▼ サイトの簡易説明

Duga

◆ 関連する記事


Duga


拘束されて激しくセックス! 2


―― 拘束されて激しくセックス! 2 ――

出ると思った時には、既に出ていた。

びしゃしゃぁあっ!

アソコから潮が勢いよく漏れ出す。・・・ディルドが深部まで挿入中で、茜さんの性器と私の性器がもっちゅりと重なりあっていたため・・・、潮の行き場がなくなり、お互いの性器をびっしょり濡らす感じで拡散した。


「~~~~~っ!!」

私の柔軟な体が甘みを持つ。肩から上腕。膝から足の裏。色々なところがイイ気分になって、背中をぐーっと伸ばす。

「このまま絶頂しちゃいなさーい」

にゅにゅにゅ・・・ずん、ずん、ずん、ずん、ずんっ!!

「おひょぉおぉぉ~~~~っ!!? あ”ーーっ!  あ”ーーっ! にょひぃぃぃっ!!」

潮吹きの後に、膣内を激しく突かれる。

ジタバタ、ドタバタしてもダメ。どんなに喘いでもダメ。拘束された私は、なすがままにセックスをされ続ける。


パン、パン、パン、パン、パンっ!

「あ”ぁ”あ”ぁ”ぁ”ぁぁ・・・っ」

涙がぽたり。愛液もぬっちょりっ。ーーーしあわせ、しあわせ、しあわしぇぇぇええぇ~~~っ!!

「ーーーーーーはひっ!!?」

頭の中がきらめいて、何も考えられなくなる。

びくびくとけいれんしながら、気分がさらに良くなって・・・思考がフリーズした。



「はへ・・・はへ・・・はぁ・・・はぁぁ・・・」

「気持ちよかった~? それじゃー、2回目の絶頂・・・イってみましょーねー」

ずるるるっ・・・どちゅりっ! どちゅっ、どちゅっ、どちゅっ、どちゅっ!

「あ”ーーーーっっ!! だめーーーーっっ!! イくーーーーーっっ!! またイくぅぅぅぅうぅ~~~~っ!!」

熱く火照った私のお股を茜さんのおちんちんが通過すると、その全てが歓喜をあげて、わっほーいっ! と喜んでいく。


ぱちゅん、ぱちゅんっ! ずにゅっ! にゅっ! にゅっ! ずにゅっ! ずにゅぅ~っ!

「あ”ぁっ!! あ”ぁっ!! あ”ぁあっ!! あ”ぁぁあっっ!!」

拘束中にお股をズコズコされるのは、すごく気持ちがいい。もうたまらない。もう耐えられない。にゃはあぁ~~ぁあ~~ぁぁ~~~んっ!!

お腹がひくつく。お尻が跳ねる。

首を左右交互に傾けて、私を拘束しているナイロンテープをギチギチと揺らしながら・・・お股の熱い快感で、胸を躍らせる。


ぬっちゅ、ぬっちゅ、もっちゅ、もっちゅ。

「ひゃあぁめぇえ~~~~っ!!」

楽しく悶えながら、2回目の絶頂を起こす。頭の中がくるんと優しく回って・・・ほへへのへぇえ~~~っ。

「すごく嬉しそうな顔してるわよ、萌子ちゃん。・・・私とのセックスが大好きなのねっ」

「あへ、へへ、へ、へ・・・っ」

「舌も出しちゃってぇ~。腰の曲がり具合も良いわね~。・・・さーっ! どんどんっ、イっちゃおうねぇ~っ!」


どちゅんっ! グリグリグリグリっ!

「あ”ひんっ!! うあぁぁぁあぁぁぁぁっ・・・」

茜さんはディルドを全て挿入した後、ちょっと嗜好を変えたのか、腰を左右交互に上げ始める。

挿入中のディルドが茜さんの動きに合わせて・・・左右によじれる感じで回転する。私の体内のお肉が、熱~い摩擦を受けて・・・その奥がとろっとろのふわっふわになっていく。

「あ、・・・あ、・・・へ・・・あ・・・?」

手を中途半端に開けた状態でプルプルさせて、目を上に向けながら、口をゆるゆるに歪ませる。

・・・骨の髄まで、少しずつ、少しずつ、快感が蓄積していく。


「だ、だ・・・だめひゃ」

乳首も数回びりっとくる。電気が通り抜けた後、快楽の泉が沸いてきて・・・空気に触れているだけでもピリピリとした快感を生み出していく・・・。

「もっともっとイっちゃいなさーい」

ぐりゅん、ぐりゅん、にゅっちにゅっち。

子宮口付近まで、グリグリされている・・・。

びちゃ、びちゃっ!

