◆他サイトの更新情報です (画RSS) /  優良アダルト動画の紹介 (PR)

 ▼ サイトの簡易説明 /  ▼ オススメの記事一覧

Duga

◆ 関連する記事


Duga


騎乗位オナニー用の絶頂マシン 2


◇ 騎乗位オナニー用の絶頂マシン 2

頭を真上に向けて、口をぽっかりと開けたまま・・・、ビクンッ! ビクンッ! と、体幹を無意識に動かす。

「へにゃぁああぁ~~~ぁ~~~」

筋肉の硬直が解けると、快感は薄れ・・・安らぎを得たような幸せが、体の中でふんわりと浮いてくる。


「オマ○コから、愛液がただ漏れよぉ~。萌子ちゃぁ~ん」

もみんもみん、もみもみもみもみっ!

私が絶頂中の時も、ずーっと、おっぱいをもみもみしていた茜さん。・・・黒い台をべっちょべちょにした私の淫乱汁について、妖しげに指摘する。

「だ、だってっ、えへ・・・騎乗位、拘束、バイブぜめぇ・・・き、気持ちいいんですもん・・・」

恍惚(こうこつ)状態の私は、ぽへぇ~~~っとしたまま、茜さんの言葉責めを聞き流す。・・・うっとりぃ~~~。


「ふふっ。この発情っ子がぁ~~。こんなに気持ちよくなっちゃってぇ~。・・・ほらほら、こうされちゃうといいんでしょ~? すごく感じちゃうんでしょぉ~?」

も~み、も~みっ! もんにゅり、もにゅもにゅっ!

「やぁあぁぁあぁ~~~んっ!」

おっぱいを強く揉まれる。乳首と違い、胸の揉まれる動作だけでは、それほど感じることはないのだけれど・・・茜さんにせめられているっということに、妙な快感を感じてしまう・・・。

「おっと、波乱な萌子ちゃんのためにもー・・・、性感を育んだ乳首を、もっと刺激してあげないとねー。・・・ローター、ローターっと」

私があへへぇ~んな状態の時に、茜さんは後ろからピンクローターを持ってきて・・・乳輪をふにっと潰す感じで押し当てる。・・・そこから追加で、固定用のテープをぴーっと敷いて、ローターが乳首から離れられないようにさせる。


「乳首のダブルローターぜめ、いくわよぉ~」

ぶるぶるぶるぶるぶるぅ~~~。

「あ~~~~ぁ~~~~っ」

私の両乳首が同時に震え出す。き~も~ち~い~ぃ~っ!

「さらにー、挿入中のディルドバイブを再稼働~」

ヴヴゥゥゥウゥゥーーーーン。

「いっひいぃいぃぃいいっっ! あ~~んっ!! あぁ~~~んっっ!! い、イイですっ!! イイですぅうぅぅ~~~っっ!!」

快感がたっぷり詰まった膣内に、適切な刺激が与えられる。・・・まるで、快楽の木を揺らされて、おいしい実がぽろぽろ落ちているような気分だ。


「まだまだぁ~! ここからはー、オマ○コ周りのバイブ機能も動作開始ぃ~!」

ヴヴゥゥーーーーーーン。

えっ、ちょ、そこ動くのっ!?

・・・挿入されているディルドバイブの根本の位置・・・膣口とクリトリスとお尻の穴が・・・内部の振動とは別のパターンで震え始める。

「ひゃあぁあぁあああぁぁぁ~~~~~~っっ!!」

「おぅおぅ、腰の動きが制御できなくなっちゃうぐらいに、気持ちいいのかしら? 膣口やアナル周辺だって性感がいっぱいあるんだから、入り口付近を振動させるのもいいものなのよぉ~んっ」

「ひゃーーーっっ!! ひゃわわわわわわわぁぁあ~~~っ!!」

お股やお尻がひくひくと動く。この辺一体がどこもかしこも、イイ気持ちっ! 中の気持ちよさと連結して、お股全体が心地の良いしびれで満たされていく。


「あんらぁ~~? まだそんなにも、愛液を垂らしちゃうのぉ~~?」

「ひゃ、は、は、にぇ、にぇぇ~~~っ・・・」

「普通は一度絶頂したら、愛液の量って結構減っちゃうはずなんだけどなぁ~。萌子ちゃん。・・・あなたの子宮、どーしても受精したいって言ってるわよぉ~」

「あ、あぁあぁ、あぁ、あ、あぁ、あ・・・」

なんかすごくいやらしーことを言われている気がするけれど、脳が言語を処理できない。乳首ぜめのローターと膣内を刺激するバイブが蜜の味で、私の理性があやふやになってくる。

脚をくねらす。ベルトがきしむ。太股をけいれんさせる。ベルトが抑える。

クリティカルヒットは止まらない。私の大弱点である穴の中をバイブは絶えず攻撃しており・・・私の脳裏は、送られてくる気持ちの良い快感のエネルギーを、直撃し続ける。


「あぁああぁあああああ~~~~っ!」

さっきより深~い絶頂の波が訪れる。イ~クぅうぅぅ~~~んっ。

「はいはい。・・・淫乱な子は、どんどん、しあわせになっちゃいましょ~ね~」

茜さんの手の平が、私のお股に被さる。

むにゅっ。

・・・ほぇ?

