◆他サイトの更新情報です (画RSS) /  優良アダルト動画の紹介 (PR)

 ▼ サイトの簡易説明 /  ▼ オススメの記事一覧

Duga

◆ 関連する記事


Duga


生のオナペットに中出しセックス 2


◇ 生のオナペットに中出しセックス 2

にっちゅにっちゅ、にっちゅにっちゅ!

ぎっ、ぎっ、ぎっ、ぎっ、ぎっ、ぎっ。

「あん、あん、あん、あん、あんっ、あ~~ん~~っ!」

バックの体位で拘束されたまま、膣内を突かれ続ける私。・・・愛液がどっぷりと漏らすことで、挿入速度をよりスムーズにさせてしまう。


「後背位の良いところわねぇ~。・・・うっ、あ・・・、萌子ちゃんのぉ、可愛らしいプリンプリンな桃尻が、よおぉ~く見えることなのよぉ~~っ! んっ・・・」

茜さんは、抱きつくのを止めて挿入しながら立ち上がった後・・・私のもっちりするお尻をガシッとつかんで、ぷるんぷるんのふにんふにんに回し始める。

「お、おあ、おああっ!」

「はぁ・・・んっ、・・・ちょ、ちょっと、休憩~」

じゅぷりっ!

「あひぃっっ!!」

休憩っていってるのに、休憩してないぃいぃ~~~っ! うまみたっぷりの肉棒を、私の体内の奥に差し込んじゃってるぅうぅ~~~っ!! おいしぃいぃ~~~っ!


「ふふっ・・・。萌子ちゃんには休憩を与えないわ。・・・あくまで私だけの休憩~。こんな卑猥なオナホールと継続的にセックスしてたら、すぐに白濁液を生搾りされちゃうからねぇ・・・」

むに、むにむにむにむにっ・・・。

「はぁああぁ~~~うぅう~~~っ!」

おちんちんを奥まで挿入されたまま、おしりを強く揉まれる。・・・私だけが快感を一方的に蓄積していく。

「普通の女の子では、こんなことしてもダメなんだけど~・・・萌子ちゃんは特別だからねぇ~。・・・性開発されたエッチなお尻は~、こうやってモミモミされるだけで感じちゃうでしょ~? 挿入中なら、なおさらかしら~?」

むにゅ! むにゅむにゅむにゅむにゅっ! むにゅぅ~~~っ!!

「ひぁあああああ~~~~~んっっ!」

「良い鳴き声ねっ! 生のオナペットは、自分の意思に関係なく、どんどん気持ちよくなっちゃいなさぁ~い! そ~れそれそれぇ~っ!」

お尻を揉まれて揉まれて揉まれまくる。・・・お尻の穴がひくひくと動き、膣内の締まりがさらに良くなって、快感が体の中にじゅわ~~っと広がっていく。


む~にむ~に、むにむにむにむにっ!

「あっ・・・あああっ・・・あっ・・あっ・・・ああっ・・・!!」

「それにしても・・・低身長の美少女を自分が独占したまま、拘束で動けないようにさせて~・・・性欲処理のためだけにオナペットとして扱い、セックスするのって・・・すっごく興奮するわねぇ~」

や、やっぱり・・・私、茜さん専属の精液回収型の肉便器になっちゃってるうぅうぅ~~~っ!! いやらし~~~っ! い~や~ら~し~~~っっ!!

「膣内の引き締まり具合でわかるわよ~。萌子ちゃんが淫乱な妄想してるの。・・・大方、強制的に肉便器かオナホ化されていることで、いやらしいと思ってるんでしょ? マゾっ子によくある思考だわ~」

もみんもみんもみんもみんっ!

あ~~~っ! ば~れ~て~るぅ~~~っ! ああ、おしり、ああっ! い、い、あ、あ~~~っ!!


「ふぅーーーっ・・・。さぁ~て、ピストン再開といきましょう。・・・ここからはー、私が射精しちゃうまでー。萌子ちゃんのムレムレになったいやらしいオマ○コを、し~っかり突いてあげるからね~っ!」

ぬるっ・・・。

「あへっ・・・」

じゅっこっ! じゅっこっ! じゅっこっ! じゅっこっ! じゅっこっ!

