▼ サイトの簡易説明

Duga

◆ 関連する記事


Duga


先端快楽通電棒を体に大量固定 3


―― 先端快楽通電棒を体に大量固定 3 ――

にゅんもり、ずもも・・・。

あ”ぅ~~んっ・・・。

拡張されたお尻の入り口に、ぬめぬめの快楽電流棒が、ゆっくりと挿入される。


ずずずずず・・・びりびりびりびり・・・!

膣内同様、快楽電流棒は電気を発しながら徐々に奧に入り込んでくる。腸内がビリビリした刺激を受ける。

・・・今日の実験ではお尻の穴も使うことが知らされているため、洗浄済みなので問題はないのだが・・・

膣内が電気攻めを受けている最中に、茜さんとキスをしながら電気棒の挿入なんてぇ~~~! あ~~~~~っっ!!


「むぐぐぐぐぐぐ・・・っ! むぐーーーーーっっ!!! むぐーーーーーーーっっ!!!」

ぶるるるるるぅぅぅっ!! 全身の毛が逆立ったように感じられる。

拘束されてディープキスをしたまま、膣内全体を電気で刺激されつつ、腸内の奧深くまで快楽通電棒を挿入されてるぅぅ~~~っ!!

あぁ・・・。

それがとっても気持ちいい。勝手に顔がアヘってしまうぐらいに気持ちがいい。

体がしびれる。心がしびれる。

お尻がぶるぶると震えて、機械のパンツをほんの少しだけ振動させる。


ずちゅり。・・・がちーーんっ!

そして、腸内に全て快楽通電棒が入り込むと、ロックされた音が鳴る。

「ん・・・おぉ・・・ぉ~・・・」

お尻の穴に電気棒が固定された聞いて、興奮が爆発する。

今回はお尻も逃がしてくれない。私が落ちるまで、腸内も、快楽電流を流し続けるつもりなんだ・・・。


「ん・・・・・ん・・・ん・・・」

目を上に向けて、涙を垂らす。

顔がより赤く・・・、よりけいれんする。頭が軽く狂ったように感じられる。それでいて幸福・・・。

・・・それは、あまりにも刺激的すぎた。


いっ、いっ・・・いぃ、いく、いく・・・いくぅぅぅ~~~んっ・・・!!

わたしはぞくんっ! と大きく体をふるわせると、そのままあっけなく、再び絶頂してしまった・・・。



はへ・・・はひぇぇーー・・・。

びりん、びりん、びりん、びりん。

絶頂中でも、電気棒の動作は一切の停止されない。私の体は電気を受け続け、軽やかに、ひくんひくんと跳ね続ける。

複数の性感帯に、複数の箇所から、快感を感じさせる微弱な電気を同時に送られ続ける。

・・・そんなことをされると、私が絶頂が終えた時、体にたくさんの快感が溜まって、大変なことに・・・。


び~りび~り、び~りび~り。

「いにゃぁぁぁぁあっっ!!」

やっぱりぃぃぃぃっっ!!

快感が感じ取れるようになったとたん、体がすごく気持ちよくなる。


びりびり、びりびり、しびしび、しびしび。

「ああっ!! ああっ!! だめっ!! いやぁあっ!!」

お股がしびれる。お尻の中がしびれる。それに負けまいとおっぱいと乳首もしびれる。どれも快感だにゃぁぁぁぁ~~~っ!!


ずびびびびびび・・・

「おまたぁ・・・びりびりぃ~~~・・・」

特に刺激的なのが、後ろで機械のパンツで固定されている2本の太い快楽電流棒。

この2本の電気棒は、それぞれ膣内全体と腸内全体をとっても気持ちよくさせるように電流を発しており、ダブルビリビリで私のお股の中が、腰を勝手にくねらせてしまうほどの、いやらしくも素敵な快感を生じさせる。


もうお股、だめかもぉぉ・・・・。

どろっ。ぽた、ぽたぽたぽた。

電気の刺激を受けて、愛液をさらにたくさん垂らしていく。機械のパンツに溜まると思っていたが、最初に漏らしたおしっこ同様に、接続されたホースにちゅーっと吸われている。

それで安心と思ったのか・・・それともさらに気持ちよくなってしまったのか・・・刺激され続ける膣内から愛液が次々とあふれ出てくる。

お尻もアソコも両方だめぇぇぇぇぇ~~~~っ!!

