▼ サイトの簡易説明

Duga

◆ 関連する記事


Duga


騎乗位拘束で機械姦 3


―― 騎乗位拘束で機械姦 3 ――

「さてさて、ここから萌子ちゃんに挿入されるディルドの深度を上げましょう」

何かが切り替わる。

どちゅんっ! どちゅんっ! どちゅんっ!

「あふっ・・・・っ!!」

ディルドが一番奥まで突かれるようになる。一番奥には、ポルチオ性感快感器が装着されており、それごと奧まで押しつける。

ポルチオ性感に激しい快感の刺激が送られるようになる。

「あ”・・・あ”っ・・・・・っ!!」

涙を輝かせ、目を真上に向けて、快感を貪る。ここを攻められると、私はどうしようもなくなる。

鍛えられてきたポルチオ性感帯は、昔みたいな痛みを被ることはいっさいなく、ただただ、あまりにも深い満足する幸福感を私の脳に植え付ける。

自分とは何だったかを忘れて、深すぎる快感で深化していく。


「さらに、ディルドのバイブ機能もいれましてー」

ヴヴヴヴヴヴヴヴッッ!!

膣内に挿入中のディルドが振動を起こす。

「ーーーーっっ!!! ーーーーっっ!! ーーーーっっ!!!」

挿入されつつも私の膣内をおいしくふるわせ続ける。

「ーーーーぁーーーーーーっ!! ぐっ!」

涙が大量にあふれてくる。

なにこれすごい。気持ちよすぎる。


「萌子ちゃんのポルチオにもやさしい振動を開始ねー」

膣内の最深部、子宮口にも優しく弱い低振動が発生する。

ゥゥゥゥゥゥゥ・・・・。

気持ちよすぎるのに・・・そんなことしちゃったら、もう
・・・すごぉく・・・耐えられにゃぃ・・・

「んにゃぁぁぁっ・・・にゃぁあ・・・にゃはぁあぁ」

快感に耐えるということを打ち壊されて、私に伝わる快感をそのまま実況するようになってしまう。

「私の中がぁ・・・気持ちよすぎてぇ・・・むちゃくちゃですぅ・・・」

「おっ、すごく素直になれたわね。いいこいいこ」

くしくしくし。頭なでなで。

「あへぇぇぇ・・・・い”くぅぅぅ・・・」


「まー待ちなさいな。ポルチオ電撃機能、今から入れるから」

「あえーーっ?」


ずんっ!!

びりりぃぃぃっっ!!


「おぁぁぁぁあぁぁぁぁぁああああっっ!!?」

私の奧から、子宮に向かって優しい電気がびりっと、発生した。

ずんっ! ずんっ! ずんっ!

びりぃっっ!! びりぃっっ!! びりぃぃっっ!!

「んほぉぉぉぉぉっっ・・・!! りゃ、りゃめぇぇぇぇええっっ!!」

「ディルドが奧に突かれる度に、ポルチオ快楽機が体内の奧まで微弱な電流を流し込んでいるのよ。どぉ? まるで体内最深部に快楽電気スイッチがあるようで、おもしろいでしょう?」


ずんっ! ずんっ! ずんっ!

びりりっっ!! びりぃっっ!! びりりりりっっ!!

おちんちんから電撃が射精がされる形で私のおへそまでしびれる感覚が上り詰める。

「あ”あ”あ”あ”う”ぉ”ぁ”ぁ”ぁ”あ”あ”あ”ぁ”ぁ”あ”あ”あ」

「ほんとーなら、この時点でとっくに2~3回は絶頂していると思うけど、流石は絶頂防止薬ね。いい効き目だわ」


どちゅっ! どちゅっ! どちゅっ!

びりりぃっっ!! びりぃぃぃぃっっ!! びりっびりっ!!

「あ”ーーーーーーっっ! あ”ーーーーっっ! あ”ーーーーーーっっ!!!」


「それでもやっぱり絶頂は止められないわ。あまり止めていいものでもないからね。それでね、萌子ちゃん」

「あ”ぁーーーーーぁーーーっ!!!」

「もうすぐ絶頂すると思うから、ここで萌子ちゃんのだーーいすきな、攻めをしてあげる」


もちゅ。

茜さんの唇が、突然、私の唇に触れる。そこから舌をのばし私の舌に唾液を絡めつける。

「ん”ーーーーーーっっ!!」

そしてーーー、

なで、なで、なで、なで・・・。

ディープキスを行ったまま、私の後ろ髪を優しくなで始める。


騎乗位の姿で拘束された私は、スーツにより体内に快感になる電流を流されながら、おっぱいも刺激されて、勃起しきった乳首をブラシでしゅわしゅわ。

クリトリスを内部ピストン運動で刺激されながら、膣内奧深くまで連続してディルドでずっこんばっこん。バイブ機能で振動も重ねつつ、最深部挿入時にポルチオ性感帯全部に微弱電撃発生機能付き。その上、おまた周辺にも快感向上用の電気パッドの刺激も追加。

