◆ サイトの紹介


・快楽機姦研究所

拘束と性具が主体のエッチな短編小説が500話以上あります!


Duga
ページリストに戻る


回転ブラシローラーで陰核を治療!


◇ 回転ブラシローラーで陰核を治療!

快楽機姦研究所、アナザーストーリー

クリトリス・クリニック 第5話(全12話)


前回。

クリトリスオナニーが大好きになってしまった桜。・・・女医である瑠璃の言いつけを無視してしまい、オナニー三昧を行ってしまった・・・。



クリトリスクリニックにて。

更衣室でパンツを脱ぎ、白い浴衣姿になってから・・・私は診察室に入る。・・・ドキドキ。

・・・その後、瑠璃さんにクリトリスの再診察をしてもらったのだが・・・、波乱になっていることが一発でバレてしまった。


「うむむー。これはどうしたものかー」

「す・・・すいません・・・」

「桜さんがエッチな女性であることは理解していましたがー、まさかこれほどとはー」

「あ”ぅ”ぅ”・・・・・・っ」

「ここ最近、クリトリスの疼きがさらに強くなっていませんかー? 桜さんのクリトリスの病気が悪化すると、そうなるはずなのですがー」

「は、はいぃっ・・・なっちゃってますぅう・・・っ」

「このままの状態で放置すると、クリトリスの疼きが止まらなくなって、日常生活に戻ることができなくなりますよー」

「・・・ええ”ぇえ”えーーーっ!? ・・・せ、先生っ! わわ、わたしっ!! ど、ど、どーすればっっ!!」

非常にまずいことを聞かされる。・・・私はあわてた状態になって、瑠璃さんに解決策を求める。


「そう慌てないでくださいなー。この病気はですねー。・・・きちんとオナ禁すれば、数日で治るのですよー」

「・・・そ、それで治るのですか・・・。っ・・・さ、再発はっ?」

「完治したら、再発することは一切ありませんー」

・・・ほっ。・・・な~んだ、案外簡単なことじゃないか。

肩の力が一気に抜ける。・・・一時はダメかと思ったぞ、全く・・・っ。


「わかりました。瑠璃先生。・・・そ、それでは、今度はあの部分を徹底して触らないように気をつけますっ! それで治してみますね・・・っ!」

私は、そう言いながら退席しようとするが・・・、

がしっっ。

・・・瑠璃さんに腕を捕まれて、席を離れることができなかった。



「へっ・・・先生・・・、な、なにを・・・っ」

「・・・・・・。桜さんー。・・・貴方はですねー、自己管理ができていないのですよー」

すぐに手を離してくれる、が、瑠璃さんはまだ私に用があるみたいで、返そうとしてくれない。


「自慰行為を過剰に行わなければ、クリトリスの病気は普通に治っていたはずなのですー。・・・しかし、私の言いつけを破ってしまい、結果、症状が悪化してしまいましたー。

・・・。そのため、失礼ながらー、私は貴方の先ほどの発言を信用することができませんー」

「えっ・・・? えっ、えっ・・・!?」

「桜さんの今後のことも配慮して、もう1つの治療法で治すことにしますー」

「・・・もう1つの・・・治療法?」

「はいーっ。桜さんに激しい快楽絶頂を与えて治す方法ですー」

・・・うん。・・・うん? ・・・うん。・・・どえぇええぇええーーーーーーっっっ!!!?


「桜さんのクリトリスの病気はー、変わったタイプでしてねー。・・・特殊な薬を用いた上で、大量の刺激を与えるとー、その日のうちに治るのですよぉー」

いっ・・・いやいやいやっ! そそそそ、それは、それはぁあーーーっっ!!

