◆他サイトの更新情報です (画RSS) /  優良アダルト動画の紹介 (PR)

 ▼ サイトの簡易説明 /  ▼ オススメの記事一覧

Duga

◆ 関連する記事


Duga


束縛中に触手を挿入! 2


―― 束縛中に触手を挿入! 2 ――

どちゅっ、どちゅっ、どちゅっ、どちゅっ!

「あっ! あっ! きゃっ! はっ! はぁっ!!」

膣内に挿入された触手が、活発に動き出す。

私のエッチなお汁をふんだんに絡ませながら、何度も何度も、膣口付近と膣内深部の間を往復する。

ぬちゅっ、ぬちゅっ、ぬちょりっ、ぬちょりっ!

「ひぐっ! ひっ! や~っ! あ~~っ!! っっ!!」

はっきりと開脚させられた状態のところに出入りする触手が、それはもう・・・と~っても気持ちよくて、お股が暖かいミルクを蓄えているかのように感じられる。


ぽたぽたぽたぽた・・・。

触手が女性器から抜ける際、私の分泌液が半分はそのまま床に落下、半分は触手に垂れ流す・・・。

「んっ! あっ! あっ! あっっ! あっっ!!」

腰を曲げ、大きな笑顔を天井に向ける。

触手に絡まれた脚と腕は、私の体の喜びに連られて、ビクビクと跳ねる。

膣内を往復する触手と、おっぱいに吸い付く触手によって・・・徐々に、全身の力を剥奪されて、快楽エネルギーを植え付けられていく・・・。


「ひゃぁあぁ~~~めぇぇ~~~」

触手に体を支えられた状態で、お股からお汁をいっぱい漏らしながら、膣内を連続して突かれる。

ぬちゅぅっ、ぬちゅぅっ、どちゅっ、どちゅっ、どちゅっ、どちゅっ。

一回一回突かれる度に、私のお股は強烈な幸せを強く感じ取る。そして、幸せは内部でどんどん溜まっていき、いつしか私は、その幸せに耐えられなくなる。

「あっあっ・・・だめ、だめだめだめっ! で、で、で、でちゃっ・・・っ!! ぐっ!! ーーーーっっ!! あ・・・・・あ”ーーーーーーーーーーっっっ!!」

ぷしゅぅぅぅっっ!

目を上に向けて、口から舌を出しながら・・・潮を盛大に漏らす。

もちゅっ、もちゅっ、どくちゅっ、どくちゅっ。

触手は、潮を吹いている最中も・・・潮を吹き終えた後も・・・私のお股を、収縮させたり膨張させたりしている。


「は、ぁ、ぁ、あっ、あっ! あ~っ!! あ~~~~~っっ!!!」

イクっ、イクっ、イクっ、イクっっ、イ”~~ク~~~~っっっ!!!

「~~~~~~っっっ!!!」

びちびちびちっ、びちんっ! 

体が激しくけいれんすると、お股の奥から、仙骨、背骨にうなじまで、一気に快楽電流が通り過ぎ・・・、

「いっひゃぁぁはぁぁぁーーーーーーっっっ!!!」

私は幸せで、我を忘れた。



「・・・っ・・・っ・・・」

ぴくぴく・・・ぴくぴく・・・。

「絶頂したけいれんする裸体って素敵よね~。その女性が強く気持ち良いと感じているほど、おへそや股間、腰とかの震え方もかわいらしくなって、嬉しさが私にも伝わってくるわ~」

