▼ サイトの簡易説明

Duga

◆ 関連する記事


Duga


クリトリス=リンクディルド 3


―― クリトリス=リンクディルド 3 ――

しゅっこしゅっこ、もっちょもっちょ!

しゅわん、しゅわん、しゅわん、しゅわんっ!

あ・・・ああぁぁああぁぁあぁぁぁあーーーーーーっっ!!

腰が跳ねる。背中を曲げておっぱいを大きく上に向け、肩をベッドに沈める。

おちんちんをオナホールでしごかれながら、膣内を太いディルドの強力な力でかき乱される。


ひゃ・・・ひゃはぃ・・・。ひゃはすひるぅ・・・。

がくがくがくがく。

太股の震えを止められない。自分の笑顔が戻せない。

口をふぐふぐさせて、目から涙があふれ続ける・・・。


「ふぐぅぅぅぅぅっっ!!」

嬉しかった。すごくすごく嬉しかった。何をされているのかよくわからなくなり、ただとっても嬉しいだけの状態になった。


目の奥から淫乱なピンクのハートマークが浮かぶ。

お股から勢いよく潮が吹き荒れる。

ひゃはぁ・・・あぁぁ・・・・しゅごぃぃぃ~~っ・・・!!


じゅっぽじゅっぽじゅっぽ、うぃんうぃんうぃんうぃん。

ぷしゅっ、ぷしゅっ! ぷしゅぅっ!

「一度吹いたら、2度3度ってね~。萌子ちゃんは、膣内を攻めたりGスポットを間接的に刺激すると、今のように色々と漏らしちゃうからねぇ。どーお、この攻めは、気持ちよすぎるかしら?」

「ん・・・ほ・・・ほ”・・・ぉ・・・」

ぷしゅあぁぁぁっ!

茜さんの質問に潮吹きで返答してしまう私。

「お・・・お・・・おぉ・・・?」

そして、あまりにも大きな快感を受けて、そのまま絶頂してしまう。

頭の中はとろーりと、とろけちゃって・・・心底嬉しい。


そんな私に、さらなる深い刺激的な快感が襲いかかる。

ぬっぽ、ぬっぽ、ぬっぽ、ぬっぽ。

絶頂しているというのに、まだ感じるぅぅぅぅっっ!!

「ん”あ”おぉぁ”おあ”ぉぁ”おぁ”おぁ”おあ~~~っっ!!?」

イくっ! またイくっ!! すごくイくっ! おかしくなるぐらいにイくっぅぅぅぅぅっっ!!

「ん”おぉおぉぉぉぉ・・・・」


・・・あーーー・・・。うん、もしかしたら~・・・飛んじゃうかも。


しゅわん、しゅわん、しゅわん。

しゅこしゅこしゅこしゅこしゅこ!

「お”っっっっっ、ほーーーーーーーっっ!!!」

ぞぞぞぞぞぞっ! 肌がいやらしく震え上がる。

膣内が太いディルドによっていやらしく動かされ、おちんちんはオナホールに包まれたまま、激しく前後にこすられる。

ああ・・・っ!! しあわせ、しあわせ、しあわせ、しあわせぇぇぇぇ~~~っっ!!!

「ん”お”お”ぉ”ぉ”お”ぉ”お”お”ーーーーっっ!!!」

あ”・・・う”・・・うにゃぁぁぁ~~~!!!


・・・あ。

・・・世界が優しい海の中になっちゃった・・・。

すてき・・・。




・・・はっ!!

「はひーー・・・はーーっ・・・はーー・・・」

気が付くと、私はエッチな呼吸を続けたまま、ベッドで仰向けで寝かされていた。・・・口枷はもうないみたいだ。

・・・どのくらい意識がなかったのかな・・・。そう疑問に思いながら、体を動かそうとする。

かちゃ。

・・・ん?

かちゃかちゃ。

んんっ・・・!?

