◆他サイトの更新情報です (画RSS) /  優良アダルト動画の紹介 (PR)

 ▼ サイトの簡易説明 /  ▼ オススメの記事一覧

Duga

◆ 関連する記事


Duga


バイブ椅子に騎乗位でお楽しみ! 2


―― バイブ椅子に騎乗位でお楽しみ! 2 ――

ヴヴヴヴヴゥゥゥゥ・・・。

「は・・・あ・・・ああ・・あか・・ねさん・・・これぇえ~~っ・・・」

徐々に、幸せの声が漏れてくる。

ディルドは結構な振動速度で震えている。・・・アソコも同じ振動を受け続ける。奥にもじゅわーっとした気持ちよさが溢れてくる。

「ううぅっ、あっ、うひぃいぃっっ!!」

頭の中がビリっと来る。・・・その後、乳首やお尻も一気に快感を得るようになる。・・・私の体の快楽神経がリンクを始める。


ヴィンヴィンヴィンヴィン。

「おお、お股、おまた、あっ、ああっ・・・温かい・・・あっ、んあぁ~~~っ!」

乳首とお尻の感覚は少し鈍り・・・その分の快感が、私のアソコに流れ込み、お股がじゅわっと気持ちよくなる。

背中を少し伸ばしながら、下腹部をビクビクと震わせる。ああっ・・・中が・・・中が、良いよぉおぉ~~~っ!

「ああ・・・くっ・・いいですぅ・・・きもちいいですぅ~~・・・っ!」

私の体が・・・おいしい味の快楽に包まれる。アソコの中はちょっときつめの圧迫感があるけど・・・刺激的なバイブの振動に比べれば些細な事だ。

お股の中を内側から振動させられるのがたまらない。気持ちいい。ダメになる。嬉しいよぉおぉ~~~っ!! あ~~~んっ!!


「いい感じにとろけてきたわねぇ~。ベルトで拘束された太ももが、可愛らしくひくついちゃってるわよ~」

「だってぇえっ・・・はぁ、はぁ、おお、お股の中がぁあ、ブルブルと震えててぇえ~~っ」

「そうよね~、膣内の性開発は優先的に行ってきたから、バイブの振動が気持ちいいのよね~。それと、クリトリスも間接的に刺激されて良い味を出していると思うわよ」

「そそそ、そぉおなのぉ~~っ? ・・・あはぁっ、あっ、あっ、あっ、あっ・・・んぁっ! んあぁあっ!!」

「慣れてきたかしら? 本番いくわよ~?」

えっ・・・ほ、本番~っ!? これが本番じゃないのぉ~っ?

だって私ぃ。椅子に乗せられて色々せめられちゃってるよぉ~? 結構感じているよぉぉ~っ!

ーーーはひっ! ま、まさか! この椅子・・・っ!


「騎乗快楽機、動作開始~っ!」

ウィーーンっ。

イスが上に上昇する。私も上に上昇する。・・・そこからっ、

ヒュンと下にさがって、上に移動っ! 椅子そのものが上下にテンポよく動き始める。

アソコに入っているディルドは椅子に固定されているため、椅子の動きに合わせて上下に移動する。私のアソコが振動付きで奥まで突かれる。

ぱちゅんっ! ぱちゅんっ! ぱちゅんっ! ぱちゅんっ!

「あ、ああああ。すごいすごいすごい! すごいです! 茜さぁぁあんっっ! これぇぇぇええええ!!」

私の表情がとろけた笑顔に変わる。


「あっ! あっ! あっ! あ~~~~っっ!!」

ぱちゅんっ! という音に合わせて、私の膣内に太めのディルドが振動しながら侵入してきて・・・、椅子が下がると今度はじゅるっと抜かれる。

ぱっちゅん、ぱっちゅんっ、ずちゅ! ずちゅ! ずちゅっ! ヴヴヴヴヴヴヴっ!

「んはあぁぁぁあ~~~っ! はぁっ、はぁあぁぁっ!!」

・・・椅子は上下しているが、その方向は毎回違うみたいで、私の膣内に挿入される方向が毎回変更される。

突かれた部分が刺激的な快感を生み出す。そこに振動が追撃をかけて、膣内を強く温めていく・・・。

あ、あ、ぁ、だめ、気持ちいいっ! 下半身がっ、バイブがっ、きき、気持ちいいぃい~~っ!!



