◆他サイトの更新情報です (画RSS) /  優良アダルト動画の紹介 (PR)

 ▼ サイトの簡易説明 /  ▼ オススメの記事一覧

Duga

◆ 関連する記事


Duga


直立のような姿勢でバイブ責め! 2


◇ 直立のような姿勢でバイブ責め! 2

私のお股に密着している白い器具の先端が、綺麗なピンク色の輪を発光させる。

ヴヴヴヴゥウゥゥゥ~~~ッッ!

「んあっ、んあっっ、んあぁっ! あひぃいぃぃ~~~っっ!!」

バイブを詰め込んだ膣内全体を、無理矢理、振動させられてしまう。


「あっ・・・うあっっ・・・うあぁっっ・・・くぅうぅ~~~っっ!!」

響く、響く、バイブの振動が、下腹部の性感帯に、たぁ~~っぷりと響く。

ヴィイィィィィィ~~~~~~~。

「だめ、あっっ・・・だめっっっ・・・あぁあっっ!!」

徐々に呼吸のリズムを早めていきながら、体をプルプルさせる私。

がち、がちっ・・・!

直立に近いような姿勢のまま、拘束されて宙に浮いているので、頭以外は全然動かせない。

脚を真下に伸ばしたまま・・・快楽を大量に生じさせる振動を、お股の内部で継続的に受けてしまう。


ヴィヴィヴィ~~~~~~~。

「あ、あっはっっ・・・! はぁ、はぁ、はぁ・・・にゃ~~~んっっ!!」

早速、顔がとろけて、イイ気分にされていく。

「ふぁ・・・へ・・・へにゃあぁ~~あ~~、・・・はひっ・・・はひぃっっ!」

快楽機姦研究所で、幾度となく機械姦されてきた私のいやらしいおま○こ・・・。

十分に性開発されたこの卑屈な膣道は、短時間のバイブの刺激だけでも、大きな快感を覚えてしまう。


ィヴィヴィウヴヴゥヴ~~~~~っっ!!

「はにゃあぁあああぁあ~~~~~っ!! はっ、はっ、はっ、はっっ!!」

バタバタバタバタ、ブルブルブルブル。

首を振り振りしながら、体を小刻みに震わせる。

目はふわふわしてきて、頭の中は、ぽわわぁ~~~ん。

ヴ~~~~~~。

「あ~~~~~~~っっ・・・」

ぽっかり開いた口が、今の私の気持ちを代弁してしまう。

んあ~~ぁ~~っっ・・・! バイブ~~っ、お股の中で強制振動させれちゃうのぉ~~~、気持ちいいんだよおぉおぉ~~~っっ!!


「うっふふっ! ・・・萌子ちゃんのエッチな萌汁、器具の合間から太股にいっぱい垂れてきているわよ・・・っ」

太股の内側が、お汁でビチョビチョになってきていることを楽しそうに指摘する茜さん。

「だってぇえ~~~っ、だってぇええぇ~~~っっ・・・バイブがぁああ~~~っ、あああ~~~~~っっ!!」

「ちょっとしたバイブ責めでも、卑屈なお汁をこんなに漏らしちゃって・・・貴方は、とってもいやらしいでしょう?

・・・へんた~い。へんたぁ~~~いっ!」

「ん、あっっ・・・うあ、うあぁっ、はあぁあぁあぁあ~~~~~っっ!!」

茜さんが発する、あま~い言葉責めを受けて・・・脳が強く官能する。


ヴィヴィ~~~~~ゥ”~~~~~。

その状態で、バイブ責め。・・・閉じた太股の間に、ずっしりと入り込んだまま、卑屈な振動を続けるディルドバイブ・・・っ!

「はひっ! はひっ! はひっ! はひっ!」

太股をきゅ、きゅっと内側に寄せるが、進入しきったバイブが抜かれることはない。

膣内をにちゅ、にちゅっと締め付けるが、膣内を的確に陣取るバイブがつぶれることない。

バイブは、私のいかなる行動にも影響することなく・・・体内性感を刺激する。・・・徹底的に刺激するっっ!!