手や足が動かない。今度は、手首と足首に拘束具が取り付けられているみたいだ・・・。


「はぁーい、お目覚めー? 萌子ちゃーん」

笑顔の茜さんがベッドの横から私の顔を眺めてくる。

「あ、茜さん・・・わ、私ぃ・・・」

「なーに、さっきはとても深く絶頂してただけよん。意識が飛んでいた訳じゃないから気にしなくていいのよ。・・・それとも、今つけられている拘束具のことかしら? それらは萌子ちゃんがこれから暴れないようにするための物ね」

聞きたかったことを一気に説明される。

「え、えぇ・・・っ!? そ、そんなぁ・・・。わたし、暴れちゃうんですかぁ・・・」

「場合によってはね。これから結構強力な機姦を、萌子ちゃんのおちんちんに使うからねぇ」


・・・ちらっ。

茜さんの話を聞いてから、自分に生えているおちんちんの方に目を向ける。・・・今度はオナホールよりも一回り大きい機械のような物が装着されているみたいだ。

その機械は、私の体から絶対に離したくないのか、そけい部やお尻の方に拘束固定するためのベルトがきっちりと付いており、移動できないようになっている。

・・・まだなんかするつもりだぁぁぁぁっっ!!


「今、萌子ちゃんのおちんちんに装着されているのは、機姦「強制搾精機」って言ってね。本来は、男の人から強制的に精液を根こそぎ奪い取るための器具なんだけれど・・・これをクリトリス=リンクディルド着用者に使った場合、どれほど快感が得られるのかを調査しておきたくてね~」

「そ、それ・・・まずくないですか?」

「まー体感してみてちょ」


私の軽い恐怖と笑顔に満ちた表情を無視して、茜さんはタブレットの画面をタッチする。待って・・・。

しゅわん、しゅわん、しゅわんっ!!

「あっ・・・あっ、あっ、あ~~っ・・・!!」

体内ににゅっちゅり埋め込まれた太いディルドが、回転を再開させる。

ぐぃんぐぃんぐぃんぐぃん。

あぁ・・・あぁ・・・あぁぁあぁぁぁ・・・。

頭の中で快楽が波をうつ。これだけでも余裕で絶頂してしまいそうだ・・・。そう思えるほど、膣内への力強い回転攻撃は快感であった。


「回転ディルドのバイブ機能も追加してあげるね」

ぽちっ。ーーヴッィィィィィィ!!

「ぁぁぁぁあああああああ”あ”あ”あ”あ”」

膣内全体がバイブの振動によって震え出す。何度も絶頂を起こした私の体は、大変に快感が染み渡りやすく、お股の中から体全体に、濃厚な快感がじゅわわ~~っと広がる。

膣内へ回転とバイブの同時攻撃が行われ、体も心も、とろっとろに気持ちが良くなっていく。もー何も考えられないぃ・・・。このまま放っておけば、私はすぐにでも絶頂してしまうことであろう。


しかし・・・、

「ハッピーな状態の快感の中で、強制搾精機を起動開始・・・っと」

ぐりゅりゅりゅりゅりゅりゅぅぅっ!!

強制搾精機に取り込まれた私のおちんちんは、中にあるローションを帯びた大量の柔らかいブラシで、回転運動をされながら摩擦される。

「ーーーーーっっ!!! い”や”ぁ”ーーーーーーーっっっ!!!」

ーー途端。私の体は強大な快楽によって支配されてしまう。


「おぉぉ”ぉあぁ”ぁっぁお”ぉぁぁあ”ぁぉ”おぁ”ぁぁぉ”っぉあ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁ”ぁっっ!!!」

「おおー。すごいあえぎ声ねぇ。ここまでいくと悲鳴かも・・・」

ぐりゅぐりゅぐりゅぐりゅぐりゅ~~~っ!!

ごれしゅごぉぉごぉわたじぃぃ”ごわわれるぅぅぅ”ぁうぁぁぁあ”あっっむ”りぃぃぃむり”むっり”こんなのたえられ”ええぅぅあ”けな”いにひ”ぃぎぃぃや”ぁぁあ”ぁぁ~~~~~っっ!!!

