▼ サイトの簡易説明

Duga

◆ 関連する記事


Duga


前後をディルドでずこずこずこ 2


―― 前後をディルドでずこずこずこ 2 ――

「ぉ・・・ぉぉぉ・・・ぉ」

ずっこずっこずっこずっこ・・・。

絶頂中も、2つのディルドは私を攻め続ける。絶頂から帰ってきら、きっとむちゃくちゃ気持ちよくなるかも・・・。

ヴィィィィ。

クリトリスにも優しい振動が伝わり続ける。私のクリトリス、溶けちゃうぐらいに気持ちよくなってる・・・。


「お、お、お・・・っ!!」

感覚が戻ってくる。おまたの熱く鈍い快感が蘇る。

腰をくねらせ、背中を曲げる。

「あらあら、乳房をそんなに魅せるように突き出しちゃって、エッチねぇ。乳首もすごく勃起しちゃってるわよ~。ほら」

くりゅっ!

「ん”お”お”おおお・・・」

茜さんに固まった乳首をほぐされる。私は、深く嬉しい気持ちになって、体を震わせる。


「乳首も攻めてあげるから、ちょっと待っててね~。よっと」

上を向いているのでよくわからないが、茜さんが何らかの器具を用意しているみたいだ。

ちゅぽっ! わしっ!

「おぅっ!」

ぽよぽよのおっぱいを鷲掴みするように、4つの部位がつかんでくる。さらに勃起した乳首に何かが吸い突く。

「左側も・・・それ!」

ちゅぽっ! わしっ!

「おおぅっ!」

左側のおっぱいも、器具によってがっしりとつかまれる。こちらも内部に吸引する器具があるみたい・・・。


「今ね、萌子ちゃんに、機姦「もみもみちゅーちゅー君」を取り付けたのよ。ホースの先端に乳房全体を掴む機械があって、その中で乳首を激しく吸い上げる機姦ね」

「んお~~っ・・・」

「早速試してみましょうか。萌子ちゃんのおっぱい、とっても攻めてほしいかのように、上に突きで出ているからね~。それ」


ぐおぉぉぉぉん。ちゅぅぅぅぅっ!!

おっぱい全体を掴んでいる器具は、電マよりやや低い振動を起こす。私のおっぱいがぶるぶると振動し始める。その状態で乳首がちゅーと吸われる。

「おあ”ーーーーーーーーーっっっ!!!」

「うおっ! すごい跳ね方ね! 乳房がとっても気持ちいいかしら?!」

「お”~~っ! ん”お”~~~っっ! あ”~~~~っっ!!」

乳首! 乳首めっちゃ吸われてるぅぅぅ~~~っ!! 振動しながら吸われちゃってるぅぅぅっ!!


どちゅっ! どちゅっ! どちゅっ! 

にょも、にょも、にょも

「お”お”お”お”お”お”お”っ!!」

機械はしっかりものすぎる。お口にもお股にも、快感状態の私にディルドを的確に動かし続ける。

「これ、結構吸い突きが強いのよねー」

茜さんがおっぱいにつながっているケーブルの一つをぐいーっとひっぱる。私の左のおっぱいが、ぶるぶると振動を続けながら、ぐにーんっと引っ張られる。乳首の吸引は変わらず行われて・・・あれ・・・視界が、真っ白に・・・


ちゅー、ちゅー。ブブブブブ・・・

びくびくびくびくびく!

乳首の素晴らしい快感がどっぷりと体の中に流れ込み、体が、濃厚な快感で満たされる。

乳首が気持ちいいっ!! お股もだめぇぇっ!!

ああ、これ、すごくイクっ! まって!! ああっっ!! うあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああ~~~~っっっ!!!

