◆他サイトの更新情報です (画RSS) /  優良アダルト動画の紹介 (PR)

 ▼ サイトの簡易説明 /  ▼ オススメの記事一覧

Duga

◆ 関連する記事


Duga


クリトリスを器具攻め! 1


―― クリトリスを器具攻め! 1 ――

夕食前。

メイドの茜は、萌子の部屋に訪れる。

萌子の性開発器具の着脱のために来ていたのだが・・・少し時間が早かったためか、本人はお出かけ中で部屋にいなかった。


ゆっくり待つかなー・・・。

そう考えて、茜はソファーの上で横になる。

おせんべいを食べるためにスッと手を伸ばす・・・が、存在しない。空振りで終わる。・・・視線をチラッと移動させると、おせんべい箱が空であることに気がつく。

自分のおせんべいが、あのかわいい子ちゃんに全て食べられてしまったことを知り、笑顔のまま・・・ちょっと怒になる。


「あらっ」

おせんべい箱の隣に、本人の快感アンケート板が転がっていた。・・・なんとなーく、そちらに手を伸ばし、自身の側に持ってくる。

この快感アンケート・・・やたらと事実からそれたチェックが入りやすく、信憑性に欠けるのだが・・・萌子ちゃんはまじめだし、しっかり記載されているだろう・・・と思う。

色々とアンケートの内容を見ていく。

「・・・こ、これはっ!!」

途中、衝撃的な回答を発見してしまう。


茜は急いで起き上がり、部屋から出ていくと・・・タブレットで実験室の予約を取って必要な器具を用意していくのであった。



夜。実験室。

「な、何かあったんですか・・・?」

茜さんの呼び出しに応じて、私は実験室に来ていた。


現在、全裸のまま、産婦人科にありそうなタイプの診療台の上に座らされている・・・。このタイプの診療台は、足を大きく広げられて、アソコをまるだしにされてしまう、何ともいやらしー拘束台である。

茜さんは、私の体にベルトを巻きつけて拘束していきながら、応答する。


「いやー、アンケートをみたらね。最近、萌子ちゃんのクリトリス性感の満足度が、「微妙」と書かれていたのよー。・・・だから、お姉さんが本格的に気持ちよーくしてあげようかなー・・・と思ってね」

あー、そういえばそんなアンケートもあったなぁ・・・。

確か・・・クリトリスとアナルの項目は、「微妙」とチェックした気がする。
お尻の方は嫌いなので置いといて・・・クリトリスの方は、ここ最近いじられていなかったらから、微妙の項目にチェックを入れちゃっただけで・・・そんなに不満ではないのだけれど・・・ま、いっか。


てきとーに物事を考えている間に、私への拘束作業が終わる。関節等をがっちりとベルトで拘束されてしまった・・・。

手や足が動かせないことはいつものことだが、お股の部分が特に念入りに拘束されており、体をねじってもぜんぜん動いてくれない。ク、クリトリスを徹底調教する気だぁぁぁ~~・・・。というかこのメイド、単に私のクリトリスをいじりたいだけだろ・・・。


拘束を終えると、次に茜さんは、様々な種類のアダルト器具を道具箱から取り出し、それらをテーブルの上にある銀色のケースの上に置いていく。準備が完了したら、私のお股の側に置いてある小さなイスに座り、私のクリトリスを好きな風にいじれるようにする。

ぺたりっ。

クリトリスの下側に、尿漏れ防止用の透明な器具をつけられる。きっと私のおもらしが暴発して顔にかかるのを防ぐための物だろう。


「用意できたわよ~。それじゃー、実験開始といきましょうか!」

「・・・あのー。・・・これって、実験・・・なんですか?」

「はっ! あらやだ、いけない! ついつい、いつものノリでそう言っちゃった~」

茜さんが珍しく慌てた態度を取る。・・・確かにこの配置だと、実験の時とほぼ同じ状態なので、勘違いしてもしょうがない。


「今回は、普通のエッチなプレイねー。・・・あ、でも、どうせならちゃんと調査データをとっておきましょうか。・・・ということで、調査実験よん。萌子ちゃんのクリトリス性感調査ってことでよろしくね!」

