▼ サイトの簡易説明

Duga

◆ 関連する記事


Duga


陰核裏スジ振動バイブ 2


◇ 陰核裏スジ振動バイブ 2

「強いエクスタシー、感じちゃったかなぁ~?」

「・・・っ・・・っっ! ・・・っ!!」

絶頂後、私の身体はとぉ~ろとろぉ~になってしまった。・・・と~っても気分が良くてぇ~、よくわかんなぁ~い・・・。


「へ・・・へへ・・・へっ」

しばらくしてから、性感を取り戻す。快楽絶頂はいつしても良いものだ。やめられない。

「まったく、可愛いんだから、もー」

・・・茜さんは、私の髪を優しくなでる。・・・幸せが継続して頭の中でふわふわする。

「・・・こうやってー、私と赤い糸で結ばれている萌子ちゃんに、キスや愛なでを行ってあげると、萌子ちゃんはさらに感じるようになるのよねー。

ずーーっと、ずーーっと、快楽以外何も考えられない状態にして、極上のトロ顔を強制的に作ってあげるねぇぇ~~~っ!」

私の赤い頬に自分のほっぺたをもっちりすりすりしながら、何かよろしくないことを口にする。


・・・わ、わわ、悪いメイドだぁぁぁーーーっ! キスを巧みに利用して、私の脳を深く官能化させたんだぁーーーっ!!

「あら。気がついても遅いわよ~。キスによる深い発情はしばらくの間、元に戻せないわよ~。

んふふー。・・・私はねっ。・・・普通の愛も好きだけどー・・・、愛する女性が自分を理解できなくなるぐらいにあっへあへになってー、心の奥底までぜーんぶ快楽で満たされてしまうような状態にさせることに、素敵な幸福を感じるのよー。

だから今日も、萌子ちゃんは意識が吹っ飛んじゃうぐらい気持ちよくなっちゃいなさ~い! それが私の幸せだから、ねっ」

ほっぺにちゅ~。うへへーーー・・・。


・・・そんなに色欲で溺れていいのだろうかと疑念に思うところもあるのだが・・・、心もきっちり茜さんに支配されている私は、快感を得ると、気持ちよければそれでいいよねっ・・・といった短絡的思考に切り替わってしまうように調教されている・・・。

安心した状態で茜さんに抱かれていると、快楽落ちすることに期待してしまうのだ。・・・顔をにやつかせてしまう・・・。

「そうそう。私のペットは、私を最高に楽しませるために、日々、性調教受けるのよ~。・・・心配しなくて良いわー。見返りに、愛と快楽をい~~っぱい注いであげるからっ!」

ぽちっ。

茜さんは楽しげに語りながら、リモコンの第2のスイッチを入れる。


「・・・へっ?」

バイブの振動が止まる。・・・その代わりに、バイブの上のパーツが軽く前後に動き始める。

にゅちょ、にゅちょ、にゅちょ、にゅちょ。

「ーーーーーーーーっっっ!!」

背中から熱いしびれが生じる。口をむぐむぐさせながら、顔をさらに赤くして、快感に酔いしれる。

もちょ、もちょ、もちょ、もちょ。

「うっへえはひゃぁあぁあああぁぁ~~~~っっ!!」

裏筋が前後にこすられている。凹型バイブの表面には、中央以外にもとても小さな突起物が無数にあり、それらが裏筋周辺をこりこりと摩擦する。


ぬっちょ、ぬっちょ、ぬっちょ、ぬっちょ。

「いっひゃあぁあーーーっっ!! あぅっ!! あぁっ!! ききき、きもちっっ・・・気持ち良い~~ぃぃ~~~っっ!!!」

バイブが前後に動くということは、裏筋に食い込んでいる中央の突起した線も、前後に動くということだ。・・・しかも、振動の時には気がつかなかったが、この突起した線・・・所々に穴があいている。

それにより、裏筋のラインを前後に気持ちよくこすられる。・・・あああ~~。程良く敏感になったクリトリスに、ローション付きのやんわりした微動作は、こう・・・とても効く。すごく効く。わぁあぁぁぁああぁあ~~~~っっ!!


