◆他サイトの更新情報です (画RSS) /  優良アダルト動画の紹介 (PR)

 ▼ サイトの簡易説明 /  ▼ オススメの記事一覧

Duga

◆ 関連する記事


Duga


バイブ椅子に騎乗位でお楽しみ! 3


―― バイブ椅子に騎乗位でお楽しみ! 3 ――

ぬっちゅ、ぬっちゅ、ぬっちゅ、ぬっちゅ、ずちゅっ!

ヴィンヴィンヴゥヴヴゥゥヴゥ・・・っ!

「んにゃあぁ~~~ぁああぁっっ!! あんっ! あんっ! あんっっ!! あ~~~ん~~~っっ!!」

「さっきより、いっぱい声が漏れる様になっちゃったわねぇ~。エロカワで素敵よっ! 萌子ちゃぁ~ん」

「ひぃっ! ひぃっっ!! あっ、あぁっ、んぁっ、んぁあぁっ!! いっひぃぃっ!!」

嬉しさが体内で循環する。膣からじゅばっと快感が広がって・・・お尻を伝って乳首に届く。

乳首はニップルローターの刺激とそれを絡めて、私の脳に甘いお汁を届けてくると共に・・・膣内に乳首の快感を送り出し、お股はさらに気持ちよくなる。


ヴィヴィーーーーー。ウィンウィンウィンウィン・・・。

「あ”はぁーーーーーっっ! いやっいやっいやっっ、だめぇえぇええぇ~~~~~っっ!!」

顔を赤くして、首を横に振りながら笑顔で叫び続ける。

たぽんたぽんたぽんたぽん。

台に持ち上げられて、おっぱいをたぽたぽと揺らしながら、膣内にバイブが連続して挿入される。

「・・・っ・・・っ・・・ぅ・・ぅ・・・は、はぁぁあぁっ!!」

瞳が輝く。性器の中をディルドで突かれると、体がふわっと浮いている気分になるぐらいに快感だ。すごく、すごく快感だ。

「ああぁあぁぁあぁあ~~~~?」

2回めの絶頂を迎える。今度は深くて喜ばしい絶頂。

周りの状態が何も認知できなくなって・・・私は、全身で幸せを感じ続ける。


・・・。ウィーーーン。どちゅっ、どちゅっ、ぬちゅっ、ぬくちゅっ!

「はー・・・はー・・・はー・・・。・・・う”っ・・・に”ゃにゃにゃにゃにゃ・・・はあああっぁぁぁあぅっっ!!」

快感が復活したら、またすぐに挿入が開始される。

お股がきゅぅぅうぅぅんっと締まる。そこにずるにゅりっ!! っち挿入されるブルブルディルドが、もー、たまらないっ!!

う”はぁぁあっっ!! きききき、気持ひいぃーーーーーーーーっっ!!

気持ちの良い電気が大量にディルドから放出されて、頭の中にどばぁーーーっと流されているような感覚におちいる。


ぱちゅんっ! ぱちゅんっ! ぱちゅんっ!

・・・? ・・・あれぇえぇ~~~?

途中、急にディルドの一部の存在が認識できなくなる。・・・ディルドが抜かれたのかなぁ~っ? あ、いや、今も突かれているぅうぅ~~~っ!?

・・・何か変だ。アソコがゆるゆるになってきている・・・?

ーーーちゅっ。

疑問に思っていた時・・・、私の子供を作るところが、ディルドの先端にキスをしてしまった。私の体の奥底で。


「あ、あああ、あ、ああああああ、あ・・・」

骨盤の中心からひときわ強い快楽の波が生じる。焦点が曖昧になり、お股が猛烈に気持ちよくなる。

不思議な魔法だ・・・、なんだかよくわからない感覚を、私に届けてくれる。

「いっっ・・・いいぁあいあああああっあ、あああああっあああーーー?」

私は喜びながらそれを否定する。なんか変っ・・・気持ち良すぎて、へんだよぉぉっっ!!

