◆ サイトの紹介


・快楽機姦研究所

拘束と性具が主体のエッチな短編小説が500話以上あります!


Duga
ページリストに戻る


淫乱化促進の強制催眠セックス 2


◇ 淫乱化促進の強制催眠セックス 2

「お”ぉ”・・・お”・・・ぉ”・・・」

意識がぐにゃりと歪む。

なんだか、茜さんの言うこと聞くと、幸せになれるような・・・気がする。・・・なんだろう、この気持ち・・・。


「萌子ちゃーん。淫乱化するセックス、気持ちよかったぁ~?」

淫乱やだぁ・・・。あ、でも・・・茜さんの質問に対して、・・・す、素直に応じたい。・・・わ、わたし・・・あっ・・・こ、これは一体ぃ・・・!?

・・・あっ・・・ああっ・・・。

まるで、私の思考をぺたぺたと塗り変えられているような気分・・・。


「萌子ちゃん。・・・ディルドを挿入されたまま、おしっこをこの場で漏らせるかしら~?」

ふるふるふるふる。・・・そんな変態行為、恥ずかしくて出来ませぇん!

「そっか~。そうだよね~。・・・で、どお? もう一度聞くけど、さっきのセックスは気持ちよかったかしら?」

あ・・・あ・・・っ。

「ふ、ふぃいぃいぃ~~・・・」

はわぁ~~~。・・・ふ、不思議だ。茜さんの質問に答えると、イイ気がする。・・・これが淫乱化現象・・・なのだろうか・・・?


「ふふっ、素直に答えられたわね。・・・それが淫乱化が進行した証拠なのよ」

や、やっぱりそうなのかっ!! あ・・・あぅう、あぁぁうぅぅぅぅっっ!!!

「気持ちよかったのなら~、もっともっとセックスしちゃっていいわよね~」

「ふぎゅっ!! ふぎゅふぎゅふぎゅっ! ふぅうぅ~~ぎゅぅうぅ~~~っ!!」

「うんうん、拘束中の完全開脚状態で、ディルドをも~っと、ずっぽずっぽされたいのね!・・・萌子ちゃんは淫乱だもんね。・・・任せてぇ~」

茜さんは悪そうな笑顔になった後・・・、

ずちゅ、ずちゅ、ずちゅ、ずちゅ、ずちゅ!

私の絶頂して感度がよくなった膣内を、ディルドで激しく摩擦する。

「う”・・・う”ぉお”~~~~っっ!! ん”おっ! ん”おっ! ん”おっ! ん”おっ!! ふぐっぐっっぐっ、ぐっ、ぐっ、っ~~~!! ぐぅっっ!!!」

女性の大きな弱点部分に、クリティカルヒットが連続で続く。


もっちゅ、もっちゅ、ずちゅりっ、ずちゅりっ!

「ふぎょおおぉおおぉ~~~おぉ~~~っ!」

さらに淫乱化しちゃう! もっと淫乱になっちゃうっ!! ゆ~る~ひ~てぇええぇえ~~~~っっ!!

・・・!! ~~~~~っっ!! あ”ひぇ~~~~・・・・。

2回目は早かった。

ベルトできっちり拘束されて動けない脚をびくびくと悶えさせながら、私は絶頂する。


ぐにゃぁ~り、ぐにゃぁ~~ん。

意識がさらに歪んでいく。・・・自分の性格が修正されているような感じ・・・。

おおぉ・・・お、ぉはぁ・・・はあぁああ~~~・・・。

さ、さらに淫乱になっているのぉっ!? 体が火照る。イイ・・・イイよぉおぉお~~~っ!! お股が気持ちいぃいぃ~~~っ!!

「淫乱化するのはぁ、イイ気分でしょ~。・・・まだまだセックスしてあげるから、もーっと淫乱になりなさい」

「・・・ふぐぅ」

無意識に首を縦に振ってしまう。・・・すると、それが正しいよっと心が優しくささやいて、同意の後押しをしてくれる・・・。

あぁぁ・・・幸せ・・・。淫乱なんて、どうでもいい・・・。茜さんの声を聞いて、それに従うのが・・・イイ気がする。


「・・・どうせだし、ここで、おもらししてみない?」

「ふぅうぅ~~ぅ~~~」

お、おしっこしてみてもいい気がするけど・・・やっぱりだめな気がする。・・・あ、でも、したい・・・茜さんの言うこと聞きたい・・・いや、それでもやっぱり恥ずかしくてできない・・・。

う・・・うにゃぁああぁ~~~~っ!! どーなってるんだ、わたしぃぃいい~~~っ! 茜さんに従うと幸せになるぅうぅ~~~っ!?