茜さんは触手をよけながら、私の裸体を後ろから優しくなでる。

びくびくしているお尻やお腹を、両手で愛おしくさすりながら・・・、右手を下腹部の方に進めて・・・。


ぐに、ぐに、ぐに、ぐにっ

指先に力を入れて、繰り返しお股を押してくる。

「ひぃいぃ~~~はぁあ~~~ぁあ~~~!」

膣内が触手と一緒に軽く押される。おしっこを出すときより何倍も強い快感が、きゅぅ~んっとする膣内から全体に、連続して響きわたる。

「あらまぁ。触手から愛液をいっぱい垂らしちゃって~。挿入中に股間が押されるのが大好きなのねっ。う~りう~りっ」

「あぁぁぁあぁぁぁっ! いやぁぁああぁぁあっ!! あはぁぁぁあ~~~~っっ!!」

おまんまんがすんごく気持ちが良い。好きで好きでたまらないっ! そんな快感だぁぁあぁぁ~~~ぁぁ~~~。


ぬるっ・・・じゅっぽ、じゅっぽ、じゅっぽ、じゅっぽ。

触手は再び動き出す。乳首の触手はじわじわと舐め回し、膣内の触手は、私のたっぷり漏らした愛液を十分に付着させて、女性器の内部をいっぱい喜ばせてくる。

ぐに、ぐに、ぐに、ぐに。

そこに追加で、外部からの膣内マッサージ。

ぷにっぷにの下腹部の内側から、ハートがどっぷり漏れだしてくる。


「うひょぉぉおぉおぉ”~~~~っ!! お”っ、おお、お、お”ひいぃいっっ!!」

「これだと、私が触手を操る悪い魔法使いって感じかしらねー?」

「茜さんっ!! 私っ!! す、すすす、すっごく、すっごく気持ちいぃぃぃいぃ~~~っっ!!」

「乳首を吸われながら、膣内を触手に乱されちゃうのって、すご~く気持ち良いからねぇ。当然よっ」

「あっ! あっ! あっ! あっ! あっ! あっ!! りゃ、りゃ、りゃ・・・りゃはぃいぃいぃ~~~~っっ!!!」

「ちょっと変わった機能も追加してあげるん」


にゅぅうぅもりっ!!

ヌメヌメ触手は一度膣内の奥まで入り込んで、そこで動きが止まる。

「あ・・・ぁ・・・ぁ・・・あ・・・っ」

動かなくても、しばらくしたら絶頂させられる。・・・そう確信するぐらい、膣内はキュウキュウで快感を育んでいる。

「今ね、挿入中の触手の先端から、細くて力強~いチビちゃん触手を、萌子ちゃんの膣内の最深部にゆっくり進入させてるの」

へっ・・・?


こりぃぃっ!

「う”あ”っっ!!?」

ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ、こりこりこりこりゅぅぅっ!!

「ぶふっーーーーーーーっっ!!!?」

息をぶひゅっと吹きながら、想像を絶する快感によって、意識がふわつく。・・・顔をガクブルさせながら、目の焦点が定まらなくなる。


「チビちゃん触手が、萌子ちゃんの子宮口内に進入しましたー。可能な限り奥まで突き進んで、進入したところを全部気持ちよくしてくれるわよー。・・・萌子ちゃんは子宮口でも感じちゃうから、さぞ気持ち良いことでしょうねぇ・・・」

にゅるにゅるにゅるにゅるぅっ!

「・・・っ!! ・・・・・っ!!」

「息ができなくなるぐらいにイイ気分かしら?」

にゅるん、にゅるん、にゅもにゅもにゅもにゅも。

「ーーーーっっ!! ーーーーーーっっっ!!!」

「顔を真っ赤にしながら横に激しく振っちゃって~。自分に素直でいいのよ。濃厚な幸せを全部受け入れちゃいなさいな」

にゅちゅにゅちゅにゅちゅにゅちゅっっ!!

「~~~~~~~っっ!!! ~~~~~~~~~っっっ!!!」

「おー、イクわね~、イッちゃうわね~。快感がすごい状態での絶頂は、心底、嬉しいわよ~。さぁ、快楽世界にレッツゴーーっ!」


ぐにぃぃぃぃっ。

茜さんは、私の子宮付近を強く押す。

すると、私は勢いよく潮を吹き、大声をあらげ、すさまじいけいれんを起こしながら・・・頭の中が真っ白になった。



「う~ん・・・子宮口攻めはちょっとやりすぎたかしら・・・?」

頭の中が全て快楽で埋め尽くされたことを表現するトロ顔の萌子。呼びかけても特に反応はなく、夢心地の世界を漂い続けているように見える。

「普通、この部分刺激されたら痛いぐらいなのにねぇ。よく性開発されている証拠だわ~。よしよし」

斜めに向いている頭を、優しくなでなでする。


「頭の中が完全にとろけちゃって、5感全部がマヒしてるっぽいわね。夢から覚めるまで少し休憩入れてあげるから、幸せをい~っぱい堪能しなさいな・・・」

萌子の股間を数回さすった後、パタパタと歩きながらその場を離れ、茜は、萌子の意識が戻るのをのんびりと待つことにした・・・。

・アダルトグッズの紹介
U.F.O. SA
U.F.O. SA







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


Duga

◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。



Duga