▼ サイトの簡易説明

Duga

◆ 関連する記事


Duga


アタッチメント電マでズビビ!


―― アタッチメント電マでズビビ! ――

前回。

私は背を反らすイスに拘束されたまま、下腹部と尾骨に子宮攻めをする電マを装着されて、子宮を激しく振動させられる。・・・私は何度も絶頂していた・・・。



茜さんの指が背中にぴとっと密着する。

快感を溜め込んでプルプルしている私の背中を、やさしくつつーーっと触っていく。

「ーーーーーーーーーっっっ!!?」

すさまじいゾクゾク感が、私の頭を白く染める。

「へぇ・・・へぇ・・・あ・・っ・・ああぁっっ!!」

「じわじわくるでしょ~。すごく感じちゃうでしょ~。ほれほれ~」


今度は両手で、さわ~り、さわ~~りっ!

「うっっひゃぁあぁあぁぁあぁーーーーーーーっっ!!!」

ビクビクビクビクビクゥっ! 背中のけいれんが止まらなくなる。

や、やや、やば、やばぁ~~~っ!!

さわわわわ~、さわわわわわわ~~~・・・。

あっ・・! ああっ・・・!! ああぁぁあぁぁぁ~~~っっ!!

「へっ・・・!?」

急に自分の目が上を向き、無意識に口から舌を出す。


背中から寒いようで熱い、不思議なしびれる間隔が脳裏に訪れ・・・。

「へひゃぁぁあぁあぁあぁぁっっ!!」

なんだかとってもいい気分になる。

「ねぇねぇ、背中でイくと思う? 背中でイっちゃうと思う?」

「いやぁあぁぁ~~~~っっ!! や~~め~~~てぇえぇぇぇ~~~~っっ!!」

笑顔のまま首を横に振っていやんいやんと否定するが、心の中では、さらに背中をいじってもらうことを希望する。


さすさすさしゅ~~~っりっ。

「あ”・・・・っっ!!」

なんか体がふわった。

「あ”~~~~~~っっ!!!」

意識がぶわっと舞い上がり、口を大きく開けたまま私は絶頂してしまった。



「あららー、背中攻めで絶頂しちゃったわね~。体を触られると絶頂しちゃうのねー。萌子ちゃんの体はー」

「・・・・っ・・・っ・・・!」

ビクッビクッビクッ!

ニッコリしたまま下腹部をけいれんさせる。頭がフリーズ中で、何も喋れない・・・。

「まぁ、子宮攻めとイスの仰け反らし拘束の影響もあるんだけどねっ。ふふっ・・・」

茜さんはとても楽しそうな雰囲気で、パタパタと歩き、私の前に戻ってくる。・・・右手に、おむつシートが貫通した謎の電マを持ったまま・・・。


「最後はアタッチメント電マの装着固定で、連続絶頂しちゃいましょう!」

ぷるんぷるんのシリコン製ディルドを付属させた、アタッチメント電マを私にしっかり見せつけた後・・・私のお股に被されているおむつシートを、べりっと剥がす。

「このシートも、こんなぐしょぐしょに~。萌子ちゃん・・・やらしー」

「あっ・・・あっ・・・あか~っねぇ、はぁ、も、ももぉ~~、もえこぉ~~~っ、はぁ、ああぁぁっ!!」

ダブル電マの振動で子宮がしびれ続けているで、絶頂から戻ってきても、会話がうまくできない。


「そんないやらしーおま○こには、このアタッチメント電マでお仕置きしちゃわないとね~っ! それぇ~っ!」

茜さんは、電マに付属するディルドを、愛液を漏らし続けている私の穴の中に、にゅももももっっと挿入していく。

「あ”へえぇぇぇえぇ~~~~っっ」

膣内にシリコンディルドが通過した際、お股がきゅんと熱くしびれて、私は軽い絶頂を起こす。

ずちゅりっ!

シリコンディルドが膣内と全て触れ合う。電マ追加パーツがクリトリスにもググゥ~と押し当てられて、イイ気持ち・・・。えへ・・・えへ・・・。


「電マの後ろにあるおむつシートを、オムツに被せるとね~。このよーにっ! 電マだけオムツの中に仕込ませた状態で装着固定できるのよー!」

電マがお股に密着して、オムツのシートから棒だけが出た状態で固定される。

私は再び、顔をフルフルと横に振る。

茜さんはウンウンとうなづいて、膣内に挿入したアタッチメント電マのスイッチを入れる。

違ぇぇぇぇえぇっ!! ・・・まー、拒否したところで、このSメイドは、私のお股を振動させられるわけだが・・・。

ヴィィィィン。

私のお股が、電マの振動で一気に震え上がる。



ヴィィィィィィィィーーーーっ!!

