▼ サイトの簡易説明

Duga

◆ 関連する記事


Duga


クリトリスを器具攻め! 3


―― クリトリスを器具攻め! 3 ――

にゅっぽ、にゅっぽ、にゅっぽ、にゅっぽ。

「あっ、あ、あっ、やぁぁっ!」

途中、からだが大きく震えて涙がポロポロとこぼれる。

だが、吸引ポンプはお構いなしに・・・クリトリスを吸引し続ける。快感が脳裏に響く。


「もうちょっと早くしてみようかしら」

ぴっ。

ぬゅ、ぬゅ、ぬゅ、ぬゅ、ぬゅ、ぬゅ。

「あっ、あっ、あっ、ぁ、あ”っ、ぁっ」

頭の中が幸せで、軽いパニックになり始める。快感が処理できなくなる。

じゅーしーにとろけてしまい、考える力がなくなっていく・・・。お股がひくひくと震え続ける。


にゅ、にゅ、にゅ、にゅ、にゅ、にゅ。

「あ、あ、あ・・・あか、あかね、さん! あっ!」

「心配しなさんな。そのまま、気持ちよくイっちゃっていいから」

「はひぃ!」

かなりの早さでクリトリスを吸われ続ける。クリトリスの根本を摘まれて持ち上げられてから、パッと離されている感覚だ・・・。

ああああぁぁぁ・・・ああ・・・あああ・・・!


ぬゅ、ぬゅ、ぬゅ、ぬゅ、ぬゅ、ぬゅ。

「ひぃ、あ、あ、あ、いい、イく、イく、イくっ!」

落ちついた気持ちで、クリトリスから生じる快感をすべて受け入れる。涙をいっぱいうるおわせて、思考がきらきらとクリアになっていく・・・。

愛液をたっぷり垂らしている。・・・素敵な快感を、余すことなく十分に堪能する。


「これ・・・もう一段階、早くできるのよねー」

ぴっ。

きゅきゅきゅきゅきゅっ!

「あ”ーーーーーーーーーっっ!!」

一気にまぶたが開く。腰が跳ねて、ベルトのきしむ音がより一層大きくなる。

よ、余計なことぉぉぉぉ!! さっきのテンポでよかったのにぃぃぃ!!


にゅにゅにゅにゅにゅにゅっ!!

「あ”ーーーーーっっ!! あ”ーーっっ! あ”ーーっっ! あ”ーーっっ!」

首を左右に振りながら快感でもだえる。クリトリスがすごい早さで何度も引っ張られたりして、すごいことになっちゃってる。


きゅきゅきゅきゅきゅきゅきゅっ!!

「あ”ーーーーーっ! イ”ーーーーっ! イ”ぐーーーーっ!」

絶頂が始まる。自我が一時的に消失して・・・手や足の感覚を失っていく。・・・快楽の湖に体が沈む。


にゅにゅにゅにゅにゅにゅにゅにゅっ!!!

「ーーーーーーーっっ!! っ! っ!! ーーーーーーっっっ!!! ・・・・・・・っ」

そして、体をたっぷりとひくつかせながら、ぶばっと潮を吹き出す。尿回収容器に回収されていく。

あぁぁあぁぁ~~~・・・。き、きたぁぁぁ~~~。

私は涙目のまま、気持ちよすぎて動けなくなった・・・。



びくんっ、びくんっ、びくんっ、

きゅきゅきゅ! ・・・・・・。

茜さんは、吸引器具の起動とクリトリス性感帯刺激電気シートの動作を停止させる。私の体は絶頂特有のテンポで、けいれんを起こし続ける。


びくんっ、びくんっ、びくんっ、

「ぁ・・・ぁ・・・ぁ・・・ぁ・・・ぁ・・・」

ほんのわずかにかわいらしい声を漏らしながら、快感に浸り続ける。

びくんっ、びくんっ、びくんっ。

クリトリスがひくひくと動き続ける。愛液も白く染まり、どろりと溢れてくる。

途中、おしりをくいっと持ちあげられて、さっとタオルを下に敷かれる。


は・・・はふぃ~~・・・。

びくんっ・・・びくんっ・・・びくんっ。

けいれんが次第に収まっていく。

吸引ポンプもキュポンと外される。茜さんは、次の器具の準備をして待機しているみたい。



「はひーっ・・・はひーっ・・・はひーっ・・・」

体の感覚を少しずつ取り戻し、快感が復活する。

ああ・・・しあわせだったー。えへへぇーー・・・。


「さーて、続きは機姦「クリ攻め回転ブラシ」でイキましょー。」

茜さんは、ちょっと太めの電動歯ブラシのような器具を私に見せつける。・・・よーく見ると、先端は歯ブラシではなく、丸いブラシのようだ。繊細で補足で柔らかそうな毛が大量に生えている。しかも長め。

ブラシの中央の部分を、ひくつく私のクリトリスにぐさっとさす。やわらかブラシが、大きくなっているはずのお豆を全て飲み込む。


「あひっ・・・」

敏感になったクリトリスが、ブラシの中に飲み込まれて激しく震える。

「回転いくわよー」

しゅ、わわわわわーーーん。

茜さんがスイッチを入れると、ブラシが右に回転し始める。

「あぁ・・・あぁぁ・・・あぁぁぁ・・・あぁ・・・」

再び、喜びの快感が体の中を舞う。

きもちぃぃぃーーーー!! きもちぃぃぃー、きもちぃぃぃー、きもちぃぃぃーーーーー!!