「あっ、あっ、この機能! あっ、あっ、すごいです! あっ、あっ、あっ、んはっ、い・・・イイですぅ~~~!!」

愛液がたくさん漏れてきているのがわかる。ヴゥゥンと移動する振動が膣壁に伝わると、その奥がぬるっとお汁を垂らしていく。・・・温かいローションに愛液が絡まり、挿入口からとろとろとろぉ~っと漏れてくる。

ヴゥゥウウゥウゥ・・・。ウィンウィンウィンウィン。

「んは、ああっ・・・あ、あ、あ・・・あああっ!!」

乳首やお尻の中も膣内の性感に負けないっ! と、気持ちよさを育んでいく。・・・あぁぁ~~、おっぱいもお尻も気持ちいいぃ~~~。だ、だ、ダメなんだよぉおぉ~~っ!


ぐぃんぐぃん、びにょぉぉん。

気持ちよくて前方に移動してしまうと、腕に付属したゴムロープが私を引っ張り・・・元の位置に戻されて、アソコがディルドの餌食になり、気持ちよくて後方に移動してしまうと、腕に付属したゴムロープが私を引っ張り・・・元の位置に戻されて、アソコがディルドの餌食になる。

ぱちゅんっ! ぱちゅんっ! ぱちゅんっ!

「あん! あん! あん! ああん! あん!」

お股の中がすごく良くなる。そうなると、頭もなんだかぼんわりぼわぼわ・・・、びりりっ!

「ひぐぅぅっ!! ・・・いっ・・あぁ・・・あ”・・・っ・・ぁ・・・」

幸せの電気が私に訪れて、体がいうことを聞かなくなる。・・・頭の中が快感でいっぱいの状態でも、私はずっと、下から上に、振動するディルドバイブで突かれ続ける。



ずっちゅ、ずっちゅ、ずっちゅ、ずっちゅっ!

「あっ! あんっ! んっ! あっ! ああっ!!」

にちゅっにちゅっとしたいやらしい音が私のアソコから聞こえてくる。・・・少しくさい雌の香りが湯気となり、私を包み込むように浮いてくる。・・・それを吸うと、脳内が更に発情してもっとエッチな体になってしまう・・・。

ヴゥーーーーヴゥゥゥーーーーー。

付かれる度に伝わる振動も忘れられない。アソコ全体が気持よく震え続けて、生み出す快感をより強化される。


ぱちゅんっ! ぱちゅんっ! ぱちゅんっ!

「い、い、い、いいいい、イくっ、イくっっ、イくぅぅぅぅうううっ!!」

こんなことされ続けたら・・・耐えられない。

「あ”~~~~っっ・・・」

色っぽい声を漏らし、嬉しそうな表情のまま・・・ゾクゾクっとする震えが全身に走り・・・私は気持ちよ~く絶頂した。



私の絶頂を読みとり、快楽騎乗機は一時的に動作を中断する。ディルドが私の奥に突き刺さったまま、私は絶頂状態を続ける・・・。

ふぁあぁぁ~~ぁ~ぁ~~~・・・。

絶頂すると・・・心が・・・体が・・・満足する。・・・私は充実している。エッチをされるのは良い事なんだと本能的に理解する・・・。


・・・心地良い。ただただ、気持ちがいい・・・。

ひくっ、ひくっ、ひくっ!

お股が定期的にけいれんしている。何で震えているかはよくわからないが・・・私が気持ち良い絶頂を起こすと、だいたいこうなる。

顔は上を向き、ぽっかりと口を開けた状態で、幸せを満喫している・・・。お股のけいれんに合わせて、体もけいれんしている・・・。

はーーっ。はーーっ。はぁぁーーっ。

次第に絶頂が収まってくる・・・。


「んふふー。どーぉ、萌子ちゃん。・・・騎乗位のまま拘束されて、バイブに連続して突かれる感覚は、気持ちよかったかしら?」

「はぃぃ~・・・、こ、これはぁ・・・すごひっ・・・」

「気に入ってもらってよかったわぁ~。・・・さーて、続けて絶頂しちゃいましょうね~」

・・・ほへぇ~っ?

ボーッとする中・・・台は、再び動き出す・・・。







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


Duga

◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・機械姦CGのレビュー部屋
ハカセが見て気に入った機械姦のCGや漫画を紹介しています。


・アダルトアフィリエイト 桃ナビ
アダルトアフィリエイトに関する情報を色々と載せています。



Duga