◆他サイトの更新情報です (画RSS) /  優良アダルト動画の紹介 (PR)

 ▼ サイトの簡易説明 /  ▼ オススメの記事一覧

Duga

◆ 関連する記事


Duga


媚薬入りローション風呂で拘束! 2


◇ 媚薬入りローション風呂で拘束! 2

「へんた~い、へんた~い。さーくらちゃんのー、へんたぁ~いっ!」

「い”やあ”あ”あぁあぁ”あぁあっっあ”あ”あっっ、あああ”っっっ!!! あ”っっ・・・!!!」

媚薬入りローション風呂の中で、防水用の診療台に拘束されている私は・・・、茜さんのとってもいやらしい言葉責めを受け続け、頭の中がぐにゃんぐにゃんになっている。


「あ”ーーーっっ!! あ”ーーーーーーっっっ!!!」

全身に媚薬が吸収されていく。拘束された腕や脚のけいれんが止まなくなり、一定のリズムで快感を生み出すようになっていく・・・。

きゅううぅうぅう~~~~っっ!!!

「ーーーあ”ひ”んっ!!!」

ーーーが、一番効いたのは四肢ではなく、アソコの奥底であった。

「な、な”、な”っっ!! なんでえええええーーーっっっっ!!? あ”~~~~っっっ!!!」

まるで、振動する電マをお股にず~っと押し当てられるような感覚・・・。

媚薬液を直接触れているわけではないのに、アソコとその奥が猛烈に気持ちよくなり、わけがわからなくなっていく・・・。


「ん~~? なんでって・・・ひょっとして、股間のことかしら~? ・・・桜ちゃんは知らないのかなー? 女性って「変態」だとぉ~、肌を優しく刺激されるだけでも、股間をすっごく気持ちよくさせちゃうのよ~。

・・・単に変態だから気持ちよくなってるんじゃないのかしら、ねぇ? 変態ちゃん? うふふふふ・・・」

「へ”・・・へ”んたい”じゃあ・・・あり、あり、あひゃっ!! ひゃ”へ”ーーーーーーーーーっっっ!!!」

「へんたいへんたいへんたいへんたいへんたいへんたいへんたい」

「い”ーーーーーーあ”ーーーーーーーーーーーーっっっっ!!!」

耳元でずっと「へんたい」と連呼される。サディスティックなメイドのお姉さんによる、絶対に無視することができない、一方的な言葉責め。

泣いても喚いても暴れても悶えても中断されることのない・・・いやらしい、いやらしい言葉責め。変態というあおりの精神アタック。


ばちいぃいぃっっ!!

「ひょぎょあ”っっ!!!」

体内に美しい電撃が走り抜ける。

「あ”・・・・あ”・・あ”・・・・っっ!!」

ガタガタと震える。・・・これから、絶頂の大波に飲み込まれてしまうことを知ってしまう。

「う”あ”、あ”、あ”っ、あ”あぁあ”っっ!! い、い、い、い・・・あ”ぁあ”・・・!!」

「おーイくの~? イっちゃうの~~? イったら変態確定よーーーっっ!!」

「い”くのぉおぉ・・・やぁああ~~だぁあああ~~~~っっ!!! ひへあへひゃあああ~~~っっ!!! あ~~~~っっ!! いくっ!! あ、ああああああ~~~~~っっっ!!!」

あぁ・・・わたし、わたし、わたしっ、わ~た~しいいぃいいぃっっ!! 気持ちいい、イイ、良すぎ、ああ、お股が、最高、あ、ああ、ああ、あああああ、しあわせ、たまらない、かいかんっ! あひゃああええにゃああひあえおぉあ”ーーーーーーーーっっっっ!!!


「~~~~~~~~~~~っっっっ!!!」

びくんっっっ!!! びくんびくんびくんびくんびくんびくんびくん・・・びくんっっっ!!!

無理矢理、媚薬漬けにされた状態のためか・・・とうとう我慢できなくなる。

・・・息を止めて、目とぎゅっと閉じる。・・・快感を押さえ込む意識を、ぜ~んぶ解除してしまい・・・、

びりりりりりぃぃぃぃっっ!!