細長い楕円型の器具がお股に接触する。あんっ・・・これ、隠しロォタァだぁあぁぁ~~っ。

ヴヴーーーーーーーーッ。

「にゃはーーーーーーーーーーーっっっ!!!」

お股を外側からローターで震わされた瞬間・・・煌(きら)めく愉悦が、私の脳を支配した。



「にゃへ・・・んひゃ・・・にゃひ・・・ひゃひ・・・っ」

きもひ、いいよぉおぉぉ~~~。お股がぁ、だぁ~めぇ~~ん。・・・へひっ、へひっ。

先ほどと違い・・・今度は絶頂後もディルドバイブが振動している。

・・・私は体を色っぽく反らしながら、腰を前後に動かして、ディルドバイブと膣壁を摩擦させる。・・・体内がグッチュグッチュと音を立てて、エッチなお汁が追加で漏れてくる・・・。


「萌子ちゃんって、エッチな声も積極的に漏らしちゃうよねー。・・・かわいいんだからぁ、もぉ~っ」

ぐぐぅぅぅーーーー。ゥゥ”ウウウ”ーーーーーーーッッ!

「ひゃわぁああああああ~~~~っ!」

下腹部をゆっくり押されながら、ローターでお股を刺激されたため・・・それに反応して、あま~い声がいっぱい口から漏れてくる。


「尾骨から触っても、うっすらとわかるわぁ~。膣内のし・ん・ど・う~っ! ・・・オマ○コとその内部全体をた~っぷりと刺激しちゃうバイブ、大好きなんでしょ~?」

「バイブしゅきぃいぃぃ! だいしゅきぃいぃぃっっ!!」

「ローターはどーお?」

「ローターも気持ちいぃいぃ~~でぇ~~すぅうぅ~~~~っ!」

「ふふっ・・・そうねっ」

私の淫らな様子を見て、嬉しそうに笑う茜さん。お股のローターを一度切ってから、乳首同様、こちらもテープ止めを行い・・・私の下腹部に固定する。


「電マの強い刺激も悪くないけど~、女性はやっぱり適切な振動で快感を与えるのが一番よね~。ほ~れ」

ヴゥーーーーー。

「ひ、ひぐっ・・・ふぁっ・・・ふぁあぁあっ!」

お股が再び震え出す。あ、だめっ、だめっ、き、気持ちよすぎっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ!

「腰巻きベルトのちょっと下・・・腰の横の裏側にも、ローターを固定していきましょ~。ここのふにっとするお肌をローターで刺激すると、気持ちいいのよぉ~?」

ぺたり、ぺたぺた。

・・・貼られていくローターの数が増えていく。


ゥ”ゥ”ウ”ゥ”ゥ”ゥゥゥ・・・。

「へひーーーーーーーーーっっ!!」

びっくんびっくんびくびくびくびく。

私は体をぶるんぶるん、ぶるるんちょっ! ・・・と、けいれんさせながら・・・より濃厚な笑顔で泣き叫ぶ。・・・ローターの快感がたくさん積み重なって、なんかとってもイイ気持ち!

・・・腰がしびれる。乳首が甘い。・・・ああ、もうしあわせ、しあわせ、気持ちよくて、しあわせだぁあぁあ~~~・・・。


ヴゥウゥゥーーーーーーー。

5つのローターと、膣内に挿入されたディルドバイブの振動音が、いやらしく音を出し続ける。

私のなめらかな体の内部は、それらの振動により、とろぉ~りと・・・あまく、あま~く、骨抜きにされてしまい、至る所で蜜を生成するようになる。

ぶるるるるんっ!

ぽっかぽかの体が、汗を垂らしながら・・・もう一回、身震いを起こす。


・・・とぉろとろぉ~~~。

へぇえぇにゃぁあ~~ぁあ~~ぁ~~~・・・。

ーーーびくびくっと震え上がった後、振動するディルドにぬっとり汁を追加で大量にぶっかけて、私はアヘアヘな笑顔のまま・・・とても気持ちの良い絶頂を迎え入れた・・・。

・アダルトグッズの紹介
みちのくディルドJr
みちのくディルドJr







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


Duga

◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。



Duga