◆他サイトの更新情報です (画RSS) /  優良アダルト動画の紹介 (PR)

 ▼ サイトの簡易説明 /  ▼ オススメの記事一覧

Duga

◆ 関連する記事


Duga


拘束調教搾乳機で母乳を強制吸引 2


◇ 拘束調教搾乳機で母乳を強制吸引 2

はひっ・・・!?

あ、あれ・・・ちょっと意識が飛んじゃってたかも・・・。


「お~。萌子ちゃーん、目が覚めた~? ・・・ふふ~っ・・・お乳をたっぽりと絞り取られちゃったわねぇ~っ! 萌子ちゃんの萌ミルク、おいしそ~」

「はにゃぁぁぁ~~っ・・・」

「あらあら、媚薬漬けされた乳房から搾乳されたことが、そんなにもよかったのかしら。・・・それなら、少しインターバルを入れた後、もう一度搾乳してあ・げ・るっ!」

「え~~。もう、お乳はでませんよぉぉおぉ~~~」

「それがそうでもないのよ~」

ヴゥン。

暗かったヘッドマウントディスプレイに明かりがつく。


「・・・?」

画面に、かわいらしい赤ちゃんを抱きかかえた裸の私が音声付きで映し出される。・・・赤ちゃんは、ミルクを欲しがる感じで、映像の中の私の乳首をしゃぶり続けている。

とくんっ・・・。

あっ・・・。な、なんか、赤ちゃんを見ていると、おっぱいにエネルギーが溜まっているように感じる・・・。


「こ、これはぁっ・・・」

「ふふっ・・・これはねー、萌子ちゃんのミルクの生成を催促させているのよ~。

・・・母乳を吸われている時は、母乳の分泌を促すホルモンが体内に発生しているんだけどー、赤ちゃんが母乳を吸うのを印象づけさせるだけでも、脳に刺激が伝わって、母乳を生成するホルモンが生まれるのよー。

これを利用してー、現在、映像と音声で萌子ちゃんのホルモン生成を誘導しているのー。・・・萌子ちゃんがどう考えていても関係なーしっ! 今、萌子ちゃんの体では一方的にミルクを生成中なので~す」

「えぇえぇえーーーーっっ!!」

可愛らしい赤ちゃんのおしゃぶりの音を聞きながら、私は驚く。・・・拘束されたままミルクを強制作成されちゃってるぅううぅ~~~っ!!


「萌子ちゃんは、自分が強制的にいやらしーことされちゃうのが大好きでしょ~? ・・・だからねっ。この後、ずーーっとミルクを絞り出してあげる。・・・拒否権はナーシっ! おいしいミルクを限界まで漏らしちゃいなさいな。・・・雌牛のように、ねっ」

「やっっ、やぁああぁ~~~~~んっっ!」

ーーーどちゅっっ!!

「あ”っはぁぁっ・・・!?」

抵抗しようと上半身を揺らした時・・・、拘束固定された私のお股の中に、ディルドがゆっくり挿入されていく。・・・搾乳の後の膣内挿入は、これまた密のお味でして・・・目が上を向いて、口がぽっかり開いてしまう。


にゅ、も、も、も、も、も・・・。

「あ・・・あ、あ・・・っ・・・あ・・・あ・・・っ!」

「言ったでしょう? 拒否権はないって。・・・萌子ちゃんってさ、膣内にディルドを挿入されると、自我が快楽にあっさりと負けて、全然拒否できなくなる性質があるじゃない?

・・・体も心も強制操作~。・・・これから快楽が続く限り、貴方は搾乳され続けるのよ~」

「ひあああぁあぁあ~~~っっ! あ~~~~~っっ!!」

拘束調教搾乳機が体を押さえ込んでいるため、この場から離脱することができず・・・、絶頂した後の性感をたっぷり育んだ膣内にディルドが挿入されているため、思考を働かせることも不可能・・・。

茜さんの言ったとおり・・・私は、体を物理的に支配されて・・・心を快楽でコントロールされている。


「ああ・・・・あぁあぁ・・・」

赤ちゃんの可憐な様子が視覚と聴覚に伝えられて、頭の中が刺激される。

とくん、とくんっ・・・。

ミルクが溜まる、おっぱい中でたぽたぽと溜まる。

・・・そして、ミルクを生成できるようになったら、搾乳開始。

にゅもももももぉおおぉっ! じゅもも~~~~っっ!!!

「はあ~~~~~~~っっっ!!!」

蜜をたっぷり蓄えた体幹がぶるるっっ! と悶えて、おっぱいがま~ったりっ。・・・幸せな気分になる。


じゅこりっ・・・どちゅっ! どちゅっ! どちゅっ! どちゅっ!

「あ”へぇっっ!!? ・・・あ”んっ! あ”んっ! あ”んっっ!! あ”~~~ん”っっ!!!」

2回目からはディルドのピストン運動も追加される。・・・固定器具の装着により、自由を剥奪された私のお股とお尻は、好き勝手し放題だ。

・・・抵抗不可能のまま、体の奥底まで・・・男性器の模造品で、何度も何度も繰り返し突かれる。

「おあ”あぁあ”あ”っっ、あ”っ、おあ”っっ!!! ひゃあああああめええぇええええ~~~~~っっ!!」

じゅにゅにゅにゅにゅぅううぅ~~~っっ!!

