▼ サイトの簡易説明

Duga

◆ 関連する記事


Duga


先端快楽通電棒を体に大量固定 2


―― 先端快楽通電棒を体に大量固定 2 ――

しびびびびびびびび・・・。

「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・。んっ・・・はぁ~~~んっ・・・」

おっぱいも乳首も気持ちいいよぉ・・・このまま続けられたら、絶頂しちゃうよぉ・・・。

とろーんとした顔になり、快楽電流攻めを楽しむ。


「いい顔色になってきたわねー。もうそろそろ、萌子ちゃんの後ろにも、通電を開始しましょうかー」

「はぁ・・・はぁ・・・えっ、や、やーんっ・・・」

「萌子ちゃん。目の前にあるモニターを少し見てみてね」

茜さんがそう言うと、モニターに電源が入り、瑠璃さんがドアップで、画面に映る。


「はーい。こちらのモニターは、別の視点からもえちゃんをー映していますー」

瑠璃さんは手を振って私に笑顔を見せた後、さっと横に退く。すると、軽くピクピクと震える、機械のパンツを履いた女性のお尻が画面に映る。・・・私のお尻だ。


「これから、もえちゃんの股間やお尻に、通電棒をいくつか差し込んでいきますがー、その様子をモニターで確認することができますー。

私が何を使うかー、一通り確認できますのでー、その都度モニターを見て下さいねー」

私の機械のパンツをさすりながら、カメラ目線で語る瑠璃さん。その手にはケーブルのついた太い棒が握られている。


「後ろの攻めの最初はー、機姦「膣内用快楽通電棒」からいきますよー。これは、萌子ちゃんの膣内に効率よく快楽電流を流してくれるー、とても気持ちいい器具なのですよー」

ええーーっ!? ちょ、ちょっと太くて長いですよぉ・・・それぇ・・・っ!

「では、早速ー・・・」

ぐにぃぃぃ。かぱっ。

瑠璃さんが機械のパンツに快楽電流棒をぶつけると、私のあそこの入り口が勝手に開く。機械のパンツが私のあそこを制御している・・・。


「んんっ・・・」

にゅももももも・・・。

太い快楽通電棒が、私の膣内で電気を発生しながら進入してくる。

「ああひぁ・・・ひあ・・・ひぃぃあぁぁひぁぁ・・・」

しびしび~、しびしび~。

棒によって外側に押し出された膣壁の部分に、電気がじんわりと流される。


ぬももも・・・しびびび・・・。

「ええぇぇ・・・おあぁぁぁ・・・や、やめてぇぇぇ・・・」

快楽通電棒がさらに進入してくる。じんわりとしびれる所が広がっていく。

そして・・・どちゅりっ。

最深部まで、太い快楽通電棒がきっちりと挿入される。私の膣内が大きく拡張される。


しびびびびび・・・。

そこから膣内全体に、私がとても感じてしまうようなしびれる攻撃を発生させる。

Gスポットも、ポルチオ性感も、子宮口も・・・、みーんなまとめて、びりびりびりびり。

「あぁぁぁぁぁぁ・・・ひああぁぁぁぁあぁぁ・・・」

手がプルプル。足がプルプル。止められない。ひくついてひくつく。

お股の中は、あまりにも弱点なのだ。弱点すぎる。攻められたら一方的。反撃の余地なく負けてしまうほどの弱点。

そこに電気攻め。弱点に余すことなく電気攻め。その一帯の弱点部分全てに電気攻め。効果は十分すぎる。


「あぁぁえぇぇぇ。中が、すっごく気持ちいいですぅぅぅ~~~っ!」

びくびくびくびくっ! びくっ! びくっ! びっくぅぅぅ~~っ!!

お股の収縮運動が始まる。楽しく踊りすぎだぁ~~~・・・。

「あぁ・・っ! あぁあぁっ・・・っ!!」

また、乳首とおっぱいと胸部の電気刺激の快楽も、かなり効いている。

膣内に電気が流れると乳首が気持ちよくなって、乳首に電気が流れると膣内がより気持ちよくなる。互いが相乗効果を成している。

「あぁぁぁぁぁ・・・」

電気棒の隙間から、愛液がとろーりとろりと、たくさんあふれ出てくる。


びりびり、びりびり。

「やぁっ! あぁっ! あ~~~~っ!! あ~~~っ! あ~~っ! やぁぁ~~~っっ!!」

瑠璃さんは快楽通電棒をしっかりと握り、機械のパンツの穴から一切抜こうとしない。私の体内のエッチな所に、快感をもっとも感じるように調整された電気が、いつまでも流され続ける。


「ああう・・・あぅぅ・・・」

機械のパンツごと震わせる。すごく気持ちよくて、自分のお股が何をしているのかわからない。

「やぁぁぁぁん・・・っ!」

ふりん、ふりん、ふりん!