膣内はきゅぅぅーーーっと締まって、ディルドをたっぷりいたぶる。・・・おちんちんと誤認しているみたいだ。・・・挿入物から精液を搾り取らないと気が済まない感じで、ディルドに膣圧をかけている。

ちゅっ、ちゅっ、ちゅっ。

ディルドはそれに対抗して、私の子宮の入口に連続で熱いキスを行う。


「あーいぃぃぃぃいいぃいーーーぎもぢい”いぃぃーーー」

・・・体が全然動かせない。しびれて気持ち良すぎて、全く動く気になれない・・・。深い快感を与えられると、体の命令を失うように人はできている。・・・そうとしか言いようが無い。幸せで幸せで、わ~た~し~~はぁあぁあ~~っっ!!

ずっちゅ、ずっちゅ、ずんっ、ずんっ、ずんっ、ずんっっ!

「あ”ーーーっ!! ・・・あ”ーーーっ! あ”ーーーーっっ!!」

やがて、とっても深い快感の波が訪れる。

アソコをぐっちょぐちょにして、激しいけいれんを続けながら、私はそれを受け入れる準備をする。



「あ”ぁぁああぁぁーーーっっ!! んあぁぁあぁあーーーっっ!! ぁあっっ、あああああーーーーっっ!!!」

身体がギュルンとねじ曲がった感覚にとらわれる。

・・・今度は、とても深~い快楽に・・・飲み込まれてしまった。



あー・・・うちゅーだー。

・・・暗~い世界だが、小さな点がきらきらと輝いている。

深い絶頂中だ・・・。この最中は快感が完全に遮断され、体が全く無反応になる。

乳首が震えていようが、お尻がかき乱されようがそんなの関係ない。一応、なんか接触してたりしていることぐらいはわかるのだが、それに反応を示すことができない。・・・示すべきでないと身体が私を導くのだ・・・。


しばらくの間、どこかでふーわふーわしていた感じだったが、時間が経過するに連れて、星の世界は薄れていき・・・濃厚な快楽の世界が蘇る。

「ひひひっ、ひっ・・・ひぐぅうぅぅっっ!!」

ぱちゅんっ! ぱちゅんっ! ぱちゅんっ!

「うひぃやぁぁああああーーーーーーんん!!」

機械は休むことなく、私の体を上に持ちあげては落下させて・・・アソコにディルドの出し入れを行う。

ディルドのバイブ機能は、私の膣内をずぅっと振動させる。

「ああ”ーーーっっ!! あーあーあーーーーっ!! はぁぁあーーーっっ!!」

泣きながら悶える。どんなにジタバタと動いても拘束具が外れることはなく、私はこのエッチな台から離脱することができない。ずっとずっと、膣内をバイブの振動付きで突かれ続け、何度も何度も快楽絶頂を味わう。


そして・・・、

日常では生まれることのない眠気が、急激に襲いかかる。

ふうぅぅにゃぁあぁぁ~~ぁあぁ~~~・・・。

次第に性感は薄れていき・・・膣内で何も感じることはなくなって・・・意識は闇の中に落ちていく・・・。



萌子が上を向きすぎて、声が聞こえなくなったところで・・・茜は騎乗快楽機の動作を停止させる。

可愛らしさと色っぽさを溢れ出すしなやかな裸体が、甘い色香を泳がせる・・・。


「やっぱり萌子ちゃんは美少女ねぇ・・・。この、曲がりすぎてぽっこり膨れたお腹と、エッチな状態をはっきりと表すふにふにのラブリーボディ・・・すごく素敵だわぁ・・・」

茜は、萌子のエッチな匂いを美味しく吸いながら・・・萌子の股間をさすりつつ、騎乗快楽機を下に移動させる。

ウイーーン・・・。

ビクビクと震え続けている裸体が下に降りてくる。・・・上半身を抱きしめられる範囲まで移動できたら、柔らかい体をゆっくり持ち上げて・・・挿入されているディルドをぷるんっと抜く。・・・愛おしい透明な糸が、性器からぬるぅ~んと後を引く・・・。


「実験お疲れさまー。これから私が萌子ちゃんの素敵な体に・・・適切な処置を加えてあげるね~」

ほっぺにチュッとキスをする。

その後、萌子の色香にやられてしまった茜は・・・、裸体を一旦マットの上においた後、実験の後片付けをしばらくサボって、愛らしい萌子の乳房や股間を触りに触って、触り続けた・・・。







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


Duga

◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・機械姦CGのレビュー部屋
ハカセが見て気に入った機械姦のCGや漫画を紹介しています。


・アダルトアフィリエイト 桃ナビ
アダルトアフィリエイトに関する情報を色々と載せています。



Duga