「ああ、ああ、ああ、あああっっ!! ひゃへあへほひぇあらひぃひぇああああああほあ”ーーーーーーっっっ!!!」

乳首内部と膣内深部に凄まじい快楽電流が流れる。・・・私は気持ちの良い絶頂を引き起こした。



・・・。

ちゃぽん、ちゃぽん。

「はぁああ~~~ひゃへえええ~~~~~~?」

ちゃぽん、ちゃぽん。

「ああぁ~~~ああああぁああぁ~~~~・・・」

絶頂してから、おかしくなってしまったのだろうか・・・? 媚薬が体にどっぷりと染み込み、なんだかと~っても愉快な気分で・・・楽しい。嬉しい。喜ばしい。


「変態ちゃ~ん。・・・貴方は立派な変態になっちゃったのよ~。わかる~? 変態だから媚薬漬けが心底気持ちいいのよ~」

「わたしいぃいい~~~? へんたぁ~い~~~?」

「うん、そうよー。へんたいよー」

「へんたい、へんたい、あ、あ、あは、あははははは・・・っ」

泣き笑いをしながら、びくびくしてもう一度絶頂する。・・・ローション風呂の中に、愛液をぬっぷりと漏らしてしまう・・・。


「んーー。・・・でもね~っ。自分が変態だと認識できるうちはー、まだまだ変態じゃないわ~。・・・うふふ。これから桜ちゃんを、真の変態にしてあげるっ。

・・・このまま拘束強制媚薬漬けを続けたら~・・・そのうち、罪深くて卑屈で淫乱な変態性欲に気がつくわよ。理性と引き替えに、ねっ!」

茜さんは、私がさらに変態になってしまうことを楽しげに語りつつ・・・この場から遠ざかっていく。

「・・・っ? あれぇえ~~? あかねさぁん、どこへえぇ~~~」

「うふふ。桜ちゃんが完熟するまで休憩よ~ん。・・・脳波測定で忘我を確認できたら、ちゃんと戻ってくるからねっ! そ・れ・ま・で~、放置プレイで、強制継続媚薬漬けを楽しんでねえぇ~~」

ガラガラガラ、バタン。・・・ガチャリ。

あっけなく・・・そう、あっけなく・・・茜さんはバスルームの扉を開けてから、出て行ってしまった・・・。

しかも、部屋の鍵をかけたみたいだ。・・・もう、茜さん以外は・・・誰も部屋の中に入ってこれない・・・。


「え”ーーーーっっ! ちょっとぉ、ちょっとぉ、いやぁ、いやぁあぁ~~、置いていかないでぇ~~~っ!! あ”っ!! くうぅうぅうっっ!! イイっっ! ああっっ!! うわぁああああ~~~っっ!!」

ぼちゃぼちゃぼちゃぼちゃぼちゃぁっ!

媚薬風呂の中で激しく抵抗する私。だけど、診療台にガッチリと固定されているので、やっぱり動くことができない。

・・・このままずーっと媚薬漬けにされてしまうことを考えると・・・顔から冷や汗がいっぱい垂れてくる。

「うっ・・・うっ・・・こ、これはぁ、あっ、あっ・・・うへぇああぇああぁ・・・」

パチリ。

ご丁寧に、部屋の電気まで消される。・・・私は密室の中で拘束されて、脱出不可能になったまま・・・媚薬ローションに浸された状態で、その場に取り残されてしまう・・・。



・・・。

「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・・あっっ!! あっ、あっ、あっ、あっ、び、びやくがぁ、あぁ、もぉだめぇっ! もうダメえぇえぇっ!! もぉだめぇええぇえーーーーっっっ!!!」

ものすごい興奮と快感が、私の体をじわじわと襲い続ける。

「あ”ああ”あぁぁ”ああ”あぁぁあっっ!!」

いくら悶えても、いくら叫んでも、誰にも聞いてもらえず、誰にもわかってもらえず・・・時間の経過とともに、私はとても変態な人間に仕立てあげられていく・・・。


「あ”・・・へ”あっっ・・・や”ぁ”あ”・・・」

ぬめぬめのローションが執拗に絡みついてくる。・・・快感によって四肢をグイッと動いてしまうことで、ローションのぬめる感触がお肌をさらに気持ちよくさせてしまう。・・・底なし沼に、ずぷずぷと沈んでいる様な感覚だ・・・。

