▼ サイトの簡易説明

Duga

◆ 関連する記事


Duga


全身快楽洗浄機の中で拘束! 2


◇ 全身快楽洗浄機の中で拘束! 2

プルプルプルプルプルゥ・・・っ。・・・どちゃっ!!

しばらく硬直した後、全身の筋肉がゆるゆるになって、全身快楽洗浄機の上に、べちっと倒れる。

あは・・・は・・・は・・・っ。

頭の中はドリームワールドだぁ~~~。きらんきらんのき~らきら~。んひょへへへぇ~~~ぇ~~。


・・・洗浄行為から生じる快感を全て遮断して、しばらくの間、私は絶頂を続けていた・・・。



「はぁ、はぁ、はふぅ、はふぅうぅ・・・」

石けんの香りがふんわりふわふわ~。絶頂後の幸せの余韻を長持ちさせる。

体は泡をいっぱい付着したまま、ひくひく、ひくひく・・・。あぁ・・・エッチと体洗いが一緒に行われるのっていいなぁ~~・・・うへっ、うへへっ・・・。


「気持ちよかったかなぁ~? ・・・けれど、萌子ちゃんの体は綺麗になった代わりに、おま○こが甘いお汁で汚れてきちゃったわねぇ~・・・。ここも洗浄する?」

「い、いえ・・・」

「任せてー、膣内洗浄ね~!」

・・・まるで、話を、聞いていないっ!

茜さんも頬を美味しそうな色で染めながら、膣内洗浄ボタンらしき所をポチッと押す。


ウィィィン。

下の方から、私の恥丘の位置にあわせて、スポンジ棒が出現する。

ひぇ・・・ひぇひぇっ・・・。

私は顔をニッコリ歪ませながら、それを受け入れる。・・・というか、動けないので受け入れるしか選択がない。


ずぼぼぼぼぼぼぼっ・・・。

「あぁぁ・・ぁぁ・・・ぁぁぁ・・・っ」

質量をあまり感じさせないスポンジが、体内にゆっくり挿入されていく。・・・ディルドと違ってそんなに圧迫感はない。・・・だが、

その他の洗浄器具が、再び動作を開始する。

わっしゃわっしゃ、もっしょもっしょ。

「ふっ、うっ、あっ、あっっ! ひゃ、ひゃ、ひゃぁあ~~~っ!!」

お尻の割れ目をも~じょもじょ~。乳首をしょわしょわ、クリをじょわじょわ~。


「んあ~~~~~~っっ!!」

絶頂後の、快感を育んだボディには・・・それが効果抜群っ! 再度体をくねらせながら、体に深~い快感を蓄えていく・・・。

そして・・・ビクビク状態のところに、先ほどの膣内洗浄スポンジがぐるんぐるんと回転して、前後に大きく移動しながら膣内をこすり始める。

「ふあぁぁぁああぁぁっっ!! あ”っ、あぁあっ!! ん”っっ・・・ん”~~~~~っっ!!」

中がぁぁあぁ~~、洗われちゃってるううぅぅぅ~~~っっ!! あ~~っ! あ~~~~っ!! ごしごしされてるぅうぅぅっっ!! ふぁあぁあっっ!!


・・・ちょっと刺激は弱いといえる。だけど、他の性感帯をたっぷりいじられながら、中をもじょもじょされると・・・他の部位から生まれる性感が、お股の方にど~っぷりと流れてきて・・・膣内がきゅんきゅんに温かくなる。

「にゃへーーーっ!! ああっああっ、っっ! ・・・うひゃぁああぁ~~~っっ!!」

お汁をいっぱい垂らしていく。・・・洗浄の意味があるのかと疑いたくなるぐらいに、どっぷりと・・・。これじゃあ、気持ちよくて、エッチなお汁がどんどん漏れちゃうよぉ~~~!

もじょもじょもじょもじょもじょ。

膣内がスポンジでぎゅ~るぎゅる~。

「へにゃーーーっっ!! んっはっ・・・っっ!! ひ、ひあーーーーーっっ!!!」

びくびくしながら、あま~い絶頂を迎える。泡の匂いが心を落ち着かせ、気持ちよくなっている私を・・・より深いエリアに導いていく・・・。



その後、ず~っと膣内を磨かれる。体もスポンジでご~しごし~。

「い”・・・ひひ・・・ひぃっ・・・ひぃぃっ・・・」

びっくんびっくんに体をうねらせながら、喜び続ける。・・・お汁や潮も、余計に垂れてくる。


「・・・萌子ちゃん。これは洗浄機であるから、女性に処置を開始した場合、ちゃんと綺麗にならなきゃだめなのよっ! ・・・というわけでぇ~。愛液を全部絞り取れるまで、洗浄されちゃいましょうねぇ~」

「ん”に”ゃ~~~~~っっ!!!」

ドタバタしながら悶え続ける。

ぐりゅりゅりゅりゅりゅりゅ~~。もしょしょしょしょしょしょ~~~。

「あ”ひぃいぃーーーーーっっ!! おま○こ、おま○こっっ!! 中があぁぁぁ、気持ちよくて、なぁかがぁあぁあ~~~っっ!!」

ぐりゅんぐりゅんぐりゅんぐりゅん。もしゅもしゅもしゃもしゃも~しょもしょっ!

