◆他サイトの更新情報です (画RSS) /  優良アダルト動画の紹介 (PR)

 ▼ サイトの簡易説明 /  ▼ オススメの記事一覧

Duga

◆ 関連する記事


Duga


寝ている女子にいたずらエッチ!


◇ 寝ている女子にいたずらエッチ!

快楽機姦研究所。茜の部屋。

夜。

メイドの茜は、抱き枕を半分に折り曲げて腰掛けにしながら、魅惑的な感じの大人のベッドに座り・・・、悠々たる態度で、スマホ(スマートフォン)を眺めていた。

・・・今日は萌子が生理日のため、性開発調教が行えなえなかった。・・・一応、後ろの方で楽しむことは可能だが・・・、たまには休日も必要かと思い、今回はおとなしくしている。


つつーーー、ぺたぺたぺた。ぽちっ、ぽちっ。

「・・・ふふっ」

スマホをいじって適当にネットサーフィンをした後、お目当てのウェブサイトに移動する。・・・女性が執筆している無料の短編官能小説サイトだ。

・・・PNに「もも」と書かれた女性の更新履歴を確認する。・・・「眠姦えっち」という新着記事が上がっていた。

「あら、今回は睡眠姦なのねっ! 相変わらず受け身が大好きな変態マゾっ子ちゃんねぇ~っ!」

ニヤリと笑いながら、眠姦用の官能小説を閲覧し・・・登場する人物に、自分と執筆している作者を重ね合わせる。


・・・そこから、自分の世界を作り出し・・・甘~い世界にダイブした。



私は、スカートを履いた小柄な美少女を、妖しげな瞳で眺めていた。

「ぐーーっ、ぐーーーっ」

・・・萌子は、大変かわいらしい寝顔になって、ソファーに寄りかかったまま・・・嬉しそうに眠っている。

「ーーーほぅ、まさかとは思ったけど・・・、ご主人様である私が用意しておいた睡眠薬入りのケーキを、勝手に全部食べちゃうとはねぇ」

萌子のほっぺをつにつにする。・・・起きる気配はない。


「んーー。・・・悪いことしちゃった子には~、お仕置きでイタズラしちゃおうかしらぁ~!」

悪そうな笑顔をしながら、介護技術を用いて、寝ている萌子を上手く動かしていく。・・・そうしてから、全身を抱き上げて・・・布団の方に持っていく。



依然として、萌子は良い笑顔のままスヤスヤと眠り続けている。・・・これから性行為をしたところで、起きることはないだろう。

「・・・すや、・・・すや」

「う~ん。眠っている萌子ちゃんの寝込みを襲うの・・・すごく興奮しちゃうわ~! ・・・なーにしちゃおーかなー?」

ぱち、ぱち、ぱち、ぱち。

まず、上着のボタンを外していく。・・・ある程度服を開いていくと・・・中々に大きな乳房と、それをだき抱えている愛らしいブラジャーが、ぽよーんと顔を出す。


むふふ・・・。

続いて、触り心地の良い太股を左右に開かせて、スカートをぺろりとめくる。

・・・股間の部分に白い線が入っている純白なパンツが、香ばしい匂いを発しながら出現する。

「最初は、スカートを外してー、パンティを愛撫してあげるね~っ」

・・・何をしても無抵抗だ。・・・今、この子は完全に自分のものである。

胸を揉んでも寝ている。パンツの上から股間をさすっても、ぐ~すかぴ~、す~やすや~。


さすり、さすり、ふにり、ふにりっ。

お豆に相当する位置を、手のひらでこすり続けてみる。・・・パンツに手がこすれると、甘い触感が後を引く。

むくっ、むくりっ、むくむくむくっ・・・。

萌子はお休みしているので反応がないが・・・、萌子の体は前戯に対して的確に応答する。

ぷくぅ~~~。

・・・クリトリスが膨れる。・・・もっと愛撫して欲しいと要求していくる。


「あら、かわいらしいお豆ちゃん。ほれほれ~、ぐりぐり~っ」

手のひらを当ててパンツをしゅりしゅり~。しゅぅうぅ~りしゅりぃいぃ~~~。

淫らな色香が、自分の手のひらにたっぷりとこびりついていく。・・・ちょっと手を離して、手のにおいをスンスンと嗅いでみると、・・・ムワッとする素晴らしい香りが鼻孔の内部で風のように広がり、眠っている卑屈な色欲を熱く目覚めさせる。

・・・私は、心の底から舞い上がる喜びに恍惚しながら、再びパンツに手のひらを当てて、こすりっ、こすりっ!!

ぴくっ! ・・・ひくりっ・・・ひくりっ!

