▼ サイトの簡易説明

Duga

◆ 関連する記事


Duga


性欲処理トイレ 1


―― 性欲処理トイレ 1 ――

十数分前。自分の部屋。

「茜さ~ん。ねぇねぇ、茜さ~ん」

下着姿の私は、メイドの茜さんを、さわったり抱きついたりする。

今日の私は発情中! 私は月に1、2回、こんな状態がありまして、とてもエッチしたい気分なのだ。おっぱいもみもみしてー。クリトリスくりくりしてぇー。ねぇー茜さーん。

しかし茜さんは、私に釣られない。いつもなら向こうからこちらに襲いかかってくるレベルなのだが・・・。


「ごめんねー、萌子ちゃん。私、今日の夜、別の用事があるのよー。また今度ねー」

「えええーーっ!!」

そ、そんなぁっ! 茜さんにラブラブエッチされること、すごーーく期待していたのにぃ!

「私だって萌子ちゃんとエッチしたいのよー。でも今日の予定はどうしてもはずせないから・・・」

頭をなでなでされる。

・・・ううーん。しかし、困ったぞ。桜は今日は実験日だし、オナニーするにはもったいない感度だし、私は今日実験ないし・・・。


「ねぇ、萌子ちゃん」

「はい?」

「もし、すごくエッチなことしたい気分なら、地下1Fの性欲処理トイレルームを使ってみない? あの部屋、1人でも多くの被験者のデータを欲しがっていたから、使ってみてもらえると嬉しいのだけれど・・・」

「性欲・・・処理ですか」

「そう。発情中の萌子ちゃんにはちょうどいいと思うわ。どうかしら?」

「・・・オススメですか?」

「意外と良いものよ~」

「そ、それなら・・・」




と、いうわけで、現在私は、私服を着たまま、地下一階の性欲処理トイレの部屋の前に来ている。

扉の横には、女性のトイレ用のマークと、「女性専用 快楽トイレ」と書かれたラベルが貼られている。

扉のドアの部分にさっと手をかざす。ぷしゅーっと、扉が開く。私は中に入り込む。


室内を眺める。・・・少し広いが、至って普通のトイレに見える。

「女性専用快楽トイレへようこそ。初回の方ですね。使用方法をサポートいたしますか?」

びくっ! 

急に、やさしい女性と機械の音声が混ざった合成ボイスが部屋から流れたので、ちょっとだけ驚く。

「は、はい」

「承知しました。では、まずパンツを脱いで、洗面所の隣にある下着入れに入れてから、トイレの上にお座りください」

「あ、はいっ・・・」


私の同意を聞き取り、機械音声は次にすべきことを教えてくれる。これが普通の人の声だったら、誰かがこっそりみながら話しているのか!? と不安になってしまうが、機械の場合だと無人な為、そういう考えには至らない。

機械の指示に従う。洗面台の隣にあるカゴに浴衣を脱いでから入れた後、自分のパンツをするする~っと脱いで、ぽふっと、浴衣の上に乗せる。

下だけ何も履いていない状態で、トイレの上に座る。ここから機械によって性欲処理をされてしまうのかと考えると、ちょっとドキドキする。


「対象を認識しました。被験者用カチューシャ、首輪、共にリンクを開始。快楽トイレ、準備完了。・・・一応、拘束プレイも可能ですが、いかが致しますか?」

・・・なんかいきなり、SMプレイを要求されたぞ・・・。

「う、うーん」

「イ90さん。現在の貴方の発情度と快感度数ですと、拘束プレイからの性欲処理をオススメします。選択に困るようでしたら、イ90さんが最後まで性欲処理できるように、こちらですべてできる、「おまかせモード」をご用意できますが、いかがでしょうか?」

「じゃ、じゃあそれで・・・」

「承知しました。それではお楽しみください!」


ウィーーン、じゃこん。

機械の音声が終了するのと同時に、私のトイレに乗せてある太股が、下から回転するようにでてきた黒色の器具で、がちっと固定される。

ウィン。がちこんっ!

さらに、壁の後ろからアームのようなものが出てきて、それが私の腕を押さえ込んで、少し後ろに引っ張る。肘が上に持ち上がり、お股を触ることができなくなる。

うひっ・・・。


「もし、途中で中断したい場合は、必ず「中断して!」とお話ください。「やめて」や「ダメ」等のボイスはでは中断しませんので、予めご理解くださいませ。それでは動作を開始します」

・・・ど、どう攻められちゃうんだろう。わくわく。

興奮しながらも、私は自分のやわからそうな恥丘を眺め続ける。




ニュイーーン

トイレの下から、銀色の光沢を放つ機械の触手が洗われる。先端からローションらしきものを垂らしており、それがそのまま私のアソコに向かって伸びてくる。

にゅちゃりっ。

「あっ・・・」

にゅにゅ、にゅるるるっ・・・

銀色の触手は私のアソコにぶつかって位置を調整すると、そのままどんどん伸び続けて、私の膣内に優しく入り込んでくる。


にゅちゅりっ、にちゅりっ。

引き締まる膣壁を、いやらしー音を立てながら払いのけて、置くまで進入してくる

「あぁぁぁぁ・・・」

にゅっ!