「あ”っっっっ!!!!」

脳内に凄まじいしびれが通過して・・・、

ぴゅばぁあああぁ~~~~っっ!!

ぷるんぷるんのおっぱいから、再度母乳を搾り取られる。


じゅちょりっ! じゅちょりっ! ぐちょりっ! ぐちょりっ!

「ひゃあああぁぁあぁぁぁぁぁぁぁ~~~~~~」

ん”ち”ぃ”ぃいゆ”うう”ぅううぅ~~~~っっ!! どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ、どぴゅっ!

「~~~~~~~~っ”っ”っ”!!!」

真上を向いて何もしゃべれなくなる。・・・媚薬がおっぱい内部に染み込んでいる状態で、膣内を刺激されながら哺乳を維持されると、見当が付かないぐらいの大きな快楽の波が、脳裏にどばーんと押し寄せる。

「ひゃ、ひゃ、ひゃ、ぐ、へっ、ひゃっっ・・・あひゃあっっ・・・」

びゅーーーっ・・・びゅーーーーっっ・・・。

おっぱいからミルクを、膣内から愛液をいっぱい漏らしながら、私はとてつもない絶頂を迎える。


「え”・・・は”・・・ひ”・・・ひ”ぐっ・・・」

ぼちゃぼちゃぼちゃびちゃびちゃびちゃびちゃぁぁああ~~~~。

拘束調教搾乳機の下部の部分に、黄色い液体を大量放出・・・。

「あ~ららぁ~。おしっこまで漏らしちゃってぇ~。・・・アクメに達したまま、搾乳と搾汁と搾尿が同時に行われるなんてぇ、とっても素敵だわぁ~~、萌子ちゃぁ~ん。

・・・休憩中に水分と栄養をたくさん補給してあげるからねっ! 拘束されたまま、限界まで体液を漏らしなさい。・・・そうそう。それとー・・・萌子ちゃんの萌ミルクは、後で私が全部飲み干してあげるからね~っ!

それじゃー、拘束監禁搾乳モードに移行するね~。・・・快楽の海におぼれながらー、私のために、いっぱい、いーっぱい、萌ミルクを放出するのよ~。・・・放置プレイ、頑張ってね~っ」

「あ”・・・あ”・・・・ぁ”・・・・・っ」

茜さんは、拘束調教搾乳機の設定を継続調教搾乳モードに変更した後、その場からいなくなる。


む”にゅ”ぅううぅ”~~~~っっっ!! ちゅ”ーーっ! ちゅ”ーーーっっ!! ちゅ”ーーーーっっ!! どちゅりっ! どちゅりっ! どちゅっ! どちゅっ! どちゅっ! どちゅっ!

「いあ”・・・ぁ”あ”っっ、・・・い”あ”ぁ”・・・や”、あ”っ・・・あ”ああ・・・あぁ・・・あ・・・ぁ・・・」

それから長~い間、私の体に催乳処置と搾乳処置が交互に行われる。


「あ”・・・・・あ”・・・・・っっ」

・・・いつしか、自分のことがわからなくなり・・・ミルクを放出することに喜びを感じ続ける、飼い慣らされた家畜へ・・・堕ちていく・・・。

もしかしたら・・・この後、人間牧場に出荷されて・・・エサを対価に、いつまでも、いつまでも、母乳を吸い上げられたり、快楽調教セックスをさせられたりするのかもしれない・・・。



「にゃへへへへぇえ~~~っっ」

とびっきりの笑顔になったまま、頬を抱き枕にこすりまくって、いやらし~妄想に花を咲かせる。

あ~~~っっ、私、どうしようもないマゾヒズムだぁあぁ~~~っ! こ~いう被虐的思考を働かせると陶酔(とうすい)しちゃううぅ~~~。

茜さんに性開発調教をされすぎてるよぉ~~おぉお~~~っ! ああいう妄想の内容を行われることが大好きな、ド変態になっちゃったよぉおおぉ~~~っ!!


・・・抱き枕をだいたまま、恥ずかしい感じでびくびくと悶える。・・・いやらしい自分を自虐的な観点から考察すると、さらにいやらしくなる。・・・興奮度がぐぐーんと増していく。

「にゃぁあぁぁ~~~」

すごくイイ気分になったまま妄想オナニー続ける。・・・妄想しかしていないのに・・・私のおぱんつは、マン汁でじっとり蒸れ蒸れ状態になっていた・・・。

いっっ、いやらし~~~っっ!! 淫らなにおいがする淫乱雌猫パンツを作っちゃうぐらいに、私っていやらしいいぃぃ~~~~っっっ!!! わはぁ~~~~っっ!!

・アダルトグッズの紹介
U.F.O. SA
U.F.O. SA







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


Duga

◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。



Duga