◆他サイトの更新情報です (画RSS) /  優良アダルト動画の紹介 (PR)

 ▼ サイトの簡易説明 /  ▼ オススメの記事一覧

Duga

◆ 関連する記事


Duga


クンニリングスで調教 2


―― クンニリングスで調教 2 ――

ヴヴヴヴヴヴヴヴーーーーっっ!!!

「あ”ーーーーーい”あ”ーーーーっ!! い”や”ぁ”ーーーーーっっ!! や”め”て”ーーーーーーーっっ!!!」

お股のあまりにも刺激的な攻撃に、まともな状態でいられなくなる。

・・・あまり気持ちよくはない。強烈なしびれと熱だけが膣内で暴れ周り、お腹が強引に痙攣させられてしまう。


「言うこと聞かないと、バツを与えるって説明したわよねー?」

「ごめんな”さい! ごめ”んな”さい! ごめ”ん”なさい”!! こ”め”ん”な”さ”ぁぁぁぁい”ぃぃぃぃぃぃっっ!!」

私は茜さんのお股に顔をぶつけて、泣きながら許しをこう。

「しょうがないわねー。強パワーの電マによる強制連続絶頂は避けてあげるわ。・・・反省分として、一回だけ強制絶頂なさい」

「う”あ”あぁぁぁぁ”あ”あぁ”ぁ~~~んっ!!」

あんまり許してもらえてないよぉぉぉーーーっ!!


ヴィィィィィヴィィィィッッ!!

「イ”ぐ! も”うイ”ぐ!! 強すぎてすぐにイ”っちゃうぅぅぅ!!」

強電マの火力がすさまじい。お股全体が熱くしびれて、痙攣運動をさせられる。

がぐがぐ! がぐがぐがぐぅっ!!

「あ”ああ”ぁぁぁ”あぁあ”ぁぁ!!」

そして私は、3分も経たずに絶頂を迎える。刺激だけによる強引な絶頂。


「ふ”ぇぇぇぇえ”・・・」

じょわわわわぁぁぁぁぁ・・・。

おしっこがちょろっと漏れだす。パンツの中だけで留まると思ったが、強の電マの追撃を受けて、後続のおしっこが勝手に体内から放出される。

大量のおしっこが漏れだし、パンツの横から太股の内側を伝って流れ落ち、ベッドを濡らしていく。

「うえぇぇぇぇ・・・」

おしっこの暖かい臭いが鼻にまとわりつく。


ちょろちょろちょろちょろちょろ~~~・・・ちょろ。

「こんなもんかしら」

かちっ・・・ぴたっ。

・・・全部失禁させられた後で、電マのスイッチはようやく止めてもらえた。


「反省できた? おもらしっ子の萌子ちゃん」

あんまり気持ちのよくない強引な絶頂、強制失禁、部屋に充満する自分のおしっこの臭い・・・。

バツというには十分すぎた・・・。ショボーン・・・。



「さぁ、私のクリトリスを舐めるのを続けなさい。但し、今度はちゃんということを聞くのよ。聞かないと次はもっと大変なことをしちゃうからね?

「は~~い・・・」

私はパンツと足を、おしっこでびしょびしょに濡らしたまま、茜さんのクリトリスを再びぺろんぺろんと舐める。しかし、先ほどのよう勢いはなく、今度は手懐けられた順従
な雌犬のように、忠実に茜さんの命令をこなしていく。

濡れた太股・・・。おもらしの背徳感が、私の心にも首輪をかける・・・。う、うぅぅ・・・。ぐすん・・・。


「はぁ・・・ぁ・・・萌子ちゃん。ちょっと「ぷーー」ってクリトリスに息をかけてみて」

こくん。

ぷっぃーーーーっ。

「んぁぁ・・・いいわよ~、その調子~。クリトリスはね、息を集中して吹きかけることで微振動させると、気持ちいいのよ~。覚えておいてね~」

はーい。

れろれろれろ・・・ぷーーーーーーっ!