「まだ無理かー。・・・それなら、セックス続けましょー。もっと淫乱になれば、私の要求を飲めるようになると思うわ~」

ずちゅぅりっ!

「お”ぅ・・・」

どちゅっ、どちゅっ、どちゅっ、どちゅっ! クリクリクリクリ!

「お”っ! お”っ! お”っ! お”っ!」

大きな快感が、お股からじゅばぁ~~っと全身に広がる。・・・自分が変になっていることなど、すぐにどうでもよくなり・・・子宮付近から絶えず沸いてくる幸せで、すごぉ~く、あへあへになっていく・・・。なにも考えられなくなっていく・・・。



ぬちゅぬちゅぬちゅぬちゅぬちゅりっ!!

「ん”お”ーーーっ!! ん”お”ぉ”ーーーっ!! ・・・ん”ひゅっっっ!!!」

3回目の絶頂はすごく早かった。

びしゃっと潮を吹かされて、私は瞳の奥をきらつかせる。

・・・自分の気持ちが素直になっていく。茜さんに従うことが一番イイことなのだと・・・思考が、修正されていく・・・。


「このままセックスを続けたい?」

うんうんうんう~んっ!

「セックスを続けると、さらに淫乱になっちゃうけど・・・それでもいいの?」

う”っ・・・そ、それはぁ・・・。

「萌子ちゃんには~、質問より命令の方がいいかもね~。・・・セックスしてさらに淫乱になりなさい」

「あ”ぃ・・・」

「おもらしもできる?」

「う”ぉい・・・」

じょろじょろちょろちょろちょろろぉ~~~。

茜さんの命令を聞き入れ、心も体も幸せになった後・・・恥じらいをどこかに置いてきてしまい、言われたとおり、おしっこをその場で漏らしてしまった・・・。


「ん”・・・ふふ・・・ふぅうぅ~~~・・・」

ディルドをつっこまれたまま漏らすおしっこが、とっても快感だぁああぁ~~~~・・・。頭の中が温かくて・・・しびれるぅうぅ~~。きもちいぃいぃ~~~・・・。

「正直になってきたわねぇ~。萌子ちゃんの性格矯正が効いてきて、私も嬉しいわ~」

じゅぽんっ。

・・・急に、膣内からディルドを抜かれてしまう。・・・あ~~~、抜かないでぇ~~~っ! 萌子をもっとダメにしてぇえぇ~~~っ!!

「おねだりする表情も可愛らしいわねぇ。・・・けれど、ちょいと待ちなさいな。・・・萌子ちゃんのいやらし~おしっこを処理したら、快楽落ちするまで何度も何度も絶頂させて、淫乱化をたっぷり進行させてあげるからね~」

茜さんは、温水ホースをもってきて、私のお股と自分のディルドを綺麗に洗浄する。・・・綺麗にした後は、ローションをつけてから、にっちゅりと再結合。・・・私をもっと淫乱化させるための、とっても気持ちいいセックスが始まる。



ばちゅっ、ばちゅっ、ばちゅっ、ばちゅっ!

「ん”~~~~お”~~~~~っっ!! お”ぅ、お”ぅ・・・・・・お”っひぃいいぃ~~~~っっ!!!」

絶頂する。・・・私の常識の一部が書き換えられていく・・・。

どちゅっ、どちゅっ・・・ずん、ずん、ずん、ずんっ!

「お”お”お”おおぉっ!! んひゅひゅひゅひゅっ・・・ん”~~~~~~っっっ!!!」

さらに絶頂する。・・・茜さんとの性行為は、当たり前のような存在だと認識するようになっていく・・・。


どんなに泣いても叫んでも、私の淫乱化調教は止まらない。どんなにけいれんしても暴れても、私は茜さんとのセックスを止められない。・・・お股の中をいっぱい、い~っぱい気持ちよくされることで、催眠暗示により、私の淫乱化は確実に進行していく。

・・・自分でもよくわかる。だって、絶頂する度に恥じらいが薄れ、茜さんとのセックスを深く深く希望するようになって・・・茜さんにもっともぉっと従いたくなってきて・・・それが心底嬉しいように感じられるんだもん。・・・淫乱化としか思えない。


ぐちゅり、ぐちりっ、ぬち、ぬち、ぬち、ぬちゅぅっ!!

