◆他サイトの更新情報です (画RSS) /  優良アダルト動画の紹介 (PR)

 ▼ サイトの簡易説明 /  ▼ オススメの記事一覧

Duga

◆ 関連する記事


Duga


強制大量潮吹き調教機 2


―― 強制大量潮吹き調教機 2 ――

「んん・・・っ。ん・・・んんん・・・っっ」

Gスポットとクリトリスを同時に刺激され続けて、性感が膣内上部に集まり、気持ちの良い熱を蓄えていく。

ぎちぎちぎちぎち。

拘束されているので、ほとんど体を動かすことが出来ない。


ヴヴ~~ヴヴヴ~~・・・っ

あああああああぁぁぁ・・・。

膣内のよわーい所を、的確に刺激される。

・・・あわっ、あわわぁっっ。

快感がたくさん蓄積していく。Gスポットを刺激されると・・・その奥がおいしく火照っていく。

へ・・・へぁ・・・ぁ・・・。

頭の中がふわふわしてくる。

ぁぁぁああ・・・んぁっ・・・んあぁぁ・・・。

強制的に開かれた膣内が愛液を垂らす。固定された機械の裏側で、ぬるぬるした甘い萌汁がドロリと溜まっていく・・・。


ヴヴィィィィィィ~~~。

Gスポット用のバイブはずっと振動を続ける。

「ふーーっ、ふーーっ、ふーーっ・・・」

はぁ・・あ・・い、いいよぉ・・・

朱色の顔で、口枷につけられたおしゃぶりをちゅっちゅしながら、ぼーっと私はいい気分・・・。


今日はいつも以上に、Gスポットが、熱く、愉しげに脈動する。

ひくんっ! ひくんっ!

あそこのなかが、いい感じにピクピクと動く。

・・・・いぃ・・

Gスポットの周辺部分が、ぷくーっと膨れ上がってくるのを感じる。バイブを押し返すように、膣の空洞のほうに進出していく。


「潮が溜まってきてるわね。ここで、リズミカル動作に変更させましょ」

茜さんは、Gスポット攻めの器具の動作を変更させる。

ボールバイブの棒が、テンポよく、押しては引いて、押しては引いて・・・膣壁をぐいっぐいっっと強く押し当ててくる。

あ”あ・・・、あぅぅっ・・・っ!!

押される度に、私の膣内がじんわりと快感を生み出す。鮮烈な喜悦(きえつ)が沸いてくる・・・溜まっていく・・・。


ヴブブブブ~~・・・・。

ぐいっぐいっ、ぐにっぐにっ・・・。

ずっとこの攻めを続けられている。

あっ、あっ・・・ああっあん、んあああああっっ・・・。

Gスポットの刺激が強い快感となり、脳裏にまで直接伝わるようになる。

お、おお・・・お、おしっこ! おしっこくる!

きゅぅぅーーっと自分の膣内が収縮運動を始めると、無性におしっこを出したい気分になる。

おしっこを出していないのに、おしっこをもらしてしまっているような・・・、おしっこをこれからお漏らししてしまうような快感が・・・。


だ、出したい・・・このまま、おしっこ、ぷしゃーーっと漏らしちゃいたい・・・。

うぁ・・・ああ・・・んぁぁあああっっ・・・。


気分の揚々にあわせて、私にオルガズムが訪れようとしていることを察する。

い、いくぅ・・・。あ・・・っああっっ・・・いくっ。

おおお、おしっこ、おしっこでるぅぅっっ!!

んぁぁぁぁああああっっっ!!


乳首が激しく勃起する。

胸が、頭が熱くなり・・・気持ちの良いしびれで包まれていく。

そして、バイブの振動に耐えられなくなって・・・失禁してしまうような感覚で・・・、


「ふぐぁぁぁぁぁああっっ!! あぁぁぁぁああーーーーーっっ!!!」

ぴゅーーーっっ!

