◆他サイトの更新情報です (画RSS) /  優良アダルト動画の紹介 (PR)

 ▼ サイトの簡易説明 /  ▼ オススメの記事一覧

Duga

◆ 関連する記事


Duga


強制オナニー公開ショー 2


―― 強制オナニー公開ショー 2 ――

「ふぁ・・・あっ・・・ぁ・・・あぁっ!」

「媚薬って、こんなにも効果があるもんなのか?」

「気持ちよさそうですねぇ」

「トロ顔ですな」

「おめこが、ひくひくと痙攣しているぜ~。肉棒が欲しい感じみたいによぉ~。へへっ!」

「この子を見てるとムラムラしてくるっ! ・・・セックスしたいなぁー・・・」

エッチな状態を色々と指摘される。言葉責めが興奮材と化す。


「あ”・・・だめ・・・だめっ・・・イイ~っ・・・!」

心がとろっとろになる。・・・快楽が欲しいと体が要求してくる。

えっち! えっち! えっち! えっち! 

淫乱な私が、頭の中でエッチをしようと応援してくる。

「あ・・・あっ・・・あ・・・あっっ・・・」

アソコがやんわりとしたかゆみを帯びていき・・・わたしはどーしても、エッチしたくなる・・・。


「メイドのおねーさん。中の女性は本当に・・・お、おなにーできるんですか? 恥ずかしくありませんか?」

「んーー。・・・中の人は、みんなに見られると興奮してエッチをしたくなる変態さんなので、余裕でオナニーできますよー」

わたしはぁ、そんなにぃー、・・・変態じゃあぁあ~~~・・・なっ・・・あ、あ・・・ああっ!

ーーーしかし、私は私の意志に反して、すぐに行動してしまう。・・・アソコがうずくっ! 我慢できなぁ~いっ!

今まで緊張で動けなかった手を、いとも簡単に動かす。・・・挿入されたままの媚薬注入ディルドをちゅぽんと抜き取り・・・、

じゅっぽりっ!

「へひっ・・・!」

アソコの穴の中に、中指と薬指をつっこんでしまった。


「おーーーっ! いったーーーー!」

「手マンオナニー、生配信キターーーーーーッ!」

「いい感じにひくついて、卑猥なまんまんだぜ」

「~~~~~っ!!」

ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ~っ!

男性陣の言葉を無視して、膣内を上下にゆっくり動かす。・・・中は、媚薬とお汁がたっぷり詰まっているので・・・いやらしい、くちゅくちゅ音が聞こえてくる・・・。

「ああーーーん。あーーーん。ああーーーあーーーっ」

だめっ・・・気持ちいい。・・・と、と、とめられなぁ~いっ! おまんまん、気持ちいぃぃ~~~っ! すっごくイイんだよおおぉお~~~っ!


「ようやく始まりましたねー。・・・中の人の公開オナニーショー、お楽しみくださいませ~」

「うおぉおぉーーーっ!」

歓声が聞こえる。が、それも気にせず自慰行為・・・。

ああ・・・一度始め出すと、もう止められないぃ・・・。

快楽で夢中になる。・・・膣内の要求不満を解消するため、少し激しい力で、くにゅくにゅとかき乱していく。


ぬちゅぬちゅぬちゅぬちゅぬちゅっ!!

「あ・・・っ! き、きもちいい! きもちいい! アソコをいじるのぉ、気持ちいいよぉ~~~っ!!」

意識がふわふわとしてきて、余計なことが口から漏れてくる。・・・うっとり笑顔のまま、何度も何度も指を動かし、膣内をぐちゃぐちゃにする。

「な・・・、スゲェ。本当に淫乱な女性だぜ!」

「大人数に見られている中で、これだけ動かせるというのは、心底マゾですなぁ~」

「うちのオカンもこれぐらいエッチだったらなぁ・・・」

「ドスケベなエロエロな女性だねぇ」

「あ・・・あぁあぁあぁ・・・あぁぁあ・・・」

エッチな野次を受けて、顔がさらに赤くなるが・・・、気分はとても良く、そのままオナニーを続けてしまう。


えっ・・・・へへへっ・・・!

・・・そ、そうだもん! 私エッチだもんっ!