「・・・いっ・・・いやですっ・・・!!」

「ダメですー」

「わ、私、何とかなりますからっ!! 自分で、治療っっ、できますからっっ!!!」

「もしそうなら、病気はとっくに治っているのですー」

「う”っっっ・・・・!!!」

核心を突かれる。・・・顔が、かぁ~~っと赤くなってしまう。


「もし仮に、次のチャンスがあるのだとすればー、私だってこんな方法は用いませんよー。・・・しかしですねー、桜さん。貴方に次はないのですー。

また自慰行為をされてしまうとー、それが癖になって、病気の治る見込みが極端に無くなってしまいますー。・・・なので、許容することができませんー。

この強制快楽絶頂による治療なら、絶対に、治すことができますのでー、私はこれを強制執行させていただきますー」

「やっ・・・・・・やだぁぁあっ・・・・・」

「守るべきことを守らなかった自分の欲望を責めることですねー。・・・さぁ、こちらに来てくださいー」

私は瑠璃さんに引っ張られて、他の部屋に連れていかれる。


・・・抵抗しようと思えば抵抗できたのかもしれないが・・・、自分の恥ずべき行為を思い返すと、従わざるを得ないと感じてしまったため・・・嫌であっても、否定することができなかった。



クリトリスに特別な防水シートを張られた後、一度、更衣室にあるシャワールームで体を洗い流すように指示される。

しゃぁああっぁああぁぁぁ~~~・・・。

「ん・・・はぁ・・・っ」

私はシャワーで体をきれいにする。・・・体がぽかぽかして、お股の気持ちよさが極端に増していく・・・。


・・・体を洗浄した後は、特別処置室に入室。

がちんっ。

内側から鍵をかけられる。・・・私を激しく絶頂させるまでは、絶対に逃がすつもりが無いのだろう。

「理解してくださいなー。・・・これは、桜さんのためなのですよー」

「・・・はい」

瑠璃さんは、私のお股に貼り付いているシートを剥ぎ取ってから、お豆に特殊な治療薬を塗っていく。

「素直に処置を受けてくださいますねー?」

「・・・・・・はぃぃ・・・」

「いい子ですねー。・・・さぁ、診療台の上に座ってくださいー」

・・・しぶしぶしながら、言われたとおりの行動を行う。


「・・・・っ」

分娩台らしきものに座ってから、体を拘束される。・・・そこから、クリトリスの包皮を剥かされて・・・特別な治療が受けられる状態になる。

「あっ・・・あのっ・・・。治療って・・・どうするつもり、ですか・・・?」

「んふふー。・・・それはですねー、こちらの装置で快感をたくさん溜め込むのですよー」

がらがらがら~。

周りに白いモサモサが大量に付属した、円形の装置を転がしてくる。


あっっ・・・・・。

な・・・なんだか、これから、すっごく、いいこと、されちゃうかもぉお~~~・・・っ!

へへっ・・・へっ・・・!

変に焦りながら微笑してしまう。・・・こっ、怖いはずなのに・・・何かに・・・期待している・・・のかも・・・。


がち、がちっ。

円形の装置は分娩台に連結して、しっかり固定される。・・・その状態で、円の一部が私のクリトリスにぴとっとふれて、

「・・・あんっ!」

お豆が、にゅるにゅるしたやわらかぁ~いブラシの中に包まれる。・・・あ~、わたし、これ知ってるっ! ローションという気持ち液体のやつだぁあ~~~っ!