膨らんでいたところがしぼんでいく。潮を体内から放出させる。

あぅ・・・ぁぁぁぁぁ・・・ひっ・・・。

私は、頭の中をきらきらと輝かせながら、いつもとは違った深い絶頂を起こした。



ぁぁ・・・ぁぁあ・・・。

私は、痙攣しながら潮をぴゅっぴゅーっと吹いている。放出した潮は、茜さんが用意した移動型の便器にびちゃびちゃとぶつかり、回収されていく。

ふぁぁ・・・ぁぁ・・・。

視界にはお星さまが無数に輝いている。おまたがひくんひくんと動いて、なんだかとってもいい気分~~~っ。

・・・ぁぁあ・・・・ぁぁ・・・。

いいよぉ~~~・・・。すごくいいよぉ~~~・・・。麗しい・・・。

私は、お目目をきらきらさせて、幸せな海の上を浮いていた・・・。


・・・。

どれくらいたっただろうか・・・。

目を涙でにじませながら、元の世界に戻ってくる。快感がうっすらと蘇り、自分が絶頂していたことを改めて理解する。

機械の攻めは一旦停止しており、茜さんは私の性感が戻るのを待っていたようだ。


「ふふっ。本格的な潮ふき絶頂は、かなりのものだったでしょー」

茜さんは、私の髪を優しくなでている。

「ふ・・・ふぐー・・・」

口枷おしゃぶりは、まだ装着中・・・。ちょっとのどが乾いたので、ちゅぱちゅぱして水分補給しておく。


「ここからは、萌子ちゃんの潮をしぼるにしぼりとるわよー」

私の腰あたりにやってきて、服をぺら上にめくっていく。そして、ブラジャーが見えてきたところで、今度はブラジャーをつかみ、くいっと上げる。

私のおっぱいを中途半端に露呈させる。びんびんに勃起している乳首が顔を出す。

「おおー、いい感じに勃起しているわねー」

「む、むぐぅ~」

「よーしっ! ここにニップルバイブを追加しちゃいましょー」


茜さんは自分のポケットから、乳首をぎゅっと縛れるリングと、それに付属したバイブを2個取り出す。

片方のバイブを、勃っている私の乳首を引っ張ってから、リングを通す。

「ふぎゅーーー」

当然もう片方の乳首も引っ張られてから、リングを取り付けられる。

「ふぎゅぎゅーーーっ」

乳首がきゅぅうとリングに締め付けられる。

あぁ・・・私はまるで、調教されているペットのようだ。ふぐぐぅぅ~~~・・・。

「お、その表情すごくいいわよー。そそられるわー」


私の表情は茜さんの栄養分にされている・・・。

う、ううっ・・・。

そして、次の攻めが始まる・・・。



ニップルバイブのスイッチが入る。


ヴィーーーーン!

「ふぐっ・・・! ふにゅっ・・・!」

きゅっと締め付けられたリングから振動が伝わり、乳首がいい感じに震える。

乳首・・・昔はバイブ当ててもなにも感じなかったんだけど、今はわりと感じるようになっている。


「下の方も再開ね」

ブブブブブゥゥ~~~・・・。

Gスポットに当てられた飴玉バイブも動作を開始する。

さらに、クリトリスに取り付けられた器具も動作を再開させて、私の体内に強い快感を送り込む。


「・・・・・・っ!!」

乳首の振動とクリトリスの刺激と、Gスポットの振動の3点攻めで、私の体は快感に包まれる。

かなり良い気持ちよさを味わい、言葉がでなくなる。頭がぐわんぐわんして目から涙があふれる。


「ここから、連続で潮も吹いちゃいましょうねー」

お股に密着した機械も、振動を開始する。

ひゃへぇえぇぇえ~~~~っっ!!

今度は潮を吹くのに、そう時間はかからなかった。


あああぁぁぁぁあああ・・・・っっ!!

ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅっ、

まだ絶頂していないが、関係なく潮を吹き始めるようになる。膣内の蓋をされた位置に愛液がどんどんたまっていく。


目をぎゅっとつぶって首を横に振る。Gスポットがきゅんきゅんする。

潮を出してGスポット周辺がつぶれたかと思ったら、またすぐに膨れ上がり・・・、

ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅっー

と、潮を吹く。お股が勝手にけいれんを起こす。


ふぁぁぁぁあああっっ・・・!!

ぴゅっーーっ!、ぴゅーーーっ!

