◆他サイトの更新情報です (画RSS) /  優良アダルト動画の紹介 (PR)

 ▼ サイトの簡易説明

Duga

◆ 関連する記事


Duga


陰核に媚薬を塗り続けた結果… 3


◇ 陰核に媚薬を塗り続けた結果… 3

「うううぅぅ~~~~・・・」

目隠し拘束状態の私は、M字開脚させられたまま、悶え続けている・・・。

とくんっ、とくんっ、とくんっ、とくんっ!

クリトリスから膣内に熱いエネルギーが伝わり、お股も強く火照るようになる。


「おま○こから、いやらしい液体が垂れ流し状態よ~。この陰核用媚薬クリームは、そんなにも気持ち良いのかしら?」

茜さんは、私のエッチなアソコを多分嬉しそうに見続けてから、私の下腹部にしっかりオムツを取り付ける。

ぽふ、ぽふっ!

「んふぅ~っ・・・んふぅうぅ~~~っ・・・」

「大丈夫よ萌子ちゃん。脳波測定もしているし、本当に問題があったらすぐに処置を止めるから・・・」

私の頭を抱いて、おでこにキスをしてくれる。優しさと意地悪さが混じっている。・・・でも、そんな茜さんがいいのだ。そんな茜さんとするエッチがいいのだ・・・。


クリトリスが弾けそうで、とっても苦しい中・・・茜さんの優しさにふれて、ちょっとだけ気分が落ち着く。・・・だけど、クリトリスの快楽要求はそんな気持ちもじゅっと吹き消してしまう・・・。

私の世界が歪んでいく・・・。



「ん”ーーーーっ!! ん”ん”ん”ーーーーーーーっっっ!!!」

クリトリスに媚薬が効いてくる。

莫大な快楽要求が脳を刺激し、体がいうことを聞かなくなる・・・。

ぎちんぎちん、ぎゅちんぎゅちん。

がちゃがちゃ! かちゃかちゃ!

拘束ベルトを何度もきしませて、手錠をしつこく鳴らしながら、膝枷を徹底して動かす。


体の動く部分の全てが、クリトリスに刺激を与えてあげようという意志の元、暴れ続ける。・・・拘束具はその動きの全てを防止。・・・クリトリスの接触を頑なに拒否する。

「ん”ん”ん”ん”ん”ん”・・・」

どーしてこんな状態になってしまったのかも、今の私には理解ができない。

不満。・・・ただそれだけだ。

程良く気持ちよいけど、それより良いものが与えられない状態。どーしてもどーしても欲しいものが抑制された状態。


ひくひく・・・。ひくひく・・・。

クリトリスが猛烈にうずく。うずく、いっぱいうずく。


「んふううぅううっぅ~~~・・・」

我慢のしすぎで、私はおかしくなってくる。クリトリスはいつまでもひくついて、触ってもらえるように信号を出し続けている。触らなきゃイケナイ。そう、触らなければ・・・。

ひくんっ、ひくんっ、ひくんっ!

「ん”ん”・・・ん”・・・っ!!」

ぐちゃぐちゃな表情のまま、自らの要求が達成できないことに大きな不満をつのらせる。・・・悪循環だ。触れないから不満で、不満だから触りたくて、やっぱり触れないから不満・・・。

ひくひくっ、ひくひくひくひくっ!!

「ぐ・・・ふふっ・・・ふふふふっ・・・」

そんな不満があまりにも増大して、私の正常な心をギュウギュウに押しつぶす。・・・気がつくとまともな思考は消えていて・・・、クリトリスが触れない残念な自分に、妙な興奮を覚える。


っひきゅん! ひっくんっ!!

「ん”ふっ・・・ん”ふふっ・・・ん”ふふふふふっっ・・・!!」

・・・逃げ道を強引に作りだしたのかもしれない。不満を強引に快感で解消しようとしたのかもしれない。虐げられている不幸な自分を・・・。

かちゃり。

「ーーーーーっ!?」

急に目隠しが外れる。涙でうるおいすぎて、周りが全くわからないが。


「時間よー、お疲れさまー。脚の拘束も外すね」

膝枷の棒も外されて、脚が自由になる。・・・お股を摩擦したいのか、内股になって勝手にくねくねと動き始める。

えっ、えっ・・・!?

「オムツのシートも摩擦快感防止から、通常のに戻してあげるね。・・・後は、手錠を外してー、拘束ベルトも解除っ! さぁ、これで自由よ! 萌子ちゃ~ん」

・・・・・・!!?

「どうしたの? ぼへーっとしちゃって。・・・辛かったでしょう? 触っていいのよ。クリトリス」

「・・・・・へっ・・・へへっ」

なんかよくわからないけど・・・、とりあえず気持ちよくなっちゃっていいんだな、うん。

エッチして良いことの許可を頂いて・・・顔を変な風にしながら、瞳をキラキラと輝かせる。


「あかねしゃぁあぁぁ~~~んっっ!!」

ふわぁ~っと気持ちが高ぶった後・・・理性を失い、茜さんの懐に飛び込む。・・・そのまま押し倒し、脚を大きく広げて茜さんの太股にお股をぐっと押し当てる。

びりりぃぃっ!!

