◆他サイトの更新情報です (画RSS) /  優良アダルト動画の紹介 (PR)

 ▼ サイトの簡易説明 /  ▼ オススメの記事一覧

Duga

◆ 関連する記事


Duga


直立のような姿勢でバイブ責め! 1


◇ 直立のような姿勢でバイブ責め! 1

快楽機姦研究所、地下1F、実験室。

ほへぇえぇ~~~・・・。

性具や機姦のテスターとして働いている私は、全裸のまま今日使用される調教機器を眺めていた。


棒が天井から下に伸びており・・・途中、T字型の厚い棒を内側にぐにゃりと曲げたような、人の胴体下部に装着できる白い器具がある。

・・・下腹部の位置に何もない、分厚いTバックという形だろうか。・・・一応、イスなのかな・・・これ・・・。ふんどしっぽい・・・。

後、白い器具の一部には、ディルドバイブがにょきっと生えている。・・・うん、私・・・ここに座らされるな、間違えなく・・・。へ、へへっ・・・。


「あ、茜さん、こ、これは・・・」

私のケツを後ろから触りまくっている破廉恥なメイドに、今日の機姦について聞いてみる。

もにゅ、もにゅ、もにゅ、もにゅ。

「え~~? それぇ~~? 座った人にディルドバイブを差し込んだ後、全身を上部に移動させることで見せ者にするタイプの~、調教用のSM機具よーん」

「・・・な、なるほど。・・・、で、私のお尻をそんなに揉んで・・・楽しいですか・・・?」

「うんっっ!! すっごく楽しい!! 萌子ちゃんの桃尻最高!!」

茜さんは、むはーーっ! としながら、私のお尻をしつこく揉んでくる。・・・放っておくと、ずーーっとお尻を揉まれ続けてしまう気がするので、お尻を一度引っ込めた後・・・ボヨンっと突き出して、茜さんの手をバインと弾く。


「あ~~んっ! 萌子ちゃんの意地悪ぅ~~っ!」

「はいはい、それで・・・」

「お尻がダメなら、おっぱい揉んじゃお~~。・・・萌子ちゃんはロリ体型だけどー、おっぱいは結構大きいからねぇ・・・むふふっ」

もにゅ、もにゅ、も~にゅ、も~にゅ。

・・・だ、ダメだ、このメイド・・・。おっぱい・・・気持ちいい・・・はにゃぁ~~・・・。


「あ、それでね・・・今日の萌子ちゃんは、私の方を向いた後・・・おま○この中にバイブを全部挿入してから、待機するだけでいいのよ。・・・残りの必要なことは、私が全部しちゃうから~」

おっぱいもみもみを止めて、全裸の私をくるっと回転させる。

・・・どきっ・・・。

茜さんのSっぽい笑顔を、間近で見る。・・・ああ、また何かいやらしいことをされちゃうんだな・・・私・・・。

お股がきゅんとくる。・・・茜さんのペットである私は、いやらしい調教プレイを予期して・・・卑屈な幸せを、お股の奥から生じさせる・・・。



そのまま肩を押されて、トテトテと、後ろに下がる。

・・・腰の側には、白い器具が待機していて・・・真下には、ローションがたっぷり付着したバイブが挿入を待っている・・・

「そのまま、ゆっくり下に・・・」

続いて、肩をぐぐーーっと下に押される。

脚に力を入れて、ちょっぴり抵抗をしてみるが・・・そのまま押され続けたので諦める。・・・脚は、がに股のように曲がり・・・亀頭の部分が割れ目の穴に密着してしまう。


「んあっ・・・」

ぐぐぐぐぐっっ・・・。じゅもももももっっ・・・。

さらに下へ、下へ・・・ちょっとずつ、バイブが膣内の奥に・・・進行してくる。

「あんっ・・・にゃ・・・あぁんっっ・・・!」

差し込みはゆっくり。・・・だけど、自分の体内の穴が、バイブの亀頭によって・・・少しずつ、少しずつ、こじあけられていくのが・・・わかる。


ぐぐぐぅ~~~っっ・・・。ずぷぷ、ぷぷぷ、ずぷぷ・・・。

「っっ・・・はっ、・・・はにゃにゃぁあ~~~っ・・・」

「愛撫無しの挿入でも、最初から感じちゃうおま○こ・・・ほんっと、萌子ちゃんってイヤらしいカラダしているわよねぇ~~」

どちゅりっっ・・・!!

「にゃんっ・・・!!」

ぬっちょりしてちょっと冷たいバイブが、体の奥底にまで進入。・・・お股がブルブルっと震えて、下腹部に淡い幸せを伝える。


「はぁ・・・はぁ・・・」

「そのまま動かないでね~。・・・まずはー、萌子ちゃんの腰を拘束~っ」

ウィーーーン、ガシンっっ!!

