◆ サイトの紹介


・快楽機姦研究所

拘束と性具が主体のエッチな短編小説が500話以上あります!


Duga
ページリストに戻る


パンモロでセックスを誘ってくる妹


◇ パンモロでセックスを誘ってくる妹

快楽機姦研究所、アナザーストーリー

お兄ちゃんとエッチ! 第11話(全16話)


前回。

夢の中の大介は、血縁関係のない妹の萌子と、初体験を迎えていた・・・。



ーーーある日。

「お・・・おいっ・・・」

アルバイトを終えてアパートに帰宅すると、共同生活している妹の萌子が・・・うつ伏せのままテレビを見ていた。

「な~に~? お兄ちゃ~ん」

ぶつんっ。

リモコンを持って、テレビの電源を消す。・・・うつ伏せになっていることは何ら問題がないのだが、・・・その・・・こいつ・・・スカートを履いていない。

ラブリーなパンツとそれに包まれた愛らしいお尻を、ぷりんぷりん・・・っ! ・・・パンチラどころの騒ぎではない。パンモロである。


妹の萌子は、低身長でかわいらしいロリっ子だ。・・・おっぱいは大きくて、お尻もふっくら。・・・頭にカチューシャを着けている。

性格は甘えん坊で、エッチなことが大好き。

・・・以前は、もうちょっと落ち着いた健気な女の子だったのだが・・・、俺と近親相姦による初体験を迎えた後、抑えていたものが外れてしまったみたいで・・・。事あるごとに、自身のロリな色香を振りまいてくる・・・。

「服、着ろよ・・・」

「お兄ちゃんの前なら、これでいいのぉ~」

「いや、そういう問題じゃなくてだな・・・」

「えっ!? ひょ、ひょっとして、妹のパンツが嫌いになっちゃった!? そ、それとも、お兄ちゃんは、おまんまん丸出しの方が好みだったかなぁ・・・」

「どーしてそうなるっっ!!」

ツッコミを入れてみる。・・・まぁ、そうしたところで、解決はしないんだけど・・・。


妹がこういうことをしてくる時は、大抵、発情している状態である。・・・そして、2日に1度ぐらいは発情している。・・・つまるところ、週に3回は、俺の性器から精子を搾り取ろうとしてくる。

チラっ・・・。

ちょっぴり蒸れた妹のパンツに、目が釣られる。

若くてロリな女体をカバーしているその布は、イチゴのような甘酸っぱさと、心地よい触感を所持しており、・・・俺のような年頃の男性は、その淫魔たる雌力にあっけなく魅了されてしまう。

びーーんっ!

ああ、・・・また勃ってしまった・・・。

・・・妹の躾をした方がいいとは思うのだけれど、興奮と色欲がその考えを阻害してしまう。


「・・・っ。・・・わ、悪いのはっ、この尻なのかぁ~っ!」

むにゅりっっ!!

「にゃ~~~んっ!」

妹のむっにむにでもにゅもにゅなお尻を、パンツの上から美味しく頂く。

むに、むに、むにっ、むに、むにっ、むににっっ。

はぁあぁぁ~~~・・・。たまらんですわ~~~・・・。

妹のお尻を好き放題揉めるのって、素晴らしいなぁあぁ~~~・・・。

「あ、ああ・・・おにいっ・・・ちゃぁ~~んっ・・・」

お尻を揉まれている萌子は、エッチな声を漏らしまくってくる。・・・俺のオスの本能を巧みに刺激して、思考が正常に働かないよう操作してくる。


じっとり、ぷわぁ~~ん。

その上で、色香たっぷりの雌のフェロモンを、股間からふんだんに発散してくる。・・・しかも、すぐに感じやすい体質なためか、すぐにパンツが濡れてくる。

・・・パンツにシミができると、視覚の面でもやられてしまう。

視覚、聴覚、嗅覚、触覚。・・・俺の4つの感覚器官に淫らな刺激を与え・・・脳を官能させてくる・・・。

あっ・・・あっっ・・・ああっ・・・。

俺がオスになるのは時間の問題。ペニスが熱く火照っていく・・・。

・・・妹に性行為がしたくなって・・・どうしてもしたくなって・・・理性が凍結する・・・。


「もえこぉおぉ~~~んっ!」

「ひゃぁああぁ~~~んっ!」

そのまま、萌子の体に飛びついてしまう。・・・ズボンを脱ぎ、履いているブリーフを下におろし、ゴムをつけてぇー・・・っ、妹のパンツをずるりっっ!

「きゃーーーっ! ち~か~ん~~~っ!」

喜びながら、ぷにんぷにんのおしりをふりふりする妹。・・・明らかに誘っている。

ふっ・・・ふふふふふっっ・・・!

たまらないっ! ・・・妹に自由にセックスできるこの環境が、たまらないっ!!


むひょおおぉお~~~~っっ!!

妹のクリトリスを少しいじって慣らした後・・・、おま○こに欲棒を・・・じゅっぽりっっ!!

