”ぁあ”あぁ”あ”ああ”あーーーーーーっ”っっ!!!」

じょろ、じょろ、じょろっっ!

とろ~りどろどろ、びちゃり、びちゃりっ・・・。

茜様の指摘する通りで・・・私は、大量のおもらしと愛液放出を行っている。


ん”ちゅぅううぅぅ~~~~~~。

「あ”・・・・・お”・・・・・・っっ!! ふーーふーーふーーーっ! ん”お”・・・・っ!!? ほぉお”おぉお”おぉお”おぉーーーーーっっ!!」

搾乳触手で母乳もたっぷり吸引。・・・し、しあわせですぅ・・・。

「ーーーほひっっ!!?」

ミルクを絞られながら気がつく。・・・おしっこも、愛液も・・・止まらない・・・。ま、まさか・・・っ!! あ・・・あぁあ・・・っっ!!


「ふっ・・・ふっ・・・ふっっ!!」

「よーやく気がついたわねぇ。・・・そうよ。尿も、愛液も、母乳生成と同じようになっているわ。・・・つまりー、起きている間は常に漏らし続ける状態。

・・・楓ちゃんが発生させる分泌液や匂いのほとんどが、継続的に生成できてー・・・それらは、触手イスによって回収されるようになっているの。・・・母乳、愛液、尿、潮、フェロモン、体臭、女性器の香り・・・辺りね。

これらのものは、人間界での商売に使わせてもらうわ~。美少女である楓ちゃんのエッチな分泌物が、世界中に配布され続けるわけっ!

そしてー、できる限り搾取したいから、楓ちゃんの体内を改造してー、分泌液生成能力を極限まで高めてあるのよー。

だから、尿も母乳も愛液も、垂れ流し状態っ! というわけねっ!」

「お”・・・お”お”・・・っっ!!」

それを聞いて、頬がものすごく興奮したメス色になる。・・・私の分泌するものが、いやらしいオスたちに使われていると考えると、それはもう、とっても、とっても恥ずかしい・・・視界が湾曲するぐらいに、いやらしい・・・。


「愛液の回収はこれから行うわよ~ん。・・・いよいよ、お待ちかねのー、セックス触手を挿入してあげる!」

にゅるんっっ!

膣内責めに特化したセックス触手が現れる。

「うふううぅうぅぅぅ~~~~~っ!!」

私は、瞳の奥をハートにしながら、その肉棒が欲しくないという偽りの行動をとる・・・。







◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルト官能小説 - 快楽機姦研究所
短編のエッチな小説が500話以上あります!


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。




  • FC2カウンター(uu)


  • ◆ このサイトについて
    18歳未満は閲覧禁止です。予めご了承下さい。

    当サイト「ハカセラボ」は、エッチな小説置き場のサイトです。「作者:ハカセ」が執筆しています。

    何か要件などがある場合は、「快楽機姦研究所」の方に、ご連絡下さいなー。

    それと、小説の利用規約は、快楽機姦研究所と同じです。小説の閲覧は、自己責任でお願いします。

  • リンク集