「あんっ」

そして、膣内の最深部まで入り込んだ後、触手は動きを止める。


「ぁぁぁ・・・。はぁ、はぁ、はぁ・・・」

自分のおまたの下側の部分が、にちにちと小さな音を立てながら、トイレから触手と連結している。

太股はトイレの拘束器具で動かすことができず、手もお股の部分には届かない。これから、拘束された状態で、トイレの下から出てきたメカ触手に、私のアソコの中をいやらしいことされちゃう・・・。えへへへへぇ・・・っ。

今日の私は発情中なので、結構エッチなことをされても全然気にしていない。それどころか、興奮して嬉しい。さぁ、早く。私のアソコをっ!


にっちゅ・・・ぬっちゅ・・・にっちゅ・・・

ききき、きたぁ~~~っ!

私の膣内を、触手はこすり始める。触手は見た目の割に、意外と柔らかく、とても気持ちの良い感覚で私の膣内を摩擦する。

にゅっちゅ、にゅっちゅ、ぬちゅ~り、ぬちゅ~り

「いぃぃぃぃぃ・・・」

肘を曲げて手をおっぱいに乗せて、あ~~~っ・・・といった感じのいい笑顔になって、体を曲げていく。

膣内が優しく丁寧に動かされる。私のことをよーく考慮した攻め方。

いい。体内が気持ちいい。圧迫感も素敵だが、この動かし方もなかなか。こすこすされて、淡く気持ち良い感覚が腰から背中を通じて、頭に伝わる。

また、定期的に触手の先端から暖かいローションが膣内に注入されるため、挿入の動作がスムーズに進む。


「ぁ・・・ぁ・・・ぁ」

おまたに触手が通ってる・・・。私の体内を優しく拡張してくれる。気持ちいい・・・。なんだかとってもいい気分・・・。

徐々に徐々に、私の顔は赤みを帯びてきて、笑顔がよりはっきりと明確に作り出される。お股の中がこすられることがかなり嬉しく、体をひくつかせながら喜びを得る。

「あわっ・・・気持ちいい。これ、すごく気持ち良い」

ぬっこぬっこ、ぬっちゅ、ぬっっちゅ。

「ふあああぁぁぁぁっ・・・」

ひくん、ひくん、ひくん。

気持ちよさに合わせて、体も一緒に振動する。

膣内が美味しい密の味。特に触手が体内に入ってきて膣壁が押されて圧迫されるときと、触手の裏側にあるひっかかる段差が膣壁をやさしく拡張しながら抜かれるとき・・・。まぁ出し入れしている時のすべてが気持ち良い。


「あぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁぁ・・・」

おいし~い。アソコの中が暖かい状態でこすられるのがとってもいい気分。手もふるえて、背中が曲がって、体が暖かくてぽっかぽか。それでいてじんわりと甘く素敵な快感。

にゃぁぁ~~。

だらーんとした姿勢になり、体内を触手に突かれ続ける。

少しだけ快感がなくなり落ち着くと、一気に快感が押し寄せてとろとろにさせられちゃって、呼吸が少し落ち着いてきた後、口を開けてあえぎ声がただ漏れになってしまうほどの快感を感じて・・・。ちょっと快感が抜けては、一気に持ち上がるような、そんな波上のリズムで、私の快感はどんどん体に蓄積されていく・・・。


「あ~~っ・・・あ~~っ・・・ああ~~っ!」

そのうち、お股の中がたまらな~い心地よさで満たされて、お股にあった密は体の中にそそぎ込まれる。ぬっとりしておいし~い感触が体のあちこちで感じるようになり、私はどんどん嬉しくなる。

ぬっちゅ、ぬっちゅ、ぬっちゅ。

「あーーーっ!! あ”ーーーっ!! すごくいぃーーーっ!!」

ほあああっ! やっぱり膣内攻めはたまらなーい!! シンプルだけれどぉ、これも大好きというかぁ、体内から広がる素敵な快感が気持ち良いというかぁ・・・


ぬゅっちゅ、ぬっちゅ、ぬちゅぬちゅぬちゅぬちゅ!

あ~~っ!! いはぁ~~~っ!! いくぅぅぅっ~~~!!

私の絶頂の訪れをトイレは測定したみたいで、触手の出し抜きが拘束になる。

「あっ! あっ! あっ! あっ! あっ!」

顔を上に向けて、どすどすと突かれ続ける膣内にどんどん快感をため込んでいき・・・、


「あ~~~~~~っっ!! ・・・ぁ・・・ぁ・・・」

最後に体内にため込んだ快感が爆発して、自分の理性が吹っ飛ぶと、そのまま幸せな気持ちで絶頂に達した。
・アダルトグッズの紹介
ブラン・シークレット(スタンダード)
ブラン・シークレット(スタンダード)







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。