2転する。一応実験ということになった。

「さぁ、萌子ちゃんのクリトリス・・・いじめちゃいましょ~」

はぁっ、はぁっ・・・と興奮する息を漏らしながら、茜さんは、私のアソコに顔を近づける。


あっ・・・。やっぱりこのメイド、単に私のクリトリスをいじりたかったんだな・・・。



「まずは、クリちゃんの露出ね~」

茜さんは、中指でくりくりしながら、私のクリトリスの皮をゆっくりとはがしていく。私のクリトリスが露呈する・・・。

「ここに謎のどろどろした薬を持ってきまして・・・」

とろーんとした透明の液体が入ったビーカーを、左手で持ってくる。・・・もう片方の手で、大きめの筆を用意して、それをビーカーの中の液体に浸ける。


そして、トロトロの液体をまとった筆を、私のクリトリスの側に運ぶ。

ぺたん。

「あん・・・っ」

どろどろ液体が、かわいらしいお豆にぬるぬるのうるおいを与える。・・・薬が肌に染み込んでいく・・・。

濡れた筆が、敏感なところに優しく触れて・・・ちょっとだけ声が漏れてしまう。

ぺたん、ぺたん、ぺたん。

「あ・・・ぁ、っ・・・」

容器からトロトロの薬を持ってきては、私のクリトリスにぬ~りぬり。クリトリスの手前から奥、付け根まできっちり液体で濡らしていく・・・。


「あ、・・・あのっ! そ、その「謎の」って・・・何ですか?」

ぺたん、ぺたん。

「んー・・・。そうねー。主にクリトリスの肥大化維持とか、感度や快感の向上とかかなー。・・・もう一つのクリームとコンボを決めるタイプだから、この薬だけで効果を発揮することは少ないけどね」

「も、もうひとつ?」

「・・・・・・」

茜さんは私の疑問に返答してくれない。

・・・その代わりに、謎のドロドロする薬をクリトリスにたっぷり塗り付けた後、・・・今度は、ピンク色の塗り薬が入った容器を用意する。


「ふふっ・・・。こっちの、媚薬クリームよ。この2つを組み合わせると、様々な発情効果を生み出すわ」

手袋を装着してから、媚薬クリームを大量にすくい上げて、私のクリトリスにぬっちょりと塗り付ける。

「あぁぁ・・・」

ぬりぬり、ぬりぬり。

媚薬クリームを上下左右に拡散させて、均等に塗っていく・・・。少し足りなかったので、クリームをもう一度すくい上げて、クリトリス周辺にも、しっかりと塗り付ける。


う、うわぁ・・・。なんかクリトリス全部、媚薬クリームで埋め尽くされちゃってるんですけど・・・。

エッチな刺激は、まだ少しだけしか感じていないが・・・媚薬クリームを塗られたことで、ドキドキしていくる・・・。こ、これからどうなっちゃんだろう・・・!?


「はぁ、ぁ・・・っ」

媚薬クリームを塗り終えてから、しばらくお股を放置される。

ひくん、ひくん・・・。

クリームの中に埋もれた私のクリトリスが、少しずつ肥大化していくのがわかる。

それに加えて、クリトリス周辺の感覚が強化されている気がする・・・。ク、クリトリスがじわじわと甘くしびれて、気持ちがいいよぉぉ~~・・・っ!


「はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

「はーい、クリちゃんが気持ちよくなっている間に、これも付けてね」

茜さんは、普通のタオルを1つ、蒸れた暖かいタオルを2つ、ピンク色の小さなタオルを1つもってくる。合計4つだ。

普通のタオルはおへそに置かれる。蒸れた暖かいタオルの1つは、クリームがたっぷり付いたお股の上に広げてから被せる。

「ぁぁ・・・ぁん・・・」

私のお股にとても心地よい暖かさが広がっていく。クリトリスのひくつく頻度も増していく・・・。


その後、ピンク色の蒸れたぽっかぽかのタオルを、私の口と鼻を多い尽くすようにして配置される。頬から首裏までタオルを巻きつけられてしまう。

「ーーーんぐぅぅっ!?」

素敵なバラの香りが鼻の中を浸透していき・・・脳裏に響く。私は、ふわふわ~なマシュマロ気分になっていく。

「これね、媚薬を混ぜ込んだ特殊なタオルなのよー。長時間吸わせることでクリトリスの性感だけが深くなる、ちょっと変わったタイプの媚薬でね。しばらくゆっくりと吸い込んで、とろとろになっちゃってね~。萌子ちゃーん」

「んーーーっ!」

またろくでもないものを~~~っ! あ、あへぇぇ~~~・・・っ!


「顔全体も暖かいタオルで満たしてあげるから、媚薬を吸い続ける状態で、しばらくゆっくりしてね」

ぽふっ。

ポカポカのタオルを媚薬タオルの上から被されて、私の視界が少し暗くなる。

あ・・・あ・・・あぁ・・・。

顔面が蒸れた上記に包まれて、ほんのりとした幸せに包まれていく。その上で、媚薬タオルから発散するエッチな香りを、強制的に吸わされ続ける・・・。

ぴくん、ぴくんっ。

クリトリスが、けいれんしながら膨張を続ける。私の意識がだんだんとろけていく・・・。


ふ、ふぁぁぁぁ~~・・・! クリトリスがとろけちゃうよぉぉぉ~~~っ!

・アダルトグッズの紹介
姫なかせクリーム
姫なかせクリーム







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


Duga

◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。



Duga