◆他サイトの更新情報です (画RSS) /  優良アダルト動画の紹介 (PR)

 ▼ サイトの簡易説明 /  ▼ オススメの記事一覧

Duga

◆ 関連する記事


Duga


触手とクリトリス 4


―― 触手とクリトリス 4 ――

と~っても気持ちのよい絶頂が終わると、だんだん私は眠くなってくる・・・。

クリトリス攻めの感度も鈍くなっていき・・・呼吸のリズムが整い・・・眠りの世界に落ちていく・・・。

「・・・・・」

すーーっ、すーーっ・・・。


ぐにんっ!

「ほへぇ~!?」

ずびっ、と強力な刺激が脳に伝わり、眠りが若干妨げられる。

ぐにんっ! ぐにんっ! ぐにんっ! ぐにんっ!

ずびっ! ずびっ! ずびっ! ずびっ! ずびびっ!

「・・・、・・・っ・・・っっ! ~~~っ! あ”~~~っっ!!」

触手は、私のクリトリスに短い間隔で定期的に圧迫することで・・・眠りの衣を強制的に剥いでいく。

通常、クリトリスに強い圧迫を受けると痛くてたまらない状態になるのだが、この触手は違う。痛みを感じないように配慮をしつつ、それでいて目覚めるように仕向ける圧迫攻撃を、回数を重ねて丁寧に行っているのだ。


「はひっ! はひっ!! はひっ!」

一度の刺激では、私の眠りへの道は妨げられない。だから触手は、何度も何度も繰り返し、優しくも激しく・・・クリトリスを圧迫する。

「はひぃっ! はひぃっ! はぁひぃぅぃっっ!!」

クリトリスの連続圧迫による、強制お目覚め攻撃。・・・私は泣きながら、意識を覚醒させられる。

ひ~ぎゃぁあ~~あぁ~~~ぁあ~~~っっ!!

全身をけいれんさせながら、体を大きくくねらせて・・・快感を復活させてしまう。

「あぅ、あぅぅ、あぅうぅ~~~・・・」

わ、わたひぃ、触手におかしくされちゃうぅうぅ~~~!!


もっちゅもっちゅもっちゅもっちゅ。

目が覚めたところで、触手はもう一度揉む攻めを始める。

私はいっぱい泣きながら、あえぎ声を出しまくって、喜び続ける・・・。



しかし、クリトリスの揉み行為に対する感度は、次第に鈍っていく。・・・飽き始めているのだ。

しかし、クリトリスに攻め行為を続ける触手は、次第に刺激させる方法を変えていく。・・・飽きさせないようにしているのだ。

ぺろんちょぺろんちょぺろりんちょ。

触手は、クリトリスを押させつけるのを止める。その代わりに、奥に内装している舌のようなもので、クリトリスをぺろんぺろんと舐め回してくる。


「あ”ぁ”あ”ぁ”~~~~、あ”~~~、う”~~~い”あ”~~~~」

新たな攻め方を受けて、新たな快感を感じ取ってしまう。

頭の中の快感は、触手と同じようにぬるぬるとうごめき、私の脳内奥部をちゅるんちゅるんっとなでているようだ。

「ひぇひ、あ”、あ”、あ”、い”、・・・い
”ぃ”・・・」

脳裏がしびれてしびれていっぱいしびれる。

クリトリスが熱いけど、全身も熱い。布団にこすれるだけですさまじい快感を得て、空気に触れているだけでも甘くしびれてしまう。


あまりにも、あまりにも快感すぎる・・・。

「・・・っ・・・っ・・・っ!!」

舌を口から出し続けたまま、背中を強く仰け反らして・・・私には、悶えることしか許されない。見ることもダメ、聞くこともダメ。濃厚すぎるエッチな幸せが、私を全てダメにする。

ちゅぅうぅぅぅ~~~っ!!

「ーーーーーーーーっっっ!!!」

なめ回しの後、最高に性感を育んだクリトリスを勢いよく吸われる。

心がぐりゅりとねじられたかのような感覚を得る。自我が消え去り、私は白いミルクの世界に飲み込まれていく・・・。かのように感じられたが、その一歩手前のところでそうならない。