思考を放棄して、クリトリスに与えられる快感を夢のように味わう。


しゅわわわわーーーん。しゅわしゅわ~。

茜さんは、クリ攻め回転ブラシをしっかりと押さえつけて、ブラシが私のクリトリスから離れないようにしている。

たくさんの繊細な毛がローションを付着させたまま、私の剥き出しのクリトリスをとてもやさしく、ぬるぬるとこすってくれる。

「あぁぁああ・・・す、すごぉぉぉいぃぃぃ・・・」

刺激的な感覚は極力抑えて、とにかく内側の快感を引きずり出してくる。・・・クリトリスがしびれる、深く、美味しく、しびれていく。


しゅわわわーーーー。

はひっ・・・はひぃっ・・・!

お股のけいれんが止まらなくなる。アソコから愛液がたっぷりどろどろに溢れてきて、こちらも止められない。タオルをじっとりと湿らせる。

「・・・ぅ・・・にゃ・・・にゃぁぁ・・・」

あまりにも快感で、私がついていけない。ハッピーにも程がある。

目からあふれる涙も止めることができず、弱々しいあえぎ声がずっと口から出続ける。体が震えて、顔が震えて、口が震える。おまたが愛おしい。

だめだ・・・! こんな気持ちいいのに攻められたら、私、すぐ絶頂しちゃう・・・。

くる・・・っ!! イ、イイッ! イくぅぅ~~ぅぅっ・・・!!


「ブラシ回転方向を変更してあげるね―」

きゅるるるる・・・ぴた。しゅわわわわーーん!!

茜さんが何かスイッチを入れると、ブラシが一度停止してから逆回転を起こす。

「ぇぇぁぁぁああっっ!!?」

火鉢を散らすような快楽の刺激が、クリトリスから伝わり脳裏を焦がす。

「あぁぁ・・・ぁぁぁあ・・・ぁぁぁっ!! あーーーっ」

絶頂のタイミング前にそんなものが送られてきたせいで、軽く絶頂しながら、さらに体が気持ちよくしびれていく。


もじょもじょもじょもじょーーー。

ちょっ、絶頂しているのにぃぃ・・・感じるぅ・・・いいい、いひぃぃぃっ・・・!!

ブラシが左に回っては、右に回って・・・左回転、右回転。・・・とにかく忙しく、私のクリトリスを飽きないように徹底して、回転攻撃を行い続ける。

そんなことしちゃダメぇぇぇぇぇぇえっっ!!!


そんな素敵な攻めをクリトリスにされちゃったものだから・・・なんだかものすごいの快感が・・・頭の中に来てしまった。

わはぁーーーーっっ!!

口を大きく開いて、幸せであることを声でおもいっきり証明すると・・・視界に星が輝きはじめ、その後、世界が神秘的な宇宙で染まっていく。


「あ”ーーーーーーーーーっっ!!!」

そして、おもいっきり潮をもらし・・・私は深~い快楽の世界に遊びに行ってしまった。




・・・。

・・・。

はへっ・・・!!?


ぎちっ!

拘束ベルトをきしませながら、私は意識を取り戻す。

・・・いや、正確には、限りなく薄くではあるが・・・意識はずっとあったかもしれない。しかしそれは不思議と、記憶にほとんど残っていない。

「あぁ・・・ぁ・・・ぁ・・・」

体がとてもとても、心地よく震えている。
今までとても深い絶頂を起こしていたことを、体が教えてくれる。

わ、私・・・すごく気持ちよかったぁぁ・・・。

目をつぶって、先ほどのすごい快楽を思い返す。が・・・だめだ。・・・なんか記憶が散り散りバラバラで曖昧すぎる。気持ちよかったのはわかるんだけど、それがどれくらい、どんな風に気持ちよかったかがわからない・・・。


「はにぇー・・・?」

そう言えば茜さんが見あたらない。どこかいっちゃったんだろうか? 拘束はずしてよー・・・。

私は動けないまま、うとうととしてくる。

ふぁーぁ・・・。う~ん・・・拘束されたままでいいやぁ~~・・・。


おやすみ~~・・・。

・アダルトグッズの紹介
キャスパー キューティ
キャスパー キューティ







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。