「ああ・・・ぅ、あ、・・・た、助けてぇ~・・・っ、あ、ああっ・・・むりぃ、もう限界ぃ、おかしくなるぅうぅ~~~・・・。

お股がぁ~、あ、ああんっ・・・気持ちよすぎてぇえぇ、あ、あ、・・・お、お、おかしくなっちゃうぅ~~~っ・・・。

あ、も、もえこぉっ・・・かえでぇ・・・あかねさぁんっ・・・わた、し、・・・あ、っ、む”りっ!! ・・・あ、あ・・・あ~~~~~~・・・っ」

心が苦しい。せめて、せめて誰か、せめて誰か私を知って欲しい。私の叫びを聞いて欲しい。

淫乱で良いから・・・おかしくて良いから・・・変態で良いから・・・私を理解してえぇええ~~~っ!!


「ああ・・・あ・・・あ・・・あ・・・・・・」

・・・しかし、密室内でどれだけ叫んでも、そんな願いなど叶うわけがなく・・・私の裸体は、媚薬液が発する妖しい快楽に、じんわりと包み込まれていく・・・。もう諦めていいんだよ、と優しくささやいてくる・・・。


じわじわじわじわあぁああ~~~~っ!

「はぐぅう”うぅ・・・ん・・・っっ」

ついに、抵抗できなくなる。快感が自身の許容量をはるかに超えてしまい、体の全てが至高の快楽で満たされる。

「え・・・えひぇ・・・えひぇひぇひぇひぇっ」

・・・なんとなくわかる。・・・自分が媚薬液に浸され続けて、おかしくなっていくことを。

「あああへへへあああぁえへへへへええへへへへへ~~~~っっ・・・・・・」

・・・常識をまとった私は身ぐるみをはがされて・・・野性時代の頃の人間に帰還していく・・・。


ガチャガチャガチャガチャガチャッ!!

ぬちょりぬちょりっ、ぬちょぬちょ、ぬちょぉおぉっ!!

「ああ”ぁあああ”あっっ!!! あ”ーーーっっ! あ”ーーーーっっ!! あ”ーーーーーーーっっっ!!!」

それでも抵抗する。とにかく抵抗する。闇雲に暴れる。

・・・けれど、最後の最後まで頑張って抵抗したところで・・・無意味だった。・・・物理的な解決方法がないのだ。どの選択肢を選んでも、私はおかしくなる。・・・つまり、絶対におかしくなる。

あああぁあぁ・・・あ、あ、あ、・・・・・・あぁぁ・・・ぁ・・・ぁ・・・。

それをその身で理解してしまったとき・・・身体は抵抗することを諦めてしまう。・・・思考を放棄したら、淫乱な変態になるまで、そう時間はかからなかった。


「あぁ~ああ~~~ぁひぇえぇ~~えええ~~ぇえ~~~ぇ~~~え~~~」

・・・裸体が拘束固定状態になったまま媚薬漬けにされた結果・・・、私は・・・大変いやらしいメスに・・・変化してしまった・・・。



「ふんふん、ふふ~ん」

実験待機室でのんびりと座り、鼻歌をうたっていた茜は・・・タブレットに映る映像で、桜が快楽落ちするまでの様子を愉しげに眺め続けた後・・・電気をつけて風呂場に戻る。


「あっ・・・あへっ・・・あへへへっ・・・あへっ・・・」

ーーーそこには、一匹の淫乱なメス犬が、びくびくと悶えていた。

完全な恍惚状態であり、音を立てても、視界に映っても、声をかけても、何も反応が得られない。

・・・ひたすら、体を震わせて・・・か弱い淫声をもらし続けている・・・。


「あ~ららぁ~~~。桜ちゃん、見事に変態化しちゃったわねぇ~。・・・どぉ~れ。この後ベッドルームでー、どれぐらいイヤらしい子に変貌しちゃったか、お姉さんが確認してあげる~」

ぺろりっ。

舌を怪しげに動かす茜。・・・ニヤリと笑いながら、媚薬漬けの実験を終了させるのであった・・・。

・アダルトグッズの紹介
姫なかせクリーム
姫なかせクリーム







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


Duga

◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。



Duga