◆他サイトの更新情報です (画RSS) /  優良アダルト動画の紹介 (PR)

 ▼ サイトの簡易説明 /  ▼ オススメの記事一覧

Duga

◆ 関連する記事


Duga


大人の玩具で乳首攻め! 2


―― 大人の玩具で乳首攻め! 2 ――

ヴヴゥ~~~~~~っ・・・! もにもにもにもに。

「はぁうっ・・・はぁっ、あっ! あっ! あ~~~~っっ!!」

顔を上に向けていっぱい声を出す。そうすることで、快感の深みが増して、胸と背中がじわ~と気持ちよーくしびれてくる。

「はうぅ~~~~~っ! はぅっ! はぁっ! はぅっ! はぁぁああぁぁうぅぅぅ~~~~~っ!!」

じゅわぁ~~。

ソーダの海の中に沈んでしまったような感覚に陥る。

あへぇ~~~。もうそろそろイっちゃうかもぉぉ~~~。

なんとなーく、自分がそのうち絶頂するということが理解できる。しかも、そう遠くはない。後2~3分で、おそらく絶頂する。


パッと茜さんが手を離す。

「えぇぇ~~~、茜さぁ~~ん。揉むのを止めないでぇ~~~っ」

エッチな自分に変化すると、攻め続けられることの方が嬉しくなってくる。だから途中で中断されたくない。

「まぁまぁ、他の大人の玩具も試していきたいから、そっちで我慢してね~」

おねだりするエッチな私の頭を優しくなでた後、茜さんは、自分が座っていた椅子の裏側から、電マを2本取り出す。

しかし、手にしていた物は、普通の大人の玩具である電マとは装備が少し違った。


・・・電マには、薄い透明なピンク色のぷるんぷるんした物が覆われており、そこから上に、おっぱいの表面の7割ぐらいまで密着できそうな、上部に穴があいた輪のような物が付属している。

「乳房刺激専用の電マ追加パーツよーん」

ぐにぃ。

ぷるんぷるんしたものを、私の両胸に密着させて・・・、

かちっ、かちっ!

電マのスイッチを両方とも入れる。


ヴヴヴヴヴヴヴヴ~~~~っっ!!

私のおっぱいが一斉に震え出す。

「はわわわわわわぁ~~~~! あぁっ! んは~~~~っ!!」

ヴィンヴィンヴィンヴィン。

「ああ~~~~~っっ!! あ~~~~っっ!! あ~~~~~~っ!!」

電マに付属したぷるんぷるんする物が、電マの振動を間接的に私の胸全体に伝える。

通常であれば、電マは一点に押しつけて振動するのだが、この追加パーツを用いることで、おっぱい全体をまんべんなく振動させることができるみたいだ。


ヴゥゥゥ~~~~~っ! ヴィィィーーーーーーン!!

「あぁぁぁ・・・・あ、あ、あっ・・・っ!!」

乳首がローターで刺激されながら、おっぱいがブルブルブルっと震わされてるぅぅぅっ!

目が上を向いてくる。オムツの中がじっとりと濡れていく・・・。

「はっ・・・はっ・・はっ、はっ、はっ、はひっ、はひっ、はひっ!!」

犬のような呼吸になってしまい、絶頂の波が頭の中に押し寄せる。


「あああぁあ・・・で、電マわぁ、電マわぁぁぁ~~~っ!! いっ・・・イっ・・・く・・・」

「そのままイっちゃいなさぁ~い!」

ヴィィィィィィン!!

「あ”~~~~~~~~~ッッ!!」

ひくひくひくぅ、びくんっっ!!

背中が小刻みに震えた後・・・ぞぞぞっと大きく跳ね上がり、頭がビリビリとしびれて・・・、

「イぐぅぅぅぅぅぅ~~~~~っ!!」

私は胸の刺激だけで、絶頂した。



「はぁ~~~にぇぇぇ~~~~・・・」

びくん、びくん、びくん・・・。

ふりふりと腰を愉快に振り、下腹部をけいれんさせながら喜び続ける私。

茜さんは、おっぱいの電マ攻めを一旦中断して、ぷるんぷるんする追加装備をずぼっと私の胸から外した後、ニヤニヤとしながら私をじっと眺めている。


「どれどれ、オムツの中はどうなっちゃってるかなぁ~~?」

オムツの方に手を伸ばし、上の部分をくいっと引っ張り中の様子をのぞきこむ。

「愛液で濡れ濡れになっちゃってるわね~~っ! 良い香りだわ~んっ」

「ふえぇぇぇ~~~・・・っ」

「んふふふふーっ。胸だけの刺激でも、こんなにも愛液を漏らしちゃうとは。・・・結構淫乱な体に成長してきたわね。お姉さん、すごく嬉しいわよ~」

改めて頭をなでてくれる茜さん。この人のせいでイケナイ体に開発されてしまったというのに、私は、誉められるのが嬉しくて仕方がない。うへ、うへへへへへへへっ・・・。


「よーし。今度は、乳首を手で刺激してあげちゃおうかな~っ!」

べりりっ。ローターを固定するテープを胸から剥がして、ローターごと取り除く。・・・その後、道具箱から大きなテープ巻きを取り出して、先ほど使用していた乳房攻め可能な電マを持ち上げる。