触手は本当に攻め方が上手だ。絶妙な刺激方法で、私が落ちる一歩寸前のところまでしか刺激しない。

「へにゃふぇあぁあ~~っ~~~」

涙がどっぷり溢れる。心の中から、全く耐えられないような熱い快感を、い~っぱい漏らしていく・・・。

はへーっ、はへーっ、はへぇーーっ、はへーー・・・。

呼吸すら快感に感じてしまう。何も見えない。何も聞こえない。私は、ただ、ただ、気持ちが良い。どうしようもないぐらいにとってもとっても気持ちが良い。


ぺろぺろちゅーちゅーぺろちゅーちゅー。

「あ”ぁ”ぁ”あ”あ”ぁ”ぁ”あ”ぁ”ぁ”ぁ”っっっ!!!」

泣きながら絶頂する。頭の中が真~っ白。気持ちよすぎてわけがわからない。

潮を吹き漏らした回数もわからない。そのぐらい漏らしている・・・。

「あ”ぁ”ぁ”あ”ぁ”ぁ”~~~~~~っっ!!! あ”~~~っっっ!! あ”~~~~っっ!!!!」

絶頂が終わったらまたすぐ絶頂。絶頂が止まらない。すぐイく。すごくイく。おかしいぐらいに私はイき続けてしまう。


さっきは全然動けなかったのに、今は不思議と暴れ回ることができる。

体をくねってくねって、お股をお布団にこすこす、こすこすと、こすりつける痴態を行う。

さらに、ひざを曲げ、足をビクビクさせて・・・クリトリスに吸いつく触手を振り払おうと、腰がぴちぴちと動く。だけど、そんな行動をしたからといって、触手が離れてくれるわけがない。

・・・私の力ではどうにもならない・・・クリトリス周辺にぴったんこしていて絶対に動かない。

私の敏感すぎるクリトリスをひたすら舐め回し・・・いっぱい吸いつき・・・お股に深すぎる快感を何度も植え付けてくる。


「ゆ、ゆるじでぇ”・・・し”ょくし”ゅぅう”ぅ~~、も”ぉや”めて”ぇえ”ぇ”~~~・・・」

自分がなんだったかを認識することができなくなっていく・・・。それほどまでに私の頭の中は快楽でしびれてしまい・・・あ・・・あっ・・・あ~~~~~~っっっ!!!

「はぁ”~! はぁ”~!! はぁ”あぁ”~~~っっ!!!」

くるっと体を半回転させた後、満足しきった表情で泣きながら・・・布団の上に沈む。うつ伏せのままビクビクと震え続け、布団を手と足でそれぞれぎゅっと握りながら、

ちゅーちゅぅぅうっっ! れろれろれろれろぉっ!!

「あ”・・・あ”は~~~~~~~~っっっっ!!!!」

意識が崩壊した。



「んふふー。強く淫乱化しちゃったわね~。萌子ちゃん」

部屋の扉の隣で、壁に背をかけながら・・・茜は耳に付けたイヤホンで、部屋の中で響く波乱な音声を聞き続けていた。

「もうそろそろ、部屋に入っても良いかなー」

ガチャリ。

部屋に入る。むわぁ~っとする大好きなメスの匂いを快く嗅ぎながら、布団の方に視線を向ける。

・・・すると、そこには・・・ただひたすらクリトリスを刺激する触手に、すさまじい快感を与えられて喜び続ける・・・自分所有のメスがいた。


「あーーあーー。・・・もぉ~~、布団が愛液と潮でベトベトじゃない。せっかく持ってきたタオルも、役に立ってないわねぇ~」

髪を優しくなでてあげる。だが本人は自分の存在に全く気がつかない。

輝かしい瞳と嬉しそうな笑顔で、上肢と下肢をうねらせながら、幸せを小さく叫び続けている。・・・頭の中が全てきらきらしているのだろう。


「心底、快感を楽しんでる態度ねぇ。理性もモラルもぜーんぶ触手にもぎ取られちゃって、人間としての本能の赴くまま、快楽を味わっているのねっ」

「あは・・・は・・・は・・・はぁっ・・・、うへへ、うへ、うへ・・・」

「お股が最高に気持ち良いでしょ~。限界まで快感を楽しんじゃって良いからね~。・・・萌子ちゃんの脳の快楽神経を強く強~く成長させて、性的な快楽に一切逆うことのできない可愛いーペットにして、あ・げ・る」

「いひっ、いっひ・・・あ、あ、あああ~~ん、あぁ~~ん、あ~~・・・あ~~~・・・」


ーーぴょん。・・・がしぃっ。

「・・・えっ?」

ブラジャーだけしか着けていない、ほとんど裸の状態の萌子は・・・笑顔のまま急に飛びついてきて、茜の太股を抱きつくと・・・すりすりし始める。

「にゃぁ~~~ん、にゃぁああ~~~んっ」

「・・・わーお。私の匂いを判断して、こっちに飛びついて来るとは・・・、これじゃあ、もう、完全に私のペットね。ふふっ」

もう一度、髪を優しくなでる。萌子はきゅっと目をつぶり、最高に嬉しそうな表情を見せる。

・・・思えば、最初に髪をなでた時点から本人は無意識の中で気がついていたのかもしれない。


「後は、恥を可能な限り捨てさせて、いつでも私の性欲を解消できるように育て上げておきましょうか。・・・いつまでも、私の愛をいっぱい注いであげるからね、萌子ちゃ~ん」

顔を引っ張っておでこに、ちゅっ。

ーーそれを受けた途端、萌子はすごいぐちゃぐちゃな笑顔で泣き崩れ、ビクビクとけいれんしながら動かなくなった。


・・・触手は、もう反応を示さない萌子のクリトリスを、必要以上に舐め続けていた・・・。萌子の意識が完全に消滅するまで・・・ずっと、ずっと・・・。

・アダルトグッズの紹介
キャスパー キューティ
キャスパー キューティ







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


Duga

◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。



Duga