▼ サイトの簡易説明

Duga

◆ 関連する記事


Duga


先端快楽通電棒を体に大量固定 5


―― 先端快楽通電棒を体に大量固定 5 ――

「もえちゃーん。見えますかー? こちらはー、もえちゃんのもっちりでかわいらしーお尻に突き刺す予定の、先端快楽通電棒でっす」

はにぇぇーーー・・・。

「あー。これはもうだめそうですかねー?」

「容赦なくやっちゃっていーわよ。瑠璃さん」

「はいはーい」


まだお尻の外側が放置されていたっぽい。

とことんまで私の性感に電気を流したいのか、ついに私のぷにぷにのお尻にまで、先端快楽通電棒が差し込まれる。

どすっ。

「あああああああっっ!!」

どすっどすっ。

「あ”あ”ああ・・・あ”あぁ”、あ”ぁ”・・・っ!!」


一段と強烈な電流が、電気の伝わりにくいお尻に流し込まれていく。それにより、私のお尻の中の筋肉は勝手に動くようになり、ぷるんぷるんと跳ねる。

どす、どすっ。しびびびびびっ!

「お”あ”・・・お”、あ”・・・あ”・・・」

きゅぅぅぅぅっ!! お尻の電気の刺激で、膣内が引き締まる。

そこから、膣内に差し込まれた状態の快楽電流棒が、膣壁に追撃を行い、これでもかっ! というほどに私の膣内から愛液を量産させる。

「あにぇぇ~~~~・・・」

当然そのまま絶頂する。心底気持ちいい。だめ・・・もうだめぇ・・・。ぐでぇぇん。


「萌子ちゃんのお尻は、スパンキングが大好きだからね~。通電棒の刺激量をちょっと強くしてあるのよ。

お尻叩きほどではないにしろ、軽く痛みの混じった刺激と快感が、萌子ちゃんの下腹部に耐えられない気持ちよさを常時与えてくれるんだから~」

どすっ! どすっ! どすっ! どすっ!

びくんっっ!!! びくんっっ!!! びびびびびくぅぅっ!! びくびくびくんっ!!!

「・・・っ!! ・・・っ!!! ーーーーーっ!!! ~~~~っっ!!!」

軽いの絶頂のラインが曖昧になる。

深い絶頂は全部理解できなくなるのでわかりやすいのだが、軽いの絶頂は、起きているのか起きていないのかわからない。それほどまでに、私の体のすべては快楽で満たされている。


とすっ、とすっ、とすっ。

「きゃあぁぁ~~~~~~んっっ!! あ”え”え”ぇぇぇぇっっ!!!」

ぞくんっっ!!! ぷしゃぁぁぁっっ!!!

潮を吹く。さっきの絶頂の終わりから1分も経たず、次の絶頂を起こす。

絶頂中は、びくん、びくんと震えながら力を失い、頭を下に垂らす。涎や涙などは関係なくその辺に垂らす。愛液も機械のパンツにたっぷりと漏らす。


どす、どす、どす。びりりりりりりりんっ!

「あぁぁあぁ~~~・・・・あぁぁぁぁ~~~・・・」

もうまともに意識が残っていない。

乳首とクリトリスに固定された太い通電棒をぷらんぷらんと振りながら、膣内と腸内に差し込まれて外すことのできない快楽電流棒と、尿道に進入したままロックされている小型通電棒で強力な快楽刺激を受ける。

さらには、胸部と背中と下腹部とお尻に刺されまくっている先端快楽通電棒で数十ヶ所電気刺激・・・。

・・・嬉しすぎる快楽を味わいながら、いつまでも、失禁をしている。そんな状態。


胸も腰もお股も、すべて中が砕けてしまったかのように素晴らしい。

あまりにも気持ちよすぎて、私はおかしくなっている。

はへぇ、はへへぇ、はへへへへへへへぇぇぇっ!!!

獣のように笑いながら、さらなる快楽絶頂を起こす。

もう終わりは近い・・・、理性が崩壊する・・・。


「もえちゃーん。わかりますかー? これでお尻への通電棒は最後ですよー」

「・・・らしいわよー。さー、ラストの2本!! 持つかな~! 持つかな~~~っ!?」

「ひゃわへぇ、うへぇ、うひゅぇ・・・」

「ただしー、周りのと違ってー、こいつはきょーれつですよー。一度だけ強烈な刺激を、萌子ちゃんお尻に与える機能を持ってますー」

「ひゃっへぇ、ひゅり、ひゅりひゃっへえぇ、ひょぉひゅり・・・」

「ではー・・・」

どっすり。


しびびびびびびびび!! しびびびびびびび!!

