▼ サイトの簡易説明

Duga

◆ 関連する記事


Duga


騎乗位オナニー用の絶頂マシン 3


◇ 騎乗位オナニー用の絶頂マシン 3

「ぁあぁ~~~ぁぁあぁあぁあ~~~・・・」

「エッチな香り・・・柔らか~いふにふにボディ・・・淫乱な体に、可愛らしいくねり・・・いつエッチしても、すごくキュートよ、萌子ちゃ~ん」

茜さんは、やることがなくなったら、またすぐに・・・私のおっぱいをしっかりにぎって、もみもみしてくる。・・・私のおっぱいを揉むのがそんなにも嬉しいのかと思うぐらいに、とにかく揉みまくる。


「あ、あへっ・・・あへっ・・・」

先ほどの絶頂で、頭の中に快楽の槍でも刺さってしまったのか・・・気持ちよさが格段に増す。い・・・イイッ! すっごく嬉しいぃいぃ~~~っ!

ヴゥゥゥゥゥーーーーーーーーーッッ。

「あ”~~~~~~っっ! バイブひゃめぇえぇえ~~~っっ!! 抜けないぃいぃ~~~! おかしくなるぅ~~~っ!」

脚をばたばたと動かし、おなかをヒクヒクさせながら、腕を宙でくねらせる。・・・時折、手を台に押しつけて離れようとするが・・・やっぱり無意味。・・・腰と太股の拘束ベルトとチェーンにより、離脱を禁止される。


「え”あ”あ”あ”あ”わ”わぁ~~~~・・・」

バイブは震える。膣内全体がヴィィィィィン。騎乗位の姿勢をした私は、お股をもだえさせながら、歓喜を漏らし続ける。

・・・ある程度振動させられたためか、中はもう、じゅわっじゅわ~。・・・私を変にしてしまうほどに快感だ。胴体下部で、快楽のピンクストームが渦巻いている。

「はひーーーっ! はひーーーっ! はひぃいぃんっっ!!」

ガチンガチンッ、ギチギチギチギチッ!

・・・どうあがいても、膣内に挿入されたバイブは抜けない。・・・バイブレーション機能により、膣内に濃蜜な快感を繰り返し注入する。・・・私があへって理性が崩壊するときまで・・・ずっと、ずっと・・・。


「私がきっちり性開発している萌子ちゃんの膣内はー、萌子ちゃんが快楽落ちするまで、継続して快感を溜め込んじゃうのよぉ~。・・・んふふー。気持ちいいでしょ~。すごく気持ちいいでしょ~。膣内で振動するバイブ、たまらないでしょ~」

「ひゃひいぃいぃぃっっ!!」

ぶばーーーーっっ!!

「んまっ!! 潮吹き絶頂しながら応答しちゃうとは、なんて変態でいやらしー子なのかしらっ!!」

「ぁ・・・ぁあぁ・・・ぁ・・・ぁ・・・」

「はしたない子は、メスの淫乱臭をこの上なく放出しながら連続絶頂なさい。いいわねぇ~?」

チクチクとあおりながらも、体を優しくなでてくれる茜さん。

・・・欲を言えば、膣内のバイブを動かしてくれるとぉ~、すんごいことになって、どうしようもなく幸せになれる気がするんだけどなぁ~・・・。


「むっ? その様子・・・バイブを動かして欲しいのかなぁ~?」

どこからか謎の淫乱な電波を受信したみたいのか、変態メイドは私の多淫要求に気がつく。

そこから、騎乗位オナニーマシンのディルドバイブの動作を変更~。

ウィーーン。ウニュン、ウニュン、ウニュン、ウニュン。

ぐっちょぐっちょぐっちょぐっちょっ!!

「ーーーーーーーーーーっっっ!!!」

あ”あ”あ”ぁ”あぁぁぁぁあああぁあっっ!! こ”れっ! 好き!! やばいやばいやばい! すき、すき、す”きっ! す”きっ!! ひゃめひゃめイくイくき~ちゃ~ぅ~・・・っっ!! ん”あっ・・・!!!


ずびびぃっっ!!

ピンク色の電撃が全身に流れ込む。とっても爽快な気分になる。

や・・へっ・・・わた・・・ひ・・・ぜ・・・ぜっひょぉお~~~ひてるぅうぅ~~~?

愉快だぁ~。・・・楽しくて~、嬉しくて~~・・・、し~あわせぇ~。

・・・自分の膣内が、ゆるんとたゆみを帯びて、拡張した後・・・一気に引き締まり、バイブをミチミチミチミチっと圧迫する。・・・もれなく、ヴヴゥーーーーンとする強力な振動カウンターが帰ってくる。

は”うぅ”・・・・っっ!!!

その反撃によって、私の正常心がくたばる。

あ”・・・に”ぇ・・・に”ぇ・・・へ”・・・っ!