「あっ! あんっ! ああんっ! あぁあんっ!! あぁーーーーーんっっ!!!」

閃光が視界をよぎる。・・・あ、あ、あっ・・・あへぇえええ~~~っ!?


ぱちゅんっ! ぱちゅんっ! ぱちゅんっ! ぱちゅんっ!

「はっ! はっ! はっ! はっ! はっ! あぐぐぅううぅう~~~っっ!! おまた、おまた、い、いく、いく、いく、あ、あ、あ、あ~~~~~~~っっ!!!」

「あら。・・・もうイっちゃうのぉ~?」

ぱちゅぅぅんっ!!

「あ”ぅあっっ・・・・・!!!」

良い感じの一撃を膣内深部に送り込まれ、ポルチオ性感から尾骨までビリリッとくる。・・・しあわせぇ~。

「いっいっ、いくぅ~~~っ! いくぅうぅ~~~っ! いっ・・・・あへっ?」

絶頂することにすごく期待して、体をよじらせながら喜んでいたが・・・、以降、茜さんがおちんちんを動かさなかったため、イキそうでイケなかった・・・。


「ちょっ・・・。も、もうちょっと突いてくださぁあ~~い~~~っ」

「ダメよぉ~。・・・萌子ちゃんは私のオナペットなんだから、私がイかせたい時にイかせることにするわぁ~」

「そ、そんなぁああぁ~~~! ひ・・・ひどいです~ぅうぅ~~~っ・・・」

じゅるっ・・・。じゅぼりっっ・・・!

「ーーーあへんっ!!」

「・・・別にイかせないわけじゃないわよ。単に絶頂するタイミングをご主人様である私が自由に決めるだけ。

男性の人が絶頂するときはね~。・・・あ、いや、訂正。おちんちんで絶頂するときはね~。最後は野獣のように、とっても激しく突きまくるのが最高に気持ちいいのよ。

・・・射精感がきたら~、最後の最後まで射精しないようにがんばりながら、動けなくなるまでずーっと突き続ける感じかしらね。

私は、理性が完全にマヒしてしまうような中出し絶頂を迎えたいの。・・・だ・か・ら~、ここからは電マを使って一緒に昇天しましょう?」

へっ・・・?


ぐぐぅっ・・・。

どこからか用意された電マが、私のお股に当たる。・・・私の笑顔がいびつなものになる。

クチッ! ヴィイィィィイィンーーーッッ!

「あひーーーーーーーっっっ!!!」

「そぉれっ、ノンストップピストン攻撃~っ!」

ぱんっ! ぱんっ! ぱんっ! ぱんっ! ぱんっ! ぱんっ!

「あ”あぁ”あ”あ”あぁ”あぁあ”ああ”あぁあ~~~あ”あ”ああ”~~~~あ”あ”あ”~~~~~~~っっっ!!!」

ずんっ! ずんっ! ずんっ! ずんっ! ずんっ! ずんっ!

「だめっ! だめっ! だめっ! だめっ! あ”っ!! きもひいぃいい~~~っっ!!! 電マとセックス、だめひいいぃいいぃ~~~~~っっ!!!」

ヴゥウンヴゥゥンヴウゥゥン・・・!

「くぅ、あ、私も、で、でる、あ、っぐっ、~~~~~~っっ!!!」

息を飲み込む茜さん。・・・出ると言っておきながら、特に出さずに突・・・あれ? ひょ、ひょっとして・・・滅茶苦茶我慢してません?


ヴィヴィーーーーーーーーッッ!

じゅこっじゅこっじゅこっじゅこっじゅこっ!!