「それじゃー、スイッチ、入れますねー」

もしょり・・・。

「んはっ・・・!」

もしょ、もしょ、もしょ、もしょ、もしょ。

「あっ・・・あっ・・・うあっ・・・あぁっっ・・・あ~~~~~っっ」

回転ブラシローラーが動き出す。・・・下から上に、下から上に移動するため・・・私のクリトリスの裏側が、もしょもしょとした優しい摩擦を受け続ける。


もしょ、もしょ、もしょ、もしょ、もしょ、もしょ。

「ひゃ、・・・すごいっ! ・・・すごくイイっっ! あっ、あっっ!! ・・・る、瑠璃さん、これっっ!! すごいですっっ!!」

しゅわ、しゅわ、しゅわ、しゅわ、しゅわ~~。

「あっ・・・あはっっ・・・だめっ・・・い、あ、はぁ、あっ・・・あっっ・・・あぁ~~~んっっ!!」

「だんだん、とろけた表情になってきましたねー。・・・もう少しスピードを速くしていきましょーかー」

回転ブラシローラーのスピードが速くなっていく。・・・私のクリトリスの裏筋が、集中して擦られる。


もしょもしょもしょもしょもしょ~。

「あっ、うあっ、い、いぃ、あっっ・・・あっっっ・・・いはっっ・・・いぎ、ぐっっ・・・あはぁああっっっ!!!」

優れた快感を、クリトリスの裏側にた~~っぷりと与えられる。・・・拘束された状態のまま道具によって刺激される快感は、自分一人では絶対に味わえないような美味しさがあった。

「あはっっ・・・ああっはぁっっ・・・はぁっ! はぁ~~~っっ!!」

びくんっ! びくんっ! びくびくっ! びくびくっ! 

お股がしびれて、全身が震え上がる。・・・だめっ、これっ・・・すごすぎるっっ・・・!! やばいっっっ!!!


「あぁあああっっ・・・あ、あ、っ、あっっ、あ~~~っっ!!!」

太股をガタガタさせながら、エッチな声と液体を大量に漏らしていく。・・・脚はきっちりと拘束されていて、閉じることが全くできない。・・・剥き出しの敏感なクリトリスに、大量の繊細なやわらかブラシが直撃し続ける。

もじょもじょもじょもじょもじょぉ~~~っ。

「あっ・・・あっっ・・・あっっっ・・・あ~~~~~~っっっっ!!!」

何かに耐えられなくなって、意識が沈む。・・・身体が気持ちよくなる。


「っ・・・・!! ・・・・・っっ!!」

あ、しびれて・・・気持ちよくて・・・何も考えられなくなって・・・だめ・・・だめぇえっ・・・あーーーーーっっ!!!

ーーーびくんっっ!! びく、びく、びく、びく。

「・・・・っ! ・・・・ふぁっっ・・・・・・あ・・・・・ぁっ・・・・」

「早速絶頂しちゃいましたねー。桜さんー・・・ここらで、目隠しもつけましょー」

「ーーーひぇ?」

すちゃっ・・・。アイマスクを被されて、視界が真っ暗になる。

「えっ・・・あっ・・・にゃに・・・を?」

もしゃもしゃもしゃもしゃもしゃ~~~っ!

「い”ーーーーーーーっっっ!!?」

視界が暗くなった途端、クリトリスの刺激がより鮮明に伝わり・・・お股が全く耐えられない状態になってしまう。・・・し、ぁ、ぁ、しっ・・・しびれすぎるう”ぅう”~~~っっ!!


しょわしょわしょわしょわ、しょわしょわしょわしょわ。

「い”に”ゃーーーーぁーーーーーっっ!! だめだめだめだめすごいすごいくりすごいだめ、ああ、またイク、私イクっっ、イクっっ!! いぐ”うぅううぅぅぅう~~~~~~っっ!!!」

びびびびび、ーーーびくんっっ!!! びくんびくんびくんっっ!! びくうぅぅぅんっっ!!!

素晴らしいぐらいの激しい快楽電流が、クリトリスに伝わって・・・強制絶頂を引き起こす。

「あ”がっ・・・がっ・・・はっ・・・へっ・・・」

アイマスクの隙間から、涙が垂れて線を描く。・・・お股があまりにも気持ちがよくて、じんわり感が体から抜けなくなる。


「視界の封印による快感強化を行わせていただきましたー。・・・さらに、お鼻の方もちょっと失礼しますねー」

ぷしゅっっ!! ぷしゅっっ!!

