◆ サイトの紹介


・快楽機姦研究所

拘束と性具が主体のエッチな短編小説が500話以上あります!


Duga
ページリストに戻る


フェチの強制通電洗脳学習


―― フェチの強制通電洗脳学習 ――

前回。

洗脳されることに自ら同意した私。・・・拘束された状態で、脳内に微弱な電流を流し込まれ続け、メイドの茜さんを性的にも大好きになる処置が施される。


拘束されて身動きがとれない中・・・時間が経過するとともに、一つずつ、一つずつ、茜さんの体の一部が好きになっていく。

茜さんのわきが画面に映し出される。茜さんのちょっぴりくさい、わきの匂いが鼻の中に流れてくる。

「はっ・・・はっ・・・はっ・・・」

むらむらぁ~~っとする高揚感が体から沸いてくる。頭に電気が流されているわけでもないのに、私は不思議と茜さんのわきを見ていると興奮するようになっていった。


茜さんの体のありとあらゆる部分が好きになっていく・・・。

顔、髪、腕、胸、肩、わき、おへそ、腰、下腹部、お股、お尻、太股、脚、足の裏・・・。

どこをみても、ドキッとするようになっていく・・・。そこから性的なシーンに移行すると、もう大興奮!


茜さん性的に激しいこと・・・男の人とセックスしている場面を見ると、私に機械姦の処置が施される。そうされることが大好きで、茜さんがエッチする時は、いつも、わくわくドキドキするようになっていた。

