▼ サイトの簡易説明

Duga

◆ 関連する記事


Duga


陰核裏スジ継続刺激機姦 2


―― 陰核裏スジ継続刺激機姦 2 ――

「それじゃあー、実験開始ー」

にこやかな表情で小型タブレットを操作する茜さん。

機械に命令を送ると、柔らかブラシが回転を始める。


しゅわわわわわわっ・・・。

「いぃぃいぃぃ~~~っっ!!」

早速、私の体は気持ちのよい快感を受けて、拘束ベルトを少しぎちぎちさせながら、悶え始める。


しゅわんしゅわんしゅわんしゅわん。

「あぁ・・・いやっ・・・いやぁ・・・やぁぁぁ!」

回転するブラシは、お股に取り付けられたV字型の器具からローションを送ってもらう機能があるみたいで、内部からローションを少しずつ出しながら、私のクリトリスの裏側をこすり続ける。

「あああぁぁあ・・・、」

思考能力の大半が一気に削がれる。

・・・それほどまでにクリトリスの裏側を大量のブラシでこすられる攻めは気持ちがよかった。


もしょもしょもしょもしょもしょ。

「ぇぇぇあぁぁぁ、あっ! ああぁっ!! ぐぁぁーーんっ!!」

大量の細いブラシの集合体がじょりじょりとクリトリスの裏側だけを磨く。とにかく磨く。

円運動のため当然なのだが、私のクリトリスの裏側は下から上に継続的にブラッシングされる。1秒たりとも攻めをゆるめてくれない。

上に離れていった分、下から追加分が回転してやってくるので、ブラッシングが途切れることがない。ほんのわずかな間も逃すことなく、きっちりと私のクリトリスの裏スジを磨き続ける。


「ええぇぇへっ、えへっ、えへっ・・・」

「まだ間もないのに、アソコから愛液を垂らしまくりね。気に入ってくれて嬉しいわ~」

「ひゃめぇぇぇ~~~、クリトリスの裏側・・・だめぇぇぇぇ~~~」

「いいでしょー、診療台に拘束されて、大きく足を広げたまま身動きがとれない状態で、クリトリスの裏側をブラシで攻められ続けちゃうの、すごくいいでしょー」

「い”ーーーーっ!! あぁぁぁぁぁ~~~んっ・・・」

「このまま放っておくと、すぐにイっちゃいそうねぇ・・・。他の準備もしなきゃ」

茜さんは少しあわてながらパタパタと移動して、何らかの道具・・・ではなく、ほ乳瓶を持ってくる。



なんだあれぇ~~・・・。中身が入ってないぞぉ~~・・・。

エッチな顔をしながら、茜さんが持ってきた空のほ乳瓶を眺める。・・・よくみると、ほ乳瓶っぽいだけで、ほ乳瓶ではなさそうだ。なんか人に液体をのませるような機械っぽい。

そんなほ乳瓶もどきを、だらしなくあいた私の口の中に、ズボっと突っ込まれる。


「んーーーーーーーっっっ!!!」

「はいはーい、これから継続して大量の潮を生成できるように、萌子ちゃんのお口の中に「潮吹きサポータードリンク」を注入するから、全部しっかり飲み干してねー。

一応、気持ち悪くなっちゃったら、指で椅子を叩いてね。すぐに中断するから。・・・でも特にそういう状態でなければ、ちゃんと飲むこと、いいわね?」

私は、ほ乳瓶を食えながらイヤそうな顔をして、コクコクとうなづく。


茜さんはそれを見てニコッと笑うと、いったんほ乳瓶から手を離し、私の枕元の裏側からディルドの付属したホースを取り出す。・・・ディルドは必要ないのか、ホースからカキンと外して、ホースだけの状態にする。

それをほ乳瓶の奥の横側に付属している穴と連結させて、ホースの途中に付属している器具のボタンを押す。

ヴーーーー。

ホースの奥から、そんな変な機械音がなると・・・、

どぽどぽどぽどぽ・・・。

薄い白色の液体が追加でどぱっとホースから排出されて、ほ乳瓶の中に追加されていく。


ごぽごぽごぽごぽ。

容器の中に入った薄い白色の液体が泡を立てる。私の口の中に一気に流れ込んでくる。

ぎゃーーーーっ!! これ、ほ乳瓶の形をしてるけど、そのまま口の中に流れてくるぅぅぅっ!!