お尻の中をぐにんぐにんと力強いアナルバイブに犯されながら、足裏に靴下の上から電マでヴィィィン。


私はそんなにいっぱい性感帯を刺激されてしまい、止まることの知らない涙を目から溢れさせながら、茜さんに深いキスを続けられて、頭をなでられる。

そんなものだから、しあわせ、いーっぱいで、おもらしをしてしまう。失禁が止められない。ディルドに突かれてお漏らししてしまうことがあまりにも嬉しい。


「んっ、んっ、ん”っ、んっ、んーーーーーっっ!!!」

そして、世界が再び切り替わる。

私を中心に花が開く。ピンク色の美しいお花だ。

茜さんと出会ってからの記憶が全て視界に流れていく。茜さんの笑顔、起こった顔、悪そうな顔、大人の胸に、エッチなペニスバンド・・・、ありとあらゆる記憶の世界を、私は幸せそうに眺める。


・・・。

しばらくそんな記憶を眺め続ける。えへへーっ。


どれくらい時間がたったのかわからない。

そこから急に、裸姿の私の体は、真っ白になって光出す。


わぁ・・・っ。

瞳に銀河が映る。何とも素敵で輝かしい世界。

精神体の私は、とても満足そうにその中を泳ぐ。


そして、泳いだ先にとてもまぶしい光の空間を見つける。

私はそこにいきたいなと感じる。なので笑顔でふわふわと泳ぎそこに行く。


白い・・・真っ白な・・・純白な。汚れ一つ知らない・・・そんな無垢の白い世界に私は飲み込まれ、表現しがたい最高の幸せを身にまとい、そして、消え去った。




「んふぅ・・・」

茜は舌を抜く。その先には、まるで魂が抜けて遊びに行ってしまった後の、萌子の肉体だけがあった。

「瑠璃さん。電源全て止めてー」

「おっけーです」

萌子を攻め続ける機械たちを全て停止させる。しかし、萌子の定期的に大きく震える痙攣は、止まらない。

びくんっ! びくんっ! びくんっ! 

首を上に向けたままキスを続けられた萌子の体は今もなお、幸せそうに痙攣を続ける。


「おぉー・・・。見事なイかせっぷりですねー。あーこれタオルですー」

「あら、どーも」

茜は瑠璃からタオルを渡され、自身のきれいな模様の白いソックスにかけられてしまった、暖かいおしっこをごしごしと吹き取る。


「ここまでやっちゃうと、萌子ちゃんの記憶に残るとはあまり思えないけれど、体はちゃーんと、快感を覚えてくれていてくれるのよねー」

「私は、調教の方はあまり知らないのですけど、こーすると、段々と快楽に溺れてしまう体になってしまいませんかー?」

「そのまま、機械姦でただ闇雲に攻め続けたりすると、ただのダメ人間になっちゃうわ。だからね、常備投薬機でその抑制と、私とのセックスで快感の刷り込み変換。それに一定の休憩とか、萌子ちゃんにオナニーを仕向けることで、上手い感じに常識と精神を安定して保ったまま、どんどんエッチな子にすることができるのよ」

「うわー。なんかいけないこと聞いちゃったよーな・・・流石メイドもどきですねー」

「これでも一応、今はメイドなんですけど・・・」


2人はのんびり笑顔で、萌子を眺め続けながら会話を続ける。


「瑠璃さん、すごくうれしそーね」

「茜さんも、笑顔が隠せていませんよー」

「だってー、美少女を調教することが人生で一番楽しいんだもんー」

「私も最初は嫌悪気味だったんですがー、いざ遊んでみると、止まりませんねー」

「そうでしょっ! やっぱり私たちにだって、男の本能って奴が、きっとあるのよ!」

「いやー、それとは別のよーな・・・、あ、それで、これからの予定はどーするんです?」

「ん? ああ。萌子ちゃんは、この後眠りに落ちてから、60分後ぐらいに起きるでしょうから、そこから攻めの再開ね。それまで休憩時間よん。どうする? ここからは私一人でもできるけど?」

「私も最後までおつきあいしますー。これから目を覚ましてから気を失うまで、萌子ちゃんをいじめるんですよねー? 滅多にみれるプレイじゃないですよ。楽しみですー」

「はいはい」

いつから瑠璃さんも、こう・・・萌子ちゃんに積極的になってしまったのだろうか。うーん。かわいいエッチな美少女は罪ねぇ・・・。

そう考えながらも、茜はあきれた笑顔で手をパタパタとふって軽くあしらう。


その後、色々と次に行うべき事を話し合ってから、2人はその場を後にした。
・アダルトグッズの紹介
ZEUS パームパワーボックス
ZEUS パームパワーボックス







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。