「あっ、んあ、んあっ、っ、あっ・・・あっ・・・」

甘い声を漏らしながら、膣内をかき乱す。

・・・アソコのうずきが止まらない。・・・止まるまで・・・満足するまで・・・もう何度でもいじめちゃうんだからぁ~~~っ!! んあーーーーーーーっっ!!

「あ・・・ぐ・・・あ”っ・・・ぐぅううぅっ・・・」

みんなに視姦されながら、言葉責めを受け・・・媚薬でとろんとろんにされたまま、いやらしい露出オナニーを続ける。

あはぁぁあ~~っ・・・あ、あぁあぁ~~んっ!

とっても興奮してしまう。・・・私の頭の中は、エッチな思考でぐるぐると回りだし・・・、なんだかよくわからなくなってくる。


・・・だけど・・・指で膣内を動かす行為だけは、明確に気持ちのよいことだと理解できる。・・・錯乱している私は、そんな気持ちの良い感覚に依存してしまう・・・。

ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅっ!!

「いやっ、いやっ、いやっ。いやーーーーーーっっ」

「おいおい。いやがっておきながら、自分の手で穴の中をかき回しているぞ・・・」

「根っからのドエロな変態なんだろ?」

「否定の言葉を漏らしていても、体が肯定している・・・ということは、良くあることなのだよ」

「すげーーー! すげぇーーーっ!!」

「いやぁ、実にいい眺めだ。エッチな子はいいですなぁ~っ」

・・・と~っぷりっ!

「「おおぉーーーーーーっっ!!」」

私のお股の愛液がどろっと溢れ出す様子に、みな、目を奪われる・・・。


じゅっちゅ、じゅっちゅ、くちゅくちゅくちゅくちゅ。

「あ、あぁあぁああ、はぁ、はぁ、はああっっ!!」

・・・とろとろとろとろぉ~~~。

いやらしいお汁が、アソコから滝のように溢れてくる。

「あーーーっ。エッチな液体だーーー」

「これは、すごく感じてますねぇ・・・」

「ええのう、ええのう」

「おれ、ここに来て本当に良かったわ・・・」


くちゅり、くつりゅり、ぐっぐっぐっ。

・・・指の第二関節を曲げて、膣内の上の部分が強く押されるように刺激する。・・・すごく気持ちよくなれるポイントだ。

「あぁあぁぁあああっっっ!!! ひぃぃぃぃぃぃーーーーーーーっっっ!!」

ぴゅーーーーっっ!!

Gスポットを意図的に刺激した結果・・・、すさまじい快感が背中に流れ込んで、大量の潮が吹き出る。・・・すごく、すごぉく、気持ちがいいよぉおぉおぉぉ~~~~っ!!


「お、おおっ! これが潮か! 始めてみたぜ!」

「おー、飛鳥ちゃんも見に来てましたかー。今いいところですよー」

「本当に感じていると、ああいう風にけいれんするんだね」

「うひょーーーーー。絶景だーーーーー!!」


むちゅむちゅぐちゅぐちゅっ!!

「あーーーーーっ!! あーーーーーっ!! あーーーーーーっ!!」

いつもより数倍強く快感を感じる・・・。見られることがこんなにもうれしいのだろうか・・・。まだ数分しか経過していないのに、もうすごく気持ちいい。・・・い、イぐ・・・っ!!

ぐちゅぬちゅぐちゅぬちゅっ!!!

「いくっ! いくのぉぉぉっ!! いくいくいくっ!! いくーーーーーーーーーっっ!!」

理性がポワンと飛んでいく・・・。実験の時に発するようなあえぎ声が、ゆるんだ口からいっぱい漏れだし・・・人がたくさんいる前で、絶頂宣言を行ってしまい・・・、

「あーーーーーーーーーーーー!!」

ビクビクとけいれんして、いつもとは違う・・・素敵で変態な絶頂を引き起こした。


「おおおおおおおおおおっっっっ!!!」

皆さん、お喜びのようである・・・。


「・・・! ~~~~っっ! ・・・っ!!」

私は頭を上に向けて、ひくんひくんと、体をふるわせる。

あ・・・あ・・・あ・・・っっ!!