「ぎゃぁぁあぁあぁぁーーーーーーーんっっ!!!!」

なんかものすごくヤバい絶頂の波がくる。

びりびりびりびり!!

ひゃへっ!! 、ひゃへえっ!! ひゃへええっ!! ひぃぁぃあぁぐあぁぁぁああっっっっ!!!

びりびりびりびりびり!!

びゃあぁあぁ!! い”はあぁぁぁあああぁ!!! ひ”ょお”おぉぉ”ぉぉおお”ぉぉぉお”!!

びりびりびりびりびりびり!!

あぐあぐぅぅあぐぅぅあむ”ぅぅぅ!! ほ”ぁぁ”ええぁ”あああぇ”えあぁおお”ぉぉぉおぁあ”ぁああ!!!


体がぎゅるんぎゅるんに巻かれてよじれてしまうような大変強い快感を受ける。意識が飛んでいくように感じる。

う”あ”ぁぁぁあ”あぁぁ”・・・!! ああぁ”ぁぁ”ああぁぁ”ああ”あぁ”ぁあ・・・っっ!!

「ーーーーーーーーーーーっっっ!!!!」

私はこれ以上無いぐらいに愛らしい絶叫を発しながら、大絶頂を起こした。




・・・。

「萌子ちゃーん・・・」

・・・。

「萌子ちゃーん・・・?」

・・・。

「萌子ちゃーん・・・おきてるー・・・?」

「・・・・・・」


びびびびびびび~~・・・。

「・・・・・・ぁ・・・」

しびびびびびびび・・・。

「おっ・・・おっ・・・おぅ、ぅ、ぅ・・・」

「た・・・耐えたーーー!! すごいわよーーーっ!! 萌子ちゃーーん!!」

「ぇ~~~・・・・・えひ・・・ひ・・・」

ぼへーーー・・・。意識があるのかどうかすらわからない。・・・うつろな瞳で、くてんとしたまま、深い深~い眠気が襲ってくる。


「ねぇ、瑠璃さん見た!? 見たっ!? 萌子ちゃん耐えたわよっ!? お尻への電気攻めで、どうにかなっちゃう快感を与えたはずなのに、落ちることなく見事に耐えたわよっ!!? 耐えちゃったのよっ!?」

「はいはいー、見ましたよー。もえちゃんもここに来てから、ずいぶんと成長しましたねぇー」

「でしょっ!? でしょぉっ!?」

「茜さーん。ひとまず落ち着きましょー」

「あっ・・・! そ、そうね・・・っ!!」

茜さんは一度、目をつぶってから、再びまぶたをあける。いつもでは考えられないぐらいに、頬を赤く染めて、うれしそうな笑顔をしながら、私を見つめる。


「それじゃー、萌子ちゃん。後は快楽落ちするまで、下腹部全てを通電させ続けて、どうしようもないマルチプルオーガズムを楽しんでねーっ! ・・・と、いいたいところだけれど・・・その前にここまで来れたことへのご褒美をあげなきゃね」

茜さんは私の歪んだ嬉しがる口を、親指と中指できゅっと閉じてから、そっと顔を近づける・・・。

ちゅっ・・・。

その後・・・キスをしてくれたんだと思う。

だけど・・・。


唇と唇が重なり合った瞬間。

にゃっっはぁぁぁぁあ~~~~ん!!!

私の裸体は、すばらしい幸福に優しく包まれて、私の記憶はそこで途切れてしまった。



「あ・・・落ちた」

茜は萌子の反応がなくなったことに、すぐに気がつき、パット顔をはなす。

瑠璃もその様子を見て、先端快楽通電棒と快楽通電棒の動作を一斉に終了させる。

今までさんざん暴れ回っていた萌子の体は、それを気に急におとなしくなり、だらんとしながら、びくびくと定期的に震え続ける。


「分泌液回収ボトルの量がすごいことになってるわねー。愛液も潮もかなりの量ね。ほんっと、いい体しているわね」

「その上にとってもかわいらしい美少女ですからねー。攻めるのがすごく楽しいですよねー」

「そうよねー。この子、大変にイイモノよねー」

瑠璃も茜も萌子を性具で攻めることに大きな愉悦を感じながら、満足しきった表情をとる。

しかし、これからは・・・実験者達の賢者タイム(?)である、お片づけの時間だ。


機械の下着のロックを外した後、2人は、せっせこ、せっせこと、萌子の体に大量に刺さっている先端快楽通電棒
を、コードが絡まないようにしながら抜いていくのであった・・・。

・アダルトグッズの紹介
ZEUS パームパワーボックス
ZEUS パームパワーボックス







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。