◆ サイトの紹介


・快楽機姦研究所

拘束と性具が主体のエッチな短編小説が500話以上あります!


Duga
ページリストに戻る


アイマスクとペニスサック


◇ アイマスクとペニスサック 

アダルトノベル ハカセラボ

おじさまの愛撫調教 第9話(全10話)



暗い・・・暗い・・・。

「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・っ」

体の中には、アレが詰まったまま・・・下腹部が・・・熱くて、嬉しくて・・・しあわせ・・・ただ、しあわせ・・・。


「感度が戻ったかな・・・? 気分はどうかね、結衣君」

「はぁ、はぁ・・・んあっ・・・さ、最高・・・ですぅっ・・・あっ・・・でも、ま、前が、見えない・・・っ」

ぎちりっ・・・。

胴体も動かせない。・・・イかされる前の姿勢と同じみたいだ・・・。

「結衣君が深い絶頂を起こした後、アイマスクと乳首責めの性具を装着させてもらった。・・・お姉さん方は解散したから、今ここにいるのは、私と君だけだ」

しゃわりっ・・・。

ーーーっっ!?

「ああぁあっっ・・・!! こ、こっっ・・・腰がっ・・・! はひぃっっ・・・!!」

おじさまにさすられて、腰がびくんと震える。・・・強烈な快感が脳裏にびわりと訪れる。


「・・・わき腹はどうかな~?」

さすり、さすりっ・・・。

「ああーーーーんっ!! ・・・はひ、はひ、はひっ・・・」

「胸の横も良いだろう?」

もむり、もむりっ。

「ひ、ひぃいいぃぃいぃ~~~~~っっ!!」

体のどこを触られても、意識がマヒしてしまうぐらいに素敵だ・・・。わ、わたひ・・・どうなっちゃったのおおぉおお~~~っ!


「結衣君。・・・君は今、強力な性感マッサージを受けたことで・・・体の感度が、大変優れたものになっている。・・・例えば、クリトリスをいじりながら、このようにペニスを出し入れすると・・・」

「ひ・・・はっ・・・」

ぬちゅりっ・・・。

「~~~~~~っっ!!」

にちゅりっっ・・・にちゅりっっ・・・!

「ひ~~~~~!!! は~~~~~~~っっっ!!!」

お股の中がひくりと悶えて、頭の中がワンダフルになる。


ぬちゅっ、ぬちゅっ、ぬちゅっ、ぬちゅっ。

「あ”~~~~っっ!! あ”~~あ”~~あ”~~~」

・・・太股は、拘束ベルトがあるから、閉じれない。

おじさまのアレを、一方的に・・・何度も、何度も・・・凄いところへ差し込まれてしまう。

くりゅ、くりゅ、くりゅ。・・・むちゅっ、ずちゅっ、ぬちゅっ。

「い”っひーーーーーーーーーっっっ!!!」

暗闇の中・・・、全身をガクガクさせながらオーガズムに達する。

「あ”ぁ”・・・あぁ”・・・ぁ”あ・・・あ”・・・っ!!!」

おへその下の内部が、どうしようもなく幸せで・・・淫声を荒らげずにはいられないっ!


「と、まぁ、大変気持ちの良い絶頂を迎えることができる」

ぬぬぬぬぬ・・・にゅぽんっっ・・・!