鼻の中に、何かよくわからないガスを2回入れられる。

「あっ・・・? あぁ~~っ・・・?」

もじょもじょもじょ~。

「あ”ーーーーーーーーー、い”あ”ーーーーーーーーーーーっっっっ!!!!」

それを吸った後、すごくすごく、イイ気分になって・・・さらに絶頂してしまう。

「媚薬ガスですー。・・・今回の治療はー、最高の快感を得られるように処置しなければならないのでー」

瑠璃さんが何か発言しているみたいだが、それが頭に入らない・・・。私の脳内は甘い蜜汁でいっぱいになっており・・・快楽を除く情報のほとんどが、きれいさっぱりに遮断されてしまう。


も”じょも”じょも”じょも”じょも”じょ~~~っ!!

「あぁあぁああぁああぁあ~~~~っっ!! あ~~~~っっっ!!! あはぁあああああーーーーーーーーーーっっっ!!!」

目がぐちゃぐちゃになって、くちがゆるゆるになって、頭の中がフニャフニャになって、体がぐにゃぐにゃになって・・・、

「あ”ーーーーーーーーーーーーーーっっっっ!!!!」

信じられないほどの快感を得る。・・・オナニーなんて比較にならないほどの、超絶的な快感。体の全てが絶頂してしまう快楽アクメ。


じょりじょりじょりじょりじょりぃ~~~。

「い”あ”あぁ”ぁああ”ぁあっは”はぁ”ぁあ”ぁあ”あ”あ~~~~っっ!! いいぃいいぃぃいぃぃっっ!!! いはーーーーっっ!! いはあぁああああーーーーーーっっっ!!」

それを連続で発生させられる。・・・クリトリスの裏側へのブラッシングは1秒たりとも止まることなく・・・私の身体に至高の快感を与え続ける。


ぎちぎちぎちぎちぎちっっ!!

「う”あぁ”あぁ”ぁぁ”ああ”ーーーーーーーっっっ!!!」

いくら泣き叫んでも・・・いくら暴れても・・・止められることのない快楽絶頂。

「いぃぃいいいぃいいっっっ!!! あ”ーーーーーーーーーーーーーーーーーーっっっっ!!!」

私の陰核に快楽の刻印が刻まれると・・・私は、あまりにも幸せすぎて・・・意識を失ってしまった・・・。



「・・・・・・んっ?」

気がつくと、私は診察室のベッドで寝かされていた。

「・・・おー、目が覚めましたねー。・・・どうですー、気分は悪くありませんかー?」

瑠璃さんの笑顔が視界に入り込む。・・・あれ? 私・・・寝ていたのだろうか・・・?


「桜さんのクリトリスの治療は、無事、終わりましたよー。もう、クリトリスの疼きに悩まされることはありませんよー」

「・・・はぁ・・・っ」

ベッドから起こされる。・・・なんだろう・・・とっても、ふわふわして、良い気持ち・・・。全身が、幸福の衣で包まれているみたいだ・・・。

「処置は以上ですー。・・・動けるようになりましたらー、受付ルームに移動してくださいー」

「・・・・・・はぃぃ・・・」

ほへぇえぇえ~~~っ。

・・・ぼーーっとする。・・・ぼーーとしている。・・・そのうち、何となく動けるようになったので・・・更衣室で着替えを行ってから、お会計を済ませる。


うっとり、うっとり、ほわんほわん~・・・。

・・・私は恍惚状態のまま、クリトリスクリニックから退出して、家に帰った。







◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルト官能小説 - 快楽機姦研究所
短編のエッチな小説が500話以上あります!


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。




  • FC2カウンター(uu)


  • ◆ このサイトについて
    18歳未満は閲覧禁止です。予めご了承下さい。

    当サイト「ハカセラボ」は、エッチな小説置き場のサイトです。「作者:ハカセ」が執筆しています。

    何か要件などがある場合は、「快楽機姦研究所」の方に、ご連絡下さいなー。

    それと、小説の利用規約は、快楽機姦研究所と同じです。小説の閲覧は、自己責任でお願いします。

  • リンク集