◆他サイトの更新情報です (画RSS) /  優良アダルト動画の紹介 (PR)

 ▼ サイトの簡易説明 /  ▼ オススメの記事一覧

Duga

◆ 関連する記事


Duga


強制開脚電マで調教! 2


―― 強制開脚電マで調教! 2 ――

「はへぇえ~~~、はぁ~~へぇ~~え~~~・・・」

「どうよー。強い電マの刺激なのに、すごく良かったでしょー。・・・萌子ちゃんはー、私と性的な関連で結ばれているとー、すごく幸せになっちゃうからねぇ。

これを利用すると、ほかの刺激でも幸福を得ることが可能なのよ。私の性調教、すごいでしょ~」

「あ~~・・・うぁ~~・・・」

「・・・聞いてる?」


ポチっ! ヴィィィィィィィン!!

「うにゃぁぁあぁぁあ~~~あぁあ~~~っっ!! あーー! あーー! あーー! あーー! あーーーーーっっ!」

「股間の強制電マ攻撃は、パワーによっては、すさまじい刺激だからね~。そこに愛を絡めると・・・そりゃあ、もう・・・とーっても、たまらないでしょうねぇ~」

「あ”ーーーーーーっっ!! ぐっ・・・あ、あ”ーーーーーーっっ!!!」

びくびくびくびくっ! ぶしゃ、ぶしゃぁっ!

「ふふっ、連続絶頂が始まっちゃったわね。潮もいやらしく吹いちゃって~、すごく可愛いわよー」


いあぁぁああぁぁあぁあぁあっっ!!!

しびんしびんしびんしびん!!

脳を中心にして、体内に激しい快楽の電気が大量に流れていく。私は泣きわめくこと以外何もできない。茜さんにしがみついて、とにかくあえぎ声をいっぱいもらす。

・・・お股は電マで激しく震えている・・・。熱い。熱い。熱くて・・・気持ち良い。すごくしびれてしまう気持ちよさが、私の脳内を刺激し続けて、アヘ顔にさせられてしまう。

あぁぁぁ~~~~~・・・!!

体がしびれる。頭がしびれる。その上で茜さんの愛がとっても嬉しい・・・。

パンツからさらに潮を漏らしながら、私は絶頂を起こす。


「これはねー、いつもの性開発と同じ要領でね。快楽を感じないものと、快楽を感じるものを一緒に組み合わせることで・・・、快楽を得ない行為を、快楽が得られる現象に変化させことができるのよー。脳の学習機能ね。

今回は、電マの強い刺激でも快感を感じるようにする性調教・・・。今日からこれを何度も繰り返していけば、萌子ちゃんは自然と、電マの強い振動だけでも大きな快感を得られるようになるの」

「くぅひぅぃぃいぃぃぃ~~~~~~~っっっ!!! だ、だだ、だ、だ、め、めっ・・・、あ”ひっ・・・」

「気持ちよくなれるの、好きでしょ? 電マの強い刺激でも幸せになれるよう、私が徹底して開発してあげるね。

・・・特に余計な心配をする必要はないわ。萌子ちゃんは、ただ、電マの刺激を受けて悶えるだけでいいからね~」

茜さんは私の顔に巻かれたタオルをほどいて、染みパンを横にどける。


・・・その後に濃厚なキス。キス。ディ~プ、キス!

「んっほおおおぉおおぉおおぉおおぉおぉ~~~っ!!!」

キスをされたまま、私は何度もイかされた・・・。



数日後。

ヴィィィィッィィヴィィィィン!!

「んあ”ーーーーっっ!! き”もち”ぃいぃぃぃーーーーっ!! で、で、電マ、イイ~~~~~っっ!!」

「強電マでも、少しずつ快感を感じ取るようになったわね、いい子いい子~」


この前と同じプレイ・・・強制開脚電マで、私は茜さんに調教されていた。

・・・あれから事あるごとに毎回、私は愛おしく抱かれながら・・・電マでお股を激しく攻められている。

「あ”・・・あ”っ・・・あ”~~~~っっ!」

ちょろっ・・・ぷしゅぅぅぅっ!! ・・・じょぼじょぼじょぼじょぼじょぼじょぼ~~~。

「おおーっ。今日もお漏らし、しちゃったわね~」

「ぁ~~~~・・・・」

お漏らしを止めることができない。電マがお股を振動させている限り、私はぼうこう内のおしっこが全部なくなるまで、強制放出させられる。

「・・・・っ・・・っ!!」

そのまま絶頂。お漏らし絶頂は特に好きな部類だ・・・。


「萌子ちゃん、お漏らし大好きだからねー。どんどん漏らして快感を感じなさい。お漏らしする度に、萌子ちゃんの脳はー、電マの強い刺激を幸せに変換するようになるからね。

一度成長したら、もう元に戻せないわよ~。電マを股間に当てられるだけで即イキする、変態っ子ちゃんになっちゃいましょーねー」

「いぃっ・・・いやぁああぁぁ・・・」

「大丈夫よー、否定しても関係ないから~。・・・もう、今の時点で、電マを当てられたら自分の意思に関係なく潮吹きやお漏らし、しちゃうでしょ? そして、それで強い快楽、感じちゃうでしょ?