萌子の体が一度大きく震えた後・・・、今度はお豆の下の部分が、涎を垂らしながらくっぱくっぱと口を開けて・・・私も触って、いっぱい触って~! っとおねだりしてくる。


「も~~。・・・しょ~がないわね~っ! 淫乱ちゃんなんだから~」

「ぐぅ~~・・・ぐーー・・・」

ぐにりっ、ふに、ふに、ふに、ふに、ふに、ふに。

クリトリスを適度にマッサージしながら、その愛狂おしいお口にもエサを与える。

ぬぷり、ぬぽりっ、じわじわじわぁ~。

腹ぺこだったみたいなのか・・・、お口はすぐにエサを食べ始める。・・・自身の手と食い込むパンツをペロペロとなめながら、いやらしい蜜をたっぷりとこぼしていく・・・。


ぬちり、ぬちり、ぬちゅり、ぬちゅり、ぬちょり、ぬちょり。

「あらあら、とってもスケベなおまんまんねぇ~」

あっという間にパンツはシミだらけ。滑らかな触感はすぐに失われ、透明な淫水に支配されていく。

ぬちゅ、ぬちゅ、くちゅ、くちゅ。

ひくり、ひくりっ! くぱぁっ! くぱぁっっ!

「んふふ・・・いつでも性行為していいってことかしらっ?」

ひくつくパンツにいやらしい視線を向けながら・・・、べっとりまとわりついた体液を、水飴のようにくるり絡めて、口の中に運んで・・・ちゅぽりとしゃぶる。


「ん~~~っ! 寝ている女の子の愛液は、いつもよりおいしい気がするわぁ~~~っ!」

うっとり笑顔のまま頬を赤く染める私。・・・しかし、そんな変態行為をしても萌子は全く反応せず・・・つやのある良い笑顔のまま、のほほ~んと眠っている。

「・・・。好き放題にヤっていい状態っというのはすごく嬉しいんだけど~・・・無反応だとちょっと興ざめしちゃうかも・・・」

ずぼりっ。

愛液と唾液でぬれぬれになったエッチなにおいがまとわりつく2本の指をーーー、萌子の鼻の中にぐぐっと挿入して・・・上にあげる。


ううーーーーーっっ!

明らかにいやそうな顔をして遠ざかろうとする萌子。・・・それを見て、心がにゅわりとくすぐられる。

「そうそう、萌子ちゃん。・・・その顔! その顔~っ! 卑屈に歪んでるそのいやらしいブタのような顔がいいのよ~!

・・・うふふ。・・・背徳感というか・・・インモラルとゆーか、そのあたりが足りなかったわねぇっ!

ーーーそうだっ! どうせなら~、この後の交尾の際にー、私たちの子供が必ず授かれるようにしてあげるっ!」


良いことを思いつく私。・・・いったん責めるのをやめて、特殊な機姦を取りに行ってくる。



「じゃじゃーーんっ! 機姦「強制排卵器」~~~っ!」

排卵を促すことができる機械を持ってきた私は、睡眠中の萌子の染み着きパンツを脱がした後・・・、子宮の形に似た大きな電気パッドを、彼女の下腹部にぺたっと貼り付ける。

「早速スイッチ入れるね~」

びっ、びっ、びっ、びっ、びっ、びっ。

萌子の卵巣付近に、電気が継続して与えられる。・・・当然、受けている本人は深く眠っているので、強制排卵させられていることに一切気がつかない。


「これだけではあまり効果がないんだけれど~・・・、ホルモン剤を自動調節しながら注入してくれるディルドとセットで使うとねっ。生理周期が排卵日付近であれば、ほぼ確実に排卵を促すことができるのよ~。・・・成熟卵子、いっただき~」

どちゅりっ! じゅももももっっ・・・。

強制排卵器で子宮を刺激しながら、排卵促進用ディルドを萌子の膣内に差し込む。・・・萌子の体は、ぴくんと震え上がり、本人の表情が少し嬉しそうな感じになっている。

とぴゅっ、とぴゅっ、ウニュン。ウニュン。

ディルドは、薬を萌子の体内に注入しながら、萌子の膣内の奥を優しく刺激する。


「うぅ・・・むにゃぁ・・・」

「さー。ポコンと卵を産むのよっ! 萌子ちゃんっ! ・・・私の方は、万能細胞で作り上げた大量の良好精子を用意してあるから~、女性同士であっても問題ないわ~。

お休み中でー、何も理解できないままー、子作りしちゃいましょーねーっ! 優しいレイプで、受精させちゃうからねー」

・・・私は、子宮周辺の肌をやおらかに愛撫しながら、萌子の体から卵子が強制生成されるのを待つことにする・・・。

・オススメできるローションの紹介
Peaces(ピーシーズ)
Peaces(ピーシーズ)







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


Duga

◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。



Duga