▼ サイトの簡易説明

Duga

◆ 関連する記事


Duga


もーもー搾乳体験機 2


―― もーもー搾乳体験機 2 ――

「も・・・も・・・ぉ・・・」

手の支える力を失う。いいアクメ顔をしながらぷらーんと、拘束器具に押さえつけられつつ、私は絶頂を続ける。

どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ、

そんな感覚を演出する感じで胸が震える。母乳って、もっとちょろちょろ、ぴゅぅーーーって出るものじゃないんですかね・・・? 再現より気持ちよさを選んでると、茜さんは述べていたわけだし、それにかなり気持ちいいから、このことはあまり気にしないことにする。


「もぉぉ~~・・・ん」

牛さんってこんな風にミルク搾り取られてるのかなぁ・・・。私がおいしく飲んでいる牛乳って、元をたどれば、牛さんに快感を与えて絞り出した母乳だよね。

「もぉ・・・もぉ・・・もぉぉ・・・」

おっぱいの中に溜まっていたエネルギーがすべて搾乳機に流れ込むような感覚を電気刺激により与えられる。この感覚は、もしかしたら搾乳される感覚に近いのかもしれない。


「流石に電気刺激だけでは難しいところがあって、再現率は結構悪いらしいけど、代わりに気持ちよかったでしょ?」

「もぉ・・・」

「少なくとも、萌子ちゃんの下の口はとても正直にパクパク動いてお汁を垂らしているわよー。パンツもびしょびしょだわ」

「もぉ~っっ!!」

私の牛柄ぱんつを横にずらして、アソコをじっくりと眺める茜さん。


「ということで、指の挿入ー」

ぐにゅり。

茜さんの2本の指が、4つんばいの姿勢の私の中に入り込んでくる。

ぞぞぞぞぞっっ!! 絶頂したばかりなのか、寒気のする快感が背中から頭に上ってくる。


くにくに、ぐにぐに。

「おー、いい感じにほぐれているわねー。あ、ひょっとして萌子ちゃんって後ろから攻められると激しく感じられる派?」

「もぉ~っ・・・・・」

ぐにぐに、くにくに。

あああ・・・、いいいぃぃっ・・・・・。

背筋を強く曲げて中を荒らされることに快感を覚える。
ああっ・・・あああっっ・・・ぐにぐに気もちぃぃ・・・っ!! Gスポットを指圧しないでぇぇ・・・っ!!


ちゅぽん。指が抜かれる。

はぁー・・・はぁー・・・

「それじゃあ、ここからは、搾乳体験をされながら、私がバックで犯してあ・げ・る」


あ、やっぱり? なんかそんなことされる気がしていた。

「もぉーーーっっ!!」

がんばって後ろを見ようとするけど、首輪がじゃまして後ろを見ることができない。


んばっ。

「この丸くて柔らかくて、ふにふにな美尻、たまらないわ~」

茜さんの手でお尻を押さえつけられ、そこに顔をくっつける。私の弾力あるお尻にぶつかり、ふにゅふにゅと、こすられる。

そこから両手を端になで下ろして、私のお尻の外側を捕まえて固定される。


「も・・・も・・・」

「もーもー萌子ちゃんの、大切なところ、いっただっきまーす」

茜さんはハイテンションで、うれしそうに・・・。

どちゅっ!!

私のアソコにペニスバンドで、太いディルドを挿入した。




ずっ! ずっ! ずっ! ずっ!

私の体が脈を打つタイミングに合わせて、その太いディルドが進入してくる。

「も・・・もぉ・・・もぉぉ・・・もー・・・」

ちょっと! それっ! ふとっ! ふとぉぉぉぉっ!!

いつにも増して、私の膣内がなめらか質感のディルドに圧迫される。く、くるしぃ~~。


ぬるるるるーっ。

ある程度挿入されたら、ディルドを抜かれる。

はひーーっ・・・はひーーっ・・・


「ゆっくり挿入して、萌子ちゃんの中を拡張してあげるわー」

ずっ! ずっ! ずっ! ずっ!

「もひっ! もひぃぃぃ~~~・・・・・・」

さっきよりも奥まで、ゆっくりとディルドが進入する。

きゅぅぅぅぅっっ!!

太いせいなのか、私の中の締まりけが激しい。しかし、いくら締め付けても相手はディルド。膣内の領域をしっかりと確保してくる。


ぬるるるるーーっ。

「もぉぉぉっっ、もへっ・・・」

おちんちんを引き抜かれる。

びびびびびび・・・。

この間も疑似搾乳攻撃は止まらない。乳首と乳輪がじんわりと搾り取られるような感覚で攻められ続ける。


あーーーーっっ・・・

目が上を向き、少しだけきらきらと頭の中を輝かせながら、あへ顔になる私。

バックから慣れない大きさのディルドの挿入に、疑似搾乳攻撃。中は苦しい感じであまり嬉しくないが、犯されている感がたっぷりあって、それが私を淫乱な心に染め上げる。

ちゅっちゅっ。っと搾乳機にいっぱい攻められて、まるで本当の牛さんになってしまったかのように、もーもーと声を上げて、いじられる。


ずっ! ずっ! ずっ! ずっ! ずんっ!!