「あんっっ!!」

今まで、ずーーっと挿入されていたアレが、ようやく体内から抜ける・・・。

「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・っ」

なぜ、拘束されているのか・・・なぜ、目隠しされているのか・・・なぜ、こんなに気持ちいいのか・・・。

・・・全て、どうでもよかった。・・・ただ、ただ、全身が気持ちよくて・・・四肢をくねりと動かしながら・・・深い快感に浸り続ける。


「ふふっ、イイ気分かね?」

「はぁい・・・さ、さいこぉおぉ~~ですぅうぅ~~~っ」

「おっと、それは違うな」

「ーーーへひゅい?」

「最高の快感は、これから訪れるのだ。・・・今、私がペニスに取り付けた・・・この、特製ペニスサックによって、ね」

・・・最高じゃない? ・・・これが? ・・・ましゃか・・・そんな、わけ、なぁぁいっ・・・だってぇ、・・・すっごく、気持ちいいんだもぉん。


「結衣くんは、視界が遮断されているから・・・私が装着した特製ペニスサックについて、少し説明してあげよう。

まず、ペニスの上部にあるブツブツの部分。・・・これは、ペニスを動かしたとき、女性のクリトリスを大量摩擦してくれる。

次に、陰茎中央付近の上部に配置された突起物。・・・こっちは、結衣君のGスポットを的確に圧迫してくれるだろう。

・・・最後に、私の亀頭を多い被せている突起した部分。・・・膣奥を優しく押すための役割を担っている」

す~りす~り、す~りす~り。

私の下腹部を、手のひらで和らげにさすりながら、和久さんは言葉を続ける。


「・・・。結衣君。・・・今までの愛撫から察したが・・・君は、ポルチオ性感も十分に開発しているのだろう?

君のお風呂での反応を見たとき、・・・私は、大きな感動を覚えた! ・・・まさか、素人にも関わらず、最深部まできっちり性開発しているとは・・・っ!! 逸材だ! ・・・過剰な自慰行為によって誕生した逸材・・・っ!

おっと・・・少し、はしゃぎすぎたかな。・・・だが、私は嬉しいんだ。・・・君のような、若くて、可愛くて、性感に満ちあふれた女の子と・・・戯れることができて・・・心底、嬉しいっ!

・・・そして、これから君を最高潮に導いて・・・私も深い悦びを得るつもりだ。・・・感謝の意を込めながら・・・壮大なる幸せの世界に、連れていってあげよう」

ほへーーーーーっっ。

笑顔のまま、和久さんの声を半分以上聞き流してしまう私。

ああ・・・なんでもいいから・・・早く、・・・アソコの中・・・突いてぇ・・・。

・・・今、アレで、下のお口を突かれたら・・・きっと、きっと、すごすぎて、真っ白になっちゃう・・・っ!

えへ・・・えへへへへへへっっ・・・。


こりんっ・・・。

「ーーーんひゃんっっ!!」

暗闇の中で、急にお豆を触られて・・・びりっとする快感が、お股に走り抜ける。

「どうだい? すばらしい感度だろう。・・・アイマスクを使い・・・視界情報を完全に遮断することによって、結衣君の性感はさらに向上しているんだ」

ずぷりっっ・・・。

「あ”っ・・・っ・・・!!!」

今度は、ペニスサックの亀頭の部分が、体内にゆっくり入り込んでくる。


ずりゅりゅりゅりゅりゅ・・・。

「あ”、あ”、あ”、あ”・・・」

手と足をぴくぴくさせて・・・濃厚な笑顔を作ったまま・・・悦び続ける私。

・・・アレの上に付属している突起物が、私の膣内の上部をぼこぼこに拡張していく。


じゅぷりっっ・・・!

「あ”~~~~・・・・」

挿入は、一番奥まで行われて・・・完全に合体する。・・・膣奥が優しく押され、Gスポットが軽い圧迫を受けながら、お豆がぬちゃったブツブツにこすられる。

「あ”~~~・・・あ”~~~・・・っ」

ひくひく、ひくひくっ・・・。

挿入されただけなのに、・・・そのまま嬉し泣きしながら、イってしまった。


むずむず・・・むずむず・・・っ。

「・・・っっっ!!! あっっ・・・あっっ・・・あっっっ・・・!」

その後・・・体の奥底が、今までとは比べものにならないぐらいの強い快感で満たされていく・・・。







◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルト官能小説 - 快楽機姦研究所
短編のエッチな小説が500話以上あります!


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。




  • FC2カウンター(uu)


  • ◆ このサイトについて
    18歳未満は閲覧禁止です。予めご了承下さい。

    当サイト「ハカセラボ」は、エッチな小説置き場のサイトです。「作者:ハカセ」が執筆しています。

    何か要件などがある場合は、「快楽機姦研究所」の方に、ご連絡下さいなー。

    それと、小説の利用規約は、快楽機姦研究所と同じです。小説の閲覧は、自己責任でお願いします。

  • リンク集