「あ”ーーあ”ーーーあ”ーーーーーっっ!! イグぅうぅぅ~~~っっ!! イっちゃううぅぅうぅぅ~~~っっ!! もうだめぇえええぇ~~~ぇえ~~~っ!! あ”ーーーう”ーーーーっっ!!!」


どばしゃぁぁああぁぁぁぁあっ!!

あまりにもイイ気分だったためか、絶頂に合わせて、黄色い方も大量に放出してしまう。

「あ”・・・・・あ”ぁ”・・・あ”・・・っ、へっ・・・」

ぴくぴくぴくぴく・・・。

・・わたひ・・・・きれいにしゃれて・・・・しあわしぇ・・・・・。

泣きながらけいれんを続ける。


もしょ、もしょ、もっしょ、もっしょ、もしょ~っ!

ーーーーっっ!!? え”ぁ”~~~っっ!! まだつづくにょぉおおぉお~~~っっ!!! お”っ・・・お”おおぉお”おおぉお~~~おぉお~~~~っっ!!

それからい~ぱい、体を洗われてしまう・・・。もちろん・・・何度も絶頂を繰り返して・・・。



・・・萌子の声が止むまで、洗浄は行われた。

汗、尿、潮、愛液・・・これらの液体をたくさん放出させられて、ぼへぇえぇ~~っとなったところで終了する。・・・各所から温水が噴射され、ふにっふにの柔らかボディに付着した泡を、綺麗に洗い流していく。

「続いて、ドライヤーで乾燥~」

ぶおぉぉおぉぉぉ・・・。

熱気のこもった風を大量に吹き付けられる。


「ぁぁぁあぁぁぁ・・・あぁぁぁぁあぁ・・・っ!」

軽い熱風責めをうけて、拘束中の萌子は少し苦しむ。

「よーしっ! 萌子ちゃん、洗・浄・完・了! ・・・くんかくんかっ・・・。ん~~~っ!! 石けんの匂いと桃の匂いが混じって、さいっこぉお~~っ!」

洗浄を終えた萌子の裸体を、機姦の中から取りだして・・・一度ベッドの上に乗せる。

ぴっかぴかでふにゃぁ~~とした美少女は、瞳の奥をぐるぐると回しながら、う~んう~んとうなされていた。・・・連続絶頂後の熱風責めが原因である。


「水分不足は、体によくないわ~。ほれっ、とりあえず500ml、飲んでおきなさ~い」

茜は萌子の頭を持ち上げた後、ほ乳瓶を利用して水分補給用のドリンクを萌子に飲ませる。・・・萌子は水が欲しがっていたのか、それを口にすると一気にゴクゴクと飲み込んでしまった。

「うん、これで完璧。・・・か~ぐら~っ! 後はよろしくぅ~~っ!」

「・・・。一応聞いておこう。・・・萌子君をどうするつもりかね?」

「今日の私の、りあるだきまくらっ!」

「そうか、今日は妙にノリノリだと思ったが、それが理由だったのか。・・・ふふっ、まぁ楽しんできたまえ」

「はいはーーいっ!」

・・・茜は裸の萌子にタオルをぐるぐると被せた後、だっこして自分の部屋に持っていった・・・。



深夜。茜の部屋で。

「ふんふん、ふふふ~~~ん」

ベッドに裸の萌子を乗せた後、自分も浴室で体を綺麗に洗い、裸姿のまま部屋に戻ってくる。

それから軽く湯冷めするまで、しばらく萌子の髪をなで続ける。・・・萌子は満足そうな微笑みをしたまま、ぐーーっ、ぐーーっと眠っていた。


体が冷えてきたら、布団を用意して・・・萌子の隣で横になる。

やわらか~い萌子の太股を持ち上げて、自分の太股でにゅっと絡めた後、貝合わせをした状態のまま・・・愛らしい裸体をぎゅっと抱く。

「普段は快眠ベッドで綺麗にしなきゃいけないから、こういう機会はあまりないのだけれど・・・今日はぁ~~、私と一緒に、一晩中~~っ! 楽しんじゃいましょぉぉねぇぇえ~~~っっ!!」

ぼふっと布団を被せる。・・・部屋の電気を消して・・・2つの裸体は、愛の営みを始めるのであった・・・。

・アダルトグッズの紹介
激安!ピンクローター
激安!ピンクローター







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。