◆他サイトの更新情報です (画RSS) /  優良アダルト動画の紹介 (PR)

 ▼ サイトの簡易説明 /  ▼ オススメの記事一覧

Duga

◆ 関連する記事


Duga


目隠し拘束くすぐりプレイ! 2


―― 目隠し拘束くすぐりプレイ! 2 ――

「あ・・・あ・・・あは・・・はは・・・っ」

目隠しを装着されている私は・・・体を支える力を失い、ぐってりと体を傾けながら、泣き笑いを続ける。

「あは・・・あは・・・・え、ひ、ひ・・・」

苦しさが限界を超えた先に、すっごく良い快楽の世界が待っていた。体はびくんびくんで大変そうなのに、頭の中は完全にお花畑と化し、るんぱっぱ~している。


「くすぐりがすごく弱い子を、目隠し拘束していじめるのって・・・すごく楽しいわよね~。・・・さらに、萌子ちゃんはー、ロリっぽくて可愛らしい超絶ボーナス付き。・・・たまらないわぁ~~」

「ですよねー」

ツンツンツクツク、ツン、ツン、ツン。

「あはぁ~~~、あ~~は~~ぁ~~~!」

少し落ち着いた後、ランダムツンツク攻撃。

絶頂して、お肌がたっぷり性感を含んでいる所に行われるその攻めは、私の体をねじらせるのに十分だった。


突っつかれると、その部分がよじれながら勝手に逃げただす。茜さんと瑠璃さんはそんな私の動きをもてあそぶかのように、逃げた方向の対面からツンツンしてくる。

左に動けば左から、右に逃げれば右からチョンチョン。

「や~~め~~~てぇえぇぇ~~~~っっ!!」

くねりくにょりと踊らされる。強制うねうね運動。

真っ暗の世界で、攻められる場所がわからない状態からの敏感なお肌への刺激は・・・効く。すごく効く。ものすごく効く。


「はひぇっ、ひぇ、ひぇひ、ひゃっ、ひゃめ、ひゃめめ・・・」

びくつく太もも。・・・びしょぬれパンツから、お汁をじっとりと垂らし・・・、太ももの内側を、淫乱な匂いで満たしていく。

ツンツクツクツク・・・。

「あぁぁぁあぁっ!! よ、よ、よわひ・・・わたひ、も、も、もぉ、ひゃ・・・ひゃめ・・・っ」

体がねじれた後、ビクビクが止まらなくなる。

肩やお腹、足の裏をピクピクさせて、アヘ顔に近い状態で悶えながら、快感をむさぼる。苦しいのに気持ち良い。頭の中からおかしな快感がいっぱい漏れている・・・。


「うーむ・・・、一気に体力を奪いすぎたかしら? ちょっぴり反応が悪いわねー」

「くすぐりは、かなり疲れますからねー。休憩入れますかー?」

「いや・・・、じわじわと攻め続けるより、激しいことをして一気に落とす方が、今日の私の好みだわー」

「茜さんは、日によって嗜好が違いますよねー」

「いーじゃん。気まぐれで。・・・それよりさ、アレってここにあったっけ?」

「はいー。くすぐりをするってお話でしたからー、前もって用意してありますよー」

「さっすが瑠璃さーん! 早速配備しましょー」

「わかりましたー」

何やら怪しげな会話が聞こえる。あ、アレって何だろう・・・?


ーーぴとっ。

「うひっ・・・」

猫じゃらしのようなものが足の裏に接触する。よ、よろしくない気がするぞ・・・。

「機姦「足の裏専用くすぐりマシーン」よ~。・・・これ・・・とーってもくすぐったい器具だから、楽しいわよ~! ・・・私が」

ウィーーン、こしょこしょこしょこしょこしょ!

茜さんの会話が終わりきる前に、くすぐりマシーンが動き出す。


「あひひひひっっ!! ああ、あ、あし、あしのうらだめっ!! よよ、よわしゅぎてあははははははっっ!! ひゃあひゃあひゃひゃひゃっ!」

「うんうん、知ってるわよー。だからくすぐってるんじゃない」

「あああ、あはは、あはーーーっっ!! あひ、あひっ、あひぃーーーーっっ!!! ひぎっ!! ひぎぎぃっっ!! あひ、あひ、あはは、あひひっっ!!」

人の手とは違った格別なくすぐり感覚を、足裏にいっぱい提供される。・・・こんなことをされているのだ。まともでいられるわけがない。

お腹が苦しくなるぐらいに笑わされる。も、もうだめかもしれない・・・うひょぉおぉお~~~っっ!!!


「ここでねー、わきと腰の横を、私と瑠璃さんで一緒にくすぐり攻撃~」

こちょこちょこちょこちょこちょぉ~。

「ーーーっっ!!? ふっひゃっひゃひゃっひゃひゃっっ!! だめひっっ! そんにゃことひひゃ、だめひいぃぃぃいぃ~~~~っっ!!! ひょぎょおおおおおっっ!!!!」

わき全体がビックビク~。お腹まわりもビクンビクン。その上、足裏まですごくひくついている。


「あはははははははっっ!!! おあはははははははっっ!!! あーーーーははっはははははっっはっはははははあはっっ!!!」

今回で一番強烈なくすぐり攻撃を受ける。わきと脇腹と足の裏の3点強制こちょこちょ~!!