ぷるぷるぷるぷるぅ~。茜さんのクリトリスが私の息でピクピクする。

「ぁ・・・ぁん・・・」

茜さんが徐々に性で乱れていくのがわかる。息が荒くなり、体を震わせ、背中に置いてあるクッションに強く寄りかかる。


「萌子ちゃんにも軽いご褒美よん」

かちっ。

ヴゥ~~~~~・・・。

股間に密着したおしっこで濡れた電マが振動を再開させる。今度は優しい低出力の振動だ。

んにゃぁぁぁ~~~~ん・・・

私の意識を軽く削ぐけど、クンニができないわけではない。お股にゆっくりと密を溜め込みながら、私は茜さんのクリトリスを継続して攻める。


・・・その最中、ちらっと上を向く。茜さんは今までにみたことのないようなトロ顔で、クッションにぐでーんと寄りかかっていたが・・・私の視線に気がつくと、優しく微笑み、頭を優しくなでてくれる。

えへへー。

私は茜さんに奉仕できていることを実感する。今までずっと色々なエッチで楽しませてきてもらったので、お返しできる機会は妙にうれしかった。


ちゅっぱちゅっぱ。ちゅーちゅー。

「あぁ・・・ぁ・・・ん~~~・・・いいわぁーー」

茜さんは幸せそうだぁ・・・。

ヴィィィッィィィ・・・。

私のお股も幸せだぁぁ~~~・・・。



低出力中の電マの刺激によって、私はちょっとずつ気持ち良くなってくる。

お尻を左右にふりふりする。電マもふりんふりんとしながら左右に揺れるが、私のお股から離れることはない。振動が持続する。

そして、いつしか20分が経過し、クンニリングス調教固定ベルトがピーっと音を立てた後、かちゃっと外れる。


「今日の調教は終了よぉ~。お疲れさまぁ~」

エッチな顔色の茜さんは、電マの振動を止めた後、私の頭部にあるベルトを外して、拘束から解放する。

「あれぇ・・・もういいんですかぁ?」

「クンニはそんなに長くは続けられないわぁ~。やりすぎると、萌子ちゃんの舌が傷ついちゃうからねぇ~。これも覚えておいてね~・・・」

「はーいぃ」

茜さんは呼吸を整えながら、私に白いタオルをぽいっと投げる。


「それで、おしっこを拭きなさい。冷めたまま体に付着していると不快でしょ?」

「は、はい・・・」

ふきふきふき。電マと太股に付着した自分のおしっこを綺麗にふき取っていく。・・・できればこのままシャワー室に入りたいんだけれど・・・。


「あ。そういえば・・・」

タオルを吹き終えてベッドの端に置いた後、首を傾げながら茜さんに尋ねる。

「クンニリングスって、アソコの中は舐めないんですか? クリトリスしか舐めていない気がするんですけど・・・」

「普通は舐めないわよ。舌だと入り口しか舐められないし、あまり気持ちよくできないわ」

「へぇーー・・・」

いつの間にか、クリトリス本体をしまいこんで、黒いパンティをきゅっと腰元まであげる茜さん。パンツを履き終えると、ほど良い赤色の顔をしたまま、私に笑いかける。


「さぁ、萌子ちゃん。こっちにきなさい。ご褒美あげるからぁ~」

わーい!

私はにこやかな笑顔で、茜さんの方にハイハイで近づく。



・・・その後。

ヴィィィィィィィ。

くりくりくりくりくり~。

「あぁぁぁぁぁあああ、電マはやっぱりすごいぃですぅぅっ・・・!! あーーーーーっっ!!」

茜さんに後ろから両乳首を摘まれ、くりくりと回転させられながら、お股に未だ装着されたままの固定電マで、アソコをヴィーーンと振動させられる。

ご褒美がとっても美味しい。お股が美味だぁ・・・。こんなに良いモノをもらってしまうと、茜さんに奉仕活動するのが楽しくなってくる。


ヴゥゥゥゥゥゥゥン~~~!

あーーーっ・・・。うれしいにゃぁぁー・・・。



後日。

フェラチオ特訓の時と同じ要領で、連日、クンニリングス調教が行われ続けた。

電マでのご褒美が病み付きで、上手い感じに焦らされて、クンニを徹底して覚えさせられた結果、1週間後には、かなり上達してしまった・・・。


今日も茜さんのオマ○コに、クンニリングス固定ベルトで頭を拘束密着させられながら、舌で茜さんのクリトリスにご奉仕・・・。

ぺろぺろぺろぺろ・・・。

「ぁ・・・あぁ・・・上手いわよ~、萌子ちゃん~」

茜さんの喘ぎ声が聞こえる。

私はほめられる度に嬉しくなり、より積極的に奉仕するようになっていた。また、その後のご褒美もまたとっても良いもので・・・。


あぁ・・・。私はどこまで茜さんに性開発調教されてしまうのだろう・・・えへ・・・えへ・・・。

・アダルトグッズの紹介
スーパーアクメマックス
スーパーアクメマックス







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


Duga

◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。



Duga