「っっ~~~~~~~~っっっ!!!」

言葉で表せないような愛の叫びを大量に発する。白い稲妻が体にズドンと落ちて。体の状態が認識できなくなる。


ぐるるるるるるるるぅぅ~~~!!

「い”や”っ! い”や”っ! き”も”ちよすぎるぅぅ!! あ”かねさん!! これ”! き”もちよ”すぎてわ”たし、お”かしぃよ”ぉぉぉぉ!!!」

「クリトリス=リンクディルドの感覚共有率レベルがすごいわね。まさかここまで、おちんちんからクリトリスにかなり正確な感度を伝えられるとはねー」

「あ”ああぁ”ぁぁぁ”あぁぁぁぁあ”ぁぁぁあ”ぁ”あ”ぁ”!!!」

がちゃがちゃがちゃがちゃがちゃ!!

手と足の拘束器具が踊る。

ぷしゃ、ぷしゃ、ぷしゃぁ、ぷしゃぁぁぁっ!!

限界までアソコから分泌液を吹き出す。


「・・・あ、ちなみにー、男性はこの器具を使われちゃうと、どんなに我慢しても5秒~10秒で強制射精させられるらしいわよ~。しかも根がつきるぐらいの大量の射精でね」

イ”ってるぅぅイ”ってるぅぅぅわだじイ”ってるのにイ”くのがと”まらなぃぃぃ”ぃぃ ひぐぅひぐっひゃへぇぇまはイく”ぅぅイっイ”イけぅぇ”ぇぇえぇぅぇけぇ”く”ぅ!!

あ”え”ぇ”ぇ”ぇ”ぇ”ぇ”っ!!!


極めて深い絶頂感が、私の体にやってくる。くねりくねりと、体のあちこちが勝手に動いて、どこもかしこも、素敵な快感で満たされる。

おっぱいが気持ちいい。手も気持ちいい。太股も気持ちいい。足の裏まで気持ちいい。

わたし、すごいよぉ・・・。全身が性感帯になっちゃってるよぉ。髪がベッドの枕でこすれることすら、すごく気持ちいいよぉぉぉ・・・。


ふにゃ~・・・。

全身の筋肉が弛緩する。すると、それに合わせて極上の快感が私の体を包み込む。


えひ・・・えふ・・・えへ・・・。

・・・ぇ・・・ぃ・・・ぇ・・・?


くぃん、くぃん、くぃん!

ヴゥゥゥゥゥゥゥ!!

ぎゅるるるるるるるっ!!

ひゃ、ひゃいこう・・・。ひゃいこうでふ・・・。あはへひゃ~・・・ん・・・。

最後にそんな風なことを意識すると、私の体はどこかにふわ~~っと浮いていってしまい、そこで私の意識はなくなった。今度は・・・確実に。




萌子の反応が弱くなったのを確認してから、茜はすぐさま機械の動作を停止させる。

萌子は、体をプルプルと震わせる。ベッドを自身の愛液と潮で満たしながら、幸せそうに口を開け、涎と涙を垂らして、目をどこかに向けている。


甘ったる~い愛の臭いをクンクンと嗅ぎながら、茜は、軽く悶え続ける萌子の愛おしい体を、じっくりと眺め続ける。

「おちんちんの体感は面白かったかな~? 萌子ちゃーん」

萌子にさらっと問いかけてみる。だが当然のように返事はない。・・・代わりに萌子のラブリーな香りだけが、自身の鼻もとに返ってくる。

「うーん、ちょっとやりすぎちゃったかしら・・・?」

流石に強制搾精機は強力すぎたかなー。っと、反省する気のない反省をしながら、茜は今日の実験の片づけを始めるのであった・・・。
・アダルトグッズの紹介
キャスパー キューティ
キャスパー キューティ







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。