▼ サイトの簡易説明

Duga

◆ 関連する記事


Duga


クリトリス機姦で予約絶頂 3


―― クリトリス機姦で予約絶頂 3 ――

「や”ーーーーーっ!! ん”あーーーーーっっ!!」

もうどれくらい経ったのだろうか・・・。

ヴィーーーーーーン!

クリトリスに密着した超小型ローターの攻めは終わらない。


「うぅぅぅぅ・・・あぁぁぁぁぁ・・・」

ねっとりどろどろした、より濃厚で深い味わいのある快感が、私の頭の中にとろーりと流し込まれる。

さっきは、おいしい牛乳程度の快感であったが、今度はイケナイ密のお味。

「うあっ・・・やぁっ・・・うあぁっ・・・」

それが頭の中に溜まり始める。私が頭を横に振っても、腰をびくびくと痙攣させても、足をばたばたと動かしても、私の下半身の中心が振動し続ける限り、卑猥な甘いお密が頭の中に流され続ける。


「だめっ・・・! それっ・・・! だめぇぇっ・・・!! あーーーっ・・・!!」

淫乱な密が溜まり始めると、私は次第に元の自分でなくなっていく。常識のあるまじめな私は、手かせと足かせをつけられて、その淫乱な密に漬けられる。

どんどんと中に密がしみこんでいく。止められない。

へあっ・・・あぁっ・・・おいひぃぃ・・・おいひぃぃぃ・・・

だめとわかっていてもその密の味を堪能してしまう。

私はその時から元の私ではなくなり、スケベでエッチなエロエロ萌子に切り替わってしまう。


ブゥゥゥゥィィィィィィィィっ!!

ごいんっと、お星様が軽く私にぶつかる。

すると、体からぶばっと潮が吹き出て、クリアで輝かしい水が視界を埋め尽くす。

クリ・・・っ、クリトリスがぁ~・・・っ。

「い、いいいいいい、いくぅぅぅぅぅ~~~~~っっ!!」

そして、密が頭の中の大半を埋め尽くすと、その淫乱な甘さが体にどっぷりとしみこむ。もう戻せない。

「えへっ・・・えへっ・・・えへぇっ・・・」


私はとろんとした顔で、再び絶頂する。


・・・。

ヴゥゥゥゥゥゥゥ

こんなにも、きもちぃぃのにぃぃぃ、まだまだ振動が続くよぉ・・・。クリトリスが暖かくて、とろけちゃってるよぉ・・・ふにゃぁぁぁ・・・。


あーーんっ!! ああーーーーんっっ!!

ひくひくひくひく、

とろとろとろとろ。

アソコもまた、淫乱漬けされる私を祝福するかのように、たくさん愛液を生成する。

私の股間全体を愛液でべっちょりと汚していく。

オムツが蒸れてさっきよりも濃厚な淫乱臭が、太股からこっそり漏れ出す。


とぽとぽ、とぽとぽ。とろーりぽたぽた。

頭の中の淫乱な密の投与は、まだまだ続く。

えへっ・・・えへへっ・・・

ついに頭の中は、エッチなお密で満タンになる。

ヴィィィィィィ・・・

クリトリスには、お密の生産工場があるみたいで、それが体内のホースを辿って、頭の上に黄色い液体を垂らすことができるようになっている。

今もなお、黄色い液体は私の脳内グラスにそそぎ込み続け、密はどろりと周辺に漏れ始める。


・・・・・・・っっ!!

瞳孔を小さくして小刻みにプルプル震えながら、愛液を垂らし続ける。体の制御が聞かない。なんか私すごいことになっちゃうっ!


がくがくがくがくっ!!

人の体はこれほど小刻みに動かせるのかと思うぐらいに、激しく腰をふるわせる。

いいいいぃぃぃぃぃぃっっ・・・!!!