ヴゥゥウウヴゥウゥゥヴゥゥゥゥッッ。

「はひーーーーーっっっ!! ・・・あ、あああ、ああ、あ・・・っ!!」

頭の中がにょわりと誘引される。

あまい。あまい。耐えるということを忘れさせるような甘さ。・・・ウニウニとするイヤらしい甘さが、私の裸体をねっちりとなで回す。

・・・バイブ気持ちいい、バイブ気持ちいい、バイブだめっっ!! バイブだめえぇええええぇ~~~っっ!! 膣内振動、にゃめえぇええぇえ~~~~っっ!!!

にっへり笑って、愛液をどろどろに漏らしながら、太股をびくびくさせて、悶える。・・・悶えるっ。


ヴィヴィヴィヴィヴィヴィヴィ~~~ッ~~~。

「にゃへ・・・にゃへっっ・・・!」

ゆるゆる口を作りながら、あへっ・・・あへっ・・・!

お股の中は、温か~い快感でい~っぱい。

気持ちいいのに・・・とっても気持ちいいのに、バイブはさらに気持ちよくさせてくる・・・。

強制振動により、膣内全体を強く悦ばせて・・・私を、私を・・・あ、あああ、あぁああぁぁああぁああああ~~~~~っっっ!!!


「ひゃぁ・・・・・・」

体がふわ~~っと浮くような気分になる。

なんか、もうよくわからなくなって・・・、

体のすべてがじんわりと甘く包まれて・・・、

心が、とってもうれしくなって・・・、

・・・はにゃあぁああ~~~~~っっっ・・・。

気がついたら、絶頂していた。



ヴヴヴヴヴヴヴヴ・・・。

「はぁ・・・あ、・・・はぁ・・・」

私のお股から漏れるエッチな匂いが・・・部屋の中で充満している・・・。

「あっ・・・はぁあっ・・・ん~あ~~っ・・・」

足の内側が、ぐっちょぐちょ。

生温かいヌメヌメの液体が、バイブと割れ目の隙間から絶えず溢れてきて・・・太股から足の先までを、いやらし~匂いで染めあげてしまう。


ぴちょり・・・ぴちょりっ・・・。

「あら、自分の足だけでは飽きたらず、床まで萌汁で汚し始めたわねぇ・・・。直立姿勢で拘束固定されたままバイブ責めされるのがそんなにもイイの?」

「あぅ・・・あぅっっ・・・」

・・・どう答えればいいのだろう。

イイって言ったら、希望に答えてもっと調教してあげる・・・っと言うんだろうな・・・。

ダメって言ったら、体は感じているクセに~っ、もっと調教してあげるっ! と言われるかも・・・。


・・・あれ? つまり、これ・・・どう答えてもバイブ責め、止まらないんじゃないかな・・・。

私の意識がフニャフニャになるまで、直立の姿勢をさせたまま、強制バイブ責めするつもりじゃないかな・・・。

ヴヴヴ~~~~~~。

「えへ・・・えへへっっ・・・えへへへへぇえ~~~えぇ~~~ええぇ~~~っっ!!!」

そう思った途端ーーー、乳首の奥と、クリトリスの中がジリジリっと急激にしびれて・・・

「ーーーーーっっっ!!!」

愛汁をどっぷり漏らしながら、深く絶頂する。


・・・んにゃへへへっっ・・・。

やばい、気持ちいい。変になっちゃう。・・・ものすごく、イイ気分・・・っ。

「おい、コラ、萌え猫っ。・・・私の質問だけで、勝手にイくんじゃないっ・・・!」

「でも・・・はひっっ・・・! わたしぃ、ど、どお、答えたってぇえぇ~~~っっ! い、いか、イかされ続けちゃう~~~っっ!! にゃ~~~んっっ!!」

ギチギチさせても、バイブ責めは続く。

私のおちんちんと結合すべき場所を、執拗に、執拗に、責め続ける。

身動きがとれない状態で・・・しかも、結構辛い姿勢で、こんなことされちゃったら・・・わたし、わたしぃいっぃい~~~~っっっ!!!


ヴヴゥゥヴヴゥゥヴウヴウヴウ~~~~っっ!

にゃ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、ぁ、あ~~~~っっ!!