「あ”・・・っ」

自分がはじける3秒前に、私は顔を笑顔でひくつかせて・・・。

「あ”・・・っ」

自分がはじける2秒前に、ジタバタして逃げようとする体が、イスの拘束具に押さえつけられて・・・。

「あ”っ・・・・・!!」

自分がはじける1秒前に、諦めてぎゅっとめをつぶり、涙を端から垂れ流し・・・。

「あ”~~~~~っっ!! しゅごいしゅごいしゅごいっ! おまたおまたまたまたでんまぁぁぁぁあーーーーーっっ!! イグっ! イグッ!! そんなことされたらしゅごくイっちゃうっ!! しびれりゅぅぅっ!! きもちよしゅぎぃぃぃぃっっ!!! いやぁぁあぁあぁぁーーーーーっっっ!!!」


ぶしゅうっ!! オムツ内部に大量の潮を吹き当てて、頭を大きく上に向けたまま、そこでぴたっと声が止まる。・・・激しい絶頂を起こす。

「・・・っ・・・ぁ・・・っ!!」

お股に固定された電マは、絶頂中でもお構いなしに、私のクリトリスと膣内全体をブルブルと震わせる。

「~~っ・・・っ・・・く”っ・・・!!」

子宮への刺激も続いている。私の下腹部は、3つの固定された電マから刺激を受けて、さらなる快感を生じさせる。


「あ”はーーーーーーっっっ!! あ、あ、あっっ!! んはあぁあぁああぁぁーーーーーっっ!!! い”ーーーーーーっっ!!」

喜びながら悲鳴に近いような大声を上げる。涙が横に流れて耳に付着する。

「んふふふっ・・・。叫びなさい。悶えなさい。・・・理性なんていらないわよ。自分の感じるがままに快楽を味わい、気持ちのイイ感覚にその身を全て支配されなさい」

「だめぇぇえぇぇぇーーーーーーっっ!!!」

体内が激しく振動している。骨盤の内側がものすごく暖かくて、快楽のスパークをまき散らしている。


ぬっとりぴちゃぴちゃ・・・びゅっ! びゅっ!

アタッチメント電マのディルドを挿入されたままのアソコは、ビクビクと喜びながら愛液を垂れ流し、潮をオムツの中に勢いよく吹き荒らす。

「あ~~~ひぇえぇえぇ~~~~~~ぇ・・・っっ!!」

少し遅れてからオーガズムに達する。

子宮と膣内がとぉっても気持ちよくしびれ続けている。もうどうでもいい。どうなっちゃってもいいっ! この自我がもうろうとしてしまうレベル快感を、全て受け入れちゃうことが・・・私の幸せなんだぁぁあ~~~~っ!!!


「はいはーい! 茜っ! 再び後ろに登場~! 萌子ちゃんのその猫のようなやわらか~い背中を・・・おかしくなっちゃうまで、ず~っとずぅ~っと・・・優しくなで続けて上げるからねぇ~~っ! うへへへへっ・・・」

ぞぞぞぞっ! ・・・ひっ・・・っ!!?

さわさわさわさわさわぁ~~~~っっ!

茜さんのわきわきする指が、私の背中を攻めまくる。


「ほひょぉおぉぉぉぉぉおおぉーーーーーっっっ!!?」

ガタガタと拘束具をならす。逃げられない。背中を触られる。

ガタガタガタと拘束具をならしつづける。全然逃げられない。性的に敏感な背中をいっぱい触られる。

「あ”っはぁぁぁぁぁぁああぁぁぁんんっっ!! はぁんっ! はぁんっ! はひんっ!! ひゃーーーーーーっっ!!!」

腰を前後にカクつかせる。お股が気持ちよくて気持ちよくて・・・これはまずいと暴れ回るのだけれど、アタッチメント電マはオムツの中で挿入されたまま固定されているので、全く抜けることはない。


「はあぁぁあぁぁぁぁっっ!! ひゃ・・・ひゃ・・・ひゃ・・・・わひーーーーーーーっっっ!!!」

性感を強く感じる部分をヴィィィ、ヴィィィィっと刺激され続ける。どんなに愛液を漏らしても、どんなに腰を振り続けても、挿入したまま密着しているしている電マは、私のお股から離れない。

私のお股に絶えず快感を蓄積させる。許容量を超えても気にせず・・・快感をいっぱいいっぱい蓄えさせる。

「お”っ・・!! おぉぉおおぉぉおおおおっぉっっ!? お、お、お、お、おっっっ!!! ・・・お”あ”ーーーーーーーーっっっ!!!」

私は笑顔いっぱいの表情で、すご~く気持ちの良い絶頂を起こし・・・そのまま動かなくなった。



ヴゥゥゥゥ・・・。ぴたっ・・・。

電マのスイッチを止める。

「んにゃへぇえぇ~~・・・」

萌子はいつの間にか眠ってしまい、体を反らした状態で、とても良い笑顔をしながら・・・寝言をたてていた。


「ふふっ! これからも私と、ず~っと快楽生活を続けていきましょうね~! 萌子ちゃ~ん!」

茜は、萌子の髪を優しくなでながら、ニッコリと微笑み続けていた・・・。

・アダルトグッズの紹介
ハンディマッサージャー
ハンディマッサージャー







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。