体内に溜まった潮を、たっぷりと搾り取られていく・・・。


「あっ、あぁぁあぁっ、あっ、あっ・・・」

膣内をグリングリンされ続けたら・・・急に、ほわっと・・・世界が明るくなる。

「あへ・・・えへ・・えへ・・・っ・・・」

心酔するような感覚で、私はより気持ちの良い絶頂を迎えていた。



次第に、性器が甘みを増していく・・・。

表面的なしびれる快感は薄れていき・・・体の芯が、じゅわわーーっと気持ちよくなっていく。

・・・この快感は重い。体の動きを支配されていく。


ずずずずーー、ずずずずーー。ぬぬぬぬーーー、ぬぬぬぬぬーー。

「・・・っ・・・っっ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・・」

茜さんはスローペースで膣内を突いてくる。私は目を上に向け続けたままエッチな呼吸を繰り返し、幸せをいっぱい堪能する。

「はんっ、んっ、んあっ、んぁあぁっ! あはぁ~~~、はぁあ~~~んっ・・・」

ディルドがこすれる度に、きらめきが増していく。

背中がじわじわ、じわじわと快楽を蓄積させて、体をよじれさせたくなるような強い快感を、体内に少しずつ漏らしていく・・・。


「ひょ、ひょわ、わ、わ・・・」

背部の重い快感とは別に、膣内から生じるハートのような快感も、私を深い幸せに導いていく。

おちんちんを奥まで挿入された時、下に降りてきた子宮がくにんと上に持ちあがって、すごい幸福感が生まれる。

・・・茜さんはそれをよく理解しているみたいで、深く挿入した後、自身の腰を少しだけ前後に揺らすことで、挿入中のディルドの亀頭の先端を、くいっくいっと連続で上にあげさせる。

「~~~~!! っっ、っ、ひ、ひ、い~~っっ!!!」

そうされることで、Gスポットを圧迫されながら、子宮がふにふにとお手玉のようにもてあそばれる。

「ほ、ほはひぇ、へ、へ、は、は・・・」

どくん、どくんと、子宮から濃厚な快感が溢れ出てくる。

数回絶頂した後にコレをされると、もうどうしようもなく、たまらな~いっ。・・・とぉっても幸福。嬉しい。・・・とってもダメになる。


「ポルチオ性感攻めも好きだよね~。通電器具で性開発されちゃった萌子ちゃんの子宮には、こうやって奥で小さく小突く攻撃が、すごく効くでしょ~」

「はにゃあぁぁあ~~~、にゃ、にゃ、にゃぁ~~~」

「んふふっ。発情した雌猫そのものねっ」

ふに、ふに、ふに、ふに・・・。

ポルチオ性感を、繰り返しやんわりと刺激される。

まるで、茜さんのおちんちんから愛の射精が行われているようだ。・・・突かれると、私の眼の中がハートになって・・・突かれると、私の眼の中のハートが大きくなって・・・。突かれると・・・? あ、あ、あ~~~~~~~・・・。

ヘブン状態ってやつだろうか? 何もかも嬉しい感覚。

手がしびれ、足がしびれ、胸がしびれ、全身がしびれ・・・。私の体は愛で染まる。


これがとても怖いものではないかと、昔は思っていた・・・。だが今は違う。・・・丸ごと解放。全て許容。目をつぶり、体を許して・・・しあわせのまま、その身を快楽にゆだねる。

ほにょえへあぁああ~~~~っっ!?

・・・その結果、すんごい幸福が、白い羽根となって私の体を安らかに包み込む。

「あ”~~~~~~~~~・・・」

天にかけ登るような思いで、私はとても濃厚な快楽絶頂を起こした。



萌子が愛で酔いしれる中・・・茜は、汗を垂らしてひくつく美味しそう萌子の肉体に、自身の体を密着させて共感していた・・・。

好きだ。好きだ。大~好きだ。

足りない身長。愛らしい笑顔。柔らかな甘いお肉に、とっても甘えん坊な性格。

そんな萌子の全てが好きだ。心底好きだ。ずっと抱きしめたくなるぐらいに好きだ。


そして・・・、そんな彼女を快感で染めあげるのがとっても楽しい。・・・彼女の幸せは自分の幸せ。彼女の快感は自分の快感。

「しばらくポルチオ快楽絶頂を楽しみなさいな。・・・その後はー、連続で突いて・・・狂っちゃうような快感を、骨盤の中心にたっぷりと植え付けてあげるねーっ!」

茜は、ディルドを深く挿入したまま、萌子の体にたくさんの愛情を注いでいた。

・アダルトグッズの紹介
みちのくディルドJr
みちのくディルドJr







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。