◆他サイトの更新情報です (画RSS) /  優良アダルト動画の紹介 (PR)

 ▼ サイトの簡易説明 /  ▼ オススメの記事一覧

Duga

◆ 関連する記事


Duga


全裸で行う恥ずかしい身体検査!


◇ 全裸で行う恥ずかしい身体検査!

快楽機姦研究所。2F、萌子の部屋。

「だぁ~~っはっ、はっ、はっ、はっ、はっっ!!」

私は、友人の楓の身体検査の話を聞いて、大爆笑してしまう。下着姿を記録係の男性に見られただけで、そんなに慌ててしまうなんて・・・お、おかしくて仕方がない。

「桜さんっ・・・、何も、そんなに笑わなくてもいいんじゃないですか・・・っ!」

ぷくぅうぅぅ~~~。

フグ提灯みたいに膨れてしまう楓のほっぺ。・・・恥ずかしさが頬にほってりと焼き増しされて、おいしそう・・・。


「ぷぷっ・・ぷ、ぷークスクスっ・・・、あ・・・っ、あははははははっ、あはははははっっ! だめ~~~っ! 我慢できな~~~いっ!! はひーーーっっ! あは、あははっ!!」

腹を押さえながら、涙を浮かべて笑い続ける私。・・・笑いを堪えると、笑いがこみ上げてしまい、我慢できずに笑ってしまう。

楓の顔がさらに赤くなって頬が膨れる様子も、笑いのツボに入ってしまう。・・・く、苦ひぃっ。そんなに私を笑わせないでくれぇええ~~~、あはははははっっ!!!

「あらあら、随分と楽しそうね。桜ちゃん」

楓の事情を耳にしていたメイドの茜さんが、お茶とお茶菓子をもってこちらにやってくる。


「だってぇええぇ~~~、はひっ、楓が下着を露出したぐらいで、笑っちゃうぐらいの情けないことに~~~。

く、くくっ・・・ここ、快楽機姦研究所でしょ~~~。エッチな施設のテスターだというのに、楓ったらっ! 下着程度でっ、あ、あひ、あふふっ!」

「へーー。桜ちゃんなら下着姿でも問題ないんだー」

「へっへーーんだっ! 私なら裸でも身体検査を受けられますよーんっ!」

「あらっ! 大層な自信ねぇっ! ・・・桜ちゃんはまだ身体検査終えてなかったし、どうせなら裸でやってみる?」

ことり、ことりとお茶を置きながら、茜さんは裸で行う身体検査を提案してくる。


「えーーーっ。タダで裸を見せるのはちょっとぉ~~~」

「・・・そうねー。もし裸で身体検査を受けてくれたら、私から高級ケーキをごちそうするわよん」

「マジでっっ!!? やりますやります、やらせていっただきまーーーすっ!」

元気よく約束するノリノリな私。・・・この時、楓は何か言いたそうな目で私を見つめていたのだが・・・それに気がつくことはなかった。



後日。快楽機姦研究所。3F、保健室。

測定係の茜さんと記録係の男性がいる部屋の中で、私は服と下着を脱いで全裸になる。

男の人には先にやることを伝えてあるので、私の脱衣に驚く様子はなかったが・・・やはり女体が気になるのか、視線がおぼつかない様子だ。

・・・対する私も、流石に裸は言い過ぎたかもしれないと・・・少し弱気になっていた。・・・乳首とアソコを腕と手で隠しながら、裸体をちょっぴりくねらせて顔を赤くする。


し、下着ぐらいなら、見られてもしょーがないというか・・・いや、むしろ、私の魅惑に見とれてしまうならそっちのほうがいいかなーっと思うのだが・・・いざ、それを通り越して、裸になってみると・・・どこからか、恥ずかしいという思いが、ふつふつと沸いてきていた。

友達の萌子とのガチ百合エッチは、全然OKなんだけど・・・、お、男の人に裸を見られるのは・・・け、結構くるものがあるなっ・・・うぅっ・・・。

「あんらぁ~~~? 桜ちゃあ~~ん。昨日の威勢はどこにいっちゃったのかしらぁ~~~っ? お顔がカァ~~っと赤くなっちゃってるわよーー」

「べ、別にっ、・・・は、恥ずかしくなんかっ、お、お、思っていませんからっっ・・・」

楽しそうに笑っている茜さん。私は苦い笑顔で見返す・・・。


「恥ずかしいと思わないなら、なんで乳首とオマ○コを隠しちゃっているの?」

「う”っっっ・・・!」

「私たちに見せなさい。・・・桜ちゃんの生まれたままの姿を、ねっ」

「う~~~~~っっ・・・!!」

茜さんと約束しちゃっているし・・・、私まで楓と同じことになったら、それこそ私が恥をかく。バカにされる。・・・それは・・・いっ・・・いやだぁっ・・・!