・・・機械姦されるときは、攻めが激しい。

乳首の器具が回転を開始して、おっぱいに電流が流れ、剥き出しのクリトリスが、柔らかいブラシで大量にしごかれる。

ディルドの挿入も行われる。私の膣内を美味しいディルドが何回も摩擦して、私を数回絶頂に導く。

・・・これが嬉しくて嬉しくてたまらない。茜さんがエッチすると私はすごく幸せになるということを徐々に徐々に、脳に記憶させられていく・・・。


こんな洗脳調教だが・・・お休みも忘れない。

時々、しっかりした休息もとる。十分に睡眠もとる。点滴から流れるお薬と休憩で、快楽におぼれないように脳をしっかりと調整される。

その上で、何度も何度も体に・・・茜さんのエッチを楽しみ、茜さんの体で興奮するよう、脳内に情報をしっかりと植え付けられる。


・・・それと、全身が拘束されていても・・・拘束されてエッチされることが大好きな私は、全然苦にならなかった。

これから茜さんが授ける快楽が待っていると思うと・・・うへ、うへへへへ・・・。

興奮するか、性調教で気持ちよくなるか、お休みするかのどれかでサイクルを組まされる。

私の脳は深く洗脳されていき・・・茜さんと性の快楽の関係を・・・無意識の領域にまで刻まれる・・・。



日が進む。

茜さんの体で発情するようになってしまった私は、次に、茜さんの身につけている物で発情するように調教される。

びっ・・・びっ・・・びっ・・・びっ・・・。

「あっ・・・あっ・・・あっ・・・あぁっ・・・!」

脳内の快楽神経を微弱な電気によって刺激されることで、性的に強く開発されていた。

ブラジャー、パンツ、ガーターベルト、ニーソックス、メイド服・・・茜さんがよく身につけている物は、茜さんの匂いを感じ取ると、強い興奮が得るように洗脳されていく。


・・・特にパンツ。これは徹底的に良いものと教え込まれる。

茜さんのパンツを見たら、機械による快楽絶頂が与えられる。パンツが視界に移る度に何度も絶頂させられる。

そのうち、茜さんがいなくても、茜さんのパンツと茜さんの匂いがあるだけで、性感と脳内を刺激され続けるようになる。

それを繰り返し行われた結果・・・ついに私は茜さんのパンツを見ただけで、匂いが嗅ぎたくなり・・・オナニーをしたくなるようになっていった。


・・・後は、脳を休ませている時間に、体の性開発も行われる。体の性感帯の成長を促す薬を注入されるだけだが、洗脳が終わったとき、大幅に性感が向上するそうな。

私、どれだけエッチな子になっちゃうんだろう・・・。そんな期待を膨らませながら、今日も脳内を電気で刺激されていく。



さらに日が進む。

いつものように動けない状態の私は、今日もディルドから美味しい液体を吸いながら、お漏らしを強制的にさせられて、幸せを得る。

・・・度重なる洗脳の効果もあったのか、私の頭の中は、いつも茜さんのことだけ思うようになっていた。

笑顔の茜さん。エッチな茜さん。私に意地悪する茜さん。

過去の茜さんが鮮明に記憶からよみがえる。ちょっぴり嬉しくなる。


びっ・・・びっ・・・びっ・・・びっ・・・びっ・・・。

脳内に微弱な電気が流れる。快楽神経とそれに関係のある神経が優しく刺激され続ける。

「あ、あぁ~~っ! あっ! あ~~~っ!」

笑顔のまま体をふるわせる。お股から愛液を垂れ流す。

・・・茜さんの事を想像すると、脳にある程度、電気が流し込まれる仕組みが導入されるようになった。

但し、やりすぎない程度、である。気持ちよくなった後に想像してもだめ。脳内に大きな悪影響はでない範囲で、甘い蜜を吸わされる。


茜さんを想像すると、脳に電気が流れて幸せになる。そうされることで、いつもいつも、茜さんのことばかり想像するようになる。

時折もらえる脳内電流攻めがとっても美味しいのだ。

しかもこれ、茜さんを精度良く思い浮かべたり、茜さんがエッチな行為を自分にしていることを妄想すると、脳内に流し込まれる電気の時間が長くなるようだ。

だから、脳に快楽電気を流してもらえるよう、より積極的に、茜さんを強く想像していく・・・。


しばらく経つ。

拘束された中、あまりやることのない私は、思考能力が低下して、茜さんだけを想像することになる。

脳が電気攻めを受ける。嬉しい・・・。

茜さんをもっともっといやらしく想像する。

脳が暖かく通電させられて、私は強制絶頂する。

「あぁ・・・あぁ・・・ぁぁ・・・あぁ・・・」


脳を刺激されて快感を得ている最中でも、必死に茜さんのエッチな姿を妄想して、さらなる電気攻めを求めるようになる。

洗脳器具は私の希望に答えるように、絶頂中、さらに電気を流し込んで私を夢心地にしてくれる。

茜さんを何度も想像する。それを続けることで、いつしか、私は何も考えていないときも、何となく茜さんのことを思い返すようになっていく・・・。脳内に電気を流されていなくても・・・それが・・・幸せ・・・。



完全拘束のままだと、体にストレスが溜まってしまうので・・・時々、目が覚めたときに拘束が解除される。

移動可能な洗脳器具とヘッドマウントディスプレイとマスクとヘッドホンを装着したまま、私は別室に移動させられる。


・・・別室には、ベッドとディルドを股間に生やした人型の抱きまくらが置かれている。・・・ただ、この枕には茜さんの匂いがどっぷりと染み込んでいる。

私はその匂いに発情して、真っ暗な中、手触りで抱き枕を発見してから、笑顔になって膣内にディルドを挿入する。・・・楽しいオナニータイムの始まりだぁ~~っ!


「萌子君、聞こえるかい? 自慰行為は楽しいかい?」

騎乗位でアンアン言いながら、神楽さんに応答する。

「はぁ~~いっ!! とぉっても楽しいですぅぅぅっ!!」

「それは良かった。今日は気が済むまで、自慰行為を続けたまえ」

「わかりましたぁあぁ~~~っ!」

「・・・あ、そうそう。「茜」って叫ぶと脳に電気が流れてより気持ちよくなれるから、よかったら試してみてくれ」

それを聞いて目が輝く。


「あ、あっ! ああ~~んっ! 茜さん、萌子気持ちいいよぉ! 茜さんのディルドで膣内がずこずこと突かれてとっても気持ちいいんだよぉぉ!! 茜さん! 大好きぃぃぃぃ~~~っ!!」

びっ、びっ、びっ、びっ、びっ、びっ。

「あぁ~~~~~~~~~~~~っっっ!!!」

真っ白な世界に引きずり込まれる。

ぐでんぐでんで動けなくなるまで、汗をいっぱいかき、体を何度も振るわせて、茜さんといっぱい叫びながら、抱き枕でオナニーを行う。


「はにゃああぁぁあぁ~~~~っっ・・・ぁぁぁ・・・」

愛液を大量に漏らし、潮吹きもして・・・お漏らしもして・・・眠ったら、再び快楽調教洗脳機姦の中に戻されて完全拘束される。

ぴっ・・・ぴっ・・・ぴっ・・・ぴっ・・・ぴっ・・・ぴっ・・・。

「あっ、あっ、あっ、あひっ、あっ、あっ・・・」

適度に休憩を入れながら、脳内を強制的に、微弱な電気で徹底調教されていく・・・。







◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルト官能小説 - 快楽機姦研究所
短編のエッチな小説が500話以上あります!


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。




  • FC2カウンター(uu)


  • ◆ このサイトについて
    18歳未満は閲覧禁止です。予めご了承下さい。

    当サイト「ハカセラボ」は、エッチな小説置き場のサイトです。「作者:ハカセ」が執筆しています。

    何か要件などがある場合は、「快楽機姦研究所」の方に、ご連絡下さいなー。

    それと、小説の利用規約は、快楽機姦研究所と同じです。小説の閲覧は、自己責任でお願いします。

  • リンク集