「んあんっ・・・!」

腰の両サイドで待機してた白い器具が、内側に移動して、私の下腹部をガッチリと押さえ込む。

・・・これにより、おへその左下、右下、真下の3点に、白い器具がガッチリと固定される。・・・イスのようなモノから離れることができなくなった・・・。


「そのままそのまま~」

白い器具を腰に取り付けられた後・・・茜さんは、私の両手をササッと掴んで、後ろに移動させる。

「ぁ・・・ちょっっ・・・!」

ガチリっ! あっという間に手錠をつけられてしまい・・・腕が、後ろから戻せなくなる。

「拘束、好きでしょ~。・・・それそれ~」

がし、がし、がし、がしっ!

「あわわわわわ・・・っっ!」

枷を隠し持っていた茜さん。・・・私の前椀と上椀は次々と枷を取り付けられていき・・・固定棒を複数装着。

腕は、お尻の方に伸ばしたまま・・・きっちりと固定されてしまう。


「ひゃわわわわぁ~~~っ!」

ガチっっ! ガチガチッッ!!

天井から伸びている棒が背中の側にあるのだが、それが固定棒に連結されているみたいで、腕が全然動かせない。

「ここまできたら、後はもう簡単よ~っ! 萌子ちゃんを上にあげて~、脚がつけないようにしちゃいましょ~」

「へひっっ・・・?」

ウィーーーーン。

背中にある棒が上に動き出す。・・・それに連られて、私の下腹部と股間にガッチリくっついている白い器具が、上部に・・・。


ぐぅぅうぅぅ~~~っっ!

「ひゃぁあぁあ~~~んっっ!」

私の裸体の重心を支えているのは、バイブと会陰とお尻の割れ目のラインがほとんどなので、挿さる挿さる。バイブが奥深くまで、もっちゅりと挿しこまれるっ!

「うあっ、・・・や、やぁあ~~~んっっ!」

脚をジタバタさせながら・・・私の裸体は、上に持ちあがる。

「ひゃ・・・ひゃぁあぁあ・・・っ!!」

・・・そして、足が床に着かなくなる・・・。


「萌子ちゃんの生足、ゲーーット!」

私の浮いてしまった生足を、すかさず手にする茜さん。

手には、枷が追加で握られており・・・、

かしゅり、かしゅりっっ!

「んああっっっ!!」

足首を拘束固定されてしまう。


「あぁあぁあぁあ~~~~・・・っ!!」

がし、がし、がしっっ!!

脚が全然動かない。・・・左右の足が至近距離で拘束されているため、脚を広げることができなくなっている・・・。

あ、足首を押さえられると、脚が自由に動かせなくなるんだぁ~~~っ!

「ふぁ、あ、あぁ・・・はぁ、はぁ・・・」

体が縦にまっすぐ伸ばされたまま、宙に浮いて固定されている・・・。直立のような姿勢だ・・・。

「ふぁ、・・・あっ・・・」

・・・あたふたしながら、もがいてみるが、ぜ~んぜん動けない。・・・いやらしい興奮が、私の頬をつやつやにする。


「柱になっちゃった気分でしょー。人間柱ねっ! ・・・ああ~~っ・・・。裸の女体が調教機具に拘束される姿は、とても美しいわぁ~~っ」

恍惚しながら、私の動かせない脚をさわさわしてくる淫乱メイド・・・。

あんた、胸、お尻、腰、太股、足、どこでも関係なく触ってくるんだな・・・。多重フェチめ・・・。

「あら、こんなことされているというのに・・・意外と冷静なのね」

「け、経験つんでますから・・・」

ちょっと、態度がまずかったかもしれない。・・・茜さんのS心を煽ってしまったことに気がついて、いびつな微笑みをしながら、目を逸らす私。

・・・だが、もう手遅れだった・・・。


私のお股にみっちり食い込んでいる白色の厚い器具・・・。

茜さんは、そこをするりとなで回す。

「あ・・・ああ・・・っ」

特に何かが変化したわけではないが、そのエロエロしいくねる手つきを見て、自分の体内にバイブがにっちゅりと挿入されていることを深く意識してしまう。

動けない・・・下腹部に、白い器具を装着されたまま・・・宙に浮かされて、動けない・・・っ!!

このまま、体内の性感帯を、バイブでぶーーっとされちゃうんだ。ぶーーーっとっ!


あ、ぁああぁ・・・ああぁぁあっっ・・・!

一度火がつくと、止められない。・・・淫らな灯火が、私の性欲をじわりじわりとあぶってくる。

「そうそうっ! 私の飼っているいやらしいメス奴隷は、そのぐらい反応が良くないとね~っ!」

ニヤリと笑う茜さん。・・・バイブのリモコンを、私にしっかり見せつけてから・・・振動を開始させるスイッチを入れた・・・。







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


Duga

◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・機械姦CGのレビュー部屋
ハカセが見て気に入った機械姦のCGや漫画を紹介しています。


・アダルトアフィリエイト 桃ナビ
アダルトアフィリエイトに関する情報を色々と載せています。



Duga