・・・ごくりっっ。・・・視線を逸らして、口を紡ぎ、顔を火照らせせながら・・・両手をゆっくりと・・・わき腹に寄せる。

「~~~~~~~っっっ!!」

膨れ上がった乳首が露出する。つるっつるのパイパンオマ○コも出現する。

あっ・・・ああっっ・・あああっっ・・・。

めらめらめらめらっ・・・。

羞恥のたき火で私のお肉があぶられているみたいな気分だ。・・・男性に裸体を見られると、こんなにも興奮してしまうとは・・・。熱い興奮が、ホットで辛い気持ちよさを私に与えてくる。


「は~い、よく変態できましたー! えらいえら~いっ」

「そそ、そんなっ、安い挑発っ! わ、わたしはのりましぇんからねっ・・・!! さっ! はは、早くっっ・・・全裸のままっ、身体検査っっ、しちゃってくださいっ!」

「はいはい。・・・言っておくけど、桜ちゃんの体の検査が終わるまで、裸の状態から戻れないからね? 蜜とかをもらしちゃうとー、大変なことになっちゃうわよぉおぉぉ~~~」

「ぐっっ・・・ぐぬぬっっ・・・! わ、わかってまーすーーっ!!」

はっ・・・恥ずかしーーーーーっっ! た、確かに言われてみれば・・・、自ら全裸で身体検査を望むなんてっ、変態以外の何者でもないよぉぉおぉ~~~っ!!

・・・内心は恥じらいを思う気持ちでいっぱいだったが、しっぽを巻くようにして逃げるのもイヤだった・・・。なので、ハリボテのような強気を身にまとい、軟体をくねらせながら裸足で測定機の方に向かう。



裸でも、普通に身体検査を行うだけだったら、多分、ここまで欲情に悩まされることはなかったと思う。

・・・だが、今日の検査には邪悪でサドなメイドがいた。・・・いてはいけないサディストのメイドがいてしまったのだ。


「ねぇねぇ、桜ちゃんのおっぱいって魅力的だと思わない?」

「ふ、ふつーーーーですっ!」

「乳首がピンク色でかわい~~っ。この美味しそうに勃起しているニップルちゃんを舐めて良い?」

「ダメに決まってますーーーっ!」

「やっぱり、男の人に見られると、ラブジュースがもれてきちゃうわねぇ。そんなにも彼のペニスをオマ○コに挿入したいのかしら~。中出し射精をされてみたい~?」

「あああ、茜さん、だだ、男性もいるし、いい、隠語は自重してくださいっっ!!」

「やっぱり桜ちゃんの体って健康的でぴちぴちよね~。ほら、この位置にある子宮でー、彼との赤ちゃんを育んでみない?」

「だぁぁーーーーっっ! もぉぉーーーーーっっ!!」

Sなメイドは、事ある毎に卑猥な用語を混ぜながら、恥辱の限りを尽くしてくる。

だが、私とて快楽機姦研究所の性具のテスターの一員。・・・生半可にテストしている楓とはワケが違う・・・。そ、そのぐらいなら耐えられるもんっ! 恥辱なんかに屈しないもんっっ!!



・・・耐えに耐えて耐えて耐えることで、検査終了時までなんとか守りきることができた。

「ちぇーーー、しーぶーとーいー」

「茜さんの思い通りになんか、絶対にっ、絶対にならないんですよっっ! こっ・・・これで私の勝ちですっっ!

にひひっっ・・・高級ケーキ・・・お腹いーーっぱいになるまで、食べちゃいますからねーーーっっ!!!」

「えっ? ・・・やーねー、桜ちゃん。テスター初心者の楓ちゃんと違ってー、貴方にはもう一つ大人の身体検査が待っているのよー。・・・知らなかったの?」

「・・・ほへっ?」

なんかイヤな予感がして、少しずつ後ずさりをすると・・・かたいがべちっとぶつかって、クッション性のイスにぼてっと座り込む。


「あっっ・・・」

「あら偶然っ! 飛んで火にいる夏の虫~っ。・・・ぽちっとな~」

すかさずタブレットを操作してボタンをタッチする茜さん。

しゅいーーん。うぃーーん。がちゃん、がちゃん、がちゃん、がちゃん。

それは一瞬の出来事だった。

私の裸体はイスから急に出現したリング上のアームハンドに拘束されてしまう。


「ーーーこ、これはっっ・・・!?」

「裸の桜ちゃんがイヤがったときに使おうと思ってた拘束イスでーす! ・・・因みにー、最後の検査内容は、オナニーとオーガズムよーんっ!

桜ちゃんはー、記録係の男性君にエッチなところを全て見せた状態でー、絶頂するまでオナっちゃう必要があるのよ~!」

「えっっ・・・? と”え”ぇえ”ぇえ”ーーーーーーっっっ!!?」

全身から冷や汗を流しながら、闇雲に暴れようとする私。・・・けれど、既に拘束イスで四肢と上腹部を固定されていたため、行動の自由と権利は一切無かった・・・。

・アダルトグッズの紹介
ベッド4点拘束カフス
ベッド4点拘束カフス







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


Duga

◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。



Duga