「んひょおおおぉおっ!!」

オムツの内側で、性感の起爆剤を大量に蓄えたクリトリスがこすれて、強烈な快楽電流が背中をかけ上る。背中はピーンと張って、びくびくびくっと震えながらハートをまき散らす。

「あぁ・・・あぁあ、ぁ、・・・ぁあ・・・あ・・」

・・・すごい。幸せだ。・・・茜さんの大好きな太ももに自分のお股がぴったんこしただけで、こんなにも気持ちいいなんて・・・動かしたらどうなっちゃうんだろう・・・にゅへっ・・・にゅへへへへっっ!!


「ふふっ・・・まったく。急に私を押し倒しちゃって。・・・まるで、今からオナニーしちゃうぞぉ~っ! といった変態的な表情よ。

そうねぇ・・・。我慢したご褒美に、私の体を使ってオナニーすることを許してあげる」

「・・・いいにょ?」

「いいわよ~。・・・そうしたかったんでしょ?」

わぁあぁぁ~~~。

私はとてもエッチな笑顔になりながら、オムツの中心を茜さんの太ももにこすり始める。


こしゅ~りっ。

「んぁあああぁぁああぁ~~~~っっ!!!」

こしゅこしゅこしゅこしゅ。

「ひひひっぐぐっ、ああ、あ、あ、あ、あっ!!!」

こしこしこしこしこしっ!

「あ”ーーっ! あ”ーーっ! あ”ーーっ! あ”ーーーっ!」

茜さんのメイド服をつかみながら、腰を激しく前後に振る。オムツの中でこすられる剥き出しのクリトリスは極上のおいしさで・・・、我を忘れ、とにかくお股をこすって、こすって、こすって、こする。


「ひぐううぅううぅっっぅぅひいいぃいぃぃぃーーー!!」

お股がおかしいぐらいに気持ちがいい。今まで我慢に我慢に我慢を積み重ねたものが全て解放されて・・・莫大な幸せをその身で味わう。

こしゅこしゅこしゅこしゅこしゅっ!!

「へへはは、あ、あ、あ、あへへへへへっっ!!」

アソコがとてもとてもイイ気分。じゅじゅわ~~っと温かくなって尿意をもよおす。

「ああ・・あ・・あ・・あ・・ああ・・っっ!!」

・・・このまま続けてしまったら、絶対にお漏らししてしまうというのに・・・腰の動きを全く止めることができない。


こしゅこしゅこしゅこしゅこしゅこしゅこしゅこしゅ!!

「ぅんんほひょあおあぁぁあああーーーーーっっっ!!!」

全身に電撃が落ちる。その瞬間、私の全ては良いという状態になり・・・、

オムツの中がとっても温かくなっていく・・・。

「・・・・・っ・・・っっ・・っ!!」

お漏らししている。すっごくイイっっ! ・・・おもらし、イイ・・・っっ! おもらし、嬉しいっ!!

「とってもエロ顔ね~、可愛いから動画で録画してあげちゃうっ!」

茜さんはタブレットで私の痴態を録画するが、全く気にならない。お漏らし絶頂した後も、茜さんの愛おしい太ももを使って、何度も何度も自慰行為をしてしまう。


「ああぁぁああへあぁあああひゃああぁぁああ~~~」

クリトリスがいつまでもビリビリする。全身がしびれすぎる。・・・私は、とーーっても幸せだった。



「はにぇえぇえ~~~・・・えひっ・・・えひっっ・・・えひひっ・・・」

最後はすごいアヘ顔のまま、オムツの中に限界まで潮と愛液を漏らし・・・びくびくとけいれんする。全身から汗をどっぷりと垂らし、気持ちよすぎて動けなくなる。

クリトリスはしびれる。刺激していなくてもしびれている。この小さなお豆が私の体の全てを支配して、動けなくなった後もけいれんの追撃をかけている。

「~~~~~~~っっ・・・」

お股とお尻はもうぐっちょうぐちょ。自分で漏らしたイヤラシイ液体をオムツの中で大量に蓄えて、淫乱としかいえないほどのにおいをまとい、恥を知らないエロすぎる下腹部を作り出していた。

私は泣き笑いしながら、茜さんの体の上で沈む・・・。


・・・陰核に媚薬クリームを塗り続けた結果、おもらしオムツを履いた私は、淫行を録画された状態で・・・意識が落ちるまで、ずーっと、ずーーっと、メイドさんの太ももでオナニーをしてしまいました・・・。ひぇにゃぁあぁ~~~・・・。

・アダルトグッズの紹介
姫なかせクリーム
姫なかせクリーム







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・エッチな乳首小説
快楽責めや同時責めに関する小説を制作しています。