「きゃああぁあぁああぁあ~~~~~~~~っっ!!!」

太くていやらしい勃起おちんちんによる、激しい連続挿入攻撃を受ける。・・・受ける! 私のと~っても弱いところに大量連打突きをしてくる。

「あっ!!! 萌子ちゃんっ!! もおだめぇえええ~~~~っっ!!」

おっぱいを背中にむにっと押し当てられながら、体をぎゅぎゅ~~~っと強く抱かれる。


ヴゥウゥウウウゥウ、ヴゥウウゥゥゥウッ!

じゅちゅじゅちゅじゅちゅじゅちゅじゅちゅっっ!!!

「い”あ”ーーーーーーーーーっっ!!!」

「も”え”こちゃああぁああぁあぁぁあんっっっ!!!」

大きな絶頂の波に飲み込まれる。


「あ”ぎゅんっ!!!」

びゅうううぅううぅるっるるるるうぅぅぅう~~~っっ!!! どぴゅぴゅぴゅぴゅぅうぅ~~~っ!! どくんっっ!! どくんっ!! どく、どく、どく、どくっ・・・。

私の理性が吹っ飛んだ瞬間・・・お股から電マが離れて、生暖かくて臭~いエッチな疑似精液を大量に射精される。中出しされる。どんどん注入される。白い液体によって、どっぴゅどぴゅのぐっちょぐちょになる。

・・・私の膣内が、とてもいやらしい臭いで満たされていく。


「・・・・っっ”・・・・っっ”!!!」

だけど、それがと~っても幸せだった。・・・茜さんのおちんちんによって絶頂を迎えながら中出しされることが、何よりも嬉しかった。



びくっ・・・びくっ・・・!

それから数十秒間・・・茜さんは動かなかった。・・・私にがっしりと抱きついて、びくんびくんしたままである・・・。

「はあぁあふぅうぅいいぃいぃ~~~~~。・・・あ~~~、オナペットへの大量射精、すっごく快感だったぁあぁ~~~ぁあ~~~。

我慢に我慢を重ねた後・・・、我慢が制御不能になったときに起こす射精って、凄まじい快感なのよ~」

・・・動けるようになったら、私の膣内からおちんちんをじゅぼっと引き抜いて・・・私の背中で自身の頬をコシコシしながら、嬉しそうな態度で感想をつぶやく。


「はぁ・・・はぁ・・・あ、茜さんのぉ、中だしぃ・・・とっても気持ち・・・よかったですぅうぅ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

「私もよ~、萌子ちゃぁん。・・・今日は私の希望するオナペットプレイを受けてくれてありがと~っ!」

「えへへーーーっ」

私は頬を赤くして照れる。・・・茜さんが喜んでくれると、私も嬉しい。


「・・・それじゃあ、ここからは精液をたっぷり蓄えたまま、快楽落ちするまでファッキングマシーンにズコズコと突かれちゃいましょーか! ・・・どーせ、一回の絶頂だけでは、満足できていないでしょ~? 萌子ちゃんは淫乱だからねっ」

「へ”っ・・・!?」

どちゅりっ! ・・・じゅこじゅこじゅこじゅこじゅこっっ!!

「あ”っ! あ”っ! あ”っ! あ”~~~~~~~~っ!」

SM部屋の端においてあったファッキングマシンを移動させた後・・・、ディルドを挿入されて、アソコをずっこずこのじゅっこんじゅっこんにされてしまう。


「んふふぅ~~。・・・私が性管理しているラブラブ愛玩ペットにも、ちゃ~んと性欲処理を施してあげなきゃね~」

どちゅどちゅどちゅどちゅどちゅっっ!!

「い”あ”ぁあ”あ”ぁああ”ああ~~~~~っっ!!!」

ふんわり気分で快感をいっぱい蓄えた私にとって、ファッキングマシンのピストン攻めは大変効果的だった。

絶頂する。びりっとしびれて絶頂する。いっぱい絶頂する。


・・・この後、私の性欲がスッカラカンになるまで・・・拘束されたまま、ずーと、ずーーと、イかされ続けるのであった・・・。

へぇえぇにゃああぁ~~ぁああ~~ぁあ~~~・・・。

・アダルトグッズの紹介
激安!ピンクローター
激安!ピンクローター







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


Duga

◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。



Duga