自制が効かなくなり、脳内はとろっとろの快感でいっぱい満たされていく。・・・自分が湾曲しているかのような気持ちよさを得る。


ヴヴヴヴヴーーーーーーーーーーッッッ! ぐちっ! ぐちっ! ぐちゅっ! ぐちゅっ!!

「・・・い”・・・あ”・・・ぐ・・・ひ”ょぉ”ぉ・・・」

汗をいっぱい垂らしている全裸の私は、ローターが中央にくっついた乳房をたぽんたぽんと上下に振りながら、騎乗位オナニーマシンの上で全身をびくびくさせて、いやらしい液体をその辺に垂れ流す。

性感を大量に蓄積した膣内への回転バイブ攻撃は、あまりにも気持ちが良くて・・・思わずお股を手で押さえ込んでしまう。・・・が、そんなんで止まることはない。

私の膣内は、振動を与えられたまま・・・ぐっちょぐちょにかき乱されていく。


「あ”・・・お”・・・お”・・・ひ”・・・っ」

絶頂が終わったらまたすぐに絶頂する。

ウ”ィン、ウ”ィン、ウ”ニュン、ウ”ニュン! ぐっち、ぐっち、ぐっちゅっ、ぐっちゅっ! 

「お”、お”お”ぉ”おお~~~っっ!! おお”ーーーっ! おお”ぉ”ーーーーーっっ!!!」

「脳内が快感でマヒしちゃったみたいねぇ~。夢心地でしょ~。おもらしもセットでどーかしら~? もっとハッピーになれるわよぉ~」

ぐにぐにぐに。

手をどかされた後、ぼうこうを外から指圧される。狂おしいぐらいの素敵な快感が、子宮に伝わる。


「あ・・・ぐ・・・ぐっ・・・!!」

ぐにぐにぐにぐに。

「・・・あれ? 今日は漏れないの~?」

「ひゃ・・・ひゃめ・・・ひゃめ・・・」

ぐにぐにぐにぐにぐに。

「ほらほら、いつもみたいに、黄金水をまき散らしちゃいなさいよぉ~」

「し・・・じ・び・れ”・・る”・・・」

ぐにぐにぐにぐにぐにぐに。

「ここで漏らさなきゃー、立派な痴女にはなれないわよ~。メイドのお姉さんがお漏らしのお手伝いしてあげるからぁ~、ほーら、もらしちゃえー。いっぱいもらしちゃえーーー」

ぐにぃいぃぃーーーーーーーーっっ!!

「い”・・あ”・・あ”・・あ”・・あ”~~~・・っ!!」


ヴィンヴィンヴィン! ぐちゅっ! ぐちゅっ! ぐちゅっ!

う”お”あ”ひゅい”ーーーーーーーーーーーっっっ!!!

・・・ちょぼ、ちょろちょろちょろちょろ~。

騎乗位オナニー用の黒い台は、私の漏らした温かくて透明な液体によって、汚されていく・・・。

「ありゃ、微妙な量ねー。・・・潮も愛液も尋常じゃないぐらいに漏らすくせに、今日に限ってお漏らしは微妙とは・・・、水分不足だったかな? それともー、もっとおもらし調教が必要かしらぁ? ・・・あっ。・・・も、もえこちゃーん?」

「・・・・・っっ!! ・・・っっ!!」

ひゃああぁああ~~~ひぇぇえぁあ~~~にぇぇえぇ~~~ぁあ~~~ぁ~~~・・・。


茜さんは興奮しながら楽しげに語っていたが・・・その間、私は・・・ものすごーい快感で、わけがわからなくなってしまった。

・・・微妙な量とはいえ、強制放尿する時に感じる快感はすさまじく・・・天国に行ってしまったかと思うほどに幸せだった。



それが今日の快感の最高地点だった。

「ほ~ら、こちょこちょこよこちょ~」

「へっ・・・へにゃぁあぁ~~~・・・」

わきの下をやんわりとくすぐられながら、乳首ローターと膣内バイブの振動によって、追加で数回絶頂させられる。

見事なトロ顔になった私は、エッチになりすぎた柔らか~い体を茜さんに寄せながら、ゆっくりと体内の快感を失わせていく。


・・・いつしか、快感は鈍くなり、意識も鈍化する。

はぁあぁぁぁ~~~・・・今日も幸せだったよぉぉ~~~。・・・茜さぁん・・・これからもぉ、いやらしー萌子にぃ、い~っぱい快感を与えてくださぁい。・・・もっと変態なメス猫に、しちゃってくださぁい・・・。

瞳の中に淫乱な希望を映す。・・・意識が闇に落ちていく・・・。


・・・その後、茜さんは・・・、私の瞳の奥底をじっくりと眺めていた・・・と思う・・・た、多分・・・。

う~ん。むにゃむにゃ。・・・ぐぅぅうぅ~~~・・・。

・アダルトグッズの紹介
みちのくディルドJr
みちのくディルドJr







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。