▼ サイトの簡易説明

Duga

◆ 関連する記事


Duga


まんぐり返しでバイブ攻め! 2


―― まんぐり返しでバイブ攻め! 2 ――

太いディルドを挿入されてから、しばらくの間、放置される。

「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

顔から汗を垂らし、切ない笑顔で茜さん視線を移す。


「どーお? 萌子ちゃん。・・・少しは太めのディルドに慣れてきた?」

「は、はぃぃ・・・、ふ、太いけど、おお、美味しい、です・・・」

「ふふっ。ちゃんと萌子ちゃんが苦しまないぐらいの範囲で、大きなサイズのディルドを選んでいるから安心なさい。・・・ねっ?」

「はひぃぃぃ・・・」

最初は結構やばいかと思ったが、意外と何とかなるんだなっと感じた・・・。落ち着いてくると、この大きなディルドを動かされても、問題なさそう・・・だと思う。


・・・それにしても、私の開発された膣内は・・・あんなに大きなディルドまで飲み込めちゃうんだなぁ・・・。エロい、エロすぎるよぉぉ~・・・っ!

「嬉しそうねぇ~。・・・これから素敵な快楽の世界に導いてあげるから、楽しみにして頂戴」

ヴィィィィィィンっ!

「それって、あか・・・ね”ぇぇえええぇぇひゃぁあぁぁーーーあ”あ”ぁああ”ーーーっっっ!!」

言葉を返している最中、膣内に挿入されたままの太いディルドが、急に振動を始める。


ヴィン、ヴィン、ヴィン、ヴィン~~。

「バイヴっ、バイブゥ、これぇぇっ!! バイブゥゥゥゥゥゥっっ!!」

「そうよー。このディルドはバイブレーション機能付きよー。ディルドよりバイブって呼んだ方が正しいかもね」

うわぁぁぁああぁぁっっ!! このメイド、今までディルドがバイブであることをわざと隠してたなっぁあぁあぁ!!


ヴィィィィィィ、ヴィヴィィィィィ!!

「ひゃにゃぁぁぁああぁぁっっ!! ひゃめぇぇええぇぇえーーーっっ!!」

響く、響く。振動がとにかく膣内全体に響きわたる。

ぞくっ、ぞくっ、ぞくぞくっ、ゾクゾクゾクゾクゾクっ!!

じんわりする素敵な快感が、少しずつ、少しずつ、膣内で膨れ上がっていく。

「あ”~~~~っっ!!」

・・・今回は太いディルドのバイブ機能だ。膣内を大きく拡張されているので、きゅんきゅんしている状態なのだが・・・そこに容赦ないバイブの振動が発生し、ねっとりした濃厚な快感を、たくさん作り出していく・・・。


「中がぁぁあぁ~~~!! しゅごい! しゅごぉい! しゅごぉぉおおぉおおおっっ!!」

ぼうこうがしびれる。Gスポットがしびれる。子宮がしびれる。ポルチオ性感帯がしびれる・・・。

全部しびれる。骨盤の中身がぜ~んぶ気持ちいい・・・。

「あ”ぅ・・・う、う、うおぉ、おおぉおぁあぁぁっっ・・・!」

ぴちゃぴちゃと、太いディルドの隙間から、愛液が跳ねて漏れてくる。

性欲の抑制が効かない。体幹の下側から勢いよく、快楽の泉がわき出てくる。それは私の体に浸透し、私の脳をとろとろに溶かしていく感覚だ・・・。


「股間に密着している器具にも、振動機能を入れてあげましょう。電マを当てられているみたいで、とっても気持ちいいわよ~」

ヴゥゥゥゥゥゥゥウゥゥ!!

ディルドの付け根にある大きな長方形の器具も、私のお股に密着しながら振動を開始する。

「あ”ぁぁぁあ”ぁぁ”ぁぁぁあ”っっ!! あ”ぁ”ぁぁぁ”っ!! あ”ぁぁ”ぁあ”あ”ぁぁひ~~~っ!!」

笑顔のまま目をぎゅっとつぶって、おもいっきり叫ぶ。かわいらしい絶叫を、部屋の中に響きわたらせる。


ヴィィィィィン! ヴゥゥゥゥゥ!

内部からは太いディルドの振動攻撃、外部からは、黒くて厚い器具から広範囲にわたる振動攻撃。

私のお股は、その2つの器具で刺激され続ける。

「あ”ーーーーっ!! あぁあっ、あ、あ、ぁ、ぁ、あぁぁぁっ!! あっ、あっっ! あ”っっ! あ”~~~っ!!」

それぞれ、高さの違う「あ」を色々と口から奏でながら、自分が快感であることを証明する。


びくんびくんびくんびくんっ!

