◆他サイトの更新情報です (画RSS) /  優良アダルト動画の紹介 (PR)

 ▼ サイトの簡易説明 /  ▼ オススメの記事一覧

Duga

◆ 関連する記事


Duga


執筆者 ハカセに関して


―― 執筆者 ハカセに関して ――

今回は「私、ハカセの事」についてと、「快楽機姦研究所」について、てきとーにご説明します。


◆自己紹介

どうも~。へっぽこ官能小説家のハカセでーす。(男性)

趣味と実益を兼ねて官能小説を書いてます。「快楽機姦研究所」が始めての作品です。

最初は極めてポンコツな文章しか書けませんでしたが、大量に文章を書いてくうちに、なんとか読めるような物まで書くことが出来るようになりました。(それでも、文才や語彙力は皆無ですが……(苦笑))


◆快楽機姦研究所は、何故、機械姦がテーマなのか

世の中に、機械姦というジャンルの物が足りなすぎるからだァァァ!! うわーーーんっ!!
正確にはメディカル、実験、拘束で、被験者にエッチなことをしちゃおう! ですね。

私、結構変な性の趣味を持っていまして…、機械姦がそれはもう大好きなんですよー。
で、とある時に小説で楽しもうと思いまして、検索してみたのです。

( ゚∀゚)ウヘヘヘへ 検索検索ぅ~

2014年の時点で、「機械姦 小説」のGoogle検索数 「約10件」(内容の合計 4万文字ぐらい)

( ゚д゚)…!?

(つд⊂)ゴシゴシ

( ゚д゚)

な・ん・で、たったそれだけしか無いんねん!!(泣)


いやいやいや、自分が変わったエッチが好きな事は知ってますよ。でもっ! でもぉっ!! その数はあんまりではありませんかぁぁぁーーーっ!!

( ゚д゚)ハッ!

そうだ。無ければ、私が「神」になるしか無い…。

( ゚∀゚)グへ…ぐへへへへへ…

そうして、「快楽機姦研究所」が出来ました(笑)

因みに、現在「機械姦 小説」で検索すると・・・。
(気になる方は調べてみてね)


◆快楽機姦研究所の誕生に関して

さてさて、官能小説を書くために、他の人の作品をいろいろ読んでみよう! と行動し始めます。
女性の告白体験という名の、男性執筆妄想小説を軽く読んでいきました。

で、そこで思ったんです。「話の展開に無理が生じやすい」な…っと。

この点、何とかならないかなーと考えまして、途中、「最初からエッチな場面に持っていけるような配置にしてしまおう!」という答えを見つけます。
そうするために、「エッチな施設で働く女性」を導入し ついでに「機械姦」もくっつけちゃおう、としました。

……こうして、快楽機姦研究所の骨組みができたのでーす!


◆ハカセの文章能力について

全然無いです(笑)

私、理系のため、国語とか全然やってませんでした。

表現の幅が狭いため、小説の執筆は難しいかなぁと思っていたのですが、
一番必要だったなのは、読者が理解しやすい表現なのでそこまで困ってはいないです。

それでもやっぱり、国語が出来る方の方が有利ですけどね(笑)


◆官能表現がとても少ないのに、官能小説なのだろうか?

「官能小説」とは、広定義で言えば、官能する文章だと思ってます。
なので、官能小説とは、文章そのものが官能表現を用いられているかではなく、そのテキスト集を読んだ読者が官能するかどうかが重要なポイントと考えます。

官能表現も好きといえば好きなのですが、語学力の乏しい私にはそういう表現はとても難しいので、
官能できる様に書いた小説ということで、官能小説と名乗っています。


◆快楽機姦研究所のメインテーマに関して

実はこの小説、メインテーマが「エッチな道具」となっております。

「機械」「道具」「アダルトグッズ」「大人の玩具」等、幅広く扱ってます。機械姦だけじゃないのよ?

現在存在する物から~もし作成したら売れるもの、未来で誰かが作れば出来るもの、まで、とにかく徹底してエロ道具の使用を考えております。


……んっ? シチュエーション? 知りませんがな。
(´・ω・`)

というのは冗談で、私、シチュエーション書くのがかなり苦手です。
エロ小説で最も重要な所なのは承知していますが、書けないもんは無理に書かないほうが良いかなと思ってます。

代わりに、「できるだけ濡れ場を多く書く(エロを多く!)」「可能な限りエロ道具を出現させる(オリジナリティの強調)」ということで、不足分を補ってます。

……えっ? 本当にそれだけでシチュエーションの不足分をカバーできるのかって?
そりゃあ、もちろん……
(´;ω;`)ブワッ


まぁ、普通の官能小説家のようなものがまともに書けないわけでして…、それでも人気を出したい場合、差別化する必要があるじゃないですか。
その際、私には機械姦が大好きなためか「エロ道具」を大量に思いつく事ができたので、それを武器にすることにしました。

だから「エッチな道具」がテーマなのデース!


◆何故、度々「オムツ」が出てくるのか

そりゃー、おむつが大好きだからですよーっ! ハムハムーっ!

オムツという物ものには、「幼児」「排泄管理」「愛液回収」などの属性が有ります。

基本的に、「幼児プレイ」というテーマが主軸で扱われることが多いのですが、
私は「愛液の回収」を主軸においてます。

本人にエッチな実験する際、自分の意志にかかわらず分泌液を容赦なく排出してしまう → オムツを登場させる → 性的に管理されている状態
という構造ですね。

「首輪」や「貞操帯」とかもそうですが、私の考えにおいてのオムツとは「性的に支配されている」なのですん。
ある種、ソフトSMに属しているものではないかと。


以上でーす。本編もよろしく!

・オススメできるローションの紹介
Peaces(ピーシーズ)
Peaces(ピーシーズ)







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


Duga

◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。



Duga