「んああ~~~っ! い、いきなりとは~~っ! お兄ちゃんって、だ・い・た・んっっ・・・」

「お前が誘惑するから悪いんだぁ~~~っ! この変態萌子めぇ~~~っ! 兄のおちんぽの味を、体にたっぷり刻みつけてやるぅ~~~っっ!!」

どちゅ、どちゅ、どちゅ、どちゅ、どちゅっっ!!

妹の膣内をグチョグチョに乱しまくる。


「あっ! はあっっ! あんっ、あんっ、あんっっ!!」

「ほらほら、お前が欲しかったのは、この肉棒なんだろぉ~~~?」

「そっ、そうなのぉ~~~っ! ・・・あ、はぅっっ・・・いは、っ、やっ、おにいちゃんっ・・・あっっ・・・もえこ・・・嬉しい・・・っ!」

どちゅ、どちゅん、どちゅん、じゅちゅんっ!

「はぁ、はぁ・・・お兄ちゃんっっ・・・お、奥までっ・・・ああっっ・・・!」

挿入したら最後。・・・妹のま○この中に射精するまで、性愛行為が止められない。・・・そうなってしまうほどに、性器と性器の結合が気持ちいい。


じゅっこ、じゅっこ、じゅっこ、じゅぷっ! じゅぷぷぷぷ・・・っ!

「あっ、はっ、はっ、あっ、はぁあ~~~~~っっ!!」

腰を振り、勃起中のペニスを繰り返し移動させて、妹の膣内を突きまくる。

「くぅ・・・・はぁ・・・あ・・・・っっ!」

良い。・・・はぁ、はぁっ! ・・・すごく、良いっっ・・・!!

妹の釣り針にかかってしまった俺は、絶頂するその時まで、妹のおま○こに交尾を行う・・・。



ちーーん。

「えへへぇ~~。今日もいっぱい射精しちゃったね~~~。」

ぐでぇ~んとしたまま座っている俺。・・・萌子は、ゴムの中でとっぷとぷになっている白濁液を、楽しそうに眺めている。

・・・妹の性欲はすごい。・・・生理日以外は、いつもこんな感じだ。・・・それに対応できてしまう俺も、結構なスケベ野郎なのかもしれないが・・・。


「こ、ここ最近、ちょっとセックスしすぎじゃないか・・・っ」

「そ~お~? 私、お兄ちゃんといっぱいエッチができて、とっても幸せなんだけどなぁ~。・・・お兄ちゃんは嬉しくないの~?」

「い、いや・・・そりゃあ、う、嬉しいけどさ・・・」

「なら、いーじゃんっ! もっと、萌子とイイコトしようよぉ~っ!」

ダメな気がするんだけどなー・・・。でも、あんなに気持ちのいいことを知ってしまったら、・・・や・・・やめられないっ・・・。


「む~~。乗り気じゃないなぁ~、お兄ちゃん~。・・・あっ、わかった~。・・・エッチの時の気持ちよさが足りないんだね!」

「ーーーーへっ?」

「いつもお兄ちゃんに気持ちいいことしてもらってるしー、・・・たまには萌子が、お兄ちゃんにイイコトしてあげるっ!」

コンドームをぎゅーっと縛ってゴミ箱に入れた後、手をパンと叩いて、にぱぁーっと笑いながら妖しげな提案をしてくる。

「お兄ちゃんの性欲が復活したら、プレゼントしてあげるから~、・・・それまで楽しみにしててねぇ~っ。・・・にょほほほほぉ~~~」

「おーーー、おいっっ!」

何か言い返そうとするが・・・萌子はそれを聞かず・・・ぴょっこぴょっこと跳ねながら、洗面所の方に移動してしまう。


・・・全く、困った妹だ・・・。

やれやれといった気分になったまま、俺はパジャマに着替え・・・隣の畳部屋で横になった。



それから3日後。

・・・夜。

「はーいっ! お兄ちゃぁ~んっ!」

妹の声が、寝室の畳部屋から聞こえてくる。


「なんだー、もえこー」

「えへへーーっ。・・・今日はー、お兄ちゃんを楽しませるためにー、・・・萌子、コスプレしちゃいましたぁ~っ」

楽しませる? ・・・そんな、話・・・あったっけ・・・。

「じゃじゃぁ~~んっ」

がらりっ・・・。

襖(ふすま)が開く。・・・そこから、セーラー服を着た妹が、ぴょっこり跳ねながら出現した。


「いぃーーーーっっ!?」

妹の姿を見て驚く。

・・・J・・・JK、だとぉおぉーーーーーっっ!!?







◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルト官能小説 - 快楽機姦研究所
短編のエッチな小説が500話以上あります!


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。




  • FC2カウンター(uu)


  • ◆ このサイトについて
    18歳未満は閲覧禁止です。予めご了承下さい。

    当サイト「ハカセラボ」は、エッチな小説置き場のサイトです。「作者:ハカセ」が執筆しています。

    何か要件などがある場合は、「快楽機姦研究所」の方に、ご連絡下さいなー。

    それと、小説の利用規約は、快楽機姦研究所と同じです。小説の閲覧は、自己責任でお願いします。

  • リンク集