目がぐるんと上を向く。抜き差しされるディルドの合間からとろーり、とろりと愛液を出す。

下のお口が何度もディルドでこすられることによって、ひくひく、ひくひくと嬉しそうに動き続ける。

どちゅ、どちゅ、どちゅ、どちゅ、どちゅ

「~~~~~~~っっ!!!」

私は、今そこで攻められていた自分から、白く淡い快感な自分に変身して、快楽をおいしく味わった。




「おちんちんを加えたまま、淫乱な笑顔で涙を流す萌子ちゃんも素敵ねぇ」

天井から私の顔をじっくりと見つめる茜さん。視界が反転しているのが原因だ。

「乳房もこんなにぷるんぷるん震えちゃって・・・。萌子ちゃんの濃厚な快感が、私にも伝わってくるわね・・・」

絶頂後、私は何度も腰を振り、おっぱいを上下に震わせる。器具とホースを前後に振りながら、愛らしく悶え続ける。


「太股の痙攣もなかなかだわ~。性器とつながっちゃったディルドの棒の運動がたまらく快感なんでしょうね」

がくがくがく。太股は激しく震え、お股もそれにあわせてびくびくと痙攣し続けている。なんか体が勝手にすごく動いているけれど、私はとっても幸せでよくわからない。

「お腹のひくひくもいいわね~」

「んお? ・・・お・・・お”・・・お”お”っ・・・ん”お”ーーーーーーーっっっ!!!」

「あら、また絶頂しちゃったわね。今度は短期間で」

「んぉぉぉぉ・・・っ」


瞳の奥にエッチなハートマークを浮かべ、私は快感に酔いしれる。特に胸とお股が気持ちよすぎて、絶頂せずにはいられない。

お口の中で、ずこずこしているディルドも役割をこなす。これが私の体にいやらしいことをしているぞ! とはっきりと私に認識させる。お口にも、体にも、心にも・・・私の全てに、淫乱な行為をしていることを訴えかけて、脳をイヤでも発情させる。私・・・すごく、エッチだよぉぉぉ・・・っ!!

「今日は、めずらしく潮を吹かないのねー」

「ぉ・・・ぉ・・・」

「こんなに気持ちよく攻められているのに、吹かないのはちょっともったいないわねー。どれ」

ぺたりっ。

お股をさすられる。そして、ぐっぐっぐっぐっ、と3つの指で、お股の上を強くテンポよく指圧される。

「んおっ、んおっ、んお”っ、ん”お”お”っ!!」

そんなことしちゃだめぇぇぇえっ!!

首を横に振ろうとするが、口に食わえているディルドにじゃまされて思うように動かない。最も、振ったところで気がついてもらえると思えないが。


ぐに、ぐに、ぐに、ぐに。

どちゅ、どちゅ、どちゅ、どちゅ

ヴィィィィィィ・・・。

ちゅぅぅぅぅぅっ

茜さんのお股への指圧と、アソコに挿入されるディルドと、クリトリスに固定されたローターの振動が、私をさらなる快楽の世界に導く。

茜さんに指圧された部分がどんどん熱くなる。熱く、苦しく、何かがたまって、窮屈になって・・・。

「ほらほら、萌子ちゃん。遠慮せず、いつも通りぷしゃーっと出しちゃっていいのよ。ぷしゃーーっとね」

「おぅ、おぅ、おぅぅ・・・」


お股があたたか~い快感で満たされていく。体から何かを放出したくなるような要求に駆り立てられ、お股がよくわからない存在に変化していく。

くにくに、くにくに。

熱い、出しちゃいたい。気持ちいい。おかしいっ! だめ、だめだめだめだめだめだめだめっ! だめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっっ!! あ”~~~~~~~~~~~~っっ!!!

ぴくっ。・・・ぷしゃぁぁぁぁぁぁぁぁっっ!!!

あああああああああっっ!! 出てる。出てるぅ! 出ちゃってるぅぅぅっ!!

じゅわわっ! ・・・?!

あ・・・すごい・・・。すごく綺麗でクリアで美しい輝いた世界・・・? 