おいしい密の味を覚えた体を開発するのは、比較的容易なのよね。本人が快楽に弱いならなおさらだわ~。・・・ここまできたらー、萌子ちゃんがどう嫌がってもー、萌子ちゃんの体は性開発できちゃうのよーん。・・・うふふふふ・・・」

「あ”っ・・・ん”っ・・・へぁああぁぁ~~~~っっ!!」

「否定できなくなっちゃうぐらいに気持ち良いでしょー。もっと気持ちよくなれるように開発してあげるから、私に心を全て委ねなさい・・・」

「は”・・・は”ぃ・・・」


涙を垂らしながら、より体を性開発をされることに希望する。今の私は茜さんの要求に逆らえない・・・。

茜さんの命令を聞けば、さらに気持ちよくなって、幸せになれることを知っているからだ・・・頭が勝手に、要求は肯定すべきと判断してしまう・・・。


茜さんに性をコントロールされちゃうの・・・しあわ・・・せぇ~~~・・・。



さらに後日。

ヴィヴィーーーーーーン。

「きゃあぁぁあ~~ぁあぁ~~~ぁぁ~~~ぁぁ~~~・・・」

拘束された太股をビクビクと震わせて、湿りすぎたパンツに・・・甘い匂いを漂わせる愛液を、た~っぷりと染み込ませていく。

相変わらず、脚を元の位置に戻すことができない。電マは1秒たりともお股から離れず、起動している間は、私のお股をずーっと、刺激する。


・・・しかし、休憩もきっちり行われていたりもする。

「強い威力の電マをずっと押しつけるという野蛮なことはしないわよ~。ヴァギナやクリトリスの細胞をあまり傷つけないようにしているからね」

「はにぇえぇぇぇ~~~・・・」

茜さんの性開発は実に的確だった。本当にメイドが本職かと疑うぐらいに、私の性感を強化するのが上手だった。

自分でも驚いてしまうぐらいに、性的快楽を強く得られる体に成長させられているのがわかる・・・。強いパワーの電マの刺激も、私の脳は・・・良いものと認知していく・・・。


ヴィィィヴィィィヴィヴィヴィィィ~~~っ!!

「あーーーーっ!! あーーーーっ!! あーーー! あーーー! あ”ーーーーーーっっ!!」

「すごく良い声してるわよ~。萌子ちゃ~ん。・・・どーぉ? 自分がどんどん、電マの強い刺激で気持ちよくなっていくのがわかるでしょ?

萌子ちゃんのココ・・・。電マの強パワーでも、強制的に大きな幸せを得られるように、さらに開発してあげるわ~」

びしょ濡れになったパンツの中心をぬちゃぬちゃと動かして、濡れた指を私の口につっこませる。


ヴィヴィヴィヴィ~~~~ッッ!!

「ん”ーーーーーーっっ!! ん”ん”ーーーーーーっっ!!!」

茜さんの指をしゃぶり、自分の愛液を舐めながら・・・私は強くしびれる絶頂を繰り返す・・・。



とある日。

ヴウゥゥウゥゥゥゥゥゥゥッッッ!!

「あ”っ・・あ”っ・・・あ”っ・・・あ”っ・・」

・・・私はついに、固定電マで深い快楽を得るようになってしまった。

焦点がブレて、口を大きく開けたまま、視界に映る虹の空を嬉しく思う・・・。


「いい成長具合だわ~。・・・もうそろそろ、私を抜きにしてー、電マ単体の激しい刺激を受けても・・・快楽絶頂、でっきるわっよ~。・・・今度、試してあげるねっ」

「あ”~~~~え”~~~~~・・・」

茜さんのニコニコした笑顔を見ながら、私は激しい連続絶頂を起こし・・・意識は闇の中に落ちていった・・・。







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


Duga

◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・機械姦CGのレビュー部屋
ハカセが見て気に入った機械姦のCGや漫画を紹介しています。


・アダルトアフィリエイト 桃ナビ
アダルトアフィリエイトに関する情報を色々と載せています。



Duga