どんどん体から潮を生産し、体から定期的に放出していく。

少し休まったと思ったら、またすぐに潮を補充して放出。失禁しているような感覚だ・・・。


「ほらー。水もちゃんと飲まないとねー」

ちょろちょろちょろちょろ~。

いきなりおしゃぶりの穴が開いて、口の中に勢い良く水が流し込まれる。一応苦しまないように調整はしてくれているみたいだが・・・私は涙目で、口の中にあふれてくる水をごくごくと飲み干す。


「もし快感でおしゃぶりが動かせなくなったら、今みたいにサポートしてあげるからね~。・・・もし、今のが苦しかったら、先に定期的に水分補給をするのよー」

「ふぐぅぅぅーーーーー・・・っ!!」

無理いぃぃ~~~っ! 気持よくて無理いいぃ~~~~っ!


ぴゅっ。ぴゅぴゅっ。ぴゅぅぅっ。

潮をいっぱい吹いていく。絶頂もしてしまい、体をびくんと震わせる。

おぉぉぉぉぉ・・・っ!

再度、潮を吹いて体をのけぞらせて、また絶頂する。

次第に目が上を向いていき、天井が視界から映らなくなる。少しだけ目を開けた状態で端から頬に涙を垂れ流す。


乳首のバイブが快楽を呼び込む。胸が震えて、おっぱい全体を甘い快感で埋め尽くす。1秒感覚で腰を振りながら、胸を前に突き出す。

クリトリスも優しく刺激され続けている。ビンビンに勃起させたまま、体を何度ものけぞらせる。太股がガクガク震えて、足がピクピクと動く。

そして、Gスポットバイブ。私の弱点を的確に振動させながら、リズミカルにぐいぐいと押し当てることで、たまらない気持ちよさを常に私に与えている。


ふぎゅぅぅぅぅぅっ!!

Gスポットの部分が、激しい快感で満たされる。

・・・っっ!! ・・・・・・っ!!

頭の中に感知できない電撃が襲いかかる。

潮を吹く。

体中が震え続け、体を限界までのけぞらせる。

潮を吹く。


腰を何度も何度もエロチックに振り続ける。お股の中がとっても熱く、痺れている。

少しでもおまたのエッチな快感を解消としようとしたいのか・・・それとも、より性感を高ぶらせたいのか・・・腰振りが止まらない。すごくすごく止まらない。・・・激しく本能的に腰を動かす。


ぁぁ、おぁぁぁぁああああっっ・・・・・!!

涙を垂らしお股をけいれんさせて潮を大量にふきながら、また絶頂する。


「萌子ちゃんの潮は、ぜーんぶ容器の下のケースにため込んでいるから、どんどん、放出しちゃっていいのよー。・・・あ、聞こえてないか」


頭が痺れるぅ~~っ! びりびりしびれるぅ~~っ!!

ぅぁぁぁっ・・・ぉぁっ・・・ぉぁぁぁっっ・・・

潮を吹き続ける。快感のあまり、次第に体が浮遊する感覚にとらわれる。

あひっ・・・はぁっ・・・はっ、はひっ・・・。

自我が薄れていく。まだまだ潮は吹く。

水を流し込まれる。ゴクゴク飲んで、また潮を吹く。

どれだけ潮を吹けるのか挑戦しているみたいだ・・・とにかく、びくっびくっとお股を震えさえて、潮を吹く。


あへへへっ・・・・あへ・・・あへ・・・。

白目で私は潮を吹き続ける。おっぱいが熟れている。アソコが痺れている。もうだめだ私・・・。

後は体に任せたっ! さよーならー! ・・・最後にそんなイメージだけ残しておく。


あ”、あ”・・・あ”ひぃぃぃぃぃぃっっ!!!

次の潮吹き絶頂で、私の自我は散り散りバラバラになった。



潮吹きの実験以降、私の体に変化が生じていた。

・・・そう、かなりの高確率で潮を吹くようになってしまったのである。


膣内上部を刺激されると、大体漏らす。びゅーっと漏らす。

クリ攻めされてもたまーに漏らす。とりあえず漏らす。

うへぇぇぇ~・・・。

また一段と、私の体はエッチになっていた・・・。

・アダルトグッズの紹介
キャスパー キューティ
キャスパー キューティ







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


Duga

◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。



Duga