◆他サイトの更新情報です (画RSS) /  優良アダルト動画の紹介 (PR)

 ▼ サイトの簡易説明 /  ▼ オススメの記事一覧

Duga

◆ 関連する記事


Duga


強制おもらし絶頂機姦 2


―― 強制おもらし絶頂機姦 2 ――

「ぼうこうの入り口を制御しているバルーンが解除されて、おしっこできるようになるのでーすっ!」

あ”へっ・・・!?

ぷっぶぅうぅああぁあしゃあぁあぁぁぁぁぁああぁぁっっ!!!

「おしっこだからねっ? 別におもらしじゃないからねっ? 不服なら少しずつ出せばいいのだからねっ? まさか一気に全部放出したりしないわよねっ?」

「~~~~っ、・・・っ・・・っっ!!」

盛大にお漏らし絶頂をした後に、そう指摘される。・・・手遅れです。


あぁあぁあぁ~~~・・・。

温水をぼうこうにたっぷり溜め込んだ後の大量放出は、大っ変っ、快いものであり・・・絶頂と相まって、頭の中がすごぉく、はっぴ~になる。

ぴくぴく、ひくひくっ!

か、体が言うことを聞かない。あたまもいうこときかにゃい・・・。あ”ぁ~~~~~・・・。

濃厚であま~いクリームの世界に、私の裸体は埋もれていく。



「はひ、はひ、はひ、はひ・・・」

お漏らし絶頂から数分後・・・。

私は全身を気持ちよく震わせて、エッチな呼吸を続けている・・・。


・・・・。ぐっりゅりゅりゅりゅるうぅぅうぅ~~~っ!

「んぐっ!? あ、あ、あ、あ。ちぃ~~くぅ~~びぃいぃぃ~~~んっ!!」

性感を取り戻したら、すぐに乳首攻めが行われる。

ピンピンの乳首を、ローションでぬらしたシリコン性の突起物が大量に摩擦する。・・・快楽の深度が増加して、より甘い快感を生み出していく。・・・嬉しい。

「ゆっくりおしっこをすることもできない、お漏らしっ子ちゃんはぁ・・・またまた、おもらし、しましょーねー」

とぷとぷとぷとぷ・・・。

「へ・・・へひ・・・」

再び、ぼうこう内に温水が注がれていく。


「この機姦のすごいところはねー。高性能水圧ポンプと体内に注入可能な温水の制御でー、可能な限りで、なんどもお漏らしさせちゃうことなのよー。

しかもー、おしっこを許可されるのは絶頂の時だけ。つまり、萌子ちゃんはこれからお漏らし絶頂を繰り返すの。

通常では1回しかできないからね~。それが何度もできるのって幸せでしょぉ~? お漏らし大好き萌子ちゃん」

「い・・・いやぁぁあぁ・・・」

にっこり笑顔で気持ちよく震えながら、首を横に振る。

・・・おもらししたくなる。おしっこじゃなくて、おもらしがしたい。自分の心の制御が失われて・・・勝手に漏れるおしっこ。・・・それを、茜さんに見られたまま、したい・・・。

そしてあおられたい。

羞恥心を強く刺激されて、すごく恥ずかしくなりながら・・・お漏らし・・・したい。


「はぁ、はぁ、あ、あぁっ!! あ~~~~っっ!!!」

そんなイケナイ思想を少しだけよぎらせた時・・・、すさまじい快楽の電流が、頭から体に駆け抜ける。

ぐりゅんぐりゅん、ぐにゅぐにゅぐにゅっ!

「あ”・・・あ”ぁぁぁああぁあぁあっっ!! い、い、い・・・っ、い”く”ぅ”ぅうあぁぁぁぁっっ!!!」

ぶばぁぁぁあぁぁーーーーっっ!!

ぼうこうの入り口で阻害しているバルーンが縮まる。おしっこすることを許された途端、機械の器具の中にためらうことなく漏らしてしまう・・・。


おもらしぜっちょおぉ・・・しゃいこう・・・。

瞳の中をハート色にしながら・・・私は意識は深く沈み・・・気持ちよ~く、気持ちよぉ~く・・・なっていく・・・。



それから数回、絶頂にあわせてお漏らしをしていく。お漏らししていく度に・・・お漏らしすることへの抵抗感が薄れていく・・・。

「あ”・・・あ”・・・っ・・・あ”ぁ・・・」

視界に夜空が浮かんでは消える。体は甘くとろけて、ボディタッチでも感じてしまうぐらいに高感度だ。


手をじたばた、脚をばたばたさせながら、お漏らしをする。

自らの行動で乳首ホースを取り外すことはできない。・・・それに加え、お股は機械によって完全拘束固定されている。

私がどう暴れても、どう叫んでも・・・私は乳首を刺激されて絶頂をもよおし、ぼうこうに大量のお湯をそそぎ込まれて大量失禁してしまう。


どう絶頂するかは茜さんの一任。そこに私の自由はない。

耳元でずっといやらしいとささやかれ、自分が淫乱であることを深く自覚させられる状態で、半ば強制的に絶頂させられる。・・・自分が、いやらしくて、いやらしくて・・・心がねじれるような妖しい幸せを得る。