まんぐり返しのポーズのまま激しくけいれんを起こす。舌をべろーんと外に出して、頭を傾けながら愛を叫び続ける。

ひゃにゃひぃぃ~~~っ!

お股にすんごい子とされているのに、とっても気持ちがいい。・・・気分壮快だ。嬉しくて嬉しくてたまらない。

やっぱりエッチは最高だよぉおぉぉお~~っ!! こんな気持ちよさを知っちゃったら、もう元には戻れないよぉぉおぉ~~~っ!! あはぁぁぁぁあっ!!


「うんうん・・・。イイ・・・っ、すごくイイわよ、その表情。・・・快楽に負けて、全てを受け入れちゃったようなイヤラシイ笑顔・・・。エッチなお汁をたくさん漏らしながら、もっと私に見せてぇ~! 萌子ちゃーんっ!」

「あ”ーーーーーっっ!! あはぁ、はぁ、はぁ、はぁ、はひひひっ。はっ、はひぃぃ~~~っ!!」


ウ”ゥ”ゥ”ゥ”ウ”ゥ”ゥ”ゥ~~~~ッ!!

激しいバイブ攻撃が、目の前で行われている。

むわぁぁあ~~~っ・・・。

顔を背けたくなるような淫乱臭が、自分のお股から蒸気となって、ムンムンと大量に沸いてくる。


「うひぃぃぃ~~~っ!!」

「いやらしー匂いねぇ、うふふふ・・・っ。さて、愛液で膣内もぬちょぬちょのドロドロになっているみたいだしー、この辺で本日の一番のお楽しみの、高速回転攻撃、いってみましょーか!」

え”・・・っ!?


ぐりゅりゅりゅりゅりゅるぅぅぅっ!!

茜さんがタブレットのボタンをタッチした瞬間・・・私の体内に埋め込まれたディルドバイブが、振動しながら勢いよく回転し始める。



「そ”んなう”ごきし”ちゃら”めぇぇえええ”ぇえ”ぇぇえ”ぇぇぇ!!!」

どりゅりゅりゅりゅりゅるぅぅうっ!!

「む”り”ぃぃぃぃーーーっっ!! だゃめっ!! だゃめっっ!! りゃめぇぇえぇぇっっ!!」

じゅりゅりゅりゅりゅりゅりゅ~~~っ!!

「っーーーーーーっっ!! っっーーーーー!!! ーーーーーーっっっ!!!」


ぴゅばぁぁぁっ!! お股から大量の潮があふれだし、黒色の振動器具にぶつかってから拡散して、私の体に降り注ぐ。

「あ”・・・あ”・・・お”・・・あ”・・・」

絶頂寸前のところで、一旦、快感の波が引き下がる。・・・だが、次にものすごいアクメを迎えてしまうことを、体感してしまう・・・。


ぐりゅりゅりゅる~!

膣内がものすごくかき乱されている。ただでさえ太くてきつきつのディルドなのに、それがフル回転で豪快に暴れ回っている。

愛液とローションでぬっとりベトベトしているイボイボ達が、私の圧迫されまくった膣壁に大量にこする。摩擦する。

あああぇええぇぇっっ!!

内部をごりゅごりゅされている気がする。だけど私は、こんなに変態な攻めに、快楽を得ずにはいられない。


マゾい、マゾい! マゾ過ぎるぅぅぅっ!! あっはぁぁああぁぁぁぁんっっ!!

まんぐり返しの姿勢から拘束されて、太いディルドで強制的に膣内をスピン攻撃されるその攻めが、どうしようもなく愉快だ。愉悦だ。

「あぁぁあぁぁ~~~あぁぁ~~ぁ~~・・・あぁぁあぁぁ~~~・・・」

脳内が犯されている気がしてならない。・・・気持ちがよすぎて、わけがわからない・・・。

はにぇぇえぇぇ~~~ぇぇ~~ぇ~~。


どりゅりゅりゅりゅりゅりゅっ!!

ヴィィィイヴィィィヴィィィ~~~!!

「・・・ーーーーっっ!! あっふっ!! あっふぅぅううぅぅぅっっ!!」

細めていたまぶたが大きく見開く。太股の付け根を連続で激しくブルブルさせながら、白く粘っこい愛液をバイブの隙間から漏らし続ける。

あ”あぁぁあ”ぁぁぁあ”ぁぁ~~~っ!!

快感が重くなりすぎて、体が上手く動かせなくなる。手も足もピクピクと震えて、自由が利かなくなる。

・・く、来るっ・・・来る・・・くるっ! ・・・あ・・・・あぁ・・あ”・・・っ!! あ”ーーーーーーーーーーっっっっ!!!


視界が真っ白になった後・・・私の精神は、濃厚な快楽で満たされた体から、パァーっと解放された。

・アダルトグッズの紹介
みちのくディルドJr
みちのくディルドJr







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。