左右にお尻をがんばって動かして、すごい快楽を与えてくる快楽通電棒を必死に追い出そうとする。

「おっとー」

瑠璃さんはそうさせないように力を込めて、快楽通電棒を私の機械のパンツに押し続ける。決して手前側に戻されないように・・・。


びりびりびり~。しびびびびびび~~~。

そんなわけで、快楽通電棒は継続して私の膣内全体をしびれさせる。

体幹以外を色々と拘束されて、動けない状態の私は悶えて、悶え続ける。

「いやーーーーーっ! いやぁぁぁぁあぁぁっっ! だめ、びりびりだめっ! 気持ちいいっ! きもちいいよぉぉーーーーっっ!」

ぴゅーー、ぴゅーー!

機械のパンツの中に潮を軽く吹かしながら、私はあえぐ。


「あ”っ・・・! あああぁぁぁぁあぁぁぁ~~~~っ!!」

そして、大量の先端快楽通電棒と、乳首のやや太い通電棒と、膣内に差し込まれた太い快楽通電棒の電気の刺激によって、私は絶頂させられてしまった・・・。



「あ・・・うぁ・・・ぅ、ぁ・・・」

「瑠璃さん。快楽通電棒のロック、お願ーい」

「あいっさー」

かちりっ!!

茜さんが瑠璃さんにそう要求すると、私のお股からそんな感じのの音が生じる。


「へへぇ・・・っ?」

「ねぇ、萌子ちゃん。今のロックの音聞こえた? ・・・これは萌子ちゃんの膣内に挿入された太めの電気棒を、抜けないように機械のパンツで連結固定した音なの。

固定されたら最後。体の快楽反応がなくなるまで、萌子ちゃんは、ずーーっと、膣内に快楽電流を流し込まれ続けるのよ~。

イヤがっても、悶えても、涙を流しても関係なし! ロックされた膣内快楽通電棒が、それはもう、たーぷりと気持ちのいい電気の刺激を、萌子ちゃんの膣内に与え続けちゃうんだから!

・・・快楽落ちの運命が確定してしまったのは、どんな気分? 強制して、快楽でその身が染められてしまう感覚はどうかしら?」

しびびびびび・・・。

「えええ・・・えへ・・・へへへ・・・」


茜さんのいつものあおりを受けて、私の顔がとても嬉しそうに歪む。ここで通常の私ならイヤンイヤンと言っているのだが、毎度刺激的で素敵な快感を味わい続けてきた結果、私は無意識に今回の電気攻めも期待を抱くようになっていた・・・。

快楽落ちしていい。気持ちよくなって、どこかに飛んでいってしまいたい・・・。

私の体がそう叫ぶ。私の心もそれにはっきりと同意する。その結果、アヘアヘな良い笑顔を茜さんに見せつけてしまう。


・・・茜さんはそれを見て、少し驚いた表情になる。嬉しそうな私をしばらくじーーっと眺めた後、私の頬を両手でやさしくさわり、私の瞳に自分の瞳を映し出す。

「あら、萌子ちゃん・・・。ついに心まで快楽に支配され始めたのね? 今日の実験がかなり刺激的だったのが原因かしら? ・・・お姉さん、すごく嬉しいわ~っ!!」

「あへっ・・・あひっ・・・」

じびびびびびっ・・・。



「茜さーん。次入れますよー」

「あー、もうちょっと待ってねー。

・・・萌子ちゃん。これから私達に強制快楽落ちさせられるけど、本当にいいの? どんなにもがいても、やめてって叫んでも、股間に快楽電流をずっと流し続けて、絶対に落とすわよ?」

にへぇ・・・。

私はそれを聞いて、涙を垂らしながら勝手に笑ってしまう。それを見て茜さんは確信する。

「うん! やっぱり、それを望むようになったのね~。いいわ~。すごくいいわ~!」


茜さんは、両手で私の顔を押さえたまま、自身の顔を私の唇の直前まで近づける。

「これ、萌子ちゃんの心が、快楽要求で開通したことへのお祝いのキッス。・・・瑠璃さん、OKよー」

「はいー」

むっちゅりっ。茜さんと顔がくっつく。今回はディープキスをするつもりみたいで、私の舌に自身の舌を絡めてくる。

「んふ・・・」


ぐにーん。

それに合わせて・・・、お尻の穴が強制的に開かれた感覚がする・・・。お、お尻に、2本目の快楽電流棒が挿入される~っ・・・!

茜さんにレロレロと舌をなめられながら、私はお尻をゾクっと震わせる・・・。
・アダルトグッズの紹介
ZEUS パームパワーボックス
ZEUS パームパワーボックス







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。