「・・・っっ・・・・・・・っっっ!!」

体内におちんちんのようなモノを差し込まれた状態って・・・どうしてこんなにも素敵なんだろう・・・。

あへぇ~~~っっとしながら・・・もう一度絶頂・・・。

・・・あっ・・・し・・・しあわ・・・しぇ・・・。


「っっ!! ・・・あ・・・あかねひゃん・・・わたひ・・・バイブ、らめっっ・・・ばびぶ、だめにゃのぉおぉっっ・・・へひっ、ひ、ひ・・・」

「やれやれ・・・。どうしようもない子ねぇ・・・。そんなにバイブが大好きだったら・・・今日は、バイブと一緒でいなさいな。

・・・ただしー、パワーは強にしちゃうけどね~っ!」

「いっ・・・いやぁああぁあ~~~っっ!!」

ピッっ・・・。

ヴヴヴヴッヴヴヴーーーーーーーッッッ!!

んおあっっ・・・!!!

「っ、あ”~~~~~~~~~~~っっっ!!!」

ただでさえ快感がどっぷりなのに、さらに、快楽の追撃を受けてしまう。


ビィビィーーーーーーーーーッッッ!!

「う”あ”~~~!! んああぁ”ああっっんはぁ”ああ”っっ!! ううにゃにゃにゃにゃにゃにゃぇええぇえ~~~~っっっ!!!」

お股が震える。恥骨も震える。・・・胴体の下部全体が、ぷるんぷるんのぷるぷるに震え上がり、大量のお汁をこぼしながら、絶頂を繰り返す。

「あ”あ”ぁあ”あ”~~~っっっ!!! もうだへっっ!! もお”だあぁああ”ぁへ”ぇえ”えぇえ”ええ”ええ~~~~~っっっ!!!」

調教実験が始まったときから、ほとんど姿勢は変えられず・・・、ただひたすら、イかされ続ける。・・・下腹部と腰にガッチリと固定された白い器具の責めで、何度もイかされてしまう。


ぽちゃり、ぽちゃりっ・・・。

「あ~らら~。・・・萌子ちゃんの真下に萌汁の池ができちゃってる~~っ。・・・いやらし~~っ! い~やぁ~らぁ~しぃいぃぃぃ~~~っっ!!」

「おぉ、あ、あ、あぁああ、おおおっっ・・・!! う、うあぁあ、いいぃあ、いっぃ、ぁぁあっっ・・・!!!」

「・・・意識が落ちるまで、愛液をずっと搾り取られちゃいなさいなっ。・・・それじゃあ、後は1人で放置プレイを楽しんでね~。ばいば~いっっ!」

悶える私の様子を無視して・・・茜さんは、ルンルンと立ち去ってしまう・・・。


ヴビィ~~~~~~~ッッッ!!!

「あっっひゃぁあぁああーーーーーっっっ!!! ひゃーーーーっっ!! ひゃあああぁあぁあぁああぁああああっっっ!!!」

泣いて、悦んで、泣いて、悦んで、泣いて、・・・。

それでもバイブは、私のお股の中を刺激する。

疲れも知らず、ただただ、濃厚な快楽を、私のお股に与え続ける。

「え”っ・・・あ”っ・・・あ”っ・・・」

次第に頭の中がキラキラのとろふわになって・・・気がつくと・・・私は、どこまでも純白な世界の中で・・・ずっぽりと埋もれていた・・・。



「放置プレイでも悦んじゃうんだから、とことんマゾ気質よねぇ・・・萌子ちゃんは・・・」

隣の部屋で、ずっと様子を見ていた茜は・・・パタパタと歩きながら、萌子の側に歩み寄る。

「・・・ぁ”・・・・・・ひ、・・・ぇ”・・・っ”・・・」

ぴくぴくと悶え続ける女体は、凄まじい量の淫水を床にこぼしたまま、悦び続けていた。


「強制連続絶頂させられちゃう萌子ちゃんも、かーわいいっ! 後でお姉さんがたっぷりと可愛がってあげるかね~っ!」

機具の設定を変更して、ぐったり萌子を下におろす。

「う~ん。・・・バイブしっかり調教されちゃった女の子って感じねっ! ・・・ちゅっ!」

びちょびちょの愛液ワールドに立ち入り・・・汗だくの裸体をしっかり持ち上げて、可愛いほっぺにキスをしてから・・・茜は、後片づけを始めるのであった・・・。

・アダルトグッズの紹介
みちのくディルドJr
みちのくディルドJr







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


Duga

◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。



Duga