「すご~いトロ顔になっちゃってるわよ。萌子ちゃんは心底好きなのね~・・・お漏らし絶頂」

あごの下をぐっと手で押さえられる。茜さんに完全支配されいることに甘美たる幸福を得ると、目がぐるんと回って、さらに絶頂する。


「萌子ちゃん・・・、貴方、今・・・無意識に連続でお漏らししていることを・・・理解してる? こーゆーことを続けていくと~、日常でも性感を感じるとお漏らしするようになっちゃうんだけど~、我慢した方がいいんじゃないかしら? 痴女化が進行しちゃうわよ~?」

「んへ、んへへ・・・んへ・・・」

知らにゃぁ~い。あかねしゃんに飼われていればぁ~~、わたしぃ、なんでもいいでしゅぅうぅ~~~。

ぷしゃぁぁぁ・・・。

「・・・あらまー、忠告している最中に、追加でお漏らしちゃうなんて・・・どうしようもない淫乱な子ねぇ」

髪をなでなで~。しあわせ、いっぱぁ~いっ!

「いいわぁ~。・・・そんないやらしー子には、気持ちよすぎる絶頂のお仕置きを、与えてあげるっ」

茜さんは、ぽちぽちっとタブレットをタッチする。


びびびびびびび・・・。

「あ”ぁ・・・あ”ぁぁあ”あ、はぁ、はぁ、あっ!! ・・・ん~~はぁ~~あ~~~っ!!」

下腹部全体に調整された電流が送られ、骨盤とその内側の全てが、優しいしびれで包まれる。

「快楽の電流が子宮の周りでずっとぐるぐると回っている感じでしょ~? この状態でね、ぼうこう内にお湯を注ぎながら、お漏らしを継続解禁状態にしてあげる」

とぷとぷとぷとぷ、びしゃびしゃびしゃびしゃ。

「あぁぁあぁぁぁぁぁああっっ!!」

おしっこの流出が止まらなくなる。常時お漏らし状態だ・・・。


「これは尿道にあまり優しくないから、短期間でイっちゃいなさーい。萌子ちゃんっ」

お尻やアソコを通電させられながら、止められないお漏らしをしている最中に、あごを再び持ち上げられて、唇を奪われる。

「ん~~~~~~~~~っっっ!!!」

そこからとっても愛で満ち溢れた、茜さんのディープキス。

あ、だめだこれ・・・。どうしようもなくダメだ。ダメすぎてだぁぁあっめぇぇえええ、だぁぁぁあああ~~~~~ぁぁぁぁぁあ~~~~~っっっ!!!


ぐりゅりゅりゅりゅ~~! びびびびび~~~・・・。じょばじょばじょばじょば~~~。ぺろぺろちゅぅぅぅ~~~・・・。

乳首を刺激中に、下腹部を快楽通電させられて、お漏らしを続けながら、美味しすぎるキス・・・。

極限まで白いミルクが体内に流れ込み・・・体の全てが至福で満たされる。

「お”あ”・・・・っっ」

熱すぎるパトスが脳内でボーンと破裂する。

・・・私は真っ白の衣に包まれながら、感無量の幸福を獲得した。



「おーおー、派手にイっちゃったわねぇ~~」

キスを終わらせた後、尿道からおしっこ制御機姦を抜き出して、実験を終了させる。

・・・萌子は、うっすらまぶたを開けたまま、焦点の合わない目を上に向けて、大きな笑顔の状態でピクついている。


「これで、お漏らしがさらに好きになっちゃったかなぁ~? お漏らしをしやすくなれば、羞恥プレイでとっても役に立つから・・・これからも、積極的にお漏らしするようにしてあげるねっ」

赤いふにふになほっぺに、ちゅ~っ! ちゅっちゅっちゅ~っ!


髪をなでながら連続でキスを行う。絶頂おもらし萌子に愛をた~っぷり注いだ後、茜は今日の実験の後片づけを始めるのであった・・・。

・アダルトグッズの紹介
スーパーアクメマックス
スーパーアクメマックス







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


Duga

◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。



Duga