「あ”はっ!! あ”ははっ!! あ”ひぇ~~~~、あ”~ひぇひぇひぇへへへへぇ~~~っっ!!」

泣きながら笑い続ける。私が首を横に振り、いくら否定しても聞き入れてもらえない。2人とくすぐりマシーンは、私の敏感なポイントをねちっこく攻め続ける。私がどんなに悶えても構うことなく・・・、くすぐり続ける。

「ひいいぃぃいぎょおおぉおぇええぇぇ~~~~っっ!!!」

通常でもこんなことをされたらおかしくなってしまうぐらいなのに・・・、今回は目隠し付きなので、視界が遮断されている分、より感覚を研ぎすませている。・・・その状態でのくすぐりは、私の脳を・・・強く楽しく狂わせる。


もしょもしょもしょもしょっ!

「ぐるひ~~~ぃ~~っっ!!! こ”~わ”~れ”~りゅぅううぅぅ~~~~っっ!!! おご、へ、あ、ひ、あ、あ”、あ”あ”っっっ」

こちょこちょこちょこちょこちょっ!

「あ”ーーあ”ーーあ”ーーあ”ーーあ”ーーーーっ!!!」

甘い絶叫を部屋中に響きわたらせる。口から沸く涎が飲みきれなくなって、外に垂れ出てしまう・・・。お股からも、さらなる愛液が漏れだす・・・。


「たぁあ”めっっ!! あ”め”っっ!! あ”め”めっ!!」

だめだと言っているのにくすぐられる。激しく、いやらしく、くすぐられる。拘束されて動けない状態の中、いっぱい、いっぱい、くすぐられる。

「うわりゅひぇえ~~~っっ!?!」

限界を超えて、私は本当におかしくなってしまう。・・・それでもくすぐられる。

「ぐひゅひゅ・・・ひゅへ・・・」

なぜか、脳内ですさまじい快感が生まれる。あまりにも気持ちよすぎて我を失う。


「~~~~~~っっっ!!」

びちょろ・・・ちょろちょろちょろちょろぼちゃぼちゃぼちゃ~~~・・・。

「あー、漏らしてるー。いけないんだーっ!」

「くすぐりが良すぎて、失禁しちゃいましたかー。・・・これ、絶頂もしてませんかねー?」

「おもらし絶頂をしてるかもねー。・・・でもでもー、瑠璃さん。くすぐりを止めちゃだめよ~っ! とにかく、ひたすら、執拗に! ・・・萌子ちゃんの性感帯をくすぐり続けちゃうんだから~っ!!」

「もちろんですー」


こしょこしょもちょもちょもしょもしょもしょ~~。

「・・・・っ・・・・・っっっ!!」

おしっこを全て放出させられた後、力が全く入らない体をず~っとくすぐられる・・・。

「・・・思うにー、もえちゃん、もう意識がないんじゃないですかー?」

「いんや、萌子ちゃんの精神は、まだしぶとく生き残ってるわー。このままおかしくなりすぎちゃうまで、萌子ちゃんを攻め続けましょう」

・・・茜さんの方が正しかった。

私の意識はアッヘアへの中・・・辛うじて存在していたのだが・・・執拗なくすぐりの繰り返しによって、風前の灯火をきっちり消されてしまう。


もしょもしょもしょもしょ。こしょこしょこしょこしょ。

「ーーーーーーっっっ!!!」

私の世界が甘い雄叫びをあげる中・・・徐々に徐々に意識が削がれていき、途中から何が起きているのかさえ認識できなくなり・・・いつしか私の意識は消えていた・・・。



「うわっ、すごい震えっぷりっ」

「そりゃー、失禁しちゃったぐらいですからー、もえちゃんの頭の中は相当な快感ですよー」

「それもそうねー」

茜と瑠璃は、萌子の拘束を解除した後・・・隣の台に寝かせてから萌子の漏らした尿を全て処理する。

萌子は腕と脚を左右に動かしながらけいれんを続けており、新しく座ったマッサージ台に愛液をぬっとり漏らしていく。


「しっかし・・・だいぶ物足りないかなぁ・・・。くすぐりだと落ちるのが早すぎるわね・・・」

「しょーがないですよー。・・・今日はこの辺で、解散しますかねー?」

「えーーっ。味気な・・・」

ガチャ。

「失礼しまーす。瑠璃さん、お手伝い終わりまし・・・って、あまっ!? なにこの美味しそうな萌子の匂いっ!!」

突如、私服の桜が部屋に入ってきて・・・、あわあわと驚く。


お互い見つめ合う茜と瑠璃。・・・その後、瑠璃の視線だけが桜にじーっと向けられる。

「えっ・・・? えっ・・・!?」

桜は、少し遅れてから瑠璃の視線にイヤな予感を感じ取り・・・、部屋からそっと出ようとするが・・・その時には既に、茜がドアの側に回り込んでいた。

・アダルトグッズの紹介
ふわふわアイマスク
ふわふわアイマスク







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


Duga

◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。



Duga