もっちょ、もっちょ、もっちょ、もっちょ。

「はひぃぃぃいぃ~~~~っ!! はぁぁあひいぃぃいいぃぃぃぃい~~~~~~っ!!」

足の指をぐっと曲げ、手かせの付いた両手で・・・茜さんのメイド服をぎゅーっと握りながら、腰を振り、背中を左右にくねらせる。

心も一緒にぐにゃんとよじれる。よじれはだんだん強くなっていき・・・快感の量がすごいことになっていく・・・。


「だぁぁあっっっめっっ!! 裏筋こすっちゃうのっっ!! だぁぁああぁあ~~~っ!!?」

にゅる、にゅる、にゅる、にゅる。

「くぅひぃいいぃぃーーーーっっ!! ああ、あ・・、あ、っっ、うっ、えっ、ぇえあっ・・・い、いあっ!!」

裏筋に食い込む突起の摩擦と、裏筋周辺を大量にこする突起が、私のクリトリスに想像しがたい快感を与えてくる。

クリトリスは一層増してびくびくんっ! と愛らしく震える。リングによって固定されているので、バイブの摩擦から逃げることはできない。・・・クリトリスの裏側だけを、前後に前後に、ぬっちゃぬっちゃとこすられ続ける。


「ひぎゅぅぅうぅぅぅーーーーーーーーっっ!!」

お股から脳裏にめがけて、ピンク色の電撃が上り詰める。

頭の中で快楽電流がはじけ飛んだ瞬間、全身の筋肉が硬直し・・・潮がびちゃっと漏れ・・・目から涙があふれる・・・。お股から愛液を大量に垂らしながら私は絶頂する・・・。

あぁああっぁああ・・・あぁぁあぁぁ・・・。

骨盤の内側全体が快楽電流の住処となってしまう。快楽電流は私のぼうこうや膣内、子宮や腸内で暴れ回り、色々な場所から、眠っている快感を引きずり出す。

絶頂はより深いものと化し、頭の中がピンク一色で染まる・・・。



気が付くと、かなりのアヘアヘ状態になっており、体を反らしながら悶えていた。

「乳首もすごく勃起しちゃってるわね~。・・・だけど、今回は裏筋ぜめ限定だから、ここはお休みねっ。・・・乳房はもんであげるわよ~ん」

もにゅもにゅもにゅもにゅ。

おっぱいを揉んでるんなら、乳首をせめてもいいのではないでしょ~かぁ~~~。あまり差はないよぉお~~~っ・・・。


ずるにゅっ、ずるにゅっ、じゅるにゅっ、じゅるにゅっ。

あ”・・・裏筋の内側をずっとこしゅられるのは・・・まじ、やばい・・・っ。・・・しゅごいっっ・・・しゅごすぎるっ・・・!

体がガタガタと震え出す。太股は左右に何度も往復して・・・腰のけいれんが止まらなくなる。

「はぁんっ、はぁあっ、んっ、んはぁあ~~~っ!」

クリトリスがあましゅぎるうぅぅ~~~っ!! クリトリスの中が、中が、すっごく気持ち良いよおおぉおおぉ~~~~っっ!! うにゃぁああぁぁ~~~っ!!

「はいはい、発情子猫ちゃーん。クリトリスの裏筋を何度も何度も磨かれて、体力の続く限り絶頂しちゃいましょーねー。

・・・あ、でも、絶頂するとクリトリスの感度が強まっちゃうわよ~? もし、激しく悶えたくなければ・・・がんばって絶頂を押さえ込んでもいいのよ~?」

じゅるっ、じゅるっ、じゅるっ、じゅるっ。

「うひゃぁあああぁぁあおおっぉおおぁああっぁ~~~っっ!!」

目を上に向けて、すぐにイってしまう。クリトリスの裏筋の摩擦による刺激はぁ、ダメしゅぎるぅうぅぅ~~~っ!


「・・・感情に素直な萌子ちゃんには無理かしら。ふふっ・・・どちらかといえば、イき狂っちゃうタイプよねー」

にゅるっ、にゅるっ、にゅるっ、にゅるっ。

「あぁあぁあぁ~~~っ!! くくくくくくっ、クリぃいぃぃぃ~~~いぃ~~~いぃぃ~~~~っっ!!」

あっちこっちに体を曲げながら、びくんびくんと悶え続ける。・・・脚は閉じれない。クリトリスに何も接触することがないので、陰核裏スジ振動バイブの独壇場だ・・・。

「あはぁーーーーっっ!! だめぇぇえーーーーっっ!! いやぁぁああぁぁーーーーっっ!! むむむむ、むりぃいぃぃぃぃぃいぃーーーーーっっ!!」

びしゃああぁぁっ!!

泣きながら潮を吹く。


「あぁああぁああ~~~~~・・・」

・・・クリトリスバイブは、私のクリトリスの裏側をただひたすらこすり続ける。・・・そこを徹底的にこすられると、私がすんごい状態になってしまうことを、知る様子もなく・・・。

・アダルトグッズの紹介
キャスパー キューティ
キャスパー キューティ







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。