3度目の挿入。最後まできっちり拡張しきって、茜さんのふといおちんちんが体の一番奥底まで入り込んでしまう・・・。

「・・・・・・っ!!!」

冷や汗を垂らし、体をプルプルと震えさせる。

目がぐるぐるになって、ちょっと苦しい中、私の乳首は吸われ続ける。


「一番奥まで挿入完了!」

茜さんはそう述べると、私の肩より若干下をつかみ、それをひっぱる。それにより支える力をかなり失い、腰のベルトにぶらさがる。私の手がそれに連れられて持ち上げられたところで、するすると後ろに下げて、私の手首を押さえ込む。

「もーもーちゃんを、ゆっくり犯して上げるからね~」

ずんっ!! ずんっ!! ずんっ!!

「も”っ・・・っ!! も”っ・・・っ!! も”っ・・・っ!!」

少しだけ腰を引かせては、奥に戻す。太いおちんちんを少しだけ抜いて、奥に沈め直す。


私の頭がつかれる度に、すごく痺れる。なにも考えたくなくなる。

びびびびびびびびっっ・・・

そんな状態の私の乳首に、継続して気持ちいい刺激が襲いかかる。

ずんっ!! ずんっ!! ずんっ!!

「も”ほぉぉぉぉぉぉっっっ・・・!!!」

そんなことされたら、私、すごく変になっちゃうぅぅぅ!!

ずんっ!! ずんっ!! ずんっ!!

あ”ーーーーーーーーーーーっっっ!!!


ぞくぞくぞくぞくぞくっ!!

快感なハートがぞくぞくのあとに付属する。

手を引っ張られながら、ぬっちゅぬっちゅと、バックの姿勢で中を犯される。


いいい、いくぅぅぅぅっ!! 中を付かれて、わわた、私いくぅぅぅっ!!


ずんっっ!!


何度目かの挿入をされた後、激しい電流が一瞬かけ巡り、私は再び絶頂した。




ほあぁぁぁぁぁぁーーーーーっっ!!

体をのけぞらせて、体内にいる太いディルドを自分からこすらせる。

あ”ーーーーーーっっ!!!

ぃひっ!! いびぃぃっ!!!

し~び~れ~る~~ぅ・・・!! あーーーーーっっ!!


がくがくがくがく。

軽い絶頂の最中に、上書きする形で、深い絶頂が徐々に上り詰める。

あ・・・あ・・・ぁ・・・ぁ・・・

「絶頂すると母乳もおいしくなるって聞いたことあるわよー、それっ、搾乳モード!」

びびびびびびびっっ!!!

あぁぁぁぁぁぁあああぁぁぁあああっっっ・・・!!!

おっぱいっ・・・・おっぱいすわれてるぅぅぅ。体からなんか抽出されちゃってるぅぅぅっっ!!

うへぁぁぁぁぁああああっっ!! あぁぁああっ!! ああああああああっっっ!!!


「ぉ・・・ぉ・・・ぉ・・・」

私は、おっぱいを搾乳されるような感覚を味わいながら、深度の高い絶頂を起こす。

いままでの攻めなどぜーんぶ忘れて、あたまのなかぐちゃぐちゃで、すごーく気持ちいい絶頂状態に落ちる。


「・・・ぉ・・・ぁ・・・ぉ・・・」

きゅ~~っ!! きゅ~~っ!!

びくびくびくびくびくっ!!

おまたがそんな激しい動きをしているけど、私には全然よくわからない。

きらきらとした光を見ながら、私はとろんとろんのとろ子で、心地の良い夢の中をさまようような暗闇の中に落ちている。


・・・。

そのまましばらく放置される。

いつしか、絶頂の状態はキャンセルさせていた。

荒い呼吸を短い感覚で行いながら、自分はいったいどんな状態だったかを思い出せず、お目目をぱちくりさせる。

「もひー・・・もひー・・・」

「後ろをずこずこと突かれながらの搾乳プレイは、素敵だったかしら?」

「もひゅぅぅ~~・・・・・・」

「それでね、もーもーちゃん」

「・・・もっ?」

「今日はね、萌子ちゃんが動物と同じ気持ちになれるよう、理性を根こそぎ奪ってしまおうと思うの」

それを聞いて、ぞくっと体が震え上がる。


「萌子ちゃんには太いと思う、このディルドの、バイブ機能も入れて上げるから、心も牛さんになった気分で楽しんでみてね」

ヴィィィィィィィィッッ!!

太いバイブが振動を開始する。ただでさえ太く、私の中がきつきつの状態だというのに、そこから振動を加えられちゃったら・・・

「も”ーーーーーーーっ! も”ーーーーーーーーーーっっ!!」

「あらあら、大層お喜びの様子で、私も嬉しいわ。それじゃあ実験も兼ねて、続きも楽しみましょうか、もーもーちゃん」

「も”ぉぉぉぉーーーーーーーーーーっっっ!!!」


そして、私は牛さんとなり、眠りに落ちるそのときまで乳首を刺激されながら、振動するバイブにたーっぷりと快感を植え付けられるのであった。

もひっ・・・。
・アダルトグッズの紹介
激安!ピンクローター
激安!ピンクローター







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。