「・・・っ! ・・・っ!!」

~~~~~っっ!!

甘くとろけながら5回目の絶頂。


絶頂すると、一端密が体の外に、ある程度とぽとぽと排出される。

しかし、体内のクリトリスホースから、どっぷんどっぷんと送られくる密を止めない限り、解決にならない。そして止めるすべはない。


どくっ、どくっ、どくっ、どくっ

頭の中に淫乱な密がたっぷりとそそぎ込まれる。

もう容器は限界。密がこぼれる。こぼれ続ける。

体がガタガタと震え出す。


「ぬるひゃーーーーっっ!!」

意味不明な声を漏らすと、急に私は起きあがる。

密が大量に漏れだして、ついに頭まで、私の意志を背く。

「まーくらぁぁっ!! にゃっはぁぁぁぁっっ!! あん、あん、あん、あん、あん、あーんっ!!!」

おまたをベルト拘束されたオムツ姿の私は、ぴょーんと抱き枕にしがみつき、高速で腰を振り、おまたを徹してオムツ毎枕にこすり続ける。


「に”ゃはっ! これっ! いいっ!! いいっ!! いいいっ!!」

しゅりしゅりしゅりしゅりっ!!

目が上に向いてしまい視界は全く見えない状態だというのに、おまたを擦る腰ふり運動は非常に的確で、快感を股間に与え続ける。

ヴゥンヴゥンヴゥンヴゥン。

クリトリスハッピーの振動が抱き枕に埋もれて、波を打つようにして音を鳴らす。

ぬちゅ、ぬちゅ、ぬちゅっ!

おむつの中は愛液で大変ぬるぬるしており、イヤらしい音を出していることが、体に伝わる。


「い”いっ! い”いっ! す”ごくい”ぃぃっ!! わだしぃぃっ! だめにっ!! いや”ぁ”っ!! だめになっちゃぇぇぇーーーっ!!」

すりすりっ! こすこすっ! しゅわしゅわっ! もしゅもしゅっ!!

激しく擦り続ける。アソコがむちゃくちゃきもちいい。声も気にせず、言いたいことをすべて本能に任せて叫ぶ。


瞳にハートを浮かべて暴れる。もしこの抱き枕がおちんちんであったら、根こそぎ精液を搾り取ってしまうかのような高速の腰ふりで、おまたを快感に導く。

「あ”ーーーーっ!! き”ぼじぃぃぃっっ!! た”まらば”いぃぃぃぃぃっっ!!」

しゅっしゅっしゅっしゅっしゅっ!!


びりびりびりびりびりっ!! おまたがどうしようもない快感におそわれる。

お”あ”あ”あ”あ”っっ!!!

びくんっっっ!!!!

騎乗位になり、太股で抱き枕をがっちりと押さえ込みながら真上を向いて、口を大きく開けたまま絶頂する。

おぉぉぉぉ・・・・っっ、おほっ・・・・・。

素敵な宇宙空間の中で、頭の中の密がカラフルな配色となって流れ出す。至高の快楽。


その後、びくっびくっと痙攣しながら、ゆっくりと下に垂れ下がる形で背中を曲げていって、頭を布団にくっつける。


びくっ、びくっ、びくっ、びくっ

やぁは・・・はひゅ・・・はひゅぅぅ・・・

びくっ、びくっ、びくっ、びくっ

ぁ・・・ぁ・・・っ・・・あ・・・

びくっ、びくっ、びくっ、びくっ・・・

ん・・・は・・・ふぁ・・・ふはぁ・・・

びくっ、びくっ、びくっ、びくっ・・・

あぁ・・・私・・・しあわしぇだぁ・・・


そして、いつまでも続くかと思えるほどに、深いふかーい絶頂の世界に、私は落ちる。落ちていく・・・。




・・・。

長い長ーい絶頂を終えた後、意識が戻る。

目は輝きを失い、私の体は力を失いその場に崩れている。

ベットが涙と涎でぐしょぐしょみたい・・・。


「ぷにゃぁ・・・」

ゥゥゥゥゥゥっ・・・。

途中、クリトリスがローターで攻められていることに気がつく。

「ぁぁぁぁぁぁ・・・」

満足しきった私のクリトリスを、ローターは執拗に攻め続ける。

しかし、もう先ほどのように暴れ回ることはなかった。

そんな力が私にはもう残っていない。

ぐったりとしたまま、向きを変えて、抱き枕と抱き合う形で横になっている。


ゥ”ーーーーーっっ・・・

クリトリスは未だ振動を続ける。

私の状態とは関係なく、ひくひく、ひくひくっと、クリトリスハッピーの中で動き続ける。


「ぁ・・・・・・ぁ・・・・・・」

あ・・・あぁ・・・・・・。

感覚が鈍い。さっきあれほど激しく動き回っていたのに、今はすごくスローリーな世界。

ゥ”ーーーーーーーーっっ・・・

・・・あ・・・それでも・・・、ぜっちょう・・・する・・・。


ふわーっと、快感をほとんど感じない弱い絶頂が、私の体を支配する。

ぁ・・・っ・・・ぅ・・・

ああ・・・気持ちいい・・・。


私の意識は、どんどん崩れさっていく・・・。




・・・。

途中、自分が横になっていることに気がつく。

ぼーーっとしながら何も考えずに、抱き枕を見つめ続けている。

股間が機械で振動している。


振動している間、ずっとこの状態だ。

ほんのりきもちよくて、頭がぼーっと、ぼーーっと・・・。


私、今まで何していたんだろう・・・

私のおまたは、どうして振動しているんだろう・・・。


・・・。

そんな風に思うが、振動しているのだから仕方がない。


しばらくしてから股間の振動が止む。何かの締め付けが緩くなる。

機械が動作を停止した瞬間、何かを止めていたものが一気に解放されて、私の体はじんわり重い感覚に襲われる。

思考能力が完全に奪われる。目が勝手に閉じる。


そのまま、暗く安らかな世界に招待される。数十秒後に、私は心地のよい素敵な眠りの世界に旅だった。




瑠璃は、かすかにエッチで甘ったるい香りのする場所で、のんびりとお茶を飲みながら、萌子が眠りについたのを確認する。

途中、確認のために萌子の部屋に入ってきたのだが、大変にお楽しみ中だったようで、自身の存在を認知されることは全くなかった。

そのため、かわいらしい喘ぎ声を聞きつつも、湯沸かし器でお茶を入れて、茜のおせんべいを摘みながら萌子の様子を眺めていた。


「もえちゃん、今日もかわいかったですよー」

頬を赤く染めて、幸せそうに眠っている萌子の頭をなでてあげる。

そうしてから、蒸れるエッチなオムツの拘束とその他諸々を取り外して、暖かい濡れたタオルを用意する。

萌子のおまたを優しく拭き、新しいオムツに差し替えてから、いつでもベッドで寝れる状態にしておくのであった。
・アダルトグッズの紹介
ヴァージンループ HARD
ヴァージンループ HARD







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。