茜さんはほ乳瓶を左手で押さえて、私の口から離れないようにしながら口の中に液体を流し込ませる。


「ぐーっと飲んじゃいなさい。ぐーーっと!」

「ん”ーーーーーっっ!!」

ごくっごくっごくっごくっごく・・・。

少し涙目になりながら、口の中に流れてくる液体を飲み込んでいく。

ヴーーーーー・・・。たぽたぽたぽたぽたぽ。

その間も、ほ乳瓶の中に白い液体が追加されていく。


しゅわしゅわしゅわしゅわしゅわ。

液体注入中でも、クリトリスの裏側は容赦なくしごかれる。

「んんんんんんんっっ・・・!!」

こくこくこく、こくこくこく。

私はとにかく必死で、流れてくる液体を飲み続ける。飲まないと大変なことになりそうなので、とにかく飲む。下半身が気持ちよくて、流し込まれる液体を飲む必要があることだけしか考えられなくなる。

ごく、ごく、ごく、ごく・・・。

注がれるペースにあわせて、私も潮吹きサポータードリンクを飲み続ける。スポーツ飲料水のような味がするが、ほとんどがそのまま飲み込んでいる状態なので、おいしく味わえない。


・・・そして、おそらく1L以上液体を強制的に飲まされた後、潮吹きサポータードリンクの注入は終了し、ほ乳瓶を口から抜かれる。

「えほっ・・・えほっ・・・」

「よーし、たっぷりと飲み込めたわねー。えらいえらい。・・・この量が飲めたのなら、これから最後まで、萌子ちゃんは潮をたっぷりと漏らすことができるようになるわー」

しゅわわわわ~~~・・・。

「へへえぇ、えへぇ、えへ、えへへ・・」

たぽんたぽんするお腹を愛おしく撫でながらほめてくれる茜さん。私は継続してクリトリスの裏側がブラシでしごかれているためか、頭がどっぷりと快楽でつかり、再び口を開けて先ほどの白い液体を少し外に垂らしながら、悶え続ける。


「あ・と・はー。ヘッドホンとアイマスクがいいわねっ!」

茜さんは再びパタパタと移動して道具箱の方に向かう。

もしょもしょもしょもしょもしょしょ~・・・。

へひぃっ!! へっひっぃぃぃぃっ!!

茜さんがいない間、私は瞳に涙をにじませてビクビクとけいれんを続ける。

ブラッシングを継続的に受けている間、クリトリスの快感はどんどん強くなっており、体がうねるように動こうとする。しかし、今回はほぼ移動不可能。ベルトがきしむだけで、私はエッチな拘束診療台からほとんど動けない。


しゅわん、しゅわん、しゅわん、しゅわん。

「ひぎぃぃぃぃっ、ひあっ、ひやっ、ひあっ!」

・・・下腹部に至っては、全くといっていいほどずれない。

大きくなったクリトリスの裏側だけに回転ブラシがクリティカルヒットし続ける。すごーくしびれて気持ちよく感じてしまう部分のため、私の体の大変弱点な位置を何十回、何百回も連打して突かれている様に感じる。


もさもさももさもさ・・・。

「あ”ああぁぁい”あ”・・・っ!! い”あ”っ! い”あ”ぁ”~~~っ!!!」

「おまたせー。ヘッドホンを装着させるわよー」

目を変な方向に向けて震えている私の顔に、装着固定型ヘッドホンを取り付ける。

ぎゅ。がちゃりっ。

固定器具を使用されて、特殊な拘束用のヘッドホンが耳から外れなくなるれなくなる。


「外の音を遮断用するためのものじゃないから、私の声は聞こえるわよー。それでね」

茜さんが言葉を一時的に遮ると、ヘッドホンから「夜の大人のエッチな幻想曲」っといった雰囲気の音楽が流れてくる。


・・・音楽を流しつつ、説明を再開する。

「今、萌子のちゃんの頭の中に、特殊な催眠音楽を流しているわ。これを聞き続けると、脳がさらに官能化して、それはもう深く深~く快感を味わうことができるようになるのよ~。

・・・しかも拘束型なので、萌子ちゃんがどんなにイヤがっても、頭の中にずーっと催眠音楽が流れ続けて、本人の意思と関係なく、どんどん脳内は官能化しちゃうのよー。んふふふふふ~」

しゅもしゅもしゅもしゅも。

「えぇぇえぇぇえぇぁああぁぁぁぁぁああぁーーーっ!?」

茜さんの説明の最中もクリトリスが磨かれ続けたせいなのか、私は急に腰が重くなると、全身がびくびくと震えだし・・・、

ぷしゃぁぁぁぁあぁぁぁぁっっ!!

勢いよく潮を吹き出す。

「えぇぇ・・・ぇ・・・う・・・ぁ・・・」

そしてそのままとても気持ちよーくなって、ガグガグブルブルと震えつつ、上を見ながら絶頂を迎える。

ひゃへーー・・・っ。
・アダルトグッズの紹介
キャスパー キューティ
キャスパー キューティ







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。