なんて気持ちよさ。とても言葉では言い表せないような快感・・・。ああ・・・私・・・しあわせだぁぁぁ・・・。

あ~・・・・・・・。


ぴゅー、ぴゅー、ぴゅー

「綺麗で透明な潮を大量に出しちゃってるわよー。萌子ちゃん。・・・あら? 萌子ちゃーん、萌子ちゃーーん」

茜さんが次に私に呼びかけた時には、私に反応はなく、私は心の奥底にある、白く素敵な暖かい海の中で、幸せな気持ちで、ふわふわと浮かんでいた。


「こんなに痙攣しちゃって・・・。すごく快感だったみたい、ね。萌子ちゃん」

ちゅっ。




ふわわ~。

意識があるような・・・ないような・・・。


ずぼっ。

口からディルドが引き抜かれる。ぷるんと離れたディルドに、私の唾液がたらーんと糸を引く。

ぐいいっ。

頭の位置も戻される。そのまましばらく放置される。


「・・・あっ・・・」

いつしか幻想は取り払われ、自分が機械にエッチされていたことを目で見て認識する。

うわぁっ・・・

わたしのおっぱいは器具によって掴まれて、2本のホースが取り付けられており、私のお股には長いディルドが差し込まれたままの状態だった。こんなエッチなことされていたのかぁ・・・。


茜さんは知覚が戻った私を確認してから、胸の器具を取り外す。

ぐぐぐっ・・・ぐぃぃ・・・ちゅぽーんっ。ばいーん。

左のおっぱいが引っ張られて伸ばされた後、器具が外される。

「あひっ!」

抜けたときの衝動で乳首が震えて気持ちいい。

ちゅぽーんっ!

「ああっ!」

右のおっぱいもじーんと心地よい感覚が残る。

「下も抜いちゃうわね」

にゅるるるるっ・・・くぽぉ・・・。

「ふあぁっ!!」

膣内からディルドが抜き出される。私の中はもうゆるゆるで、いとも簡単にディルドは抜くことができた。

だが、最後の抜けた瞬間、しびれる快感がお股を襲い、びくっと体が跳ねる。

ディルドは私の愛液をたっぷりと浴びせたために、透明な色からやや白くなり、ほっかほかに蒸れた状態で、ぷるんと抜き出される。


その後で、クリトリスローターのテープがぺりぺりと外さる、ローターを外された後は、手と足の拘束の解除。手首と足首を押さえるところがなくなり、地面にある器具からすぽっと抜くことができるようになった。

「お疲れさま~。はい、これタオル。お股をよーく拭いてから、パンツを履いてね」

「はぃ・・・」

私はボーとしながら、茜さんから渡された白いタオルでお股を念入りに拭いていく。お股からは、実験が終わっても
まだまだ愛液とローションが混じった液体がぬるりとこぼれ出してきたので、それを何度もタオルで拭き取る。

量こそ減るものの、膣内から愛液が継続して漏れ出すので、別に渡された小さなタオルをアソコに当てて、そのままタオルごとパンツの中に入れて、パンツを履く。ついでにブラジャーも取り付ける。


「ふぁっ・・・」

ひくん。ひくん。

下着を着た際、気持ちのいい感覚が再び訪れる。

お股がいい感じに暖かくなり、とろっと愛液がこぼれてタオルの中に染み込む。先ほどまで振動していたおっぱいも、ブラジャーに優しく包まれて、うっすらと心地よい。

膣内ではディルドが抜き差しされていた感覚が蘇る。

「う、うへっ・・・」

内股になって自分のパンツを優しく撫でる。タオルがお股にふんわりとぶつかり、いい気持ち。


下着を着て、浴衣を着込む。

「それじゃあ、また後でね、萌子ちゃん」

「はーい。それでは、失礼しましたぁー」

「うむ、またよろしく頼むぞ。萌子君」

私はぽっかぽかの良い笑顔で、ひらひらと手を振る。内股の状態で少しふらふらとしながら歩き、実験室の出口に向かう。


ああ・・・とっても気持ちよかったぁ・・・。

お股をきゅんとさせ、パンツの中のタオルに、ゆっくりと愛液を染み込ませて幸せな気分になりながら、私はその場を後にした。
・アダルトグッズの紹介
みちのくディルドJr
みちのくディルドJr







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。