ぐににぃっ。

今度は電マを逆さにして、私の胸の上から、おっぱいにぷるんぷるんする追加装備を取り付ける。・・・そうしてから、電マがある程度体にくっついた後、取っ手の部分を私の首もとに押し当てて、大きなテープ巻きを使ってしっかり止めていく。


「これなら、電マも離れないわ~。電源入れるわよん」

カチっ! 再度電マが動きだす。

ヴィーーーーーっっ!

「あぁぁぁぁあ・・・あぁ・・・はぁっ、はあぁぁぁ・・・」

「おー、震えてる震えてる。でもー、電マの刺激はそこまで胸には適していないかなー。な・の・で~・・・」

私の震える乳首にそっと手を伸ばし・・・。

きゅっ!

「んあっっ!!」

くりくりくりくり~~っ!!

「うはあぁぁあぁああっっ!! ひゃーーーーーっっ!!」

「こうして私が萌子ちゃんの乳首を摘んで、くりくりといじってあげるね」

「茜さんっ! それだめっだめっっ!! だめぇぇぇえ~~~~っっ!!」

頭を横に向けて、笑顔で叫ぶ。

乳首を手で動かされるとぉ~・・・とってもイイよぉ~~~・・・。


くりんくりんくりんくりん、くりくりくりくりくりっ!!

ヴィィィィィィィィィ~~ンっ!!

「あひゃーーーーっっ!! たまらにゃーーんっ!! 気持ちいいーーーーっ!! すごく気もちぃぃぃーーーーっっ!!」

一度絶頂した後の乳首の快感は、格別だぁぁぁ~~~んっ!!

「ねぇ、イくの? イっちゃうの?」

「はいっ!! イくっ、イくっ! イっちゃいますぅぅぅぅ!!」

くりゅくりゅくりゅくりゅ~~。

「はああぁぁぁぁああぁぁぁあぁっっ!!」

ずたんっ!

頭から背中、脊髄からお尻までビリっとくる。ビリっととはいうけど、これがかなり爽快で良い気分。

「ほぉぉぁぁあぁぁぁぁあっっ!!」

涙を溢れさせると、口を大きく開けて舌を出しながら、背筋をぴーんと張ってしまう。


ヴィィィィィィ! くにくにくにくにくにっ!

頭の中がどろどろの密でいっぱいになる。

「あ”あぁぁぁぁえぇぇっぇええぇ~~~~っっ!!」

そして今度は、深度を強めた絶頂を引き起こした。



「あ”っ・・・あ”ぁっ・・・あ”・・・ひ・・・」

「結構深くイっちゃったわね~。今日はいつもよりかなり胸の感度がいいのかしら?」

ぐちゅっ。

茜さんは乳首から手を離すと、私のお股をオムツの上から右手で触る。


「・・お・・・っあぁ・・・ぁ”・・・ぁ・・・」

ぐちゅぐちゅ、ぐちゅぐちゅ・・・。

「わかる? 股間がこんなにも愛らしく濡れちゃってるのが・・・。私の乳首攻めで、たっぷりと愛液を漏らしちゃったのね? ・・・いやらしい」

耳元でそっと、「いやらしい」っとささやかれて、興奮がさらに増す。

「あっ・・・あっ・・・あぁ・・・」

涙を垂らしながら、首を少しだけ横に振る。


「無理に否定しなくていいのよ。実際にそうなんだからー。・・・これからさらに、萌子ちゃんがいやらしい体であることを証明してあげるからね~」

電マのスイッチを切って、おっぱいから器具を取り外してから、私の濡れた頬を両手でそっと触り・・・、

んちゅ~~~っ

顔の位置をあわせた後、茜さんにキスをされる。

ふにゃぁあああぁぁ~~~っ!

キスに酔いしれて、トロントロンになる。


んふふーっ・・・。

・・・そんな私を見て、茜さんはニヤリと笑うのであった・・・。







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


Duga

◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・機械姦CGのレビュー部屋
ハカセが見て気に入った機械姦のCGや漫画を紹介しています。


・アダルトアフィリエイト 桃ナビ
アダルトアフィリエイトに関する情報を色々と載せています。



Duga