愛液を吸われ続けながら、私はまたも絶頂を迎える。


あぁ・・・ひょあぁ~~・・・。

アクメ顔の私を、茜さんは横からじーっと見つめる。正面のモニターには2本の電気棒が挿入されていることがわかる私のお尻は、今も愛らしくビクンビクンと震えている。

「今の気分はどおかしら~ん?」

「や~ば~い~~~んっ・・・」

「そーお? いつものエッチ+αぐらいじゃない。まだまだ気持ちよくさせちゃわよー! 瑠璃さん。次はクリトリスをいきましょー」

ーーーっ!! それを聞いてぞくぞくっとする。そういえばまだここを刺激されていなかったぁ~・・・っ!!


「茜さんの注文はいりましたー。続いて、萌子ちゃんの機械のパンツに、こちらの、クリトリス専用先端快楽通電棒を連結固定させようと思いますー」

モニターに映っている瑠璃さんは、茜さんに注文される前から既に、クリトリス用の太い先端快楽通電棒を用意していた。

それぇっ! 茜さんに聞くことなく、私につけるつもりだった出しょぉぉぉぉっ!!


かきんっ!

私のクリトリスの相当する位置に、おちんちんのように太い先端快楽通電棒が取り付けられる。こちらもまた、そのまま外れないように固定させる。


じび、しびび、しびびびびびび~~~っ!!

「あ”ーーーーーーーっ!! あぁっ!! ああっ!! あ~~ぁ!! あ~~ぁ!! あーーーんっ!!」

あ”ああぁぁぁぁぁぁ・・・!!

クリトリスに電気が! 電気がぁぁぁぁ!!

私はニッコリとわらって口を大きく開けながら、エッチな声をいっぱい漏らし続ける。

くりぃぃぃぃ!! あ”~~~~~!!


「クリちゃんの通電攻撃は格別でしょ~。まるでおちんちんを体に取り付けられちゃったみたいで、かわいいわよー、萌子ちゃーん」

「はひにぇぇぇぇ~~~え~~~・・・!!」

腰を前後に振り続け、ぽよんぽよんと、太い先端快楽通電棒も前後に揺らす。それはまるで茜さんの指摘したとおり、男性器を生やして前後に振っているかのような感じだった。

・・・最も、こちらは、クリトリスを押し当てて固定されたまま、容赦ない電流攻めが行われているわけですが・・・。


びりりんびりりん、び~りびり~~。

「いいいぃぃぃ!! い~~~っ!! や~~~~っっ!! しゅごぉぉぉぉっ!!」

乳首とクリトリスと、アソコの中とお尻の中に、同時に電気が流され続ける。

ぴゅっ。ぴゅ~~~・・・。

潮が漏れだし機械のパンツと連結したホースに吸収されていく。


「ふぁ、ふぁ、ふひっ、ふぁぁ・・・」

体が快楽で満たされる。電気攻めが気持ちよすぎる。

ひゃわわわわわわぁ~~~~~んっ!!!

さらに私は絶頂する。



「はっ、はっ、はっ、はっ、はっ・・・」

言葉の語尾の全てに、ハートマークをつけるような感じで、私はエッチな呼吸を続ける。

拘束されて動けない体を、継続的に震わせる。

今もなお、体内に電気が流れ続ける。

「あああぁぁぁぁぁ・・・」

絶頂が終わると、またすぐに、燃え上がるようなエッチな感覚が体中に舞い上がる。


しびびっ! しびびっ、しびびびびびびっ!

「まぇわぁぁ~~~っ!! こんなにゅぃわ~~~っ!! 感じないぃぃぃ!!」

「んー? 前はこんなには感じなかったって? そりゃー萌子ちゃんの性感レベルが成長している証拠よー。

・・・ひょっとして、もう成長しないと思ってた? そんなことないわよー。毎日付けている性開発具が、さらに萌子ちゃんをエッチな体に作り替えているんだからー!」

「そぉおなんですぅかぁぁぁっ!? あっ!! だめだめだめだめだめだめ・・・っ!! だめーーーーーっ!!」

絶頂すると思ったが、しなかった。


「もえちゃーん。楽しんでますねー。・・・さてー、これはなんでしょーかー?」

瑠璃さんはモニター越しで、今度はとても小さな電流棒を見せる。

うっとりしながら私はそれを眺めていたが、途中、何の用途に使用するためのものか、気がつく。


「ま・・・まさかぁ、お・・・おしっこぉ・・・? や、やだぁ・・・やだぁぁ・・・」

・アダルトグッズの紹介
ZEUS パームパワーボックス
ZEUS パームパワーボックス







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。