ぷしゃーーーーーーーっっ!! ぼちょぼちゃぼちゃぼちゃぢょろろろろぉおぉぉ~~~・・・。

「これはこれは」

「す、すげーーーー! 絶頂しながらの放尿だーーー!」

「あれも潮じゃないの?」

「ばっか、おまえAVの見すぎだよ! あの量はおしっこだって!」


びちゃびちゃびちゃびちゃ。

「ぁぁ、ぁぁぁ・・・ぁぁぁあぁ・・・ぁぁ」

おしっこが止められない。あまりの気持ちよさに、恥を忘れる。・・・失禁しながらの絶頂。なんて快感なのだろうか。

あ・・・あぅ・・・うぅうぅ・・・っ

おしっこが止む。全部、出し切ってしまった・・・。


・・・いつものエッチとは違った、変態的な魅力にひかれ・・・私は今味わった快感を、絶頂しながらその身に刻む。・・・だめだぁ~~~・・・これぇ・・・良すぎるよおぉぉぉ~~・・・。

「・・・・っ・・・ぅ・・・ぁ・・・」

ぴくぴく・・・ぴく・・・ぴく・・・。

けいれんしながら動かなくなる。


「・・・はーい、公開オナニーショーは、以上となりまーす。・・・皆さん。いかがでしたかーーー?」

「最高でしたーーーーー!」

「すんばらしぃのーーーー」

「また見たいぜっ!」

「はい、どーも! ありがとうございまーす! ・・・それでは、引き続き・・・大人の玩具見学会をお楽しみくださーい」

・・・茜さんは、みんなに元気良く話しかけた後・・・私を囲っているガラスケースにカバーを被せて、台車を移動。・・・そのままスタッフルームに運んでいった・・・。



私は待機室に運ばれた後、拘束を解除される。・・・ソファーに寝かされ、温かく濡れたタオルで、裸体を綺麗に拭かれていく・・・。


「ううぅうぅ~~~っ。この悪魔メイドぉおぉ~~~ぉ~~~っ!」

「あら? いやだったら止めて良かったのよ? 前にも断っていたでしょう」

「そ、そぉですけどぉっ・・・」

「なんにせよ・・・お疲れさま、萌子ちゃん。・・・後で、たくさんご褒美あげるわよ~。何が良い~?」

「わ、私はそんな安いものじゃ釣られないんです! 午前中に食べたクッキーを5箱分に、茜さんの優しいエッチが3回! 後は美味しいカレー7回分はおごってもらわないとぉダメですからねっ! ぷんぷん! あっ・・・でもぉっ」

「・・・でも?」

「わたし、かなり頑張りましたぁ~。さっきのとは別に、今ここでぇ、頭をなでてくださぁ~い。・・・それとぉ、もっとほめてほめてぇ~~」

「・・・はいはい。・・・萌子ちゃんは頑張ったわよー、えらいえらい!」

茜さんは、しょーがないなぁーといった態度になりながら、私の頭を優しくなでてくれる。


わはーーーっ。

いやらしいエッチなプレイをさせられたんだし、ここ数日はぁ、愛のあるエッチをいっぱいしてもらぉおぉ~~~・・・。にゃぁあぁ~~ん・・・。

・・・私は、羞恥プレイを行ったことに対する不満をあっさりと投げ捨てて・・・しばらくの間、茜さんにベタベタと甘やかされることを要求し続けた・・・。







◇ 関連記事

◆ 官能小説サイトのご紹介

・話リスト一覧に戻る

◆ 人気タグの記事一覧


Duga

◆ 他の運営サイトのご紹介
・乳首開発方法まとめ
女性のような快感を会得してみたい人のための情報サイトです (男女兼用)


・男の気持ちいいオナニーまとめ
男の気持ちいいオナニーについて説明された情報サイトです。


・ドライオーガズムのやり方まとめ
男のドライオーガズムのやり方を詳しく説明しているサイトです。


・アダルトノベル - ハカセラボ
中編の官能小説をいくつか載せています。


・機械姦CGのレビュー部屋
ハカセが見て気に入った機械姦のCGや漫画を紹介しています。


・アダルトアフィリエイト 桃ナビ
アダルトアフィリエイトに関する情報を色々と載せています。



Duga