「う”にょ”~~~っっ!! お”~~~っ! お”~~~っ!!」

またまた絶頂する。背中と腰がしびれ続け、ねっとりした甘い快感が体から抜けなくなる。

ん”ちゅぅ、ん”ちゅぅ、ずちゅり、ずちゅり。

「~~~~~~っっっ!! ~~~~~~~っっ!!」

繰り返し絶頂する。頭の中でなめらかな光が美しく輝いて・・・後一撃で、私の淫乱化が完成してしまうことを知る。


「お”・・・ひゅ・・・ぐ・・・ぬ”・・・ひぇ・・・」

背中を何度もいやらしく曲げて、淫乱化してしまうことから必死に逃れようとする。

「淫乱化調教の催眠暗示が強力な効果を与えているわね。・・・萌子ちゃんは催眠もよく効くからねぇ~、ふふっ・・・。次に絶頂したら、淫乱化したことを一生覚えていられるようにするため・・・記憶の奥底に深く刻み、自分が淫乱であることを完全に認めなさい。・・・これは命令よ」

「ーーーっっ!! ん”~~~~っっ!! ん”~~~~~っっ!!」

茜さんの声が全身に響く。・・・まるで、特殊な魔法でも受けてしまったかのように・・・私が次に絶頂したら淫乱化が大変強く進行してしまうことが理解できる。

首を横に振ってもダメ。暗示は絶対。・・・あ”・・・いや、いやぁ、いやあぁあぁ~~~~っ!!


「いやなら絶頂しなければいいだけよ? 淫乱じゃなかったら耐えることができると思うんだけどなぁ~。・・・まぁ、それも、萌子ちゃんの体に聞いてみることにしましょう! そーれっ!」

ずこずこずこずこずこずこ!

「ん”ひゅーーーーっっ!! ん”ひゅーーーーっっ!! ん”ぉおおお”っぉお”お”っっっ!!!」

ずこずこずこずこずこずこずこずこ!!

「お”お”お”ぉ”おっっ、お”お”、お、ぉ”お”っっお”ぉ”お”ぉ”お”~~~~~お”ぉ”おぉぉっっ!!!」

ずこずこずこずこずこずこずこずこずこずこぉ!!!

「っ”ーーーーーーーーっっっ!! っ”っ”っ”ーーーーーーーーーーーーーーー!!!」

お腹とお股がものすごい勢いでガクガクと震え出す。・・・私の心はふわわぁぁ~~っと浮いていき、やっぱり自分は淫乱であったことを・・・身体でしっかり理解する。


ーーーーーずんっっっっ!!!

「っ”ーーーーーー!!!!」

びばしぃぃいぃあぁぁあっっ!!

あまりにも膨大な快楽電流が、骨の内部にまできっちりと流れ込む。

・・・ぶばしゃぁああぁっっ!!!

出せる限りの潮を放出する。・・・私は、性格を少しだけ変えられて、茜さんのイイと思うモノに改造されて・・・自分がすごくエッチな存在であることを自覚する。

・・・その後、最高に幸せになって・・・自我はフッツリと消え去った。



萌子がとても深く絶頂したことを確認する。・・・服従化と素直になる催眠調教が十分に効いている。・・・その上で、淫乱化の促進もしっかりと影響していた。

次に目が覚めたら、萌子はまた一段と色っぽくて可愛らしい存在になっていることであろう。

・・・茜は、ディルドを深く挿入させたまま、自身の体を萌子の体に、ふにょりと密着させて・・・萌子の口枷を取り外す。


「・・・・・・ぁ・・ぁ・・ぁ・・・っ・・・」

「性格も、しっかりと矯正されちゃったねっ・・・。とってもイイ子よ、萌子ちゃん・・・」

唇を重ねる。・・・ずっと重ねたままの状態にさせる。

萌子と茜の愛は、とても美しく循環し・・・主従の性愛関係は、より強固なモノになっていく・・・。







◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルト官能小説 - 快楽機姦研究所
短編のエッチな小説が500話以上あります!


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。




  • FC2カウンター(uu)


  • ◆ このサイトについて
    18歳未満は閲覧禁止です。予めご了承下さい。

    当サイト「ハカセラボ」は、エッチな小説置き場のサイトです。「作者:ハカセ」が執筆しています。

    何か要件などがある場合は、「快楽機姦研究所」の方に、ご連絡下さいなー。

    それと、小説の利用規約は、快楽機姦研究所と同じです。小説の閲覧は、自己責任でお願いします。

  • リンク集