▼ サイトの簡易説明

Duga

◆ 関連する記事


Duga


エッチな女性たちに囲まれて 2


―― エッチな女性たちに囲まれて 2 ――

びくんっ! びくんっ! びくんっ!

あへ・・・あへ・・・。

みんなにエッチなことされるから、私、イっちゃったよぉ・・・。


「このまま攻めを続けるんですか?」

「・・・。挿入抜きっていうのはちょっと物足りないわよねぇ」

「どうせここまで来ちゃいましたし、せっかくだから、ディルドを入れて萌子をもっと気持ちよくさせてあげましょうよっ!」

「そうねー。1人は挿入でいきましょうか!」

「もえちゃんのおしりは、どーしますかー?」

「それがねー。今日は洗浄してないのよー。今から綺麗にするにしては時間がかかるからお尻はダメねー」

「そーでしたかー。ペニスバンドの個数はー?」

「1個しかないわー。もともと2人で軽いエッチしかする予定なかったわけだし・・・」

「ひ、ひとつ・・・ですか」

「はーい! わたし、萌子ちゃんのあそこを犯したいです・・・」

「瑠璃さん、美鈴さんは?」

「私は別にどちらでもー」

「私は、残っているとこで構いませんよ」

「んーー。よしっ! これからの予定だけれどね、桜ちゃんはセックス。私と瑠璃さんは萌子ちゃんのおっぱいを吸いましょう。美鈴さんは、パンツを脱いで、お股を萌子ちゃんの鼻もとに密着させてみてね」


「はひ・・・はひ・・・」

私が絶頂中に、た、楽しそうな会話をしていますね・・・。




私が甘い吐息をもらし続ける中、ずるずると足を引っ張られてひきずられ、ベッドの中心でねている状態にされる。

そこから、ディルドを股間につけた桜が私のランジェリーを脱がせた後、太股の根本をつかんでもちあげることで、少しだけ私の腰を宙に浮かせる。そうしてから、自身の腰をゆっくり前につきだし、ローションで塗れたディルドをにちゃりと、私のアソコのお口に加えさせる。

「もえこ、いっくよぉ~」

「ひぃっ・・・」

にゅるるるるる。

ゆっくりとやさしく、ディルドを膣内に挿入される。ディルドが体内に入ってくると、おまたにきゅっと力が入り、ディルドを膣壁で軽く締め付ける。それと同時に、力が入ると私のおまたがじんわりと気持ちのよい感覚になる。


にゅーーーっ・・・どす。

「あ・・・ぁ・・・あ”っ!!」

「一番奥まで挿入できました!」

「よーし、それじゃー瑠璃さん」

「あいっさー」

ぱくっ!

2人は同時に、私の乳首を乳輪ごと口に加える。


ちゅっぱちゅっぱ。ちゅ~~っ!! ぺろぺろぺろぺろ。

「ひゅぐわぁーーーーっ!! にょわわわっ・・・」

茜さんは右手、瑠璃さんは左手でそれぞれ私のおっぱいを揉みながら、乳首を吸い続ける。この2人の攻め方はとても上手で、乳首をすごく気持ちよくさせられてしまう。


「もえこ、どお、中が気持ちいい? 」

ずずずずずっ! どちゅっ! ずずずー、どちゅっ!!

「あ”あ~~~っっ!! あ”ふぅ~~~・・・っ!!」

桜が腰を振り、私の体内にディルドが抜き差しされる。甘くしびれる鈍い快感が股間全体にゆっくりと満たされていく。

ちゅぱちゅぱ~! どちゅっ! どちゅっ!

「ああっ・・・! ああっ・・・! いっ、いっ、あっ!!」

涙がわいてくる。視界がうるおい、よく見えなくなっていく。あまずっぱくておいしい快感が体の中を走る。

おっぱいを吸われながら、おちんちんで突かれちゃうと、私、わたひっ!! きもちぃぃぃぃぃっっ!!! いいいーーーーっっ!!!


びりりっ! 背中が大きく曲がる。

あまりの気持ちよさに、腰が震える。お股が震える。下腹部が熱くなりしびれる快感を体全体にまき散らす。だめにゃぁぁぁ・・・。ひもひっぃぃぃぃっ!! ひぁぁぁぁっっ・・・!!


「えーと、私は萌子さんの顔に、お股を乗せればいいんですよね」

なめらかな太股とまるいお股がにじんだ視界に映る。

「こ、こうでしょうか・・・?」

ぽふっ!

「ん、ん、ん・・・ん”~~~~~~っっ!!」

「おわわわわっ!」

私の顔が美鈴さんのお股で埋められてしまう。美鈴さんは太股をうまい感じに曲げて私に負担がかからないように配慮しながら、股間を執拗に私の顔に密着させる。

下のお口を桜のディルドでずっこんばっこんと突かれながら、美鈴さんのアソコの味を強制で嗅がされる。

「んんんんんっ・・・!? ん”っ!!」

臭いは比較的無臭。エッチな成分が私の鼻の中を伝わり、脳裏に響く。

あ”っ・・・これは”・・・すごい”っ・・・。


涙が一気にあふれる。

おっぱいをちゅぱちゅぱと吸われて、すごい快感のまま、私は何をされているのかよくわからなくなって、そのまま絶頂する。

気持ちいい・・・白いよぉ・・・おまたぁ~・・・

「ふふふふぅふぅぅぅ・・・っ」

「萌子、イっちゃいましたけど、どうしましょうか?」

「ぷはっ。萌子ちゃんが絶頂したらちょっとだけ攻めるのを止めて、また悶え始めたら腰を動かしてね。さー、このまま萌子ちゃんが落ちるまでやっちゃうわよーっ、みんなー!」

「んーっ!」

「はいっ!」

「がんばりますっ!」


「んん~~~・・・っ」

絶頂からから帰ってくると、美鈴さんにお股を押しつけられたままで、すごくエッチなことをしていると再認識する。すると、なんだかトロピカルなほどに、頭の中の快感が素敵になる。

どちゅっ! どちゅっ! どちゅっ!

「ん”っ! ん”っ! ん”っ!」

体内から重くあふれる快感も、熱くて気持ちよくて、もー止められない。とってもとってもいい気分だぁぁ・・・。

さらには、茜さんが左手を伸ばし、クリトリスを指でなでる。瑠璃さんが右手を伸ばし、私の下に潜り込ませると、そこから仙骨をやさしくトントンと押し始める。

「ん”ひっ! ん”ひっ! ん”ひぃっ!」

クリトリスを皮の上からくりくりとされている最中、桜のペニスバンドが茜さんの手にぶつかり、何度も押される。私のクリトリスはいじられながら押し出し攻撃を受けて、激しくしびれる快感がクリトリスの周りから体内を伝わって、体が激しくけいれんする。


あ”ぁぁぁぁっ!! いぐっ! いぐぅぅぅっ!!

とろーんと顔がエロエロになり、お股が上に乗って結構来るしい中、私はまたも絶頂を迎える。


・・・。

・・・ぁ・・・ぁ・・・あっ。

ずんっ! ずんっ! ずんっ! ずんっ! ずんっ!

・・・!! うぁぁぁぁっっ・・・。

もみもみちゅーちゅー。くりくり、さわさわ。

んひっぃぃぃぃっっ!! むりぃぃぃっっ!! むりぃぃぃぃっっ!!

絶頂から帰ってきた時にあわせて、攻めが再会される。いやんいやんと首を横に振るが美鈴さんの太股に挟まれて動かせない。

もっちゅり。

その状態でやわらかーい美鈴さんのお股を押し当てられる。

「んっふっぅぅぅぅぅっっ!!」

エッチでエッチですごくエッチで、とっても気持ちよくて、そのまま即座に連続絶頂させられる。


ぁ・・・ぁ・・・っ

なんだか眠くなってうとうとする気分に近い。

快楽に酔いしれて、べろんべろんになっていく。それでもなお私は、美鈴さんのお股の臭いを吸わされる。


どちゅっ! どちゅっ! ずちゅりっ、ずちゅーりっ。

ちゅー、ちゅー、もみもみもみ!

あ~~~・・・・・っ

おまたイイっ!! お股最高! おまたさいこお~~~~っ!

どうしようもないぐらいの素敵な快感が下半身全てを満たしてしまう。

ぷしゅっ! ぷしゅっ!

そうなるともう止まらない。謎の液体が体から勝手に放出される。すると、快感がより深層に突き進み、私の意識は欠けていき、その中の中心部で、激しく素晴らしい快感を生み出す。


白い。白い・・・。まーっしろ。

お股が顔に触れていることも、おっぱいを吸われていることも、ディルドで膣内を突かれていることも・・・。どれもこれもよくわからなくなる。

ただ、1つはっきりとわかることがある。

私、とーっても幸せだ。この気持ちよさが体中を埋め尽くして、すごく、すごく、嬉しいんだ・・・。


ずっちゅ、ずっちゅ、ずっちゅ・・・。

ちゅっぱ、ちゅっぱ、ちゅっぱ・・・。


びびくんっ!!

あ”っ・・・・・・っ・・・

そんな白くて幸せな世界の中で気持ちよくなって、ふわふわとしていると、限界を超えた快楽が、一瞬、体内を欠け巡る。

・・・っ・・・ぁ・・・

白い世界がガラスのように崩れさっていく。


あーーーー・・・。

・・・私の体は世界の崩壊と共に散り散りバラバラとなり、そして、消え去った。




「寝ちゃったねー」

「寝ちゃったわねー」

4人は、すごーくいい顔をして、愛らしい太股の中央・・・、股間から愛液をとろーりと漏らして眠っている裸の萌子を眺め続けている。


「あっ、私、明日早いので、今日はこの辺で失礼します!」

「あ、はいはい。お疲れさまー」

美鈴はタオルで自身の股間を吹いた後、服を着替えて部屋を出ていく。


「わ、私も十分に楽しめましたし、これで・・・」

桜も美鈴に合わせて帰る準備をしようとする。が、瑠璃と茜に腕を捕まれて、動くことができなかった。

「へっ・・・?」

「ねー、瑠璃さん、足りてる?」

「いやー、メインに立てなかったせいか、もうちょっと欲しいですねぇー」

「私もよー」

えっ・・・欲しいって・・・なにが?

桜は戸惑う。が、すぐになにを意味しているのか、気がつく。


「わわ、私は萌子みたいな美少女でもなければ、おいしくもないですよぉ!?」

「そーかしら? 桜ちゃんも結構美味しいと思うわよー。そう謙遜しなさるな」

ぐいっ。

「ひぃぃぃっ!!」

「桜ちゃん、私はー桜ちゃんと初めてなのでーよろしくお願いしますー」

「いきなり瑠璃さんだと緊張しちゃうから、まずは私が桜ちゃんを気持ちよくしてあげるわね」

・・・さわりっ。なでなでなで!

「もぎゃぁぁーーーっ!!」


そうして女性がもう一人、いやらしいアヘ顔のまま、萌子の隣にぼふっと倒れて、深い眠りに落ちるのであった。
・アダルトグッズの紹介
お買い得コンドーム 144個入り
お買い得コンドーム 144個入り







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。